近藤 康久

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 13:30
 
アバター
研究者氏名
近藤 康久
 
コンドウ ヤスヒサ
URL
https://openteamscience.jp/
所属
総合地球環境学研究所
部署
研究基盤国際センター
職名
准教授
学位
博士(文学)(東京大学)
その他の所属
研究部文部科学省科学技術・学術政策研究所
科研費研究者番号
90599226
Twitter ID
yaskondo
ORCID ID
0000-0001-7670-4475

プロフィール

考古学と,地理学・情報科学が接する領域の研究に取り組んでいます。具体的には、アラビア半島に位置するオマーンの世界遺産バート遺跡群対象に,GIS・リモートセンシング・GPSマッピング・写真測量・地形観察・遺跡分布調査を組み合わせて,デジタル空間情報技術を活用した効率的な文化遺産のドキュメンテーション手法と,アラビア半島内陸部における気候変動・地形発達と人類史のかかわりについて研究しています。また,生態ニッチモデリングを応用した遺跡の立地環境評価の研究も進めています。地球研では,コアプロジェクト「環境社会課題のオープンチームサイエンスにおける情報非対称性の軽減」(2018〜2020年度、略称オープンチームサイエンスプロジェクト)のプロジェクトリーダーを務めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
総合地球環境学研究所 研究部 准教授(併任)
 
2016年10月
 - 
現在
文部科学省科学技術・学術政策研究所 客員研究官
 
2016年4月
 - 
現在
総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター 准教授
 
2014年4月
 - 
2016年3月
総合地球環境学研究所 研究高度化支援センター 准教授
 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京工業大学 大学院情報理工学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2010年8月
 - 
現在
東京大学 空間情報科学研究センター 客員研究員
 
2010年10月
 - 
2011年3月
東京大学 総合研究博物館 特任研究員
 
2010年4月
 - 
2010年9月
東京大学 大学院人文社会系研究科 研究生
 
2009年4月
 - 
2010年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2008年4月
 - 
2009年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 
2005年4月
 - 
2006年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 研究生
 

論文

 
Archaeological sites in the Wadi Al Kabir basin, Wilāyāt Ibri, Adh Dhahirah Governorate
Yasuhisa Kondo, Atsushi Noguchi, Takehiro Miki, Tara Beuzen-Waller, Stéphane Desruelles, Éric Fouache
The Journal of Oman Studies   18 201-227   2018年9月   [査読有り]
This paper reports on the archaeological survey conducted in the Wādī al Kabīr basin in the interior of Oman. The goal of the survey was to understand the spatio-temporal characteristics of human occupation of the area of geographical interface be...
Multifaceted workshops to envision the future of open science with society
Yasuhisa Kondo, Kazuhiro Hayashi, Asanobu Kitamoto
Proceeding of 2018 7th International Congress on Advanced Applied Informatics   466-469   2018年7月   [査読有り]
This paper details three multifaceted workshops that were held in Japan to envision the future co-evolution of open science and transdisciplinary research theories. A method of unconference, in which participants decide topics of group talk for th...
Yasuhisa Kondo, Katsuhiro Sano, Takayuki Omori, Ayako Abe-Ouchi, Wing-Le Chan, Seiji Kadowaki, Masaki Naganuma, Ryouta O’ishi, Takashi Oguchi, Yoshihiro Nishiaki, Minoru Yoneda
The Middle and Upper Paleolithic Archaeology of the Levant and Beyond, edited by Yoshihiro Nishiaki and Takeru Akazawa. Replacement of Neanderthals by Modern Humans Series   5 199-212   2018年1月   [査読有り]
This paper presents a computer-based method to estimate optimal migration routes of early human population groups by a combination of ecological niche analysis and least-cost path analysis. In the proposed method, niche probability is predicted by...
Yasuhisa Kondo, Takehiro Miki, Taichi Kuronuma, Yuichi S. Hayakawa, Kyoko Kataoka, Takashi Oguchi
Journal of Cultural Heritage Management and Sustainable Development   6(2) 195-212   2016年5月   [査読有り][招待有り]
Purpose
The purpose of this paper is to present a concurrent implementation of sustainable inventory for the UNESCO World Heritage sites of Bat, Al-Khutm and Al-Ayn in the interior of Oman.

Design/methodology/approach
A digital heritage inventory...
加藤 晋・大槻 久・近藤康久・那須浩郎・本郷一美
GIS – 理論と応用   24(1) 23-30   2016年4月   [査読有り]
近藤康久・石川智士・榎本真美
情報処理学会シンポジウムシリーズ   2015(2) 131-138   2015年12月
学術論文のオープンアクセスが一般化すると,市民(非職業研究者)が職業研究者とは異なる立場・視点・意識でデータを収集・分析することにより,職業研究者が思いもよらない研究手法や解釈を生み出すという市民参加型科学(シチズンサイエンス)がさかんになるものと予想される.そこで,シチズンサイエンスによる地球環境研究を支援するための情報サービスを構想するアイディアソンを,プロボノ(専門技能ボランティア)とともに行なった.その結果,生活実感に基づいて共感しやすい問題を設定したり,ゲーミフィケーションによっ...
Yasuhisa Kondo
第四紀研究   54(5) 207-218   2015年10月   [査読有り][招待有り]
Ecological niche modelling (ENM) is a computer-based method to extrapolate the niche probability of a species through machine learning using (1) known location of a species’ occurrence, and (2) environmental factors such as temperature, precipitat...
Yasuhisa Kondo, Takehiro Miki, Taichi Kuronuma, Takashi Oguchi
ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences   II-5/W3 145-152   2015年8月   [査読有り]
This paper reports on the on-site development of a local-scale digital heritage inventory (DHI) of the Bronze Age site at Bat in the interior of Oman. The goal of this inventory project was to share geospatial and archaeological information of tom...
Yasuhisa Kondo, Tara Beuzen-Waller, Takehiro Miki, Atsushi Noguchi, Stéphane Desruelles, Éric Fouache
Proceedings of the Seminar for Arabian Studies   44 227-234   2014年7月   [査読有り]
Katsuyuki Okamura, Atsushi Fujisawa, Yasuhisa Kondo, Yu Fujimoto, Tomokatsu Uozu, Yumiko Ogawa, Koji Mizoguchi
Antiquity   87 258-269   2013年3月   [査読有り]
The earthquake that struck Japan on 11 March 2011, named the Great East Japan Earthquake by the Japanese government, was one of the largest seismic events the world has seen for generations. Akira Matsui reported his experience of visiting the are...

書籍等出版物

 
Quaternary International Vol. 483 Special Issue Geoarchaeology: A toolbox for revealing latent data in sedimentological and archaeological records
Tara Beuzen-Waller, Friederike Stock, Yasuhisa Kondo (担当:共編者, 範囲:Guest Editor)
Elsevier   2018年7月   
びわ湖の水草:オープンサイエンスと社会協働の融合に基づく琵琶湖流域圏水草資源活用コミュニティーの形成 Newsletter No.1
近藤康久・岩本葉子 (担当:編者)
2018年3月   
オマーンを知るための55章
松尾昌樹 (担当:分担執筆, 範囲:13章 古代文明マガン:オマーン伝統文化の礎)
明石書店   2018年2月   ISBN:9784750346380
The Bronze Age Towers at Bat, Sultanate of Oman: Research by the Bat Archaeological Project, 2007-12
Christopher P. Thornton, Charlotte M. Cable, Gregory L. Possehl (担当:分担執筆, 範囲:5. Digital Documentation of Kasr al-Sleme (Tower 1148), 7. Surface Structures at Ad-Dariz South)
University of Pennsylvania Press   2016年12月   ISBN:9781934536063
Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology No. 17
Yasuhisa Kondo (担当:編者)
2016年12月   
Bat Digital Heritage Inventory Project Report of the Follow-up Season December 2015-January 2016
Yasuhisa Kondo (担当:編者)
2016年5月   
イノベーションの現場としての地球研:知はいかに跳躍するか?インダスプロジェクト アラブなりわいプロジェクト
近藤康久 (担当:編者, 範囲:序に代えて)
総合地球環境学研究所   2016年3月   
Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology No.16
Yasuhisa Kondo (担当:編者)
2015年11月   
イスラームと文化財
野口 淳・安倍雅史 (担当:共著, 範囲:オマーン:ナショナル・アイデンティティの形成と文化遺産)
新泉社   2015年10月   ISBN:9784787715050
イノベーションの現場としての地球研:知はいかに跳躍するか?イリ河プロジェクト 列島プロジェクト エリアケイパビリティープロジェクト
総合地球環境学研究所「知の跳躍」プロジェクト編 (担当:分担執筆, 範囲:第1章 イリプロジェクトにおける知の跳躍)
総合地球環境学研究所   2015年3月   

Misc

 
地球惑星科学のオープンサイエンス:JpGU-AGU Great Debateの報告
近藤康久
Japan Geoscience Letters   14(4) 7-7   2018年11月   [依頼有り]
近藤康久・白井裕子
地球研ニュース   73 9-11   2018年7月
Tara Beuzen-Waller, Friederike Stock, Yasuhisa Kondo
Quaternary International   483 1-4   2018年7月
2017年度活動報告
近藤康久
びわ湖の水草:オープンサイエンスと社会協働の融合に基づく琵琶湖流域圏水草資源活用コミュニティーの形成 Newsletter   1 2-3   2018年3月
やっかい者の水草を みんなのちからで びわ湖のたからに
近藤康久
びわ湖の水草:オープンサイエンスと社会協働の融合に基づく琵琶湖流域圏水草資源活用コミュニティーの形成 Newsletter   1 1-1   2018年3月
近藤康久・大西秀之・岩本葉子
パレオアジア文化史学 計画研究A03 平成29年度研究報告書 アジアにおけるホモ・サピエンス定着期の気候変動と居住環境の解明 平成28年〜32年度 文部科学省科学研究費補助金(新学術領域研究)16H06410   57-150   2018年3月
近藤康久・三木健裕・黒沼太一・野口 淳・北川浩之
パレオアジア文化史学 計画研究A03 平成29年度研究報告書 アジアにおけるホモ・サピエンス定着期の気候変動と居住環境の解明 平成28年〜32年度 文部科学省科学研究費補助金(新学術領域研究)16H06410   44-45   2018年3月
北川浩之・近藤康久・野口 淳・長谷川精
パレオアジア文化史学 計画研究A03 平成29年度研究報告書 アジアにおけるホモ・サピエンス定着期の気候変動と居住環境の解明 平成28年〜32年度 文部科学省科学研究費補助金(新学術領域研究)16H06410   1-9   2018年3月
デジタル遺跡地図のつくりかた
近藤康久
多摩のあゆみ   (169) 7-14   2018年2月   [依頼有り]
近藤康久・小口 高・早川裕弌・片岡香子・三木健裕・黒沼太一
公益財団法人国土地理協会学術研究助成報告集   3 163-176   2018年2月   [依頼有り]
王 戈・佐藤賢一・近藤康久・松尾由美
情報管理   60(7) 284-287   2018年2月
データサイエンスと旧石器研究
近藤康久
考古学ジャーナル   708 16-19   2018年1月   [依頼有り]
林 和弘・宇高寛子・近藤康久
地球研ニュース   67 7-11   2017年7月   [依頼有り]
近藤康久
パレオアジア文化史学 研究計画A03 平成28年度研究報告書文化史学 研究計画A03班 平成28年度研究報告書   31-34   2017年4月
近藤康久
パレオアジア文化史学 研究計画A03 平成28年度研究報告書   23-30   2017年4月
近藤康久
パレオアジア文化史学 A01班 2016年度研究報告   10-30   2017年3月
遺跡データベースから見た八戸の集落変遷一万年−新井田川流域における集落の成立と解体−
長井謙治・近藤康久
環境動態を視点とした地域社会と集落形成に関する総合的研究 研究成果報告書   27-43   2017年3月   [依頼有り]
アラビア半島乾燥地オアシスの水環境に関する環境考古学的研究、その後
近藤康久
KWEFニュース   14 14-14   2016年11月   [依頼有り]
近藤康久
Newsletter 高分解能古気候学と歴史・考古学の連携による気候変動に強い社会システムの探索   9 5   2016年6月   [依頼有り]
Yasuhisa Kondo
Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology   16 3-8   2015年11月
近藤康久
地球研ニュース   55 10-11   2015年7月   [依頼有り]
アラビア学セミナー2014年大会
近藤康久
西アジア考古学   16 67-72   2015年3月   [依頼有り]
クラウドGISで地域情報学が変わる
近藤康久
SEEDer   12 80-85   2015年3月   [依頼有り]
Yasuhisa Kondo
Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology   15 4-9   2014年11月
近藤康久
地球研ニュース   51 5-5   2014年11月   [査読有り][依頼有り]
近藤康久
首都高   18 18-19   2014年10月   [依頼有り]
南東アラビア考古学最新事情
近藤康久
インド考古研究   35 42-44   2014年9月   [依頼有り]
近藤康久
GIS NEXT   48 80   2014年7月   [依頼有り]
近藤康久
地球研ニュース   48 7-9   2014年7月   [査読有り][依頼有り]
関野 樹・原正一郎・近藤康久・窪田順平・秋道智彌
情報処理学会研究報告.人文科学とコンピュータ研究会報告   2014-CH-103(1) 1-6   2014年7月
総合地球環境学研究所を中心に進められている 「大学間連携を通じた広域アジアにおける地球環境学リポジトリの構築-環境保全と地域振興を目指す新たな知の拠点形成事業-」 事業は,30 余りの国公私立大学の研究センターなどが参加し,地球環境学に関連するそれぞれの研究資源へのアクセスを可能にする,いわば学問分野のためのリポジトリの構築を目指すものである.研究資源の対象としては,地域研究や歴史などの人文科学分野の資史料からリモートセンシングや環境モニタリングなどの自然科学系のデータまで多様なものが含ま...
近藤康久
人文情報学月報   33    2014年4月   [依頼有り]
フィールドワーカーは現地でソーシャルメディアをどのように使うのだろうか。この疑問を解くために、筆者は2012年12月から2013年4月にかけてアラビア半島のオマーンで考古学のフィールドワークを実施した際に、調査参加者のソーシャルメディア利用状況を調査した・・・
近藤康久
考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究   4 61-64   2014年3月   [依頼有り]
米国オリエント学会2013年大会
近藤康久
西アジア考古学   15 79-81   2014年3月
近藤 康久
考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究   5 72-79   2014年3月   [依頼有り]
Yasuhisa Kondo
Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology   14 8-11   2013年12月
Yasuhisa Kondo
Japanese Journal of Archaeology   1(1) 56-56   2013年12月   [依頼有り]
近藤康久
人文情報学月報   026    2013年9月   [依頼有り]
交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースNeander DBの改良
近藤康久
考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究   3 73-77   2013年3月   [依頼有り]
近藤康久
人文情報学月報   17    2012年12月   [依頼有り]
Yasuhisa Kondo, Takayuki Omori, Philip Verhagen
Technical Report, Department of Computer Science, Tokyo Institute of Technology   TR12(0001) 1-10   2012年10月
本稿では、旧人・新人交替現象の時空間パターンを気候変動と関連づけてモデル化するための学際的手法の開発にかかる共同研究の進捗状況を報告する。この研究目標の達成に向けて、筆者らは2012年5月に考古学的予測モデリングの理論・方法・運用をテーマとするワークショップと講演を催した。集中的な議論の結果、人類のニッチ分布を広域スケールで推定する際には、各々の環境変数がどれほどモデルに寄与しているか評価することが重要であるという理解に至った。その後の最大エントロピーモデルMaxEntを用いた計算実験によ...
東京JOMON散歩
橋本麻里; 小口 高; 近藤康久
芸術新潮   63(11) 46-49   2012年10月   [依頼有り]
交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースNeander DBの運用
近藤康久
考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究   2 57-61   2012年3月   [依頼有り]
Archaeology with GIS in the Indus Project
Hirofumi Teramura, Yasuhisa Kondo, Takao Uno
Excavation at Kanmer: 2005-06 – 2008-09. Kanmer Archaeological Research Project an Indo-Japanese Collaboration.   165-196   2012年3月
WebGISを用いた考古・古環境情報の発信
小口 高・近藤康久
研究項目B02 旧人・新人時空間分布と気候変動の関連性の分析 2010年度報告書   8-16   2012年3月   [依頼有り]
交替劇関連遺跡・石器製作伝統データベースNeander DBの設計
近藤康久
考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究   1 55-60   2011年8月   [依頼有り]
Yu Fujimoto, Yasuhisa Kondo, Akihiro Kaneda, Yoichi Seino, Hiroshi Yamaguchi, Tomokatsu Uozu
ISPRS SC Newsletter   5(1) 4-4   2011年5月
オマーン・バート遺跡群
近藤康久
考古学研究   57(2) 118-120   2010年9月   [依頼有り]
地理情報システムを用いた考古学的時空間分析の方法と実践:西南関東における縄文時代錘具分布を題材に
近藤康久
東京大学大学院人文社会系研究科博士論文      2010年1月   [査読有り]
インダス・プロジェクトにおける考古学GIS班のこれまでの活動
寺村裕史・近藤康久・宇野隆夫・菅頭明日香・岸田徹・酒井英男
環境変化とインダス文明:2007年度成果報告書. 長田俊樹編. 総合地球環境学研究所インダス・プロジェクト.   61-72   2008年12月
最小コスト経路から最小コスト回廊へ:遺跡間経路推定における移動コスト計算法の再検討
近藤康久
情報考古学   13(2) 31-32   2008年3月
後期新石器時代の北メソポタミアにおけるハラフ彩文土器の成立について
近藤康久
東京大学大学院人文社会系研究科修士論文      2004年12月   [査読有り]
デパスと轆轤:前期青銅器時代のアナトリアにおける双手坏とロクロの関係について
近藤康久
東京大学文学部卒業論文      2002年1月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
近藤康久
地理情報システム学会2018年大会企画セッション「オープンxシチズンサイエンスによる市民協働と次のステップに向けて」   2018年10月21日   地理情報システム学会
Interlinking open science to community-based participatory research for socio-environmental cases [招待有り]
The 3rd International Symposium on Decision Science for Future Earth: Transdicsiplinary Science in Practice   2018年9月24日   九州大学持続可能な社会のための決断科学センター
近藤康久
Civic Tech Forum 2018   2018年9月23日   Code for Japan
Data-driven approach to identify early modern humans’ ecological niche and optimal dispersal routes in Eurasia [招待有り]
Yasuhisa Kondo
Landscape Archaeology Conference 2018   2018年9月19日   International Association of Landscape Archaeology
Using a combination of ecological niche analysis and least-cost path analysis, this paper presents a data-driven approach to estimate the optimal dispersal routes of early modern human population groups. The timing and routes of early modern human...
バート遺跡群にみるマガン社会の諸相 [招待有り]
近藤康久
日本西アジア考古学会第23回総会・大会特別セッション「アラビア半島の考古学」   2018年6月16日   日本西アジア考古学会
Yasuhisa Kondo, Ge Wang, Ui Ikeuchi, Kei Kano, Terukazu Kumazawa, Ken’ichiro Nakashima, Hideyuki Onishi, Takeshi Osawa, Tatsuki Sekino
SESYNC 2018 Boundary Spanning Symposium   2018年6月12日   SESYNC
This poster introduces a new three-year meta-research project based at the Japan’s Research Institute of Humanity and Nature (RIHN), and calls for international collaborators. The ultimate goal of this project is to develop a methodology of open t...
近藤康久
Civic Tech Forum 2018   2018年6月2日   Civic Tech Forum 運営委員会
Yasuhisa Kondo, Ge Wang, Ui Ikeuchi, Kei Kano, Terukazu Kumazawa, Ken’ichiro Nakashima, Hideyuki Onishi, Takeshi Osawa, Tatsuki Sekino
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月23日   日本地球惑星科学連合
This paper presents a methodological hypothesis of open team science as a new research paradigm created by integrating transdisciplinary team science and open science theories.
Social issues caused by environmental degradations are usually so comp...
近藤康久
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月22日   日本地球惑星科学連合
オープンサイエンスにはトップダウンとボトムアップのアプローチがあり、前者は学術雑誌のオープンアクセス化や科学データのオープン化などの科学技術政策、後者は市民科学(シチズンサイエンス)や超学際研究(トランスディシプリナリー研究)、オープンイノベーションなどからなる。このインプットトークでは、特に市民参加とステークホルダー関与の観点から、ボトムアップ型のオープンサイエンスの潮流について概説する。
塚本すみ子・片岡香子・近藤康久・三木健裕・黒沼太一・早川裕弌・小口 高
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   日本地球惑星科学連合
アラビア半島南東部では,インドモンスーンの活動の強弱により乾湿の変化が繰り返されてきた.完新世に おいては,初期に湿潤であったのに対し,中期以降に乾燥化し,狩猟採集からオアシス農業への転換が起 こった可能性が指摘されている.本研究ではこのような自然環境の変化と人間活動の相互作用プロセスを明らかにするため,オマーンのユネスコ世界遺産,バート遺跡群の東に位置し,ワジ・シャルサー(Wadi Sharsah)に合流する小規模扇状地を掘削し,堆積物の記載と石英および長石のOSL年代測定を行った.
...
近藤康久・奥田 昇・淺野悟史・石川可奈子・加納 圭・鎌谷かおる・熊澤輝一・佐藤賢一・下山紗代子・藤澤栄一・松下京平・脇田健一
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   日本地球惑星科学連合
琵琶湖では、特に南湖において水草の繁茂が著しく、船舶の航行障害や湖岸に漂着した水草の悪臭などの問題が発生している。滋賀県は、年間約6億円を投入し、水草の除去および堆肥化事業を進めている。しかし、水草を除去できる範囲が限られ、また堆肥の活用も農家等への無償配布に限定されているため、より効果的な施策が必要となっている。
 関係者からの聞き取りを通じて、研究者と県が水草繁茂を環境問題と理解しているのに対し、関係各市と湖岸住民にとっての水草は漂着して悪臭を放つごみの社会問題の側面が大きいという、問...
大西秀之・近藤康久・岩本葉子
科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」第5回研究大会   2018年5月13日   科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」
「文化」という言葉や概念は、一般に日常生活のみならず、学術研究の場でも多義的な 意味で用いられている。こうした齟齬については、人間の文化や歴史を対象とする共同研 究において、無用な混乱を引き起こすことが懸念される。
こうした文化をめぐる問題は、アジア地域における現生人類の文化形成の多様なパター ンを解明しようとする、パレオアジア文化史学においても例外ではない。実際、同プロ ジェクトでは考古学、文化人類学、数理生物学や古環境科学などの専門分野を異にする50 人の研究者が共同研究に従事している...
近藤康久・野口 淳・三木健裕・黒沼太一・北川浩之
科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」第5回研究大会   2018年5月13日   科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」
筆者らのチームは、インド洋モンスーンの影響下にあるアラビア半島南東部すなわち 「モンスーンアラビア」における後期更新世の環境変動と人類の定着プロセスの関係性を 再評価することを目的として、2016年度よりオマーン内陸部のアッダーヒリーヤ地方で
遺跡分布調査を実施している(近藤2016, 2017;近藤他2018)。 今シーズンは、2017年12月28日から同31日の4日間、ニズワ、マナ、およびタヌーフで
遺跡分布調査を実施した。特に、ニズワ北郊のグブラト・ニズワからワディ・タヌーフに かけ...
高倉 純・近藤康久・北川浩之
科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」第5回研究大会   2018年5月13日   科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」
北極圏への現生人類の拡散プロセスの解明は、彼らの寒冷地への環境適応能力を理解す るうえで重要な情報をもたらしてくれるであろう。ヤナRHS遺跡での調査研究から、シ ベリア北極圏への現生人類の拡散は、MIS3の後半段階(約3万年前)には起こっていたこ とが確実視されるようになっている(Pitulko et al. 2013)。また近年では、それがMIS3の前 半段階にさかのぼる可能性を示唆する証拠がいくつか提示されている(Pitulko et al. 2016; 2017)。われわれは、こうし...
オープンチームサイエンス:オープンサイエンスパラダイムに基づく超学際研究の方法論構築に向けて
近藤康久
2017年度名古屋大学宇宙地球環境研究所研究集会・科学データ研究会・第7回WDS国内シンポジウム   2018年3月8日   
人文知の可視化による学融合領域の創出:人文学と情報学のチームサイエンス(4)痕跡的な歴史現象を可視化する〜アンデスの植民地的近代〜
近藤康久・齋藤 晃
第32回人間文化研究機構シンポジウム 人文知による情報と知の体系化〜異分野融合で何をつくるか〜   2018年2月28日   大学共同利用機関法人人間文化研究機構
人文知の可視化による学融合領域の創出:人文学と情報学のチームサイエンス(3)データの可視化を通して問題理解を共有する:吉備地方の集落動態と気候変動
近藤康久・中塚 武・松木武彦
第32回人間文化研究機構シンポジウム 人文知による情報と知の体系化〜異分野融合で何をつくるか〜   2018年2月26日   大学共同利用機関法人人間文化研究機構
人文知の可視化による学融合領域の創出:人文学と情報学のチームサイエンス(2)データと概念の共有に基づくパレオアジア文化史学の形成
近藤康久・西秋良宏
第32回人間文化研究機構シンポジウム 人文知による情報と知の体系化〜異分野融合で何をつくるか〜   2018年2月26日   大学共同利用機関法人人間文化研究機構
人文知の可視化による学融合領域の創出:人文学と情報学のチームサイエンス(1)オープンサイエンスの未来を考えるアンカンファレンス
近藤康久・北本朝展・林 和弘
第32回人間文化研究機構シンポジウム 人文知による情報と知の体系化〜異分野融合で何をつくるか〜   2018年2月26日   大学共同利用機関法人人間文化研究機構
Visualizing the relationship between Repartimientos and Reducciones: An experiment with the Resource Description Framework
Akira Saito, Yasuhisa Kondo, Nozomi Mizota, Tomoko Koyama
International Symposium Unsettling Resettlement: Forced Concentration of the Native Population in the Colonial Andes   2018年2月23日   
近藤康久・大西秀之・岩本葉子
科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」第4回研究大会   2017年12月9日   科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」
 パレオアジア文化史学プロジェクトでは、考古学、文化人類学、数理生物学、古環境学など多様な分野の研究者が結集して、アジアにおける新人ホモ・サピエンスの文化の形成という共通のテーマを研究している。しかし、これまでの研究大会や研究会における議論を通じて、異なる分野の研究者が「文化」を語るとき、その概念・規定に少なからずズレや齟齬が孕まれている傾向が認められる。この背景には、「文化」というキーワードを各研究者・グループが、厳密な定義や合意形成を得ないまま、バズワードとして使用している可能性が指摘...
現地の課題に応えるアクションリサーチ:オマーンのデジタル文化遺産目録づくりの現場から [招待有り]
近藤康久
シンポジウム 最新科学による西アジア文化遺産の調査と保護   2017年11月18日   日本西アジア考古学会
近藤康久
もっと使おう!ArcGISセミナー 2017 京都会場   2017年11月15日   ESRIジャパン株式会社
近藤康久・熊澤輝一・菊地直樹・鎌谷かおる・安富奈津子・内山愉太・林 憲吾・橋本慧子・村松 伸
研究・イノベーション学会第32回年次学術大会   2017年10月29日   研究・イノベーション学会
Reconstructing the emergence of oasis territories in the piedmont of the Hajar Moutains (Sultanate of Oman): A synthesis of archaeological, geomorphological and geographical data
Tara Beuzen-Waller, Jessica Giraud, Guillaume Gernez, Romain Courault, Yasuhisa Kondo, Charlotte Cable, Christopher Thornton, Éric Fouache
XXVIIIe Rencontres internationales d’archéologie et d’histoire d’Antibes   2017年10月10日   
Yasuhisa Kondo
ICSU-WDS Asia-Oceania Conference 2017   2017年9月29日   ICSU-WDS
近藤康久
第20回月惑星探査研究会:太陽系データワークショップ   2017年9月26日   神戸大学惑星科学研究センター
近藤康久
アーカイブサミット 2017 in 京都   2017年9月9日   アーカイブサミット組織委員会
An analysis of spatial relationship between the Umm an-Nar type tombs and reusing remains at Bāt cemetery, Az-Zahirah, Oman
Takehiro Miki, Taichi Kuronuma, Yasuhisa Kondo
アラビア学セミナー2017年大会   2017年8月4日   アラビア学セミナー
The surface-exposed archaeological features in Oman have been collapsed and partly reused for later construction. For examining the long-term process of the entanglement of the archaeological features from various periods, Bāt is an information-ri...
近藤康久・日本旧石器学会データベース委員会
日本旧石器学会第15回大会   2017年7月2日   日本旧石器学会
日本旧石器学会データベース委員会では、『日本列島の旧石器時代遺跡』データベースの改訂にあたり、2016年11月に学会員および将来的な利用者となりうる考古学・生態学・地理学・数理生物学・情報学等の研究者を招待してハテナソン(質問作りワークショップ)を催し、データベースの改訂とオープンデータ化に向けた論点を整理・共有した。
また、2016年12月には秋田、2017年4月には松江にてマッピングパーティー(地図作成演習)を催し、ハンズオン(実習)形式でデータベースの共同編集の進め方を講習した。これ...
近藤康久
ラテンアメリカ学会第38回定期大会   2017年6月3日   ラテンアメリカ学会
 人文情報学の視点から見ると、レドゥクシオンの研究には、痕跡的な情報によって記述される実体(エンティティ)を取り扱うという特徴がある。すなわち、レドゥクシオンは地理空間上に存在した実体であり、その名称と位置は現在の地名からある程度復元できる。しかし、人口や民族構成などの属性情報は、集住化当時の納税額査定記録を後世に筆写した史料に依拠し、レパルティミエントや後世に設定されたコレヒミエント(行政区域)を基準として記述されるにすぎない。本研究では、このように痕跡的な情報しかないレドゥクシオンの実...
Yasuhisa Kondo, Kazuhiro Hayashi, Miki Kuribayashi, Sachiko Yano, Asanobu Kitamoto
日本地球惑星科学連合2017年大会   2017年5月23日   日本地球惑星科学連合
 地球環境問題や少子高齢化などの社会課題の解決をめざす研究には、異分野の研究者や政府・自治体、企業、NPO、地域住民など社会の多様なステークホルダーが知識経験を持ち寄り、立場を超えた対話と熟議を通して研究計画の共同立案(co-design)、知識の共同生産(co-production)、成果の共同展開(co-dissemination)を行い、課題解決に向けた意思決定をリードする(co-leadership)という超学際アプローチ(transdisciplinary approach)が重...
近藤康久・熊澤輝一・陀安一郎・中野孝教
日本地球惑星科学連合2017年大会   2017年5月23日   日本地球惑星科学連合
地域において持続的な環境モニタリングを行なうためには、研究者が行政・NPO・住民等のアクターと協働する体制を構築する必要がある。その際には、アクターごとに問題意識や価値観、インセンティブが異なるため、共通の上位目標としてのバウンダリオブジェクトを設定する必要がある。
水質モニタリングにおいては、湧水マップ・名水マップなどの地図を研究者が市民と協働で制作することが、バウンダリオブジェクトになりうると期待される。その際、研究者は多元素同位体景観(multi-isoscape)のような新しい科学...
近藤康久
日本地球惑星科学連合2017年大会   2017年5月22日   日本地球惑星科学連合
環境問題は、自然と社会の諸要因が地球規模から地域規模に至る多様なスケールで関係しながら生起し、さらに政府・自治体・事業者・住民など社会の多様なアクターがステークホルダー(利害関係者)として関与するため、科学のみでは解決困難な問題(wicked problem)である。問題の解決を図るためには、特にアクター間の知識情報ギャップが阻害要因となる。本発表では、アクター間の知識情報ギャップを可視化し克服するための方法論として、ITビジネスにおいて新しい価値を先導するエヴァンジェリストや、レジデント...
近藤康久・門脇誠二・北川浩之・鈴木美保・仲田大人・野口 淳・野林厚志・西秋良宏
科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」第3回研究大会   2017年5月14日   科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」
Yasuhisa Kondo, Atsushi Noguchi
第45回考古学におけるコンピュータの利活用と計量的方法に関する国際会議   2017年5月14日   考古学におけるコンピュータの利活用と計量的方法に関する国際会議
Open science refers to efforts to make outputs from publicly funded research more widely accessible in digital format (OECD, 2015) and is expected to accelerate social innovation by recycling open research data and resources. In practise, open sci...
Yasuhisa Kondo, Akira Saito, Nozomi Mizota, Tomoko Koyama
第45回考古学におけるコンピュータの利活用と計量的方法に関する国際会議   2017年3月15日   考古学におけるコンピュータの利活用と計量的方法に関する国際会議
This paper reports on an ongoing synergistic collaboration between data visualisation experts and historians in developing a geodatabase of resettlement (reducción) in the colonial Andes (Peru and Bolivia) in order to understand the historical pro...
近藤康久
OPEN SCIENCE WORKSHOP VOL.2   2017年2月19日   KYOTO OPEN SCIENCE勉強会
環境問題の現場における超学際研究の新展開
近藤康久・近藤昭彦・木本浩一・石井励一郎・奥田 昇・窪田順平・手代木功基
第19回環境リモートセンシングシンポジウム   2017年2月16日   千葉大学環境リモートセンシング研究センター
近藤康久
第8回地球研東京セミナー   2017年1月26日   総合地球環境学研究所
今年度から5年間の第5期科学技術基本計画では、地域や地球規模で顕在化している課題に先手を打って対応するために、社会の多様なステークホルダーとの対話と協働により科学技術イノベーションを共創する方針が打ち出されました。これを実現する方策の一つが、公的資金による研究の成果を社会に広く公開するオープンサイエンスです。科学の知識や情報を課題解決やイノベーションにつなげる現場には、社会と学術を双方向的に橋渡しして「知の跳躍」を起こす人材が必要ですが、このような橋渡し人材はどのように育ち、どのような役割...
GISを用いた多元素同位体情報の可視化とその意義
近藤康久・陀安一郎・中野孝教・申 基澈・薮崎志穂・山田佳裕・大河内博・真庭 譲・西村寿々美・横尾頼子・帰山寿章・山田明弘・下島浩平・小沢弘幸
第6回同位体環境学シンポジウム   2016年12月22日   総合地球環境学研究所研究基盤国際センター
本研究では、多元素同位体景観(multi-isoscapes)を可視化する方法として、空間主成分分析(spatial principal component analysis)を提案する。空間主成分分析は、多変量解析の1つである主成分分析を地理空間に応用したものであり、例えば標高と傾斜角、傾斜方向のように相関の強い多変量データを圧縮するのに用いられる[1]。多元素同位体の指標も相関が強いため、この方法の適用を試みた。具体的には、福井県大野市の市民が2015年12月に市内主要部で採取した井戸...
パレオアジア文化史学総合遺跡データベースPaleoAsia DBのグランドデザイン
近藤康久
科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」第1回研究大会   2016年11月6日   科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」
アラビア半島におけるホモ・サピエンスの定着:オマーンでの調査計画
近藤康久
科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」第1回研究大会   2016年11月5日   科研費新学術領域研究「パレオアジア文化史学:アジア新人文化形成プロセスの総合的研究」
多元素同位体指標の可視化とオープンサイエンス
近藤康久
金沢大学環日本海域研究センター拠点研究集会   2016年11月3日   金沢大学環日本海域研究センター、総合地球環境学研究所、京都大学生態学研究センター
近藤康久
FOSS4G 2016 NARA.KANSAI   2016年10月30日   OSGeo財団日本支部
学術論文のオープンアクセス化や科学データのオープンデータ化など、科学知を広く社会に開放するオープンサイエンスの動きが始まっています。
この動きは、研究者が社会の様々な人たちと一緒に社会課題の解決を目指す超学際研究(transdisciplinary research=TD)の動きと合流して、学問の際(きわ)を超えていくムーブメント、いうなれば「Open-TD」になりつつあります。
Open-TDはどのような研究になるのか、そのアイディアをお話しします。
Google Earth Engineを用いた超学際リモートセンシングの可能性〜地球環境GIS講習会2016の経験から〜
近藤康久
千葉大CEReS-地球研合同ワークショップ「環境問題の現場における超学際研究の新展開」   2016年10月10日   総合地球環境学研究所、千葉大学環境リモートセンシング研究センター
Joint ecological niche- & cost surface model to backcast the adaptation of early modern humans to the palaeoenvironment
Yasuhisa Kondo
Future Earth Cluster Workshop “Modeling Challenges for Sustainability”   2016年9月28日   
近藤康久
第4回KYOTOオープンサイエンス勉強会   2016年9月21日   KYOTOオープンサイエンス勉強会
近藤康久
文部科学省科学技術・学術政策研究所講演会(ホライズン・セミナー)   2016年9月20日   文部科学省科学技術・学術政策研究所
地球環境問題や少子高齢化などの社会課題の解決をめざす研究には、異分野の研究者や政府・自治体、企業、NPO、地域住民など社会の多様なステークホルダーが知識経験を持ち寄り、立場を超えた対話と熟議を通して研究計画の共同立案(co-design)、知識の共同生産(co-production)、成果の共同発表(co-dissemination)を行い、課題解決に向けた意思決定をリードする(co-leadership)という超学際アプローチ(transdisciplinary approach)が必要...
地球環境学の離散的なデータの活用に向けた諸問題〜何が障壁で、どう乗り越えるか〜
近藤康久
第1回NII-地球研合同セミナー   2016年9月3日   平成28年度国立情報学研究所公募型共同研究「オープンサイエンスでフィールドサイエンスの新時代を拓く」

Works

 
オマーンの地理と歴史
近藤康久   その他   2014年10月
中東オマーンの世界遺産を測る・調べる
近藤康久   その他   2010年11月
奈良文化財研究所平城宮跡資料館平成22年秋季特別展「文化財を測る、知る、伝えるの最前線:空間情報科学と測量・計測技術を用いた文化財研究」ポスター
離ればなれのノウハウと人をつなぐ:Archaeo-GIS Workshop 3年間の取り組み
Archaeo-GIS Workshop   その他   2010年11月
奈良文化財研究所平城宮跡資料館平成22年秋季特別展「文化財を測る、知る、伝えるの最前線:空間情報科学と測量・計測技術を用いた文化財研究」ポスター
「旧人・新人交替劇」関連遺跡データベース
近藤康久   データベース   2010年11月

受賞

 
2016年8月
公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団 クリタ水・環境科学研究優秀賞
 
2011年11月
CSIS DAYS 2011 優秀発表賞 生態学的予測モデルの考古学への応用に関する研究
 
2008年3月
日本情報考古学会 堅田賞(優秀賞)
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年7月 - 2021年3月    代表者: 西秋良宏
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年7月 - 2021年3月    代表者: 北川浩之
日本学術振興会: 科学研究費補助事業 基盤研究A(一般)
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 斎藤 晃
環境問題の現場における超学際研究の新展開
千葉大学環境リモートセンシング研究センター: 平成28年度千葉大学環境リモートセンシング研究センター共同利用研究(研究会)
研究期間: 2016年7月 - 2018年3月    代表者: 近藤康久
モンスーンアラビアにおける環境人類史の再評価
三菱財団: 第45回(平成28年度)人文科学研究助成
研究期間: 2016年10月 - 2017年9月    代表者: 近藤康久
総合地球環境学研究所: コアプロジェクト予備研究(FS)
研究期間: 2016年5月 - 2017年3月    代表者: 近藤康久
地球環境に関わる社会課題の解決に関与するアクターとなる研究者・意思決定者・生活者・専門技能ボランティア(プロボノ)それぞれのコミュニティー内部およびコミュニティー間における、課題に対する認識および利用可能な知識情報資源の齟齬(ギャップ)を可視化し克服する方法論を構築する。
オープンサイエンスでフィールドサイエンスの新時代を拓く〜異分野データの融合で、どんなイノベーションを起こせるか〜
国立情報学研究所: 平成28年度公募型共同研究(研究企画会合公募型)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 近藤康久
オマーンにおけるステークホルダーとの協働による自然・文化遺産地理情報基盤の構築
国土地理協会: 平成27年度学術研究助成
研究期間: 2015年9月 - 2016年8月    代表者: 近藤康久
総合地球環境学研究所: コアプロジェクト予備研究(FS)
研究期間: 2015年8月 - 2016年3月    代表者: 近藤康久
オープンサイエンス時代の到来を見すえ、研究者以外の利用者にもつかいやすい地球環境研究情報の検索・提供サービスを実践プロジェクトおよび研究者、市民と協働して開発し、実用化する。サービスを開発する過程で、地球環境学のオープンサイエンスにかかわる超学際コミュニティを形成するとともに、研究データの公開を促進することによって、地球環境学にオープンサイエンスを研究風土として定着させる。
文化遺産ドキュメンテーション国際委員会第25回大会での研究発表等
電気通信普及財団: 海外渡航旅費援助
研究期間: 2015年8月 - 2015年9月    代表者: 近藤康久

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本イコモス国内委員会  ISC委員(CIPA担当)
 
2014年8月
 - 
現在
日本地球惑星科学連合  情報システム副委員長
 
2014年3月
 - 
現在
日本地理学会  広報専門委員
 
2013年9月
 - 
現在
国際地形学会  地考古学分科会事務局長
 
2016年5月
 - 
2016年5月
ROCEEH Project  外部評価委員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 基礎文化研究専攻考古学専門分野博士課程
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学 大学院人文社会系研究科 基礎文化研究専攻考古学専門分野修士課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京大学 文学部 歴史文化学科考古学専修課程
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京大学 教養学部 文科三類
 
1995年4月
 - 
1998年3月
愛知県立旭丘高等学校