山下晋平

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 15:12
 
アバター
研究者氏名
山下晋平
 
ヤマシタシンペイ
eメール
yamasitaube-c.ac.jp
所属
宇部フロンティア大学短期大学部
部署
食物栄養学科
職名
助教

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
 - 
現在
宇部フロンティア大学短期大学部 助教
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2014年3月
山口県立大学大学院  健康福祉学研究科博士前期課程
 

論文

 
山下 晋平
日本調理科学会誌   51(2) 112-118   2018年   [査読有り]
 山口県内の私立保育所および私立幼稚園で作成された2015年度の給食献立表を対象に,献立の分析及び郷土料理の提供頻度を調査した。収集できた給食献立表17園分を保育所・幼稚園に分類し,分析対象とした。その結果,保育所・幼稚園とも主食として「ごはん」の提供回数が最も多かった一方で,主菜と副菜においては提供回数の多い料理や調理法が異なっていた。郷土料理の提供率は,保育所で0.21%,幼稚園で0.41%と低く,提供した郷土料理の種類も保育所は3種類,幼稚園では2種類と少なかった。また郷土料理の提供...
山下晋平
宇部フロンティア大学短期大学部人間生活科学研究   53 41‐45   2017年3月
山下 晋平
人間生活科学研究   51 13-17   2016年
Yamashita S, Igarashi M, Hayashi C, Shitara T, Nomoto A, Mizote T, Shibasaki M
Microbiology (Reading, England)   161(6) 1231-1239   2015年6月   [査読有り]
古賀 聖典, 山下 晋平, 長坂 祐二, 横山 正博, 田中 マキ子
山口県立大学学術情報   6 103-108   2013年3月
わが国では、高齢化が急速に進行しており、要介護者の増加など社会問題化している。一方、高齢者の社会参加も増加しており、そのことが高齢者の心身の健康維持に貢献する可能性が指摘されている。本研究では、山口県柳井保健医療圏の在宅高齢者における社会活動レベルと身体機能との関係を横断的調査により検討した。社会活動レベルと酸素運搬能力との間には、有意ではないが弱い相関関係(r=0.295、P=0.206)が認められた。酸素運搬能力と栄養状態(BMI)との間には、有意な正の相関関係(r=0.493、P=0...

講演・口頭発表等

 
山下晋平
日本食育学会総会・学術大会講演・学術報告要旨集   2018年5月12日   
ささげの伝承を目指した食育絵本の開発とその有用性
山下晋平
日本食育学会総会・学術大会 学術報告要旨集   2017年   
山下晋平
日本食育学会総会・学術大会講演・学術報告要旨集   2015年6月6日   
山下晋平, 吉村峻, 金谷史哉, 山城龍之介, 溝手朝子
日本細菌学雑誌   2014年2月25日   

競争的資金等の研究課題

 
豆食文化の伝承をめざした幼児向け学習教材の開発
公益財団法人日本豆類協会: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 山下晋平