論文

2014年3月11日

サッカーにおけるボールを中心としたゲーム状況の抽出への時間制限付き優勢領域図の適用

情報処理学会全国大会講演論文集
  • 大塚寛
  • ,
  • 山中亮

76th
1
開始ページ
1.273-1.274
終了ページ
274
記述言語
日本語
掲載種別

サッカーの試合を選手の位置関係に基づいて分析するために、計算幾何の概念であるボロノイ図を応用した優勢領域図に時間制限を設けた時間制限付き優勢領域図を導入した。一方、サッカーではボールを中心としてゲームを分析するが、そのためにボールの保持、チームの攻撃権といったボールや選手の位置データから直接取得できる情報から、パスなどのより高次の情報を抽出しなければならない。これらの情報を時間制限付き優勢領域図を用いて抽出し、既存の方法や人手で取る方法との比較を行ったので、これを報告する。

リンク情報
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201402279798810509
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/170000085472
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000287202331
URL
http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402279798810509

エクスポート
BibTeX RIS