山本裕子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/16 10:50
 
アバター
研究者氏名
山本裕子
 
ヤマモト ユウコ
ハンドル
Yamayu
eメール
yamayulabgmail.com
URL
https://www.researchgate.net/profile/Yuko_Yamamoto2?ev=hdr_xprf
所属
北陸先端科学技術大学院大学
部署
先端科学技術研究科
職名
准教授
学位
工学博士(関西学院大学)
科研費研究者番号
00598039
Twitter ID
yamayu_lab
ORCID ID
0000-0002-9547-4377

プロフィール

2017年4月~現在、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST。石川県能美市)PI准教授。専門は化学、特にラマン分光学、表面増強ラマン散乱(SERS)、プラズモン増強分光学。2011年10月博士(工学)取得。これまでに企業研究者(2003-04年度)、日本学術振興会特別研究員DC2(2009-11年度)・RPD(2014-16年度)、ドイツイエナ大学客員研究員(2016年度)等。平成28年度文部科学省認定卓越研究員候補者。現在の研究内容は、SERSを用いたプラズモニック光化学反応の追跡と反応機構解明。

受賞

 
2012年3月
田中貴金属グループ「貴金属に関わる研究助成金」事務局 シルバー賞 貴金属量子結晶の実用化:三百垓分の一を検出する生理活性分子分析用SERSバイオチップの開発
 
2008年1月
社団法人レーザー学会 優秀論文発表賞 生体組織診断用極細径ラマンプローブの高度化:ラマンデプスプロファイル解析技術の研究
 
2008年10月
TOIN International Symposium on Biomedical Engineering 2008 Award of excellence Subsurface Sensing of Biomedical Tissues Using a Miniaturized Raman Probe: Study of Thin-Layered Model Samples
 
2007年11月
The 9th Asian Conference on Analytical Sciences Best Poster Award Subsurface Sensing of Biomedical Tissues Using a Miniaturized Raman Probe: Study of Thin-Layered Model Samples
 

論文

 
伊藤民武, 山本裕子
色材協会誌   90(12) 1-6   2017年12月   [招待有り]
Tamitake Itoh, Yuko S. Yamamoto, and Yukihiro Ozaki
Chemical Society Reviews   46 3904-3921   2017年6月   [査読有り]
Tamitake Itoh, Yuko S. Yamamoto, Yasutaka Kitahama, and Jeyadevan Balachandran
Phys. Rev. B   95 115441   2017年3月   [査読有り]
Yuko S. Yamamoto, Yutaro Fujime, Naoshi Takahashi, Shunsuke Nakanishi and Tamitake Itoh
RSC ADVANCES   6 31454-31461   2016年3月   [査読有り]
Tamitake Itoh, Yuko S. Yamamoto, Toshiaki Suzuki, Yasutaka Kitahama, and Yukihiro Ozaki
APPLIED PHYSICS LETTER   108 021604   2016年1月   [査読有り]
山本裕子
分光研究   64(6) 539-548   2016年1月   [査読有り]
Yuko S. Yamamoto, Tamitake Itoh
JOURNAL OF RAMAN SPECTROSCOPY   47 78-88   2016年1月   [査読有り]
Tamitake Itoh, Yuko S. Yamamoto, Vasudevanpillai Biju, Hiroharu Tamaru, Shin-ichi Wakida
AIP ADVANCES   5 127113-yamayu   2015年12月   [査読有り]
Yasutaka Kitahama, Daichi Araki, Yuko S Yamamoto, Tamitake Itoh, Yukihiro Ozaki
PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   17 21204-21210   2015年8月   [査読有り]
山本裕子、伊藤民武、尾崎幸洋
月刊「化学」   70 68-69   2015年3月   [査読有り]
Yuko S. Yamamoto, Yukihiro Ozaki, Tamitake Itoh
Journal of Photochemistry and Photobiology C Photochemistry Reviews   21 81-104   2014年12月   [査読有り]
Yuko S. Yamamoto, Tamitake Itoh, Hidetoshi Sato and Yukihiro Ozaki
VIBRATIONAL SPECTROSCOPY   74 132-136   2014年9月   [査読有り]
Tamitake Itoh, Yuko S. Yamamoto, Hiroharu Tamaru, Vasudevanpillai Biju, Shin-ichi Wakida, Yukihiro Ozaki
PHYSICAL REVIEW B   89 195436-yamayu   2014年5月   [査読有り]
Yuko S Yamamoto, Mitsuru Ishikawa, Yukihiro Ozaki, Tamitake Itoh
FRONTIERS OF PHYSICS   9 31-46   2014年2月   [査読有り]
Yuko S. Yamamoto*, Katsuyuki Hasegawa*, Yuuki Hasegawa*, Naoshi Takahashi, Yasutaka Kitahama, Satoshi Fukuoka, Norio Murase, Yoshinobu Baba, Yukihiro Ozaki, Tamitake Itoh(C.A.)
PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   15 14611-14615   2013年7月   [査読有り]
Tamitake Itoh, Yuko S. Yamamoto, Hiroharu Tamaru, Vasudevanpillai Biju, Norio Murase, Yukihiro Ozaki
PHYSICAL REVIEW B   87(23540) -yamayu   2013年6月   [査読有り]
Yuko S. Yamamoto, Ken Hirano, Tomomi Ishido, Takao Yasui, Norio Murase, Yoshinobu Baba, Tamitake Itoh(C.A.)
PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   15 10316-10320   2013年5月   [査読有り]
Ken Hirano, Tomomi Ishido*, Yuko S. Yamamoto*, Norio Murase, Masatoshi Ichikawa, Kenichi Yoshikawa, Yoshinobu Baba, Tamitake Itoh
NANO LETTERS   13 1877-1882   2013年4月   [査読有り]
Plasma Resonance Localized on Metal Nanoparticle Surface (Surface Plasmon Resonance) and its Application for Biosensing
Yuko S. Yamamoto and Tamitake Itoh,
Proceedings of 30th Symposium on Plasma Processing (SPP-30   49-50   2013年
Yuko S. Yamamoto, Hideyuki Shinzawa, Yuji Matsuura, Yukihiro Ozaki, and Hidetoshi Sato
APPLIED SPECTROSCOPY   65 844-848   2011年8月   [査読有り]
Hidetoshi Sato, Yuko S. Yamamoto, Atsushi Maruyama, Takashi Katagiri, Yuji Matsuura, and Yukihiro Ozaki
VIBRATIONAL SPECTROSCOPY   50 125-130   2011年8月   [査読有り]
佐藤英俊,小杉浩司,Retno Hariyani,山本裕子,Bibin. B. Andriana
日本レーザー医学会誌   31 420-427   2011年4月   [査読有り]
ラマン分光法を用いた生体分析技術-光バイオプシー技術の展望
大嶋佑介、山本裕子、鈴木利明、佐藤英俊
ぶんせき   5 229-236   2010年5月   [査読有り]
Takashi Katagiri, Yuko S. Yamamoto, Yukihiro Ozaki
APPLIED SPECTROSCOPY   63 103-107   2009年1月   [査読有り]
Yuko S. Yamamoto, Yusuke Oshima, Hideyuki Shinzawa, Takashi Katagiri, Yuji Matsuura, Yukihiro Ozaki, Hidetoshi Sato
ANALYTICA CHIMICA ACTA   619 8-13   2008年6月   [査読有り]
Yuko S. Yamamoto, Yuichi Komachi, Hideyuki Shinzawa, Atsushi Maruyama, Bibin B. Andriana, Yuji Matsuura, Yukihiro Ozaki, Hidetoshi Sato,
PROCEEDINGS OF SPIE,   7173 71730   [査読有り]

書籍等出版物

 
プラズモン増強分光法の新展開-強い電磁増強場で見えてきたフェルミ黄金律の破綻
山本裕子、伊藤民武、尾崎幸洋 (担当:共著, 範囲:月刊「化学」)
化学同人   2015年3月   
高分子ナノテクノロジーハンドブック -最新ポリマーABC 技術を中心として-
山本裕子、伊藤民武、鈴木利明、尾崎幸洋 (担当:分担執筆, 範囲:第4編第3章第4節: SERS,TERS の原理とTERS のポリマー測定への応用)
株式会社エヌ・ティー・エス   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
プラズモン増強ラマン散乱法で見えたもの [招待有り]
山本裕子
一般社団法人レーザー学会学術講演会第37回年次大会   2017年1月7日   
Further perspectives on nanostructures for single-molecule vibrational spectroscopy [招待有り]
○Yuko S. Yamamoto,
NANO CONGRESS 2016,   2016年8月1日   
Plasmonics for plasmon-enhanced single-molecule spectroscopy [招待有り]
○Yuko S. Yamamoto
MATERIAL CONGRESS 2016   2016年6月15日   
Current understanding for fluctuations in the spectral shape of surface-enhanced Raman scattering”,
○Yuko S. Yamamoto,
CRUEF2016,   2016年4月2日   
「1分子SERS分光法で追うプラズモニック光化学反応の実際
○山本 裕子,茅野 優也,伊藤 民武、中西 俊介
2016年春季第63回応用物理学会学術講演会   2016年3月20日   
When the Signal is from the Original Molecule Detected: Surface-Enhanced Raman Scattering Measurement of 4‑Aminobenzenethiol at Single-Molecule Level
○Yuko S. Yamamoto, Yuya Kayano, Tamitake Itoh, Shunsuke Nakanishi,
Pacifichem2015   2015年12月5日   
表面増強ラマン散乱法を用いたアミノベンゼンチオールの単分子計測
○山本 裕子,茅野 優也,伊藤 民武、中西 俊介
2015年日本化学会中国四国支部大会   2015年11月14日   
Beyond the electromagnetic mechanism of surface-enhanced Raman scattering - recent progress and frontiers - [招待有り]
ISPAN2015   2015年10月28日   
表面増強ラマン散乱法を用いたプラズモニック光化学反応生成物の単分子レベルでの計測・同定
○山本 裕子,茅野 優也,伊藤 民武、尾崎 幸洋、中西 俊介
2015年第76回応用物理学会秋季学術講演会   2015年9月15日   
Usefulness of Galvanic Displacement Reactions to Efficiently Fabricate Metal Nanostructures for Surface-enhanced Spectroscopy [招待有り]
Nanotechnology-2015   2015年8月10日   
銀ナノ粒子表面で起きるプラズモニック光化学反応の単分子計測: 表面増強ラマン散乱法を用いたニトロベンゼンチオール−アミノベンゼンチオール還元反応の追跡
○山本 裕子,茅野 優也,伊藤 民武、中西 俊介
平成27年度日本分光学会年次講演会   2015年6月3日   
SERS, as a Probe for Plasmonic Chemistry [招待有り]
AnalytiX-2015   2015年4月25日   
表面増強ラマン散乱法を用いたニトロベンゼンチオール-アミノベンゼンチオールプラズモニック光化学反応の追跡 [招待有り]
○山本 裕子,茅野 優也,伊藤 民武、中西 俊介
日本化学会第95春季年会   2015年3月28日   
表面増強ラマン散乱法を用いたプラズモニック光化学反応の追跡
○山本 裕子,茅野 優也,伊藤 民武、中西 俊介
2015年春季第62回応用物理学会学術講演会   2015年3月11日   
Plasmonic staining of DNA molecules under white light illumination and its future perspective for plasmonic chemistry [招待有り]
○Yuko S. Yamamoto, Tamitake Itoh
ICOPVS-2014   2014年7月8日   
白色光を用いたDNA分子の銀染色法開発と将来展望 [招待有り]
○山本裕子, 伊藤民武
2013年日本化学会中国四国支部大会、   2013年11月17日   
Plasmonic staining of DNA: a dark-field microscopic technique for monitoring of DNA metallization with photo-induced Ag nanoparticles in the presence of weak catalysts
○Yuko S. Yamamoto, Ken Hirano, Tomomi Ishido, Takao Yasui, Norio Murase, Yoshinobu Baba, Tamitake Itoh
ICAVS-7,   2013年8月26日   
Direct Conversion of Silver Complexes to Nanoscale Hexagonal Columns on Copper Alloy for Plasmonic Applications
○Yuko S. Yamamoto, Katsuyuki Hasegawa, Yuki Hasegawa, Satoshi Fukuoka, Norio Murase, Yoshinobu Baba, Kitahama Yasutaka, Yukihiro Ozaki, Tamitake Itoh
Japan-India Bilateral Seminar on Supramolecular Nanomaterials for Energy Innovation,   2012年10月15日   
Charge-Sensitive SERS Substrate made from Copper Alloy and Aqueous Solution of Silver Complex
○Yuko S. Yamamoto, Katsuyuki Hasegawa, Yuki Hasegawa, Satoshi Fukuoka, Norio Murase, Yoshinobu Baba, Yukihiro Ozaki, Tamitake Itoh
ICORS 2012   2012年8月13日   
Plasmonic imaging of single DNA molecules coupled with photoinduced Ag nanoparticles
○Yuko S. Yamamoto, Ken Hirano, Tomomi Ishido, Mitsuru Ishikawa, Yoshinobu Baba, Tamitake Itoh,
2012年6月2日   
Raman spectra of poly(3- hydroxybutyrate-co-3-hydroxyhexanoate) thin films by Raman microscopic spectroscopy
○Yuko S. Yamamoto, Harumi Sato, Hidetoshi Sato, Yukihiro Ozaki
Pacifichem2010   2010年12月18日   
Depth Profiling Analysis of Layered Tissues by Miniaturized Raman Probes
○Yuko S. Yamamoto, Yuji Matsuura, Yukihiro Ozaki, Hidetoshi Sato
Pacifichem2010,   2010年12月16日   
極細径ラマンプローブを用いたデプスプロファイル分析手法の開発:生体組織計測への応用
○山本裕子, ビビン・B・アンドリアーナ, 松浦祐司, 佐藤英俊, 尾崎幸洋,
第71回応用物理学会学術講演会,   2010年9月16日   
量子結晶(ガルバニ還元反応で生成した金属ナノ粒子)の迅速作製、性質と表面増強ラマン散乱分光法への応用
○山本裕子, 長谷川克之, 長谷川裕起, 伊藤民武
2013年春季 第60回応用物理学会学術講演会,   2013年3月29日   
金属ナノ粒子表面の局在プラズマ(表面プラズモン)共鳴による光学応答増強とバイオセンシング応用
○山本裕子, 伊藤民武
第30回 プラズマプロセシング研究会 (SPP-30)   2013年1月   
光ファイバラマンプローブを用いた非破壊的サブサーフェス計測手法の基礎検討
○山本裕子, 尾崎幸洋, 佐藤英俊
第58回応用物理学関係連合講演会(但し大会自体は東日本大震災に伴い中止)   2011年3月11日   
極細径ラマンプローブを用いたデプスプロファイル分析手法の開発
○山本裕子, 佐藤英俊, 尾崎幸洋
第57回応用物理学関係連合講演会,   2010年3月20日   
極細径ラマンプローブを用いた層状生体組織の定量的計測:複数プローブの併用
○山本裕子, ビビン・B・アンドリアーナ, 松浦祐司, 佐藤英俊, 尾崎幸洋
(社)レーザー学会学術講演会第30回年次大会   2010年2月   
細径ラマンプローブを用いたデプスプロファイル計測技術
山本裕子
バイオメディカルオプティクスと光バイオプシー技術に関する産学連携会議,   2009年12月   
極細径ラマンプローブによる層状生体組織計測技術の開発:複数プローブを用いた定量計測
○山本裕子, 新澤英之, 松浦祐司, 尾崎幸洋, 佐藤英俊
日本分析化学会第58年会,   2009年9月   
Noninvasive subsurface sensing using multiple miniaturized Raman probes: evaluation using model samples
○Yuko S. Yamamoto,
HOPE meeting 2009,   2009年8月   
Noninvasive subsurface analyzing technique using multiple miniaturized Raman probes
○Yuko S. Yamamoto, Yuichi Komachi, Hideyuki Shinzawa, Atsushi Maruyama, Bibin B. Andriana, Yuji Matsuura, Yukihiro Ozaki, Hidetoshi Sato
BiOS, a part of SPIE 2009,   2009年1月   
Subsurface Sensing of Biomedical Tissues Using a Miniaturized Raman Probe: Study of Thin-Layered Model Samples
○Yuko S. Yamamoto, Yuji Matsuura, Yukihiro Ozaki, Hidetoshi Sato
TOIN International Symposium on Biomedical Engineering 2008,   2008年10月   
極細径ラマンプローブによる層状生体組織計測技術の開発およびその応用研究:光散乱モデルの解析
○山本裕子, 小町祐一, 片桐崇史, 丸山篤史, 鈴木利明, 松浦祐司, 尾崎幸洋, 佐藤英俊,
日本分析化学会第57年会,   2008年9月   
生体組織診断用極細径ラマンプローブの高度化:ラマンデプスプロファイル解析技術の研究
○山本裕子, 大嶋佑介, 新澤英之, 盛田伸一, 尾崎幸洋, 佐藤英俊
(社)レーザー学会学術講演会第28回年次大会   2008年1月   
経血管癌診断用細径ラマンプローブの高度化 : 層状構造体のラマンデプスプロファイル
○山本裕子, 大嶋佑介, 佐藤英俊, 尾崎幸洋
分析化学会近畿支部第1回平成夏期セミナー   2007年8月   
Subsurface Sensing of Biomedical Tissues Using a Miniaturized Raman Probe: Study of Thin-Layered Model Samples
山本裕子
2007年   
ポリインターカレータによるDNAハイブリッドの直接検出:DNAマイクロアレイへの応用
○山本 裕子, 上山 博幸, 近藤 恭光, 野島 高彦, 田代 朋子, 高木 誠, 竹中 繁織, 田代 英夫
第25回日本分子生物学会年会,   2002年12月   

競争的資金等の研究課題

 
強結合を介したプラズモニック化学反応の実証のためのプラットフォーム開発(国際共同研究強化)
日本学術振興会: 科学研究費補助金、科研費国際共同研究強化
研究期間: 2016年2月 - 2019年3月    代表者: 山本裕子
強結合を介したプラズモニック化学反応の実証のためのプラットフォーム開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金、科研費若手B
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 山本裕子
銀ナノ粒子プラズモン誘起光化学反応の機構解明と人工光合成反応効率化への応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金、特別研究員奨励費(RPD)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 山本裕子
The 5th International Conference on Perspectives in Vibrational Spectroscopy (国際振動学分光全体会議、ICOPVS2014) 招待講演に対して
公益財団法人小笠原科学技術振興財団: 国際交流助成、国際研究集会等海外渡航費助成金
研究期間: 2014年7月       代表者: 山本裕子
田中貴金属: 貴金属に関わる研究助成金
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 山本裕子
産業技術総合研究所: 産総研イノベーションスクール
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 山本裕子
日本学術振興会: 特別研究員(DC2)
研究期間: 2009年4月 - 2011年9月    代表者: 山本裕子

特許

 
特願2012-146381 : エンドトキシンの測定方法及びエンドトキシンのラマン分光用測定基板
福岡聰、伊藤民武、山本裕子、尾崎幸洋、北濱康孝、長谷川裕起、長谷川克之
特開2005-283304 : プローブアレイ
山本裕子、岡部秀晃、齋藤累
特開2005-283306 : プローブアレイ製造用部材及びプローブアレイの製造方法
山本裕子、岡部秀晃、田代英夫、近藤恭光
特許20050251046 : プローブアレイの製造方法
山本裕子、岡部秀晃、田代英夫、近藤恭光

社会貢献活動

 
2016年春季第63回応用物理学会学術講、演会
【その他】  2016年3月20日
2013年日本化学会中国四国支部大会
【その他】  2013年11月
女性研究者育成支援 中学生向け実験授業 http://www.keimei.ed.jp/20120206-k.html
【講師】  関西学院大学男女共同参画推進支援室主催  2012年2月

その他

 
2016年11月   日本の科学技術研究費の執行状況に関する分析レポート Part 1 (Wordバージョン)
上記、日本の科学技術研究費の執行状況に関する分析レポート Part 1(txtファイル) が、iPhoneから見ると文字化けする問題の報告がありましたので、取り急ぎWordファイル化しました。中身は99%同じです(気づいた誤字と、表の見出しがなかった部分だけ直しました)。
2016年11月   日本の科学技術研究費の執行状況に関する分析レポート Part 1
2016年10-11月にかけて、河野太郎議員が同議員のブログにて研究者に向けて発信した、日本の国立大学に配分されている科学技術研究費の統計資料を基に、研究者への基礎研究費配分が少ないとされている原因究明のための第一次計算を行いました。計算間違い、ミスのご指摘、あるいはその他改良等、さらなる議論のたたき台にしていただければ幸いです。
2012年2月
女性研究者育成支援 中学生向け実験授業(啓明学院、兵庫、関西学院大学 男女共同参画推進支援室主催)
関西学院大学の男女共同参画推進支援の一環として、啓明学院中学校内の希望者(女子)を対象に実験授業を行った。この実験授業では、花や果皮から三種類の方法(溶媒抽出法、水蒸気蒸留法、圧搾法)でエッセンシャルオイルを抽出し、香水を作成した。中一女子12名、中二女子6名の計18名が参加し、大変好評であった。
http://www.keimei.ed.jp/20120206-k.html
2016年12月   2016年12月 日本国内におけるアカデミック ハラスメント事例、対応における問題点、および対処法
日本国内におけるアカデミック ハラスメント事例、対応における問題点、および対処法をまとめました。目次 1. アカデミックハラスメント具体事例、2. アカデミックハラスメント対応窓口が抱える問題について、3. アカデミックハラスメント対処法。未完成。随時追記いたします。