山登庸次

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/21 19:14
 
アバター
研究者氏名
山登庸次
 
ヤマト ヨウジ
ハンドル
Yoji Yamato
eメール
yoji.yamato.wahco.ntt.co.jp
所属
日本電信電話株式会社
部署
NTTネットワークサービスシステム研究所
職名
主任研究員
学位
博士(学術)(東京大学)
ORCID ID
0000-0003-4703-7866

プロフィール

私の研究は,NW上のコンポーネントやリソースを有機的に連携させ,サービスを効率的に実現することが一貫したテーマとなっている.大きくは,コンテキストアウェアサービス,クラウド基盤技術,オープンIoTリソース連携で研究成果を上げてきた.現在は,デバイス等のIoTリソースをユーザに合わせ動的に連携する技術,その際にGPU, FPGA等のヘテロなリソースに処理を自動オフロードする技術に取り組んでいる.筆頭著で,論文誌,国際会議,特許100件以上の成果を残している,ネットワークソフトウェア研究者.IEEEシニア会員,電子情報通信学会シニア会員,情報処理学会会員.

専門:ネットワークソフトウェア,クラウド,P2P,SDN,IoT,ソフトウェア工学,サービスコンピューティング

論文pdfは,Open Access論文,又は電子情報通信学会/情報処理学会の著作権規定に基づく公開です.
電子情報通信学会論文は,http://search.ieice.org/cs_j/index.html を参照下さい.
情報処理学会論文は,以下の注意をご確認下さい.「本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します.本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです.ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします.」

研究分野

 
 

経歴

 
2017年7月
 - 
現在
日本電信電話(株) ネットワークサービスシステム研究所 主任研究員
 
2013年4月
 - 
2017年6月
日本電信電話(株) ソフトウェアイノベーションセンタ 主任研究員
 
2010年7月
 - 
2013年3月
NTTコミュニケーションズ(株) 主査
 
2009年6月
 - 
2010年6月
Verio, Inc.
 
2002年4月
 - 
2009年6月
日本電信電話(株) ネットワークサービスシステム研究所
 

学歴

 
 
 - 
2009年3月
東京大学 総合文化研究科 広域システム科学専攻 博士(学術)
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京大学 理学系研究科 物理学専攻 修士課程修了
 
1996年4月
 - 
2000年3月
東京大学 理学部 物理学科 卒業
 

委員歴

 
2019年2月
 - 
現在
FIT2019 プログラム委員会  分野委員
 
2018年4月
 - 
現在
電子情報通信学会 サービスコンピューティング研究会  副委員長
 
2016年4月
 - 
現在
電子情報通信学会 サービスコンピューティング研究会  専門委員
 
2016年3月
 - 
現在
電子情報通信学会 ネットワークソフトウェア研究会  運営委員
 
2018年5月
 - 
2018年11月
11th International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks (ASON'18)  Program Chair
 
2015年6月
 - 
2018年5月
電子情報通信学会  和文論文誌B 編集委員
 
2016年8月
 - 
2017年5月
電子情報通信学会  ネットワークソフトウェア論文特集号(和) 編集幹事
 
2008年4月
 - 
2009年3月
電子情報通信学会  知識ベースハンドブック 執筆委員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
電子情報通信学会  次世代ネットワークソフトウェア研究会 幹事補佐
 

受賞

 
2019年3月
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 研究賞
受賞者: 伊藤智稀,片岡操,野口博史,山登庸次,村瀬勉
 
2018年3月
電気通信普及財団 第33回電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)
 
2017年3月
ICIAE 2017 Best Presentation Award
 
2015年7月
NETs 2015 Distinguished Paper Award
 
2015年6月
電子情報通信学会 ネットワークソフトウェア研究会 研究奨励賞
 
2009年3月
電子情報通信学会 学術奨励賞
 
2008年10月
ICIN2008 Best Paper Award
受賞者: H. Sunaga, Y. Yamato, H. Ohnishi, M. Kaneko, M. Iio and M. Hirano
 
2007年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ 活動功労賞
 
2007年2月
電子情報通信学会 次世代ネットワークソフトウェア研究会 研究奨励賞
 

論文

 
Field Trial of Driver Management Application with Wearable Vital Sensor
Yoji Yamato, Makoto Nakayama, Akihiro Chiba, Tomoaki Masuda and Tokutaro Yoshida
IPSJ Digital Practice      2019年4月   [査読有り]
Distributed Search Architecture for Object Tracking in the Internet of Things
H. Noguchi, T. Demizu, M. Kataoka and Y. Yamato
IEEE Access   DOI: 10.1109/ACCESS.2018.28757    2018年10月   [査読有り]
Automatic GPU Offloading Technology for Open IoT Environment
Y. Yamato, T. Demizu, H. Noguchi and M. Kataoka
IEEE Internet of Things Journal   DOI: 10.1109/JIOT.2018.2872545    2018年9月   [査読有り]
Maintenance of Business Machines with Edge and Cloud Collaboration
Y. Yamato and H. Kumazaki
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   13(8) 1208-1209   2018年8月   [査読有り]
Server Selection, Configuration and Reconfiguration Technology for IaaS Cloud with Multiple Server Types
Y. Yamato
Journal of Network and Systems Management, Springer   DOI: 10.1007/s10922-017-9418-z -(22 pages)   2017年8月   [査読有り]
Proposal of Shoplifting Prevention Service Using Image Analysis and ERP Check
Y. Yamato, Y. Fukumoto and H. Kumazaki
IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   12(S1) 141-145   2017年6月   [査読有り]
Performance-Aware Server Architecture Recommendation and Automatic Performance Verification Technology on IaaS Cloud
Y. Yamato
Service Oriented Computing and Applications, Springer   11(2) 121-135   2017年5月   [査読有り]
Predictive Maintenance Platform with Sound Stream Analysis in Edges
Y. Yamato, Y. Fukumoto and H. Kumazaki
Journal of Information Processing   25 317-320   2017年4月   [査読有り]
Y. Yamato
Journal of Information Processing   25(1) 56-58   2017年1月   [査読有り]
Proposal of Real Time Predictive Maintenance Platform with 3D Printer for Business Vehicles
Y. Yamato, Y. Fukumoto and H. Kumazaki
International Journal of Information and Electronics Engineering   6(5) 289-293   2016年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
知識の森 5群6編 公衆・専用ネットワークサービス
須永宏,今田美幸,上田清志,山登庸次 (担当:分担執筆, 範囲:2-2-3, サービスアーキテクチャ技術)
電子情報通信学会   2011年9月   

講演・口頭発表等

 
Proposal of Environment Adaptive Software
Y. Yamato, H. Noguchi, M. Kataoka and T. Isoda
2019 4th International Conference on Information and Network Technologies (ICINT 2019)   2019年5月   
Proposal of parallel processing area extraction and data transfer number reduction for automatic GPU offloading of IoT applications
Y. Yamato, H. Noguchi, M. Kataoka, T. Isoda and T. Demizu
The 3rd International Conference on Smart Computing and Communication (SmartCom 2018)   2018年12月   
Network Architecture with Categorizing Metadata by Locality and Lifetime for IoT Database Management
T. Ito, M. Kataoka, H. Noguchi, Y. Yamato and T. Murase
The 21st International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC 2018)   2018年11月   
Offload Control Method for Metadata Management Considering High Locality of IoT Data
T. Ito, H. Noguchi, Y. Yamato and T. Murase
2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2018)   2018年10月   
Proposal of Automatic GPU Offloading Technology on Open IoT Environment
Y. Yamato, T. Demizu, H. Noguchi and M. Kataoka
The 42nd IEEE International Conference on Computers, Software & Applications (COMPSAC 2018)   2018年7月   
Autonomous Device Identification Architecture for Internet of Things
H. Noguchi, T. Demizu, N. Hoshikawa, M. Kataoka and Y. Yamato
IEEE 4th World Forum on Internet of Things (WF-IoT 2018)   2018年2月   
Data Management and Packet Transmission Method based on Receivers’ Attributes
T. Demizu, H. Noguchi, N. Hoshikawa, M. Kataoka and Y. Yamato
IEEE 4th World Forum on Internet of Things (WF-IoT 2018)   2018年2月   
Tacit Computing and its Application for Open IoT Era
M. Kataoka, N. Hoshikawa, H. Noguchi, T. Demizu and Y. Yamato
IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC2018)   2018年1月   
A study to optimize heterogenesous resources for Open IoT
Y. Yamato, N. Hoshikawa, H. Noguchi, T. Demizu and M. Kataoka
2017 Fifth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2017)   2017年11月   
Experiments of posture estimation on vehicles using wearable acceleration sensors
Y. Yamato
The 3rd IEEE International Conference on Big Data Security on Cloud (BigDataSecurity 2017)   2017年5月   

競争的資金等の研究課題

 
ユビキタスネットワーク認証・エージェント技術
総務省: ユビキタスネットワーク技術の研究開発
研究期間: 2003年 - 2008年3月    代表者: 岡田 忠信

特許

 
15/566,323 : Server Selection Device, Sever Selection Method, and Server Selection Program
Y. Yamato
特許6438144 : リソース構成システム,リソース構成方法及びリソース構成プログラム
山登庸次
特許6382705 : 仮想機器試験装置,仮想機器試験方法及び仮想機器試験プログラム
山登庸次
特許6291134 : サーバ選択装置,サーバ選択方法及びサーバ選択プログラム
山登庸次
特許6277069 : 仮想機器管理装置,仮想機器管理方法及び仮想機器管理プログラム
山登庸次,西澤幸久,長尾伸二,渡邊拓磨
特許6272243 : 仮想機器試験装置,仮想機器試験方法及び仮想機器試験プログラム
山登庸次
特許5988505 : 仮想リソース管理装置,選択方法及び選択プログラム
山登庸次,横関大子郎,平井利治,湯原基貴,室井雅仁,田中健太郎
特許5855724 : 仮想機器管理装置,仮想機器管理方法及び仮想機器管理プログラム
山登庸次,長尾伸二,佐藤賢一
特許5781652 : スタック管理装置,スタック管理方法,および,スタック管理プログラム
山登庸次,室井雅仁,内村光智,田中健太郎
特許5752733 : 仮想リソース管理装置,仮想リソース操作方法及び仮想リソース操作プログラム
山登庸次,横関大子郎,平井利治,湯原基貴,室井雅仁,田中健太郎