安村 明

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/19 23:15
 
アバター
研究者氏名
安村 明
 
ヤスムラ アキラ
所属
熊本大学
学位
博士(学術)(東京大学)
その他の所属
東京大学研究開発法人国立精神・神経医療研究センター

プロフィール

主要な専門分野は神経心理学、臨床神経生理学、認知発達心理学です。

研究分野

 
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 広域システム科学系
 

受賞

 
2018年11月
第48回日本臨床神経生理学会学術大会 優秀演題賞
 
2015年5月
日本小児神経学会 平成27年度優秀論文賞
 
2015年4月
公益財団法人小児医学研究振興財団 イーライリリーアワード
 
2014年5月
第56回日本小児神経学会学術集会 最優秀ポスター賞
 
2013年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 一高記念賞
 

論文

 
Global Neuroethics Summit Delegates, et al.
Neuron   100(1) 19-36   2018年10月   [査読有り]
Applied Machine Learning Method to Predict Children with ADHD using Prefrontal Cortex Activity: A Multicenter Study in Japan.
Akira Yasumura, Mikimasa Omori, Ayako Fukuda, Junichi Takahashi, Yukiko Yasumura, Eiji Nakagawa, Toshihide Koike, Yushiro Yamashita, Tasuku Miyajima, Tatsuya Koeda, Masao Aihara, Hisateru Tachimori, Masumi Inagaki.
Journal of Attention Disorders   in press    2017年   [査読有り]
Yasuko Okumura, Yosuke Kita, Mikimasa Omori, Kota Suzuki, Akira Yasumura, Ayako Fukuda, Masumi Inagaki
Developmental Neurorehabilitation   22(1) 3-12   2019年   [査読有り]
Yasuko Okumura, Yosuke Kita, Mikimasa Omori, Kota Suzuki, Akira Yasumura, Ayako Fukuda & Masumi Inagaki (2019) Predictive factors of success in neurofeedback training for children with ADHD, Developmental Neurorehabilitation, 22:1, 3-12, DOI: 10.1...
Decision Making in Children with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder.
Akira Yasumura, Yoshiyuki Takimoto, Eisuke Nakazawa, Masumi Inagaki
Open Journal of Pediatrics   6(2) 158-162   2016年6月   [査読有り]
Behavioral and Neural Enhancing Effects of a Summer Treatment Program in Children with Attention Deficit Hyperactivity Disorder
Akira Yasumura, Kotaro Yuge, Chiyomi Egami, Chizuru Anai, Akiko Mukasa, Yushiro Yamashita, Masumi Inagaki
Open Journal of Pediatrics   6(1) 91-99   2016年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ADHD - New Directions in Diagnosis and Treatment
Akira YASUMURA and Masumi INAGAKI (担当:共著, 範囲:Chapter title: Executive Function in Children with Attention-Deficit/ Hyperactivity Disorder.)
InTech   2015年9月   
愉しく学ぼう 小児の臨床神経生理
安村 明 (担当:共著, 範囲:各論V・脳機能マッピング:近赤外線スペクトロスコピー)
診断と治療社   2015年11月   
小児科診療77巻増刊号
稲垣 真澄、安村 明 (担当:共著, 範囲:小児の治療指針 学習障害)
(株)診断と治療社   2013年12月   
精研だより 2013年3月1日発行第12号
安村 明 (担当:共著, 範囲:学会受賞者紹介)
国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所   2013年3月   
小児科診療 Vol.76 No.増刊号
稲垣 真澄,小林 朋佳,安村 明 (担当:共著, 範囲:特集:理解して出そう小児の検査―オーダー・手技・解釈; Ⅹ.発達・心理; 59 ADHDや自閉症の評価方法.)
診断と治療社   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
定型発達者を対象とした障害特性に関する実験心理学的検討の可能性
安村 明(企画・司会)
日本心理学会-シンポジウム   2018年9月27日   
「注意」機能をつなぐ-神経心理学から見た視覚的な注意
安村 明(話題提供)
第29回日本発達心理学会-シンポジウム   2018年3月23日   
about Brain/ MINDS [招待有り]
YASUMURA Akira
Global Neuroethics Summit in Korea   2017年10月17日   
基礎研究と応用研究の融合 [招待有り]
安村 明(指定討論)
第12回東北心理学会・北海道心理学会合同大会-シンポジウム   2016年10月1日   
近赤外分光法(NIRS)を用いたADHD児における認知機能の発達的変化 [招待有り]
安村 明、中川栄二、山下裕史朗、宮島祐、小枝達也、相原正男、小池敏英、稲垣真澄
第45回日本臨床神経生理学会学術大会   2015年11月6日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 安村 明
文部科学省: 学術研究助成基金助成金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 安村 明
精神・神経疾患患者および健常者の脳画像等データリソース統合にもとづく中核拠点霊長類回路マップと疾患研究チーム患者回路情報の連結
文部科学省: 革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト
研究期間: 2015年4月       代表者: 笠井清登
生命倫理等に関する課題の解決に関する研究
文部科学省: 脳科学研究戦略推進プログラム
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 瀧本禎之
てんかんの成立機序の解明と診断・治療法開発のための基礎・臨床の融合的研究
精神・神経疾患研究開発費: 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 中川栄二

特許

 
特許US 9848811 : COGNITIVE FUNCTION TESTING SYSTEM, COGNITIVE FUNCTION ESTIMATION SYSTEM, COGNITIVE FUNCTION TESTING METHOD, AND COGNITIVE FUNCTION ESTIMATION METHOD.
Akira Yasumura, Masumi Inagaki.
特許JP 6128651 : 認知機能検査システム、認知機能推定システム及び認知機能検査方法
安村 明,稲垣 真澄

その他

 
高等学校教諭一種免許
工業高校一種(専修)免許
中学校教諭一種(専修)免許
剣道三段
珠算第二級