MISC

本文へのリンクあり
2012年3月

米野々森林研究センターにおける珍虫"ヒラズゲンセイ"の採集報告

愛媛大学農学部演習林報告
  • 山迫 淳介
  • ,
  • 高松 陽一郎

51
開始ページ
29
終了ページ
30
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
愛媛大学農学部附属演習林

ヒラズゲンセイCissites cephalotes(Olivier, 1792)は,ツチハンミョウ科の甲虫で,東南アジアから日本まで広く分布し,真っ赤で鮮やかな色彩が特徴の大型甲虫である。その体液には有毒物質のカンタリジンが含まれ,皮膚に付くと,かぶれや水ぶくれなどの炎症を起こすため,衛生害虫でもある。本種は,国内では高知県ではじめて発見され,その後,高知県や徳島県で多数記録されているが,他地域ではわずかに知られている程度であった。しかし,近年になって四国のみならず,九州や関西地方にまで急激に分布を広げていることが知られており,地球規模の温暖化との関連が示唆されている(初宿,2008)。

リンク情報
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201302213700412448
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/220000138966
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00024902
URL
https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010852264 本文へのリンクあり

エクスポート
BibTeX RIS