深町 康

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/25 14:44
 
アバター
研究者氏名
深町 康
 
フカマチ ヤスシ
URL
http://wwwoa.ees.hokudai.ac.jp/people/yasuf/
所属
北海道大学
部署
北極域研究センター 大気圏・水圏研究グループ
職名
教授・副センター長
その他の所属
北海道大学 低温科学研究所 水・物質循環研究部門北海道大学 環境科学院
科研費研究者番号
20250508
ORCID ID
0000-0001-5798-9380

研究分野

 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
北海道大学北極域研究センター 大気圏・水圏研究グループ 教授
 
2011年2月
 - 
2018年9月
北海道大学 低温科学研究所 水・物質循環部門 准教授
 
2008年10月
 - 
2011年1月
北海道大学 低温科学研究所 水・物質循環部門 助教
 
2007年4月
 - 
2008年9月
北海道大学 低温科学研究所 寒冷海洋圏科学部門 助教
 
1995年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 低温科学研究所 寒冷海洋圏科学部門 助手
 
1992年11月
 - 
1995年3月
北海道大学 低温科学研究所 海洋学部門 助手
 

学歴

 
1986年10月
 - 
1992年10月
ノバ大学 海洋研究所 
 
 
 - 
1986年3月
北海道大学 理学部 地球物理学科
 

委員歴

 
2007年
 - 
現在
Polar Science (Elsevier)  Associate Editor
 
2006年
 - 
現在
CLIVAR/CliC/SCAR Southern Ocean Region Implementation Panel  Panel Member
 

論文

 
Hirano, D., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, E. Watanabe, A. R. Mahoney, H. Eicken, M. Itoh, D. Simizu, K. Iwamoto, J. Jones, T. Takatsuka, T. Kikuchi, and T. Tamura
ournal of Geophysical Research: Oceans   123(8) 5688-5705   2018年8月   [査読有り]
Kanna, N., S. Sugiyama, Y. Ohashi, D. Sakakibara, Y. Fukamachi, and D. Nomura
Journal of Geophysical Research: Biogeosciences   123(5) 1666-1682   2018年5月   [査読有り]
Fukamachi, Y., D. Simizu, K. I. Ohshima, H. Eicken, A. R. Mahoney, K. Iwamoto, E. Moriya, and S. Nihashi
Journal of Glaciology   63 888-898   2017年10月   [査読有り]
Ito, M., K. I. Ohshima, Y. Fukamachi, G. Mizuta, Y. Kusumoto, and J. Nishioka
Journal of Geophysical Research   122 788-802   2017年2月   [査読有り]
Jones, J., H. Eicken, A. Mahoney, Rohith MV, C. Kambhamettu, Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, J. C. George
Continental Shelf Research   126 50-63   2016年9月   [査読有り]
Williams, G. D., L. Herraiz-Borreguero, F. Roquet, T. Tamura, K. I. Ohshima, Y. Fukamachi, A. D. Fraser, L. Gao, H. Chen, C. R. McMahon, R. Harcourt and M. Hindell
Nature Communincations   7:12577    2016年8月   [査読有り]
Smith, I. J., H. Eicken, A. R. Mahoney, R. Van Hale, A. J. Gough, Y. Fukamachi, and J. Jones
Continental Shelf Research   118 154-164   2016年4月   [査読有り]
Zhang, W., N. Ebuchi, Y. Fukamachi, and Y. Yoshikawa
Journal of Oceanography   72(2) 299-311   2016年4月   [査読有り]
Sugimoto, F., T. Tamura, H. Shimoda, S. Uto, D. Simizu, K. Tateyama, S. Hoshino, T. Ozeki, Y. Fukamachi, S. Ushio, and K. I. Ohshima
Polar Science   10 43-51   2016年3月   [査読有り]
Observations of frazil ice formation and sediment upward transport off the northeast coast of Sakhalin
Ito, M., K. I. Ohshima, J. Nishioka, Y. Kusumoto, and Y. Fukamachi
Proceedings of the 31th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice   124-127   2016年2月
Hirano, D., Y. Fukamachi, E. Watanabe, K. I. Ohshima, K. Iwamoto, A. R. Mahoney, H. Eicken, D. Simizu, and T. Tamura
Journal of Geophysical Research   121 980-997   2016年1月   [査読有り]
Itoh, M., R. S. Pickart, T. Kikuchi, Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, D. Simizu, K. R. Arrigo, S. Vagle, J. Heg, C. Ashjian, J. T. Mathis, S. Nishino, and C. Nobre
Deep-Sea Research I   102 43-54   2015年8月   [査読有り]
Mahoney, A. R., H. Eicken, Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, D. Simizu, C. Kambhamettu, R. MV, S. Hendricks, and J. Jones
Annals of Glaciology   56(69) 363-372   2015年4月   [査読有り]
Ito, M., K. I. Ohshima, Y. Fukamachi, K. I. D. Simizu, K. Iwamoto, Y. Matsumura, A. R. Mahoney, and H. Eicken
Annals of Glaciology   59(69) 307-314   2015年3月   [査読有り]
Hirano, D., Y. Kitade, K. I. Ohshima, and Y. Fukamachi
Journal of Geophysical Research   120 910-922   2015年2月   [査読有り]
Nakayama, Y., K. I. Ohshima, Y. Matsumura, Y. Fukamachi, and H. Hasumi
Journal of Physical Oceanography   44 2921-2937   2014年11月   [査読有り]
Simizu, D., K. I. Ohshima, J. Ono, Y. Fukamachi, and G. Mizuta
Progress in Oceanography   126 33-43   2014年8月   [査読有り]
Kitade, Y., K. Shimada, T. Tamura, G. D. Williams, S. Aoki, Y. Fukamachi, F. Roquet, M. Hindell, S. Ushio, and K. I. Ohshima
Geophysical Research Letters   41 3528-3534   2014年5月   [査読有り]
Ohshima, K. I.*, Y. Fukamachi*, G. D. Williams*, S. Nihashi, F. Roquet, Y. Kitade, T. Tamura, D. Hirano, L. Herraiz-Borreguero, I. Field, M. Hindell, S. Aoki, and M. Wakatsuchi (*These authors contributed equally to this work.)
Nature Geoscience   6(3) 235-240   2013年3月   [査読有り]
Lepparanta, M., A. Oikkonen, K. Shirasawa, and Y. Fukamachi
Cold Regions Science and Technology   76-77 83-91   2012年   [査読有り]
Petrich, C., H. Eicken, J. Zhang, J. Krieger, Y. Fukamachi, and K. I. Ohshima
Journal of Geophysical Research   117 doi:10.1029/2011JC007339   2012年   [査読有り]
Nakayama, Y., K. I. Ohshima, and Y. Fukamachi
Journal of Physical Oceanography   42(1) 179-192   2012年   [査読有り]
Shimada, H., M. Sawada, I. Tanaka, H. Asami, and Y. Fukamachi
Fisheries Science   78(4) 865-877   2012年   [査読有り]
Nihashi, S., N. Ebuchi, Y. Fukamachi, and S. Takahashi
Annals of Glaciology   52(57) 133-139   2011年   [査読有り]
Fukamachi, Y., K. I. Ohshima, Y. Mukai, G. Mizuta, and M. Wakatsuchi
Annals of Glaciology   52(57) 1-8   2011年   [査読有り]
Fukamachi, Y., S. R. Rintoul, J. A. Church, S. Aoki, S. Sokolov, M. A. Rosenberg, and M. Wakatsuchi
Nature Geoscience   3(5) 327-331   2010年5月   [査読有り]
Fukamachi, Y., K. I. Ohshima, N. Ebuchi, T. Bando, K. Ono, and M. Sano
Journal of Oceanography   66(5) 685-696   2010年   [査読有り]
Rintoul, S. R, K. Speer, M. Sparrow, M. Meredith, E. Hoffmann, E. Fahrbach, C. Summerhayes, A. Worby, M. England, R. Bellerby, S. Speich, D. Costa, J. Hall, M. Hindell, G. Hosie, K. Stansfield, Y. Fukamachi, T. de Bruin, A. Naveira Garabato, K. Alberson, V. Ryabinin, H. C. Shin, and S. Gladyshev
Proceedings of OceanObs '09: Sustained Ocean Observations and Information for Society (Vol. 2)   WPP-306   2010年   [査読有り]
Nihashi, S., K. I. Ohshima, T. Tamura, Y. Fukamachi, and S. Saitoh
Journal of Geophysical Research   114(C10) C10025   2009年   [査読有り]
Fukamachi, Y., K. Shirasawa, A. M. Polomoshnov, K. I. Ohshima, E. Kalinin, S. Nihashi, H. Melling, G. Mizuta, and M. Wakatsuchi
Continental Shelf Research   29(11-12) 1541-1548   2009年   [査読有り]
Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, and M. Wakatsuchi
Journal of Oceanography   65(1) 31-43   2009年   [査読有り]
Aoki, S., N. Fujii, S. Ushio, Y. Yoshikawa, S. Watanabe, G. Mizuta, Y. Fukamachi, and M. Wakatsuchi
Journal of Geophysical Research   113(C8) C08038   2008年   [査読有り]
Hiwatari, T., K. Shirasawa, Y. Fukamachi, R. Nagata, T. Koizumi, H. Koshikawa, and K. Kohata
Polar Science   2(1) 41-54   2008年   [査読有り]
Fukamachi, Y., I. Tanaka, K. I. Ohshima, N. Ebuchi, G. Mizuta, H. Yoshida, S. Takayanagi, and M. Wakatsuchi
Journal of Oceanography   64(3) 385-392   2008年   [査読有り]
Ono, J., K. I. Ohshima, G. Mizuta, Y. Fukamachi, and M. Wakatsuchi
Continental Shelf Research   28(6) 697-709   2008年   [査読有り]
Fukamachi, Y, G. Mizuta, K. I. Ohshima, T. Toyota, N. Kimura, and M. Wakatsuchi
Journal of Geophysical Research   111 doi:10.1029/2005JC003327   2006年   [査読有り]
Ono, J., K. I. Ohshima, G. Mizuta, Y. Fukamachi, and M. Wakatsuchi
Deep-Sea Research Ⅰ   53(3) 409-424   2006年   [査読有り]
Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, K. Shirasawa, M. Ishikawa, T. Takatsuka, T. Daibo and M. Wakatsuchi
Journal of Oceanography   62(1) 47-61   2006年   [査読有り]
Mizuta, G., K. I. Ohshima, Y. Fukamachi, and M. Wakatsuchi
Journal of Marine Research   63(6) 1017-1039   2005年   [査読有り]
Ohshima, K. I., Y. Fukamachi, T. Mutoh, and M. Wakatsuchi
Journal of Oceanography   61(2) 247-260   2005年   [査読有り]
Nakatsuka, T., T. Fujimune, C. Yoshikawa, S. Noriki, K. Kawamura, Y. Fukamachi, G. Mizuta, and M. Wakatsuchi
Journal of Geophysical Research   109 doi:10.1029/2003JC001908   2004年   [査読有り]
Fukamachi, Y., G. Mizuta, K. I. Ohshima, L. D. Talley, S. C. Riser, and M. Wakatsuchi
Journal of Geophysical Research   109 doi:10.1029/2003JC001906   2004年   [査読有り]
Mizuta, G., K. I. Ohshima, Y. Fukamachi, M. Itoh, and M. Wakatsuchi
Continental Shelf Research   24(6) 643-657   2004年
Ohshima, K. I., D. Shimizu, M. Itoh, G. Mizuta, Y. Fukamachi, S. C. Riser, and M. Wakatsuchi
Journal of Physical Oceanography   34(2) 513-525   2004年   [査読有り]
Mizuta, G., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, and M. Wakatsuchi
Journal of Physical Oceanography   33(11) 2430-2445   2003年   [査読有り]
Fukamachi, Y., G. Mizuta, K. I. Ohshima, H. Melling, D. Fissel, and M. Wakatsuchi
Geophysical Research Letters   30(7) doi:10.1029/2002GL016197   2003年   [査読有り]
Near-surface circulation and tidal currents of the Okhotsk Sea observed with the satellite-tracked drifters
Ohshima, K. I., M. Wakatsuchi, Y. Fukamachi, and G. Mizuta
Journal of Geophysical Research   107 doi:10/1029/2001JC001005   2002年   [査読有り]
Matsuoka, T., S. Uratsuka, M. Satake, A. Nadai, T. Umehara, H. Maeno, H. Wakabayashi, F. Nishio, and Y. Fukamachi
Annals of Glaciology   34 429-434   2002年   [査読有り]
Ohshima, K. I., G. Mizuta, M. Itoh, Y. Fukamachi, T. Watanabe, Y. Nabae, K. Suehiro, and M. Wakatsuchi
Journal of Ocenography   57(4) 451-460   2001年   [査読有り]
Fukamachi, Y., M. Wakatsuchi, K. Taira, S. Kitagawa, S. Ushio, A. Takahashi, K. Oikawa, T. Furukawa, H. Yoritaka, M. Fukuchi, and T. Yamanouchi
Journal of Geophysical Research   105(C3) 6531-6540   2000年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
チュクチ海ポリニヤ域における音響・光学測器による物質循環過程の観測
伊藤優人,大島慶一郎,深町康,Hajo Eicken,Andrew R. Mahoney, Joshua Jones
2018年度日本海洋学会秋季大会   2018年9月26日   
グリーンランド北西部におけるカービング氷河前縁フィヨルドの海水特性
漢那直也,杉山慎,榊原大貴,深町康,野村大樹
2018年度日本海洋学会秋季大会   2018年9月26日   
グリーンランド北西部ボードウィンフィヨルドにおける海洋観測
藤支良貴,杉山慎,漢那直也,深町康
雪氷研究大会   2018年9月10日   札幌
地震の影響で中止
北海道と海氷:海氷の減少とその影響
深町康
バイオミメティクス市民セミナー(第79回)「北海道とバイオミメティクスを考える その3 寒冷地とバイオミメティクス」   2018年7月7日   
Effects of glacial meltwater discharge on surface water pCO2 and air–sea CO2 flux in Bowdoin Fjord in northwestern Greenland
Daiki Nomura, N. Kanna, S. Yunoki, D. Sakakibara, Y. Fukamachi, T. Hirawake and S. Sugiyama
Polar 2018   2018年6月20日   
Monitoring of the Soya Warm Current by HF Ocean Radars since 2003
Naoto Ebuchi, Yasushi Fukamachi, Kay I. Ohshima, Toru Takatsuka, Masao Ishikawa, Kunio Shirasawa, and Masaaki Wakatsuchi
The 4th Ocean Radar Conference for Asia-Pacific   2018年6月2日   
An evidence of a subglacial freshwater discharge into a fjord at the boundary of Bowdoin Glacier, northwestern Greenland
KANNA, Naoya, SUGIYAMA, Shin, SAKAKIBARA, Daiki, FUKAMACHI, Yasushi, NOMURA Daiki, FUKUMOTO, Sungo, PODOLSKIY, Evgeniy
JpGU Meeting 2018   2018年5月24日   
チュクチ海北東部沿岸域における海氷厚の経年変動
深町康,大島慶一郎,Andrew R. Mahoney, Hajo Eicken,清水大輔,岩本勉之,守家衣利加,高塚徹,Joshua Jones
ArCS全体会合   2018年5月10日   
George, Alaska coastal sea ice in the new millennium: Findings from the Seasonal Ice Zone Observing Network and implications for sustained autonomous observations of a rapidly changing Arctic
Eicken, Mahoney, Lee, Johnson, Jones, Ohshima, Fukamachi
2018 Ocean Sciences Meeting   2018年2月14日   
Transports of macronutrient and inorganic carbon to surface waters by subglacial meltwater plume in Bowdoin Fjord in northwest Greenland
N. Kanna, S. Sugiyama, Y. Ohashi, D. Sakakibara, B. Nishizawa, I. Asaji, Y. Fukamachi and D. Nomura
2018 Ocean Sciences Meeting   2018年2月12日   

Works

 
海洋研究開発機構学術研究船「白鳳丸」KH-07-4次航海
2008年
Fukamachi, Y. on behalf of Southern Ocean panel: Southern Ocean CLIVAR/CliC/SCAR panel, The 11th Session of Ocean Observations Panel for Climate (OOPC-11), Tokyo, Japan
2006年
江淵 直人・深町 康・大島 慶一郎・白澤 邦男・石川 正雄・高塚 徹・若土正曉:短波海洋レーダ・沿岸潮位記録・衛星高度計などを用いた宗谷暖流のモニタリング
2006年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 深町 康
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 大島 慶一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 青木 茂
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 深町 康
2008-09年に南極海インド洋セクターのケープダンレー沖の斜面域で取得した係留観測による海洋の時系列データを、人工衛星による海氷データ、測器を取り付けたアザラシによる海洋データと合わせて、この海域で沿岸ポリニヤでの高い海氷生産に起因したローカルな南極底層水の生成が起こっており、ウェッデル海、ロス海、アデリーランド沖に続く、第4の主要な南極底層水の生成域であること示した。特に、この海域が他の3つの生成域とは異なり、広い大陸棚、棚氷、大きな窪地の全てが存在しないにも関わらず、高い海氷生産のみ...
文部科学省: 学術研究助成基金助成金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 深町 康
一般に、海氷厚の係留観測には特殊な測器である超音波氷厚計が用いられる。海洋観測に広く用いられている超音波ドップラー流速計を用いた海氷厚の計測手法の開発を行うために、アラスカ北部の沖合で、これらの両方の測器を含む係留系による観測を実施した。3年間に延べ4箇所で両方の測器で良好なデータを取得することに成功し、一部のデータについて超音波氷厚計の生データから海氷厚を算出した。

本研究の観測で取得された海氷・海洋のデータを用いて、沿岸定着氷の崩壊、ポリニヤにおける過冷却水とフラジルアイスの生成、電...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 青木 茂
本研究は、酸素安定同位体比測定という新しい手法を標準化した国際共同海洋観測ネットワークによりオーストラリア-南極海盆における南極底層水のここ20年間の淡水化の全体像を把握し、人工衛星や数値実験の結果とも組み合わせてその原因を明らかにすることを目的としている。本年度は、同海盆において低塩化(淡水化)が顕著に報告されている源流域・分岐域・西岸境界域での同期観測を日本とオーストラリアが共同で実施し、低塩化傾向がさらに進行していることが確認された。また同観測において、日豪あわせて約1800個の酸素...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 大島 慶一郎
海洋の大規模な中深層循環は極域・海氷域から重い水が沈み込み、それが徐々に湧き上がってくるという密度(熱塩)循環である。海氷生成の際にはき出される高塩分水が重い水の生成源になっている。本研究の目的は、海洋中深層循環及びその変動を決めうる重要な因子である海氷生産量を、現場観測に基づいて衛星データ等から見積もるアルゴリズムを開発し、そのグローバルマッピングを行うことである。さらに海氷生産量と中深層水形成の関係をその変動を含めて理解することもめざす。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 深町 康
南極底層水の流出経路であるケルゲレン海台東側斜面域における係留観測データから、この海域における赤道向きの流量がウェッデル海からの流量に匹敵する海洋大循環の重要な割合を占めるものであることを明らかにした。また、海氷生産が盛んなケープダンレーポリニヤ周辺の係留観測から、この海域においてローカルに南極底層水が生成されていることを確かめた。更に、ケープダンレーポリニヤでの海氷厚の係留観測に成功し、南極海の沿岸ポリニヤ内では初となる高精度のデータを取得した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 若土 正暁
本研究の最重要課題は、南極海インド洋セクターで生成する南極底層水の北上流の季節変動を初めて捉えることに成功した現地観測データを解析することにある。我々は、ウエッデル海やロス海とともに南極底層水の主要な生成域の一つであり、これまで南北輸送流量のデータの全く無いアデリーランド沖をターゲットとして、冬季沿岸ポリニア域で生成する南極底層水が陸棚斜面を下降し、やがて西岸境界流としてケルゲレン海台東岸沖の海底近くを北上する海流量の季節変動を直接捉えるための流速計を中心とする係留観測を実施した。これは豪...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 大島 慶一郎
海水・海氷・油の流動予測の基盤となる3次元海洋モデルを開発・高精度化した。最終的には、分解能1/12度で、日本海と太平洋の海水交換も含み、日々の風応力と月平均の海面熱フラックスによって駆動されるモデルを開発した。係留系及び海洋レーダーより取得した測流データとモデルとの比較・検討により、東樺太海流・宗谷暖流に関しては非常に再現性のよいモデルを開発することができた。このモデルに粒子追跡法を取り入れて、サハリン油田起源の海水の漂流拡散を調べた。水平拡散の効果は、Markov-chain mode...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 深町 康
北海道沿岸域の湧別沖で1999-2001年の冬季に得られた氷厚の係留観測データの解析結果から、draft(水面下の海氷厚)の平均値が0.60mであること、力学的な変形を受けた海氷の割合が80%と非常に高いことなどを明らかにし、これらの結果をFukamachi et al.(2006, Journal of Geophysical Research)にまとめて発表した。また,国立環境研のセジメントトラップ観測と共同で、2005-06年に紋別沖で実施した係留観測の結果から、生物起源や岩石起源の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 白澤 邦男
(1)サハリン北東部の気象、海洋、海氷の現場観測:通年の気象、海象、海氷観測を実施し、季節内変動、年々変動を調べ、海氷成長モデルの検証を行った。電磁誘導式氷厚計による海氷厚の計測、係留型氷厚計とADCP(流速プロファイラー)による海氷厚と流氷漂流速度の季節内変動を調べた。(2)北海道オホーック海沿岸域での現場観測及びリモートセンシングによる気象、海洋、海氷観測:巡視船「そうや」に電磁誘導式氷厚計を搭載し南部オホーツク海の広域氷厚分布の計測、ブイによる流氷漂流動態の観測を実施した。サロマ湖で...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 深町 康
1.係留観測データの解析2001年の冬季に、過去2年間と同じように、北海道沿岸域湧別沖6マイルの地点で得られたIce Profiling Sonar(IPS)のデータの解析を行った。この年は、オホーツク海全体における最大海氷面積が1979年以来の最大であったことからも推測されるように、1月上旬から係留観測点において海氷が観測されていたが、氷厚については、過去2年間に見られたような極端に大きいice keelはあまり見られなかった。この理由としては、海氷の密接度が高かったために、raftin...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1999年    代表者: 大島 慶一郎
夏季南極海海氷域の熱収支から、大気からの熱のインプットはアルベドの違いから海氷面より開水面からのほうがずっと大きく、海氷融解は開水面からの熱が海氷を側面と底面から融かしていく過程が重要であることが定量的に確かめられた。海氷の融解が大気から開水面に入る熱によってのみで行われると成り立つ、(海氷融解率)=(開水面の割合)*(大気からの熱的外力)という単純な関係が、現実のデータ(マイクロ波放射計による海氷密接度データ)からも示唆された。人工衛星による海氷データを用いて調べたところ、ほとんどの年で...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 中塚 武
本科研費を用いた研究は、主に次の2つの部分からなる。一つは、硝酸塩の窒素同位体比を用いた海洋表層における生物活動と水塊混合の履歴の解析であり、もう一つは、栄養塩の精密濃度測定に基づく中・深層水の移流混合過程の解析である。前者には、主にべーリング海やアラスカ湾で日本・カナダ間の往復貨物船により周年的に採取された表層水試料を用い、後者には、オホーツク海南部海盆域でロシア船を使って行われたCTD/RMS観測の試料を用いた。当科研費の大部分は、それぞれ窒素同位体比、栄養塩濃度の測定用の真空ラインの...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 大島 慶一郎
オホーツク海冬季の現場での海氷・海洋データは今までほとんど得られていなかった。1996,1997,1998年2月の3年にわたって海上保安庁の砕氷船「そうや」により、オホーツク海南西部において、海氷の諸量及び海洋構造の観測を行った。海氷の厚さは1996,1998年は平均20〜30cm程度であったが、1997年は60cmあり、年によって大きく異なることがわかった。従って、衛星データから得られる密接度のデータから海氷の量的な評価を行うことは大きな問題がある。また、この氷厚の違いが何によるのかは今...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 1995年 - 1997年    代表者: 白澤 邦男
冬季に海氷が生成され発達する北海道のサロマ湖を、氷縁域、薄い海氷域のモデル実験フィールドとして、海氷が生成する12月から融解が始まる3月まで現場実験観測を集中的に実施した。1997年12月から1998年3月の冬は3箇年の研究計画の3年度であり、初年度、2年度にできなかった実験観測を集中的に実施した。またモデル作成に必要な基礎データを収集した。(1)海氷の生成から融解に至る過程での大気-海氷間の気象パラメータの収集、(2)海氷消長過程における海氷内部構造、特にブライン・チャンネルを中心にした...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 1995年 - 1997年    代表者: 若土 正暁
ポリニヤ(Polynya)とは、広大な海氷原の内部(外洋ポリニヤ)や沿岸付近(沿岸ポリニヤ)に定常的に依存する大規模な開水面或いは疎氷域のことをいう。そこでは、大気と海洋の間で熱や各種ガスの交換が活発に行われる。厳冬期になると本来なら海氷で広く覆われてしまうはずの極域海洋において、何故特定の海域だけに開水面が形成し、そのまま維持されるのか、またそれらポリニヤが大気や海洋に果たしている役割は何か、という問題に対する理解を深める事が本研究の目的である。我々は、研究海域として南極昭和基地周辺とオ...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 大島 慶一郎
オホーツク海では冬季海氷が覆われる時期での海氷及び海洋の観測は過去にほとんど行なわれていない。1996年2月と1997年2月に海上保安庁の砕氷船「そうや」により、オホーツク海南西部において海氷域での海氷・海洋観測を行なった。特に海氷に関しては今まで計られていない海氷の厚さ、アルベド(日射に対する反射率)の観測を行った。海氷の厚さは1996年では5〜30cmで平均20cm程度、1997年では20〜80cmで両年で大きな違いがあった。今後、この違いは何によるのかを衛星データと組み合わせた解析を...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 深町 康
夏季の氷縁域において特徴的に見られるメソスケール渦などの中規模現象の形成機構を調べるために、力学・熱力学の両過程を含む水平2次元の海氷・海洋結合モデルを作成した。このモデルにおいて南極海で観測されたパラメーターを用い、外力としては熱力学過程の重要性を理解するために大気からの熱フラックスのみを与えて計算を行なった。大気からの熱フラックスに対する応答として、氷縁付近で海氷の融解が最も盛んとなり、塩分フロントが形成された。この塩分フロントと地衡流バランスで釣り合っている氷縁に沿う流れは、その流速...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 若土 正暁, 若土 正曉
本研究の目的は、海象データの解析、人工衛星からの画像データによる氷状観測、さらには数値実験などによって、日本海底層水の形成機構を明らかにすることである。特に今回初めて得られたヨーロッパの地球資源衛星(ERS-1)からの合成開口レーダ(SAR)画像をはじめ、AVHRRの可視・赤外画像などを解析することによって、日本海底層水形成に本質的な役割を果たしていると考えられている、間宮海峡やシベリヤ沿岸沖の海氷生成過程についての定量的な情報を得る。幸いにも、今回解析したデータの中には、明らかに気象条件...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 若土 正暁, 若土 正曉
本研究では、時間的にも空間的にも最もグローバルな水循環系の一部を占める極域海洋における氷山融解過程を明らかにするために現場観測と水槽実験を試みた。(1)現場観測;研究分担者大島は第32次日本南極地域観測隊(1990〜1992)に参加し、ACR(南極気候研究)の一貫として、昭和基地周辺の海洋・海氷観測を実施した。そのうち、リュツォ・ホルム湾の定着氷に捕捉された氷山近傍で実施したCTD観測において、水温・塩分の鉛直プロファイルがステップ(階段)構造を示していることを見い出した(Ohshima ...

特許

 
Methods of observing sea ice
US 7,095,359 B2

フィールド調査

 
第54次日本南極地域観測隊(夏隊隊員)
2011年11月25日-2013年3月20日
第52次日本南極地域観測隊(夏隊同行者)
2010年11月-2011年3月