山本義郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/20 15:21
 
アバター
研究者氏名
山本義郎
 
ヤマモト ヨシロウ
eメール
yamatokai-u.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/80301943
所属
東海大学
部署
理学部
職名
教授
学位
理学(博士)(岡山大学)
科研費研究者番号
80301943

プロフィール

長野県出身。東海大学大学院理学研究科修了。岡山大学大学院自然科学研究科修了。博士(理学)
専門は計算機統計学・統計情報の視覚化・データマイニング。情報の「見える化」技法に関する研究、啓蒙活動に従事している。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
東海大学 理学部 教授
 
2008年4月
 - 
2011年3月
東海大学 理学部 准教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
東海大学 理学部 助教授
 
2001年4月
 - 
2004年3月
多摩大学 経営情報学部 助教授
 
1998年6月
 - 
2001年3月
北海道大学 大学院工学研究科 助手
 

受賞

 
2005年5月
日本計算機統計学会 ソフトウェア賞(開発賞)
受賞者: SAMMIF開発グループ
 

論文

 
Ippei Suzuki, Sanetoshi Yamada, Yoshiro Yamamoto
2017 Fifteenth International Conference on ICT and Knowledge Engineering   50-53   2018年1月   [査読有り]
In this analysis, to classify the customer from the marketing of purchasing data and survey respondents of data.
And, what kind of difference in the survey responses of each customer, to analyze what they are buying.
Takamitsu Funayama, Yoshiro Yamamoto, Osamu Uchida
2017 15th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   45-49   2018年1月   [査読有り]
In Japan, when a disaster occurs, victims and local governments use social network services (SNSs), such as twitter, as a means of information transmission. Therefore, a variety of information gathers on SNSs. It is considered that, by utilizing t...
Kazuki Konda, Yoshiro Yamamoto
2017 Fifteenth International Conference on ICT and Knowledge Engineering   35-39   2018年1月   [査読有り]
In this paper, we propose how to calculate the efficient defense formation for baseball using the estimated value based on data derived from the Nippon Professional Baseball League. Initially, we introduce an entire set of possible data and visual...
Sanetoshi Yamada, Kazuo Umezawa, Yoshiro Yamamoto, Tomoko Ozeki
2017 Fifteenth International Conference on ICT and Knowledge Engineering   40-44   2018年1月   [査読有り]
The Japanese Utstein data have overall performance categories that described final patient status. In this study, we calculated the proportion of overall performance categories in each prefecture to find differences in the overall performance cate...
山田 実俊, 山本 義郎
計算機統計学   30(1) 59-71   2017年12月   [査読有り]
サッカーのようにゲームの中での選手やボールの動きが多いスポーツにおいて, ゲーム全体の流れを大雑把に把握し, チームの特徴を捉えたいことがある. また, 試合を見ていてどちらのチームが試合を支配しているかは感覚的に分かるが, サッカーのプレイデータを解析することでデータに基づいてそれを判断することができる. そこでサッカーのプレイデータから支配率を算出し, 試合の流れを簡潔に把握することができる可視化を目指す.
 この可視化を実現するために, 無料で利用でき, 比較的簡単なコーディングによ...
亀岡 瑶, 宗像 昌平, 八木 圭太, 山本 義郎
計算機統計学   29(2) 181-188   2017年3月   [査読有り]
顧客の購買記録から何らかの基準で顧客を分類する意義のひとつに, 分類されたそれぞれの顧客群に対する各々の購入の特徴を見出すことで, 別個のレコメンドが考えられるという点がある. 自己組織化マップ (SOM) を用いることで, あらかじめクラスター数について議論する必要なく, 類似する観測データをまとめることができる. 本研究では, 会員制度を導入しているスーパーマーケットのPOSデータに対して, SOMに関するアルゴリズムを適用させ, 顧客の分類を行う. また, SOMによるマッピングの可...
山田 実俊, 船山 貴光, 河野 克哉, 服部 敦, 山本 義郎
計算機統計学   29(2) 159-167   2017年3月   [査読有り]
同じ業者の店舗であっても, 各店舗によって扱う品目や重点とする品目はさまざまである. しかし, 同じ傾向の店舗も少なからずあり, それらの店舗をグループとして考えることで, 他の店舗との違いを見つけやすくなる. そこで, 本論文では, 店舗をグループに分類する方法と可視化を提案した. また, 同じグループの店舗について, 傾向の違いが見られたときは, それらの店舗の売り上げ向上のヒントになりえる. そこで, 各店舗の特徴を見ることができる可視化を行い, 同じグループの店舗の違いについて分析した.
Yoshiro Yamamoto, kazuki Konda
2016 Fourteenth International Conference on ICT and Knowledge Engineering   19-24   2017年1月   [査読有り]
Katsuya Kono, Yoshiro Yamamoto
2016 Fourteenth International Conference on ICT and Knowledge Engineering   12-18   2017年1月   [査読有り]
Sanetoshi Yamada, Yoshiro Yamamoto, Kazuo Umezawa, Sadaki Inokuchi, Hayato Miyachi, Satomi Asai
2016 Fourteenth International Conference on ICT and Knowledge Engineering   7-11   2017年1月   [査読有り]
Visualization is a very fruitful technique for interpreting numerical data. However, when data change, the visualization also needs to change. Therefore, this study introduces two applications that interactively visualize changes to data items. Da...
山田 実俊, 宗像 昌平, 山本 義郎
計算機統計学   29(1) 65-75   2016年10月   [査読有り]
通常顧客データで得られる情報は, 性別, 年齢, 出身地など外面的な情報であるが, アンケートデータを解析することによって内面的な情報を得ることができる. 本報告ではメディア層と呼ばれる, M1層 (20~34歳の男性)・M2層 (35~49歳の男性)・M3層 (50歳以上の男性)・F1層 (20~34歳の女性)・F2層 (35~49歳の女性)・F3層 (50歳以上の女性) の6つの層について, 内面的な特徴に違いがあるかを見つけるために, 単一回答と多肢選択アンケート結果の可視化について...
亀岡 瑶, 船山貴光, 宗像 昌平, 山田 実俊, 八木 圭太, 山本 義郎
計算機統計学   第29巻第1号 57-64   2016年10月   [査読有り]
アソシエーション分析は, トランザクションデータを活用し, 顧客の同時購入のパターンを抽出するための分析方法である. 分析対象を顧客の特定のグループに限定することによって, 全体に対するアソシエーションルールには見られなかったルールが抽出できることもある. 本研究では, これらを条件付きアソシエーション分析と呼び, 各集団の条件付きアソシエーションルールの抽出によって集団の特徴を調べることで, 優良顧客の購入傾向や年代・性別の差異について分析を行った.
対応分析を用いたアソシエーションルールによるアンケート結果の可視化
山田 実俊, 山本 義郎
データ分析の理論と応用   5(1) 3-15   2016年4月   [査読有り]
Tomohiro Nakamura, Yoshiro Yamamoto, Hideyuki Douke
Communications in Statistics - Simulation and Computation   45(6) 1950-1970   2016年   [査読有り]
We propose a procedure to identify a lowest dose having greater effect than a threshold dose under the assumption of monotonicity of dose mean response in dose response test. So, we use statistics based on contrasts among sample means and apply a ...
Takamitsu Funayama, Yoshiro Yamamoto, Makoto Tomita, Yoshitaka Kajita, Sachi Tajima, Keisuke Utsu, Osamu Uchida
2015 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   42-45   2015年11月   [査読有り]
Our research group previously developed a system that checks Twitter tweet contents for current-location address using GPS and for need of assistance, and automatically attaches a hashtag to postings made within the system. In the present study, w...
Katsuya Kono, Yoshiro Yamamoto
2015 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   38-41   2015年11月   [査読有り]
In this study, we propose a way to evaluate and visualize defensive ability for baseball players. Fielding average is famous for an index of the defense, but thinks about other evaluation methods. We visualize the defensive range of players with t...
Hayate Hibi, Yo Kameoka, Shuichi Uchiyama, Yoshiro Yamamoto
2015 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   15-18   2015年11月   [査読有り]
We focus on a visualization of soccer games to show a play leaded a shoot. To visualize attack patterns, it is necessary to reduce paths of attack. The plot is displayed by arrows what show action of ball (pass, shoot and dribbling etc.). And, the...
Yo Kameoka, Keita Yagi, Shohei Munakata, Yoshiro Yamamoto
2015 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   19-23   2015年11月   [査読有り]
To perceive the characteristics of customers from market information, it is necessary to aggregate the market information. So, we used a self-organizing map (SOM), arecency, frequency and monetary (RFM) analysis, and other methods to propose the c...
Sanetoshi Yamada, Takamitsu Funayama, Yoshiro Yamamoto
2015 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   11-14   2015年11月   [査読有り]
For questionnaire data, a method is needed to understand questionnaire results and to find characteristics of questionnaire results by gender and generation. We previously suggested visualization of Association Rules to extract the characteristics...
折居 茂夫 , 山本 義郎
情報処理学会論文誌   56巻6号 1481-1495   2015年6月   [査読有り]
中村 智洋, 八木 圭太, 山本 義郎, 道家 暎幸
日本統計学会誌   44(2) 315-339   2015年3月   [査読有り]
この研究は,2元表において,セル毎の逐次的な用量反応試験によって得られた観測値をもとに,交互作用をもつ最小用量を逐次的に検出する逐次型多重比較法を提案する.この方法を実現するために,2×2対比を用い,交互作用なしとする帰無仮説を逐次的に検定するこの手法に群逐次検定法を応用する.もし,この逐次検定で,早い段階で交互作用を持つ用量を検出したら,その段階までの少ない観測値でこの手順を終了出来る.これより,観測値を得るのに高い費用を必要とするとき,この手法は経済的に有効である.この方法の中で,定義...
Takamitsu Funayama, Yoshiro Yamamoto, Makoto Tomita, Osamu Uchida, Yoshitaka Kajita
2014 12th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   18-23   2014年11月   [査読有り]
We can easily get the Tweets from the Twitter and open data about population etc. Therefore we are constructing a system to extract disaster information and analyze Tweet in Twitter by using API (Application Programming Interface), Web service cha...
Yo Kameoka, Yoshiro Yamamoto
2014 12th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   12-17   2014年11月   [査読有り]
We can use the detail data of soccer and we are intended to analyze the pattern to lead to a score in soccer games. We note a series of actions to lead to a shoot and visualized the actions for analyze a pattern for each team. We analyzed the acti...
Sanetoshi Yamada, Yoshiro Yamamoto
2014 12th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   6-11   2014年11月   [査読有り]
The information that customer data usually provides is the personal surface information including the sex, age and hometown. But, we can obtain personal internal information by analyzing questionnaire data. This paper, we propose the visualization...
Keita Yagi, Takamitsu Funayama, Yoshiro Yamamoto
2014 12th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   43-47   2014年11月   [査読有り]
There are many statistics to measure a batter performance including a batting average and the RBI of the professional baseball. In this paper, we introduce some modification of OPS to represent the characteristic and change of the condition of the...
山田 実俊, 宗像 昌平, 八木 圭太, 山本 義郎
Proceedings 2013 11th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   46-49   2013年11月   [査読有り]
八木 圭太, 船山 貴光, 山本 義郎, 星 良和
Proceedings 2013 11th International Conference on ICT and Knowledge Engineering   43-45   2013年11月   [査読有り]
IMADA Tsunehisa, YAMAMOTO Yoshiro
Biomedical Journal   52(6) 771-783   2010年12月   [査読有り]
In this study, we discuss a multiple comparison procedure with a control for multivariate one-sided test in each pairwise comparison. For pairwise comparisons, we use the approximate likelihood ratio test statistics derived by Tang et al. (An appr...
中村智洋, 道家暎幸, 山本義郎
計算機統計学   20(1) 33-47   2008年8月
用量反応試験において,用量の増加に伴い,効果が現れる最小用量を検出するための多重比較法がある.この多重比較法は,事前に設定した全ての用量について,得られた全ての観測値をもとに,その検定を行うために用いられる.しかし,各用量での観測値が容易に得られない場合や少ない観測数で早い結論を得たい場合,用量を徐々に増加させ,それに伴い得られた観測値だけで,逐次的に効果最小用量を検出する方式の開発は意義があると思われる.本論文では,各段階で反応の母平均間の対比を用い,反応の変化を逐次的に調べながら,効果...
山本義郎, 藤野友和
計算機統計学   18(2) 165-177   2007年
インターネットの普及により,統計情報の公開やデータの標準化の要求や必要性が高まり,その実装としてXMLが様々な領域で広く利用されるようになってきた.本報告ではXMLについての概要を解説するとともに,統計科学の分野において現在用いられているXMLアプリケーションについて紹介する.また,実用例として,データの記述に関する利用および,さらにXMLにもとづく統計グラフの記述について詳しく紹介し,XMLを活用するための留意点などについても報告する.
森裕一, 山本義郎, 宿久洋, 本多啓介
日本統計学会誌. シリーズJ   36(2) 327-347   2007年3月
藤野友和, 山本義郎, 垂水共之
計算機統計学   17(2)    2005年8月
インターネット時代の計算機統計学
計算機統計学   15(2), 283-299    2004年
A statistical data representation system on the Web
T. Inoue, Y. Asahi, H. Yadohisa and Y. Yamamoto
Computational Statistics   17(3) 367-378   2002年
山本 義郎, 水田 正弘
計算機統計学   13(1) 59-70   2001年3月
近年,統計解析において扱うデータが複雑になり,多くの非線形多次元データ解析法が開発されている.ほとんどの統計パッケージや数式処理システムは線形の処理に関しては十分な機能を有しているが,非線形処理はほとんど用意されていなかったか,オプションとして提供されているに過ぎなかった.しかし近年では,その状況も変わりつつあり,非線形な多次元データ解析を容易に利用できるソフトウェアが開発されている.本報告では,非線形最適化について解説を与え,非線形モデルなどにこれらのソフトウェアを利用する上で留意点を示...
山本 義郎, 垂水 共之, 佐藤 義治
統計数理   49(2) 293-303   2001年
山本 義郎, 南 弘征, 水田 正弘, 佐藤 義治
計算機統計学   11(2) 113-119   1999年10月
多次元データ解析において, 動的なグラフィックスの活用は極めて有効である.また, 昨今のインターネットの普及と相まって, 従来からの問題点である機種依存性の排除を可能としたJava言語が出現してきている. 本稿ではJavaについて概説するとともに, Javaで作成され, World Wide Web上で動作する「動的な対散布図」について, 報告する.
山本 義郎, 垂水 共之
計算機統計学   11(1) 45-50   1999年4月
Webを利用した統計関連のサービスとしては,統計データを有するものが,その要約データを公表するものと,ブラウザに表示されたフォームにデータを入力し,解析手法を選択することにより結果を返すものに大別される.統計データを持っている場合に,利用者に要約方法を選択させ,利用者の要求に応じた要約データを提供する方法について,岡山行動圏データを利用した実用例を紹介し,公開する側のデータ編集作業の軽減と利用者の要求を同時に満たすシステムについて論じる. 更に,そのシステムにおいて利用したCGI (Com...
森 裕一, 山本 義郎, 渡谷 真吾, 尾高 好政, 垂水 共之, 田中 豊
計算機統計学   10(2) 145-153   1998年10月
感度分析のプログラム"SAMMIF (Sensitivity Analysis in Multivariate Methods based on Influence Function)"の概要について報告する.本プログラムで,Tanaka et al. (1990)やTanaka (1994)などで提唱された感度分析の一般的手順に基づいて,「データの人力」→「事前解析」→「診断」→「事後解析」→「比較」の一連の処理を行う.「診断」の部分では,単独で影響の大きい観測値を探す単数観測値診断と複...
山本 義郎, 垂水 共之
行動計量学   25(2) 93-99   1998年9月

Misc

 
数学科の統計学と芸術学科デザイン学課程のインフォグラフィックスのコラボレーションによる授業
山本 義郎, 富田 誠
統計教育実践研究   第9巻 31-34   2017年3月
効率の良い内野守備位置の考察
今田 一希, 河野 克哉, 山本 義郎
統計数理研究所共同研究リポート   380 33-42   2017年3月
球種・カウント数による投手の特徴の可視化と解析
鈴木 一平, 河野 克哉, 山本 義郎
統計数理研究所共同研究リポート   380 69-72   2017年3月
勝敗を分ける要因の解析とパスの可視化と解析
船山貴光, 山本 義郎
統計数理研究所共同研究リポート   380 147-152   2017年3月
凸包と楕円を用いた野球の守備範囲の評価と改良
河野 克哉, 山本 義郎
統計数理研究所共同研究リポート   363 21-24   2016年3月

書籍等出版物

 
山本 義郎
東海大学出版部   2017年5月   ISBN:4486021339
田中豊, 中西寛子, 姫野哲人, 酒折文武, 山本義郎 (担当:共著)
東京図書   2015年12月   ISBN:4489022271
山本 義郎, 藤野 友和, 久保田 貴文 (担当:共著)
オーム社   2015年11月   ISBN:4274218171
道家 暎幸, 土井 誠, 山本 義郎 (担当:共著)
東海大学出版部   2016年11月   ISBN:448602124X
山本 義郎, 鳥越 規央 (担当:共著)
東海大学出版会   2013年6月   ISBN:4486019776

講演・口頭発表等

 
山本 義郎, 梅澤 和夫, 山田 実俊
ECDA2018: EUROPEAN CONFERENCE ON DATA ANALYSIS   2018年7月   European Association for Data Science
山本 義郎, 富田 誠
ICOTS10: 10th International Conference on Teaching Statistics   2018年7月   IASE, the International Association for Statistical Education
山本 義郎, 今田 一希, 山田 実俊, 船山 貴光, 梅澤 和夫, 尾関 智子
日本分類学会第37回大会   2018年6月   日本分類学会
山本 義郎, 今田 一希, 山田 実俊, 船山 貴光, 内田 理
日本分類学会第37回大会   2018年6月   日本分類学会
山本 義郎, 今田 一希, 山田 実俊, 船山 貴光
日本分類学会第37回大会   2018年6月   日本分類学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究(C))
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 内田 理
日本学術振興会: 科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 山本 義郎
本研究は,インターネット上に公開されている統計情報,地理情報などのオープンデータを活用し,他の情報と結合し,統計解析やデータの可視化に取り組んでいる。特にWeb 上のデータの可視化については科学研究費を獲得し新たな方法も提案している。近年では,Twitter やブログなどインターネット上に拡散されている情報を要約し,Web 上の地図と連携することで,地域に関連する有用な情報の可視化が可能となる。本研究計画では,インターネットと統計解析システムを利用して,オープンデータや地理情報を有効に活用...
文部科学省: 科学研究費(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 山本 義郎
本研究は,インターネットを通じたデータの公開やオンラインデータなどについて、Webアプリケーションや新たな環境を利用することで可能となる統計データの可視化についての実装方法も含め行われたものである。本研究費による助成により、統計データの可視化法として新たな方法がいつくか提案でき、また、Webブラウザなどを利用したデータの可視化方法のプロトタイプを提案できた。この成果は、今後のデータの可視化の多様化に対して、その可能性を提供するものとなった。
多変量同時推測問題
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 2006年 - 2010年
文部科学省: 科学研究費(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 山本 義郎
本研究では,データ解析環境や統計教育環境にXMLを活用することにより実現可能な様々な取り組みを試行し,その成果を活かしたシステムを構築した。その中で、XMLを利用することにより可能となった、インタラクティブグラフなどの新たなグラフ表現方法についての研究を行い、成果を学会発表および論文により報告した。

学歴

 
 
 - 
1998年
岡山大学 自然科学 システム科学
 
 
 - 
1994年
東海大学 大学院理学研究科 数理科学専攻
 
 
 - 
1992年
東海大学 理学部 数学科
 

委員歴

 
2005年1月
 - 
2014年12月
日本計算機統計学会  評議員
 
2007年1月
 - 
2008年12月
応用統計学会  庶務(情報・広報)理事
 
2005年
 - 
2008年
日本分類学会  広報幹事
 
2003年
 - 
2008年
日本計算機統計学会  庶務理事
 
2007年4月
 - 
2010年3月
日本数学会  男女共同参画運営委員