ARAKI Yoshihiko

J-GLOBAL         Last updated: Apr 4, 2019 at 16:18
 
Avatar
Name
ARAKI Yoshihiko
Nickname
yaraki
E-mail
yarakijuntendo.ac.jp
Research funding number
70250933
ORCID ID
0000-0002-4759-9765

Profile

1983年山形大学医学部卒業。山形大学理学部発生学(及川胤昭助教授)・北海道大学獣医学部生化学(内貴正治助教授)客員研究員を経て87年山形大学大学院医学研究科博士課程産科婦人科学/免疫学専攻(廣井正彦教授/仙道富士郎教授)修了。医学博士。山形県立中央病院産婦人科医師を経て88年Case Western Reserve大学医学部 生理学/生物物理学・博士研究員 (Assistant Professor Dr. M. Ikebe)。90年 Vanderbilt大学医学部生殖生物学研究センター・Research Instructor (Professor Dr. M-C Orgebin-Crist/Associate Professor Dr. DRP Tulsiani)。92年 山形大学医学部産科婦人科学・助手・講師・外来医長(併任)を経て、97年 同大学医学部免疫学・助教授。99年 Vanderbilt大学医学部産科婦人科学・Research Associate Professor(山形大学研究休職)。01年山形大学免疫学復職。 04年より順天堂大学大学院医学研究科・性差/環境医学研究所先任准教授。18年同・副所長 04年から現在まで山形大学(医・農)・早稲田大学・鹿児島大学・兵庫医科大学・日本大学・秋田大学・金沢大学・日本医科大学で非常勤講師等を勤める。

研究領域:受精着床の分子機構/生殖細胞の形成機構および機能解析/性差医学/婦人科疾患の予知診断分子マーカーの開発等/科学史教育

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2019
 - 
Today
Visiting Professor, Microbiology & Immunology, Nihon University School of Medicine
 
Apr 2018
 - 
Today
Deputy director, Institute of Environmental and Gender-specific Medicine, Juntendo University Graduate School of Medicine
 
Apr 2009
 - 
Today
Associate Professor, Obstetrics & Gynecology, Juntendo University Graduate School of Medicine
 
May 2004
 - 
Today
Associate Professor, Institute for Environmental & Gender-specific Medicine, Juntendo University Graduate School of Medicine
 
Aug 1990
 - 
Sep 1992
Research Instructor, Center for Reproductive Biology Research, Vanderbilt University School of Medicine
 
Jul 2001
 - 
Apr 2004
文部科学教官助教授, Department of Immunology, Yamagata University School of Medicine
 
Apr 1999
 - 
Jun 2001
Research Associate Professor, Department of OB/GYN, Vanderbilt University School go Medicine
 
Apr 1997
 - 
Mar 1999
Associate Professor, Department of Immunology & Parasitology, Yamagata University School of Medicine
 
Apr 1995
 - 
Mar 1997
Director, Assistant Professor, Dept. of OB/GYN, Yamagata University Hospital
 
Oct 1992
 - 
Mar 1995
Instructor, Department of OB/GYN, Yamagata University School of Medicine
 
Apr 1988
 - 
Aug 1990
Postdoctoral Research Fellow/Research Associate, Dept. of Physiology and Biophysics, Case Western Reserve University School of Medicine
 
Feb 1986
 - 
Sep 1986
Visiting Scholar, Dept. of Biochemistry, Hokkaido University Faculty of Veterinary Medicine
 
Oct 1983
 - 
Mar 1984
Visiting Scholar, Dept. of Developmental Biology, Yamagata University Faculty of Science
 
Apr 1983
 - 
Mar 1987
Doctoral course student, Dept. of OB/GYN and Immunology, Yamagata University Graduate School of Medicine
 

Education

 
Apr 1977
 - 
Mar 1983
School of Medicine, Yamagata University
 

Published Papers

 
The simultaneous quantification of candidate serum biomarker peptides for hypertensive disorders of pregnancy.
Yanagida M, Hamamura K, Takamori K, Araki Y.
Annals of Clinical Biochemistry   in press   2019   [Refereed]
Hamamura K, Yanagida M, Ishikawa H, Banzai M, Yoshitake H, Nonaka D, Tanaka K, Sakuraba M, Miyakuni Y, Takamori K, Nojima M, Yoshida K, Fujiwara H, Takeda S, Araki Y
Annals of clinical biochemistry   55(2) 287-295   Mar 2018   [Refereed]
Suginami K, Sato Y, Horie A, Matsumoto H, Tani H, Mizumoto Y, Ono M, Matsuoka A, Kyo S, Araki Y, Konishi I, Fujiwara H
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   77(4)    Apr 2017   [Refereed]
Suginami K, Sato Y, Horie A, Matsumoto H, Kyo S, Araki Y, Konishi I, Fujiwara H
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   77(1)    Jan 2017   [Refereed]
Yoshitake Hiroshi, Arii Daisuke, Hamamura Kensuke, Matsuda Hironori, Sakuraba Mayumi, Kawasaki Yu, Takamori Kenji, Takeda Yuji, Sendo Fujiro, Fujiwara Hiroshi, Nojima Michio, Araki Yoshihiko
JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   118 123   Nov 2016   [Refereed]
Matsumoto H, Sato Y, Horie A, Suginami K, Tani H, Hattori A, Araki Y, Kagami K, Konishi I, Fujiwara H
Placenta   47 105-112   Nov 2016   [Refereed]
Oda Risako, Yoshitake Hiroshi, Hasegawa Akiko, Araki Yoshihiko
JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   118 139   Nov 2016   [Refereed]
Yoshitake H, Oda R, Yanagida M, Kawasaki Y, Sakuraba M, Takamori K, Hasegawa A, Fujiwara H, Araki Y
Journal of reproductive immunology   115 6-13   Jun 2016   [Refereed]
Endo S, Yoshitake H, Tsukamoto H, Matsuura H, Kato K, Sakuraba M, Takamori K, Fujiwara H, Takeda S, Araki Y
Scientific reports   6 23616   Mar 2016   [Refereed]
Fujiwara H, Araki Y, Imakawa K, Saito S, Daikoku T, Shigeta M, Kanzaki H, Mori T
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   75(3) 281-289   Mar 2016   [Refereed]
Hamamura K, Nonaka D, Ishikawa H, Banzai M, Yanagida M, Nojima M, Yoshida K, Lee LJ, Tanaka K, Takamori K, Takeda S, Araki Y
Annals of clinical biochemistry   53(Pt 1) 85-96   Jan 2016   [Refereed]
Yoshitake Hiroshi, Hashii Noritaka, Kawasaki Nana, Oda Risako, Kawasaki Yu, Sakuraba Mayumi, Endo Shuichiro, Takamori Kenji, Hasegawa Akiko, Fujiwara Hiroshi, Araki Yoshihiko
JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   112 131   Nov 2015   [Refereed]
Bodogai M, Moritoh K, Lee-Chang C, Hollander CM, Sherman-Baust CA, Wersto RP, Araki Y, Miyoshi I, Yang L, Trinchieri G, Biragyn A
Cancer research   75(17) 3456-3465   Sep 2015   [Refereed]
Yoshitake H, Hashii N, Kawasaki N, Endo S, Takamori K, Hasegawa A, Fujiwara H, Araki Y
PloS one   10(7) e0133784   Jul 2015   [Refereed]
Sherman-Baust CA, Kuhn E, Valle BL, Shih IeM, Kurman RJ, Wang TL, Amano T, Ko MS, Miyoshi I, Araki Y, Lehrmann E, Zhang Y, Becker KG, Morin PJ
The Journal of pathology   233(3) 228-237   Jul 2014   [Refereed]
Kantake M, Yoshitake H, Ishikawa H, Araki Y, Shimizu T
BMJ open   4(7) e005318   Jul 2014   [Refereed]
Araki Y, Nonaka D, Hamamura K, Yanagida M, Ishikawa H, Banzai M, Maruyama M, Endo S, Tajima A, Lee LJ, Nojima M, Takamori K, Yoshida K, Takeda S, Tanaka K
The journal of obstetrics and gynaecology research   39(10) 1440-1448   Oct 2013   [Refereed]
Fujihara Y, Tokuhiro K, Muro Y, Kondoh G, Araki Y, Ikawa M, Okabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110(20) 8111-8116   May 2013   [Refereed]
Fujiwara H, Nishioka Y, Matsumoto H, Suginami K, Horie A, Tani H, Matsumura N, Baba T, Sato Y, Araki Y, Konishi I
International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society   23(3) 576-582   Mar 2013   [Refereed]
Honda M, Asai T, Oku N, Araki Y, Tanaka M, Ebihara N
International journal of nanomedicine   8 495-503   2013   [Refereed]

Misc

 
荒木慶彦, 荒木慶彦
日本生殖医学会雑誌   63(1/2) 111-111   Apr 2018   [Invited]
柳田 光昭, 濱村 憲佑, 三浦 正子, 高森 建二, 荒木 慶彦
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3P-1368]   Dec 2017   [Refereed]
荒木慶彦
Reproductive Immunology and Biology   32(1-2) 78   Nov 2017   [Invited]
小田理沙子, 吉武洋, 長谷川昭子, 荒木慶彦
Reproductive Immunology and Biology   31(1/2) 143-143   Nov 2016   [Refereed]
吉武洋, 有井大介, 有井大介, 濱村憲佑, 濱村憲佑, 松田浩則, 櫻庭真弓, 川崎優, 川崎優, 高森建二, 武田裕司, 仙道富士郎, 藤原浩, 野島美知夫, 野島美知夫, 荒木慶彦, 荒木慶彦
Reproductive Immunology and Biology   31(1/2) 119-119   Nov 2016   [Refereed]
柳田 光昭, 濱村 憲佑, 三浦 正子, 野中 大輔, 田中 憲次, 高森 建二, 荒木 慶彦
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [3P-250]   Sep 2016   [Refereed]
荒木慶彦, 荒木慶彦
山形県公衆衛生学会講演集   42nd 1(1)-1(2)-np1   Mar 2016   [Invited]
陳城, 大和屋健二, 前川眞見子, 柳田光昭, 荒木慶彦, 伊藤千鶴, 年森清隆
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   119th 169   2014   [Refereed]
荒木慶彦
医療と検査機器・試薬   36(6) 794-795   Dec 2013   [Invited]
吉武洋, 荒木慶彦, 瀧澤俊広
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   118th 76   2013   [Refereed]
吉武洋, 橋井則貴, 川崎ナナ, 小田理沙子, 川崎優, 櫻庭真弓, 遠藤周一郎, 高森建二, 長谷川昭子, 藤原浩, 荒木慶彦
Reprod Immunol Biol   30(1/2) 105-105   Nov 2015   [Refereed]
田中憲次, 野中大輔, 麻田恭一, 李良子, 遠藤周一郎, 吉武洋, 柳田光昭, 荒木慶彦
日本病態プロテアーゼ学会学術集会プログラム抄録集   17th 39   2012   [Refereed]
藤原祥高, 徳弘圭造, 室悠子, 荒木慶彦, 伊川正人, 岡部勝
日本実験動物学会総会講演要旨集   59th 244   May 2012   [Refereed]
藤原祥高, 徳弘圭造, 室悠子, 荒木慶彦, 伊川正人, 岡部勝
J Reprod Dev   58(Suppl Japanese Issue) J94-j94   Aug 2012   [Refereed]
【目的】哺乳類の受精には様々なステップがあり,それらは巧妙なメカニズムによって成り立っている。しかし,受精の分子メカニズムについてはほとんど明らかになっていない。また,これまで精子上に存在するGPIアンカータンパク質が受精に関与すると言われているが,その詳細についてもよく分かっていない。本研究では,ヒト及びマウス精子において精子上に存在し抗体により受精阻害が起こると報告されている精巣内生殖細胞特異的GPIアンカータンパク質TEX101(testis expressed gene 101)に...
藤原祥高, 徳弘圭造, 室悠子, 荒木慶彦, 伊川正人, 岡部勝
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   34th 1P-0385 (WEB ONLY)   2011   [Refereed]
丸山真由子, 田嶋敦, 野島美知夫, 吉田幸洋, 荒木慶彦
順天堂医学   57(4) 432-432   Aug 2011
丸山真由子, 吉田幸洋, 野島美知夫, 田嶋敦, 荒木慶彦
順天堂医学   57(2) 181-181   Apr 2011
FUJIWARA Hiroshi, IDETA Atsushi, ARAKI Yoshihiko, TAKAO Yumi, SATO Yukiyasu, TSUNODA Noboru, AOYAGI Yoshito, KONISHI Ikuo
Journal of mammalian ova research   26(3) 122-128   Oct 2009   [Refereed]
胚の子宮内膜上皮細胞への接着は着床期のみに可能とされ、その制御は卵巣から分泌されるステロイドホルモンが重要とされている。しかしながらその詳細な分子機構は解明されておらず、形態良好胚を繰り返し移植しても妊娠成立をみない着床不全患者が間題となっている。一般にこれまで免疫系の役割に関しては胎児を拒絶することなく子宮内寄生を寛容する機序に注目が集められてきたが、近年免疫細胞がより積極的に妊娠の成立・維持に貢献している可能性が示されつつある。我々は末梢血免疫細胞がヒト妊娠黄体の分化と機能維持にむしろ...
田嶋敦, 丸山真由子, 野島美知夫, 吉田幸洋, 田中憲次, 荒木慶彦
日本周産期・新生児医学会雑誌   46(2) 499-499   Jun 2010
丸山真由子, 吉田幸洋, 野島美知夫, 田嶋敦, 荒木慶彦, 鈴木勝彦
順天堂医学   56(1) 85-86   Feb 2010
白井洋平, 荒木慶彦, 吉武洋, 山倉文幸
順天堂医学   56(1) 78-79   Feb 2010
藤原 浩, 出田 篤司, 荒木 慶彦, 高尾 由美, 佐藤 幸保, 角田 修男, 青柳 敬人, 小西 郁生
Journal of Mammalian Ova Research   26(3) 122-128   Oct 2009   [Refereed]
瀧澤敬美, 石川朋子, 石橋宰, 後藤忠, 佐藤陽子, 小路武彦, 荒木慶彦, 瀧澤俊広
Reprod Immunol Biol   24(2) 125-125   Nov 2009   [Refereed]
吉武洋, 丸山真由子, 柳田光昭, 高森建二, 長谷川昭子, 荒木慶彦
Reprod Immunol Biol   24(2) 129-129   Nov 2009   [Refereed]
日塔武彰, 武田裕司, 吉武洋, 仙道富士郎, 荒木慶彦
日本薬学会年会要旨集   128th(3) 22   Mar 2008
丸山真由子, 吉武洋, 高森建二, 小川秀興, 荒木慶彦
J Reprod Dev   55(Supplement) J95-j95   Aug 2009
瀧澤 敬美, 石川 朋子, 石橋 宰, 後藤 忠, 佐藤 陽子, 小路 武彦, 荒木 慶彦, 瀧澤 俊広
日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集   50回 95-95   Sep 2009
金紅, 吉武洋, 塚本宏樹, 市野瀬省三, 森美貴, 瀧澤俊広, 高森建二, 小川秀興, 木下勝之, 荒木慶彦
順天堂医学   53(2) 318   Jun 2007
白井洋平, 吉武洋, 望月康弘, 岩成宏子, 鍔本浩志, 香山浩二, 高森建二, 小川秀興, 長谷川昭子, 濱窪隆雄, 荒木慶彦
日本アンドロロジー学会総会記事   26th 113-115   Jun 2007   [Refereed]
大和屋健二, 吉田恵一, 伊藤千鶴, 前川眞見子, 柳田光昭, 荒木慶彦, 宮戸健二, 外山芳郎, 鈴木(豊田)二美枝, 年森清隆
解剖学雑誌   84(Supplement) 170-170   Mar 2009
丸山(福島)真由子, 吉武洋, 高森建二, 小川秀興, 荒木慶彦
Reprod Immunol Biol   23(2) S43-S43   Nov 2008
丸山真由子, 荒木慶彦, 吉武洋, 伊藤茂, 鈴木勝彦
順天堂医学   54(4) 530-530   Dec 2008
加茂敦子, 荒木慶彦, 山倉文幸, 吉武洋
順天堂医学   54(4) 529-529   Dec 2008
瀧澤 俊広, 小菅 拓治, 原田 明希摩, 森 美貴, 石橋 宰, 瀧澤 敬美, 荒木 慶彦, 佐藤 陽子, 菱川 善隆, 小路 武彦
日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集   49回 69-69   Oct 2008
武田裕司, ふ君ふん, 吉武洋, 日塔武彰, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   31 146   Oct 2001
大和屋健二, 吉田恵一, 伊藤千鶴, 前川眞見子, 柳田光昭, 荒木慶彦, 宮戸健二, 和田邦生, 外山芳郎, 鈴木(豊田)二美枝, 年森清隆
解剖学雑誌   83(Supplement) 204-204   Mar 2008
仙道大, 武田裕司, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   30 68   Sep 2000
環境医学研究所環境・遺伝要因解析室 生殖細胞特異的抗原TEX101の生化学的特徴の解析
金 紅, 吉武 洋, 塚本 宏樹, 市野瀬 省三, 森 美貴, 瀧澤 俊広, 高森 建二, 小川 秀興, 木下 勝之, 荒木 慶彦
順天堂医学   53(2) 318-318   Jun 2007
高橋一広, 三好一郎, 荒木慶彦, 笠井憲雪
日本産科婦人科学会雑誌   52(2) 338   Feb 2000
瀧澤俊広, 森美貴, 石川源, 竹下俊行, 松原茂樹, 荒木慶彦
Reprod Immunol Biol   21(2) S41-S41   Nov 2006
胎児胎内プログラミングによる高血圧発症と性ホルモンの影響
武者 由佳, 伊藤 茂, 石 和久, 荒木 慶彦
順天堂医学   52(4) 621-621   Dec 2006
中村由紀子, 荒木慶彦, 武田裕司, 渡辺正, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   29 110   Oct 1999
若林一郎, 荒木慶彦
アルコールと医学生物学   26 71-75   Sep 2006
大規模健康診断データを用いて、血圧、肥満度、血中脂質への飲酒の影響について、性・年齢別に比較検討した。事業所での定期健康診断受診者約6.5万人のデータを用いた。男性では非飲酒率は30歳代で大きく低下し、中高度飲酒者の比率は年齢とともに増加した。女性では男性に比べ飲酒率は低く、20〜30歳代でピークとなり、40歳代以降飲酒率は減少した。男性では全年齢で非飲酒群に比べて中高度飲酒群では平均血圧は有意に高かった。男性では、血清総コレステロールは20歳代では飲酒により上昇傾向を示したが、30歳代以...
若林 一郎, 荒木 慶彦
日本老年医学会雑誌   43(4) 525-530   Jul 2006
定期健診を受診した20〜69歳の女性53911人を対象に,1日あたりの平均飲酒量により非飲酒群,少量飲酒群(エタノール換算30g未満),多量飲酒群(30g以上)に分け,飲酒と動脈硬化リスク要因との関係を年齢別に検討した.1)BMIは加齢に伴い増加し,50代まで非飲酒群に比し少量飲酒群で有意に低かった.2)血圧は加齢に伴い上昇し,収縮期血圧は40〜50代の多量飲酒群で,拡張期血圧は50代までの多量飲酒群で他2群に比し有意に高かった(60代も同傾向).3)総コレステロールは加齢に伴い増加し,5...
加茂敦子, 荒木慶彦, 渡辺ひろし
解剖学雑誌   79(2) 74-74   Jun 2004
新生児期のマウス生殖細胞におけるTES101 reactive protein(TES101RP)の発現
三嶋 拓也, 金 紅, 森 美貴, 瀧澤 敬美, 高山 剛, 鈴木 光明, 松原 茂樹, 木下 勝之, 荒木 慶彦, 瀧澤 俊広
解剖学雑誌   80(Suppl.) 177-177   Mar 2005
佐藤由紀子, 荒木慶彦, 武田裕司, 渡辺正, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   28 114   Oct 1998
吉武洋, 日塔武彰, 太田伸男, 青柳優, 荒木慶彦, 仙道富士郎
アレルギー   51(9/10) 998-998   Oct 2002
体細胞クローン技術を使ったノックアウトマウスの作製とその異常
荒木 慶彦
山形医学   20(2) 120-120   Aug 2002
トランスジェニックマウスを用いた新規白血球接着制御分子GPI-80の機能の解析
武田 裕司, 武田 陽子, 仙道 富士郎, 荒木 慶彦
山形医学   20(2) 120-120   Aug 2002
ARAKI Yoshihiko
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   15(2)    Apr 1998
武田裕司, 仙道大, 鈴木吉也, 木下タロウ, 荒木慶彦, 仙道富士郎
Bio Def   9 31   1998
深瀬 滋, 吉武 洋, 日塔 武彰, 太田 伸男, 青柳 優, 荒木 慶彦, 仙道 富士郎
耳鼻咽喉科免疫アレルギー   20(2) 76-77   Jun 2002
Wegener肉芽腫症9例(男2例,女7例,平均45.7歳).可溶型GPI-80は8例で検出され,特に重症例で高値を示す傾向があり,活動期に高く,緩解期には低下した.又,血清中抗好中球細胞質抗体(ANCA)の力価が高いほど高値を示す傾向を認め,ANCA陰性例でも可溶型GPI-80は検出された.可溶型GPI-80と相関を認めた炎症マーカーはANCA力価,可溶型TNFレセプターI及びII濃度で,血清中TNF-α濃度,可溶型IL-2レセプター濃度,可溶型ICAM-1濃度,末梢血好中球数との相関は...
下澤 律浩, 小野 由紀子, 六車 香里, 日置 恭司, 荒木 慶彦, 真貝 洋一, 河野 友宏, 伊藤 守
Experimental Animals   51(4) 375-381   Jul 2002
実験動物学分野における遺伝子操作マウス作出のためのクローン技術の有用性を評価するために,遺伝子組換え胚性幹(ES)細胞からクローンマウスを作出し,操作遺伝子の仔への伝達を調べた.変異型卵管特異的糖タンパク(OGP)遺伝子を持つES細胞から1257個の核移植卵を作製し,その内990個は正常に活性化した.504個の胚を仮親に移植し,妊娠満期に帝王切開により20匹(2%)の生存クローン仔を得た.14匹のクローン仔のOGP遺伝子座及びマイクロサテライトマーカーを調べた結果,クローン仔はドナーES細...
武田裕司, 佐藤由紀子, 鈴木吉也, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   27 174   Oct 1997
渡辺正, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   27 174   Oct 1997
DimethylsulfoxideによるHL-60細胞の細胞接着制御分子GPI-80の発現誘導
武田 裕司, 傅 君芬, 吉武 洋, 日塔 武彰, 荒木 慶彦, 仙道 富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   31 146-146   Dec 2001
渡辺正, 山下隆夫, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   26 342   Oct 1996
日塔武彰, 荒木慶彦, 吉武洋, 武田裕司, 太田伸男, 武田弘明, 青柳優, 河田純男, 仙道富士郎
日本臨床免疫学会会誌   24(5) 242-242   Oct 2001
武田裕司, 鈴木吉也, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   25 375   Oct 1995
武田裕司, 鈴木吉也, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   24 672   Oct 1994
鈴木吉也, 荒木慶彦, 広井正彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   24 325   Oct 1994
高山剛, 松原茂樹, 柴原浩章, 荒木慶彦, 佐藤郁夫
日本産科婦人科学会雑誌   53(2) 502(S.428)-502   Feb 2001
荒木慶彦
蛋白質 核酸 酵素   38(14) 2347-2357   Nov 1993
新規Glycosylphosphatidylinositol(GPI)アンカー型蛋白質(GPI-80)に対する単クローン抗体の刺激によるヒト単球のmacropinocytosisの亢進
仙道 大, 武田 裕司, 荒木 慶彦, 仙道 富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   30 68-68   Nov 2000
小笠原理恵, 小宮ひろみ, 高橋一広, 三好一郎, 荒木慶彦, 仙道富士郎
Yamagata Med J   18(2) 138-138   Aug 2000
室月淳, 本郷誠治, 酒井安子, 荒木慶彦, 矢崎士朗, 早川澄夫
山形県立病院医学雑誌   24(1) 31-34   Jan 1990
雌性生殖管に限定した腫瘍形成を示すトランスジェニックマウス
高橋 一広, 三好 一郎, 荒木 慶彦, 笠井 憲雪
日本産科婦人科学会雑誌   52(2) 338-338   Feb 2000
室月淳, 荒木慶彦, 山下徹, 渡辺真史
山形県立病院医学雑誌   22(1) 101-104   Jan 1988
武田裕司, 仙道大, 渡辺正, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   29 111-111   Oct 1999
渡辺正, 武田裕司, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   29 217-217   Oct 1999
武田裕司, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本癌学会総会記事   58th 622-622   Aug 1999
白血球運動修飾GPI-アンカー蛋白質(GPI-80)の血漿中リガンドの同定
中村 由紀子, 荒木 慶彦, 武田 裕司, 渡辺 正, 仙道 富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   29 110-110   Oct 1999
マウス精子形成過程における精巣内特異的抗原の同定
栗田 充子, 真貝 洋一, 戸津川 清, 仙道 富士郎, 荒木 慶彦
山形医学   17(2) 277-277   Aug 1999
Male Germ cell-Assosiated Kinase KO mouseの作製とその表現型の解析
小笠原 理恵, 加藤 智也, 佐藤 日出夫, 竹田 直樹, 千葉 恵美子, 三好 輝, 渡辺 晧, 仙道 富士郎, 荒木 慶彦, 真貝 洋一
山形医学   17(2) 277-277   Aug 1999
白血球接着制御分子,GPI-80遺伝子導入による非特異的接着の抑制
武田 裕司, 荒木 慶彦, 仙道 富士郎
補体シンポジウム講演集   36 108-108   Jun 1999
武田裕司, 仙道大, 渡辺正, 荒木慶彦, 仙道富士郎
日本免疫学会総会・学術集会記録   28(26回抄録集) 117-117   Oct 1998
白血球運動修飾GPI-アンカー蛋白質(GRIF-1)のリコンビナント蛋白質の精製と,それを用いた血漿中リガンドの同定
佐藤 由紀子, 荒木 慶彦, 武田 裕司, 渡辺 正, 仙道 富士郎
日本臨床免疫学会会誌   (26回抄録集) 114-114   Oct 1998
太田 智子, 酒井 伸嘉, 荒木 慶彦
産科と婦人科   62(12) 1753-1758   Dec 1995
超音波断層上,第1例32歳女(品胎)では3児中1児に胸・腹水及び全身の皮下浮腫,第2例30歳女では胸・腹水,がそれぞれ認められた.共に母体の血液型,間接クームスに異常がなくIHF(免疫性胎児水腫)を除外した.NIHF(非免疫性胎児水腫)の検索を行った.第1例の児では染色体亜型はあったが,胎児水腫の原因を疑わせる所見はなく特発性NIHFと診断された.第2例では下大静脈の前負荷指数の上昇があり,心負荷状態が示唆されたが,その他特に異常は見られず,特発性NIHFを疑った.2例に対し胎児胸・腹水穿...
荒木 慶彦
蛋白質・核酸・酵素   38(14) 2347-2357   Nov 1993
哺乳類卵管特異糖蛋白質の構造解析
荒木 慶彦
日本産科婦人科学会雑誌   47(Suppl.) 172-172   Feb 1995
哺乳類の受精機構 精子-卵の認識・結合の最近の知見と問題点
荒木 慶彦
実験医学   11(6) 731-735   Apr 1993
室月 淳, 矢崎 士朗, 荒木 慶彦
産科と婦人科   58(6) 1047-1050   Jun 1991
33歳,筋腫核出後,経腟分娩により無事に生児を得ることができた
細胞融合法による日本住血吸虫症の免疫学的研究(2) 日本住血吸虫感染マウス脾細胞から得られた異好性単クローン抗体の神経組織および胃腺細胞との免疫組織化学的反応性
熱海 稔, 荒木 慶彦, 山下 隆夫
寄生虫学雑誌   38(5) 316-323   Oct 1989
日本住血吸虫感染マウスの脾細胞から得た羊赤血球と反応する異好性単クローン抗体(84B3)が,赤血球のほか各種動物の神経組織および胃の腺細胞と組織免疫化学的に反応するのを認めた.この84B3と反応する神経組織は動物間で差異がみられた.84B3との主要反応抗原の分子量は人の胃では50 KDa,牛第4胃では67 KDa,牛脊髄では94 KDa以上であることが分った
Achondrogenesis type 2の1例
室月 淳, 荒木 慶彦, 山下 徹
山形県立病院医学雑誌   22(1) 101-104   Jan 1988
モノクローナル抗体を用いた透明帯修飾糖蛋白質(ZP-O)の解析
荒木 慶彦
日本免疫学会総会・学術集会記録   16 269-269   Nov 1986
単クローン性抗体法を用いた日本住血吸虫症の免疫学的研究(3) 日本住血吸虫感染マウス脾より得られた異好性抗体の免疫学的特異性
荒木 慶彦
寄生虫学雑誌   35(増刊) 153-153   Jun 1986

Books etc

 
Uterine Endometrial Function (Kanzaki H. ed.)
Fujiwara H, Araki Y, Sato Y, Takakura M, Nakamura M, Mizumoto Y, Horie A, Kanzaki H, Mori T. (Part:Joint Work, Role of circulating blood cells in maternal tissue remodeling and embryo-maternal cross talk.)
Springer Japan   2016   
New Discoveries of Embryology (Wu B. ed.)
Fujiwara H, Araki Y, Saito S, Imakawa K, Kyo S, Shigeta M, Shiotani M, Horie A, Mori T. (Part:Joint Work, A novel concept of Fundus-Ovary-Salpinx-Para-Aorta implantation promoting unit during human embryo implantation.)
InTech Open Access Publisher   2015   
The Human Embryo (Yamada S., Takakuwa T. eds)
Fujiwara H., Sato Y., Ideta A., Aoyagi Y., Araki Y., Imakawa K. (Part:Joint Work, Immune regulation of human embryo implantation by circulating blood cells.)
InTech Open Access Publisher   2012   
Introduction to Mammalian Reproduction (Tulsiani D.R.P. ed.)
Araki Y. (Part:Joint Work, Formation and structure of mammalian ovaries.)
Kluwer Academic Publishers   2003   
The Epididymis (Robaire B., Hinton B.T. eds)
Orgebin-Crist M.-C., Lareyre J.-J., Suzuki K., Araki Y., Fouchecourt S., Matusik R.J., Ong D.E. (Part:Joint Work, Retinoids and epididymal function.)
Kluwer Academic/Plenum Publishers   2002   

Research Grants & Projects

 
Invitation Fellowship for Research in Japan
The Japan Society for the Promotion of Science: Short Term
Project Year: Feb 1997 - Mar 1997    Investigator(s): ARAKI Yoshihiko