山下 善道

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/26 10:26
 
アバター
研究者氏名
山下 善道
 
ヤマシタ ヨシミチ
eメール
yamashitay351affrc.go.jp
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
東北農業研究センター 農業放射線研究センター 営農再開グループ
職名
研究員
学位
博士(農学)(北海道大学)

プロフィール

 乳牛ふん尿を固液分離した後に好気性発酵による堆肥化・液肥化に関する研究で学位をいただき、ふん尿や地域の未利用資源を地域の財産にできるような研究・技術開発を志し、引き続きバイオマスの資源化・エネルギー化およびその利用に関わる研究を行っている。
 現在は、バイオマスボイラーによるハウス暖房システムの開発・利用方法の確立を目指している他、簡易なIoT技術を既存の設備・施設に設置することで,農家の方々が安価に手作りでき,労働負荷を下げるようなIoT機器の利用方法の確立に興味を持っている。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター 営農再開グループ 研究員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 専門研究員
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2015年3月
北海道大学大学院 農学院 環境資源学専攻
 
2004年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 農学部 農業工学科
 
2000年4月
 - 
2003年3月
北海道立 室蘭栄高等学校  
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術専門家ネットワーク  専門調査員
 

論文

 
小野 洋, 野中 章久, 金井 源太, 山下 善道, 泉谷 眞実
食品経済研究 = Bulletin of the Department of Food Business, Nihon University   (45) 21-31   2017年3月
山下 善道, 福原 資雄, 岩田 晃一郎
農業施設 = Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan   45(1) 8-13   2014年3月

講演・口頭発表等

 
山下 善道, 佐藤 達雄, 荒木 肇, 清水 直人, 岩渕 和則
廃棄物資源循環学会研究発表会講演集   2013年   
液状の乳牛ふん尿を市販の灌水用チューブを利用することによって圃場への灌水と施肥の両方を同時に可能とする方法を考案した。一般に家畜ふん尿には粒径の大きな固形物が混入しており、これが点滴灌水孔の目詰まりを引き起こすため、灌水チューブ利用による圃場還元はこれまで困難であった。考案した方法は乳牛ふん尿を固液分離し、その搾汁液に対して空気を曝気する好気性発酵処理の2つを行う。これにより固形物の機械的分離と微生物分解による固形物の微細化が行われ、粗大な固形物および粘度は著しく減少し、点滴灌水孔の目詰ま...
久保 弦, 山下 善道, 岩田 晃一郎, 荒木 肇, 藤井 賢彦
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011年   
大学内で発生する有機性廃棄物を学内処理することが学内での環境負荷低減につながるという先行研究を受けて,北海道大学内に存在している有機性廃棄物の学内処理の方法として,堆肥化による処理に着目した。今回は堆肥化に供する資材として,学内畜産施設から発生する牛ふんと,学内食堂より発生する生ごみを主な資材として選択し堆肥化システムの確立から,処理工程における環境負荷を見積もった。