Yasuko Ikegami

J-GLOBAL         Last updated: Oct 8, 2018 at 21:18
 
Avatar
Name
Yasuko Ikegami
E-mail
yasikegamigmail.com

Misc

 
長眼軸長眼に発症した閉塞隅角緑内障発作を白内障手術にて加療した一例
池上 靖子, 田中 俊一, 高橋 美幸, 木村 典敬
日本眼科学会雑誌   122(臨増) 304-304   Mar 2018
池上 靖子, 田中 俊一, 高橋 美幸, 高野 弥奈
臨床眼科   70(9) 1485-1492   Sep 2016
目的:急性骨髄性白血病の視神経浸潤が,白血病の寛解期に再発を繰り返した症例の報告。症例:64歳男性が1ヵ月前からの左眼視力低下で受診した。約4年前に急性骨髄性白血病が発症し,化学療法で寛解していた。所見と経過:視力は右0.3,左手動弁で,両眼の乳頭に軽度の発赤があった。髄液検査で細胞数が増加し,白血病細胞があり,白血病視神経浸潤と診断した。ステロイドパルス療法と抗癌剤の髄腔注入で眼所見は改善したが,以後6ヵ月間に3回の再発があり,加療を繰り返した。初診から8ヵ月後に両眼に乳頭浮腫が生じ,M...
池上 靖子, 田中 俊一, 高橋 美幸, 高野 弥奈
臨床眼科   70(9) 1485-1492   Sep 2016
眼窩内巨大海綿状血管腫の一例
池上 靖子, 田中 俊一, 中西 基, 上甲 覚, 高橋 美幸, 森田 友美, 原 睦也, 玉置 正史, 戸根 修
眼科臨床紀要   8(11) 860-860   Nov 2015
池上 靖子, 田中 俊一, 玉置 正史
臨床眼科   69(3) 347-353   Mar 2015
目的:視力と視野障害で発見された松果体嚢胞の症例の報告。症例:24歳女性が1ヵ月前からの頭痛と5日前からの左眼視力と視野障害で受診した。所見:矯正視力は右0.8,左0.09で,両眼に不規則な耳側の視野沈下があった。頭部のCTとMRIで松果体嚢胞と脳室拡大があり,松果体嚢胞の中脳水道圧迫による閉塞性水頭症と診断した。脳室ドレナージの後,2週後に松果体嚢胞開放術が行われた。視力と視野は正常化し,3年後の現在まで再発はない。結論:本症例は視力と視野障害を初発徴候とする松果体嚢胞で,早期診断と早期...