岡村 康司

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 16:18
 
アバター
研究者氏名
岡村 康司
 
オカムラ ヤスシ
eメール
yokamuraphys2.med.osaka-u.ac.jp
URL
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/phys2/okamura/index.html
所属
大阪大学
部署
医学系研究科 医学専攻
職名
教授
科研費研究者番号
80201987

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
   
 
大阪大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
2007年
   
 
大学共同利用機関法人自然科学研究機構(共通施設) 岡崎統合パイオサイエンスセンター 教授
 
2005年
   
 
大学共同利用機関法人自然科学研究機構(共通施設) 岡崎総合バイオサイエンスセンター 教授
 
2004年
 - 
2008年
大学共同利用機関法人自然科学研究機構(共通施設) 教授
 
2004年
 - 
2007年
大学共同利用機関法人自然科学研究機構(共通施設) 岡崎統合バイオサイエンスセンター 教授
 

論文

 
The hydrophobic nature of a novel membrane interface regulates the enzyme activity of a voltage-sensing phosphatase
Akira Kawanabe, Masaki Hashimoto, Manami Nishizawa, Kazuhisa Nishizawa, Hirotaka Narita, Tomoko Yonezawa, Yuka Jinno, Souhei Sakata, Atsushi Nakagawa, Yasushi Okamura
eLife   accepted    2018年11月   [査読有り]
Voltage-sensing phosphatases (VSP) contain a voltage sensor domain (VSD) similar to that of voltage-gated ion channels but lack a pore-gate domain. A VSD in a VSP regulates the cytoplasmic catalytic region (CCR). However, the mechanisms by which t...
Iwaki M, Takeshita K, Kondo HX, Kinoshita K, Okamura Y, Takano Y, Nakagawa A, Kandori H
The journal of physical chemistry. B   122(39) 9076-9080   2018年10月   [査読有り]
Okamura Y, Kawanabe A, Kawai T
Physiological reviews   98(4) 2097-2131   2018年10月   [査読有り][招待有り]
Sakata S, Okamura Y
The Journal of physiology      2018年10月   [査読有り]
Arima H, Tsutsui H, Okamura Y
Channels (Austin, Tex.)   12(1) 240-248   2018年8月   [査読有り]
Sanchez C, Berthier C, Allard B, Perrot J, Bouvard C, Tsutsui H, Okamura Y, Jacquemond V
The Journal of general physiology   150(8) 1163-1177   2018年8月   [査読有り]
Arima H, Tsutsui H, Sakamoto A, Yoshida M, Okamura Y
Biochimica et biophysica acta. Biomembranes   1860(5) 981-990   2018年5月   [査読有り]
Kawai T, Tatsumi S, Kihara S, Sakimura K, Okamura Y
Channels (Austin, Tex.)   12(1) 1-8   2018年1月   [査読有り][招待有り]
Nishino A., Okamura Y.
In: Chahine M. (eds) Voltage-gated Sodium Channels: Structure, Function and Channelopathies. Handbook of Experimental Pharmacology (eBook)      2017年11月   [査読有り][招待有り]
Kawai T, Okochi Y, Ozaki T, Imura Y, Koizumi S, Yamazaki M, Abe M, Sakimura K, Yamashita T, Okamura Y
Journal of neurochemistry   142(5) 686-699   2017年9月   [査読有り]
Ratanayotha A, Kawai T, Higashijima SI, Okamura Y
Physiological reports   5(15)    2017年8月   [査読有り]
Hirai S, Hotta K, Kubo Y, Nishino A, Okabe S, Okamura Y, Okado H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(15) 3939-3944   2017年4月   [査読有り]
Inagaki S, Tsutsui H, Suzuki K, Agetsuma M, Arai Y, Jinno Y, Bai G, Daniels MJ, Okamura Y, Matsuda T, Nagai T
Scientific reports   7 42398   2017年2月   [査読有り]
Sakata S, Matsuda M, Kawanabe A, Okamura Y
Biophysics and physicobiology   14 85-97   2017年   [査読有り]
Sakata S, Miyawaki N, McCormack TJ, Arima H, Kawanabe A, Özkucur N, Kurokawa T, Jinno Y, Fujiwara Y, Okamura Y
Biochimica et biophysica acta   1858(12) 2972-2983   2016年12月   [査読有り]
Sakata S, Jinno Y, Kawanabe A, Okamura Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(27) 7521-7526   2016年7月   [査読有り]
Okamura Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(26) 7012-7014   2016年6月   [査読有り]
Fujita S, Kashiwagi H, Tomimatsu T, Ito S, Mimura K, Kanagawa T, Endo M, Miyoshi T, Okamura Y, Tani Y, Tomiyama Y, Kimura T
Transfusion      2016年5月   [査読有り]
岡村康司
生物物理      2016年5月   [査読有り][招待有り]
Fujiwara Y, Kondo HX, Shirota M, Kobayashi M, Takeshita K, Nakagawa A, Okamura Y, Kinoshita K
Scientific reports   6 23981   2016年4月   [査読有り]
Okuda H, Yonezawa Y, Takano Y, Okamura Y, Fujiwara Y
The Journal of biological chemistry   291(11) 5935-5947   2016年3月   [査読有り]
Kawanabe A, Okamura Y
The Journal of physiology   594(3) 595-610   2016年2月   [査読有り]
Okochi Y, Aratani Y, Adissu HA, Miyawaki N, Sasaki M, Suzuki K, Okamura Y
Journal of leukocyte biology   99(1) 7-19   2016年1月   [査読有り]
竹下 浩平, 岡村 康司, 中川 敦史
生化学   87(5) 625-628   2015年10月   [査読有り]
[Structural insight into the regulation mechanism of proton leakage based on crystal structure of voltage-gated proton channel (VSOP)].
Takeshita K, Okamura Y, Nakagawa A
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   87(5) 625-628   2015年10月   [査読有り]
Kubo Y, Okamura Y
The Journal of physiology   593(12) 2551-2552   2015年6月   [査読有り]
Berthier C, Kutchukian C, Bouvard C, Okamura Y, Jacquemond V
The Journal of general physiology   145(4) 315-330   2015年4月   [査読有り]
Okamura Y, Fujiwara Y, Sakata S
Annual review of biochemistry   84 685-709   2015年   [査読有り]
Yamaguchi S, Aoki N, Kitajima T, Okamura Y, Homma KJ
Communicative & integrative biology   7(5)    2014年10月   [査読有り]
Ohtsuka Y, Matsumoto J, Katsuyama Y, Okamura Y
Development (Cambridge, England)   141(20) 3889-3899   2014年10月   [査読有り]
Yamaguchi S, Aoki N, Kitajima T, Okamura Y, Homma KJ
Com. Integ. Biol.      2014年9月   [査読有り]
Mutua J, Jinno Y, Sakata S, Okochi Y, Ueno S, Tsutsui H, Kawai T, Iwao Y, Okamura Y
Physiological reports   2(7)    2014年7月   [査読有り]
Tsutsui H, Jinno Y, Tomita A, Okamura Y
Biochimica et biophysica acta   1838(7) 1730-1737   2014年7月   [査読有り]
Takeshita K, Sakata S, Yamashita E, Fujiwara Y, Kawanabe A, Kurokawa T, Okochi Y, Matsuda M, Narita H, Okamura Y, Nakagawa A
Nature structural & molecular biology   21(4) 352-357   2014年4月   [査読有り]
Yamaguchi S, Kurokawa T, Taira I, Aoki N, Sakata S, Okamura Y, Homma KJ
Journal of cellular physiology   229(4) 422-433   2014年4月   [査読有り]
Kokunai Y, Nakata T, Furuta M, Sakata S, Kimura H, Aiba T, Yoshinaga M, Osaki Y, Nakamori M, Itoh H, Sato T, Kubota T, Kadota K, Shindo K, Mochizuki H, Shimizu W, Horie M, Okamura Y, Ohno K, Takahashi MP
Neurology   82(12) 1058-1064   2014年3月   [査読有り]
Fujiwara Y, Kurokawa T, Okamura Y
The Journal of general physiology   143(3) 377-386   2014年3月   [査読有り]
Sakata S, Okamura Y
The Journal of physiology   592(5) 899-914   2014年3月   [査読有り]
Itsuki K, Imai Y, Hase H, Okamura Y, Inoue R, Mori MX
The Journal of general physiology   143(2) 183-201   2014年2月   [査読有り]
Kurokawa T, Okamura Y
Biochimica et biophysica acta   1838(1 Pt B) 382-387   2014年1月   [査読有り]
Fujiwara Y, Okamura Y
Current topics in membranes   74 259-292   2014年   [査読有り]
Tsutsui H, Jinno Y, Tomita A, Okamura Y
Biophysical journal   105(1) 108-115   2013年7月   [査読有り]
Fujiwara Y, Takeshita K, Nakagawa A, Okamura Y
The Journal of biological chemistry   288(25) 17968-17975   2013年6月   [査読有り]
Sasaki M, Tojo A, Okochi Y, Miyawaki N, Kamimura D, Yamaguchi A, Murakami M, Okamura Y
The Biochemical journal   450(2) 295-301   2013年3月   [査読有り]
Fujiwara Y, Kurokawa T, Takeshita K, Nakagawa A, Larsson HP, Okamura Y
The Journal of physiology   591(3) 627-640   2013年2月   [査読有り]
Kurokawa T, Takasuga S, Sakata S, Yamaguchi S, Horie S, Homma KJ, Sasaki T, Okamura Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109(25) 10089-10094   2012年6月   [査読有り]
Itsuki K, Imai Y, Okamura Y, Abe K, Inoue R, Mori MX
Channels (Austin, Tex.)   6(3) 206-209   2012年5月   [査読有り]
Fujiwara Y, Kurokawa T, Takeshita K, Kobayashi M, Okochi Y, Nakagawa A, Okamura Y
Nature communications   3 816   2012年5月   [査読有り]
Imai Y, Itsuki K, Okamura Y, Inoue R, Mori MX
The Journal of physiology   590(5) 1101-1119   2012年3月   [査読有り]
Tsutsui H, Higashijima S, Miyawaki A, Okamura Y
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   138(6) 234-238   2011年12月   [査読有り]
Nakajo K, Nishino A, Okamura Y, Kubo Y
The Journal of general physiology   138(5) 521-535   2011年11月   [査読有り]
Ratzan WJ, Evsikov AV, Okamura Y, Jaffe LA
Journal of cellular physiology   226(11) 2740-2746   2011年11月   [査読有り]
Matsuda M, Takeshita K, Kurokawa T, Sakata S, Suzuki M, Yamashita E, Okamura Y, Nakagawa A
The Journal of biological chemistry   286(26) 23368-23377   2011年7月   [査読有り]
Sakata S, Hossain MI, Okamura Y
The Journal of physiology   589(Pt 11) 2687-2705   2011年6月   [査読有り]
Ratzan WJ, Evsikov AV, Okamura Y, Jaffe LA.
Journal of Cellular Physiology      2011年5月   [査読有り]
Ogasawara M, Sasaki M, Nakazawa N, Nishino A, Okamura Y
Gene expression patterns : GEP   11(3-4) 233-238   2011年3月   [査読有り]
黒川 竜紀、岡村 康司
生物物理 Vo.51 No.2      2011年2月   [査読有り]
Okamura Y, Dixon JE
Physiology (Bethesda, Md.)   26(1) 6-13   2011年2月   [査読有り]
Nishino A, Baba SA, Okamura Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(6) 2599-2604   2011年2月   [査読有り]
Okamura Y
The Journal of physiology   588(Pt 23) 4649   2010年12月   [査読有り]
Okamura Y
The Journal of physiology   588(Pt 11) 1803-1804   2010年6月   [査読有り]
Tsutsui H, Higashijima S, Miyawaki A, Okamura Y
The Journal of physiology   588(Pt 12) 2017-2021   2010年6月   [査読有り]
Nat Chem Biol.
Nature Chemical Biology      2010年5月
Okamura Y
Nature chemical biology   6 315-316   2010年5月   [査読有り]
Sakata S, Kurokawa T, Nørholm MH, Takagi M, Okochi Y, von Heijne G, Okamura Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(5) 2313-2318   2010年2月   [査読有り]
Nishino A, Okamura Y, Piscopo S, Brown ER
BMC neuroscience   11 6   2010年1月   [査読有り]
El Chemaly A, Okochi Y, Sasaki M, Arnaudeau S, Okamura Y, Demaurex N
The Journal of experimental medicine   207(1) 129-139   2010年1月   [査読有り]
Membrane topology of S4 of the mouse voltage-gated proton channel
Sakata S, Kurokawa T, Nørholm MH, Takagi M, Okochi Y, von Heijne G, Okamura Y.
Biophysical Journal      2010年1月
VSOP/Hv1 proton channels sustain superoxide production, calcium entry, and cell migration by limiting the depolarization and acidification of activated neutrophils.
Chemaly A E, Okochi Y, Sasaki M, Arnandeau S, Okamura Y, Demaurex N.
Biophysical Journal      2010年1月
El Chemaly, A., Okochi, Y., Sasaki, M., Arnaudeau, S., Okamura, Y. and *Demaurex, N.
J. Exp. Med.      2010年1月
Nishino, A., Okamura, Y., Piscopo, S. and *Brown, E. R.
BMC Neurosci.      2010年1月   [査読有り]
http://www.biomedcentral.com/content/pdf/1471-2202-11-6.pdf
Hv1 Proton Channels sustain superoxide production and calcium signaling in neutrophils.
Antoun El Chemaly, Yoshifumi Okochi, Mari Sasaki, Serge Arnaudeau, Yasushi Okamura, Nicolas Demaurex,
J. Physiol. Sci.      2009年7月
Okamura Y
The Journal of general physiology   134(1) 1-4   2009年7月   [査読有り]
Okochi Y, Sasaki M, Iwasaki H, Okamura Y
Biochemical and biophysical research communications   382(2) 274-279   2009年5月   [査読有り]
VSOP Protein Lacking the C-terminal Half of S4-like Segment Retains Proton Permeation
黒川竜紀、高木正浩、坂田宗平、大河内善史、岡村康司
Biophys. J. Supplement.      2009年3月
2009.3.3,
Okamura Y, Murata Y, Iwasaki H
The Journal of physiology   587 513-520   2009年2月   [査読有り]
Okamura Y, Murata Y, Iwasaki H
The Journal of Physiology Topical Review      2009年2月   [査読有り]
Voltage Sensitive Phosphatase from Xenopus Laevis Testis.
William J. Ratzan, Yasushi Okamura, Laurinda A. Jaffe
Biophysical Journal, Volume 96, Issue 3, Supplement 1,      2009年2月
Improved FRET Sensing Of Membrane Voltage With Voltage Sensitive Phosphatase And New Coral Fluorescence Proteins.
Hidekazu Tsutsui, Satoshi Karasawa, Atsushi Miyawaki, Yasushi Okamura.
Biophysical Journal, Volume 96, Issue 3, Supplement 1,      2009年2月
Hill AS, Nishino A, Nakajo K, Zhang G, Fineman JR, Selzer ME, Okamura Y, Cooper EC
PLoS genetics   4 e1000317   2008年12月   [査読有り]
高膜電位におけるCi-VSPの電位依存的なホスファターゼ活性の解析.
坂田宗平, Hossain MI, 岡村康司
Neurosci. Res. Supplement      2008年9月
Matsumoto J, Katsuyama Y, Ohtsuka Y, Lemaire P, Okamura Y
Development, growth & differentiation   50 543-552   2008年9月   [査読有り]
Tsutsui H, Karasawa S, Okamura Y, Miyawaki A
Nature methods   5(8) 683-685   2008年8月   [査読有り]
Koch HP, Kurokawa T, Okochi Y, Sasaki M, Okamura Y, Larsson HP
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105(26) 9111-9116   2008年7月   [査読有り]
電位依存性プロトンチャネルVSOPのダイマー形成.
黒川竜紀, Hans Koch, 大河内善史,佐々木真理,Peter Larsson, 岡村康司
Neurosci. Res. Supplement      2008年7月
Hossain MI, Iwasaki H, Okochi Y, Chahine M, Higashijima S, Nagayama K, Okamura Y
The Journal of biological chemistry   283(26) 18248-18259   2008年6月   [査読有り]
Iwasaki H, Murata Y, Kim Y, Hossain MI, Worby CA, Dixon JE, McCormack T, Sasaki T, Okamura Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105(23) 7970-7975   2008年6月   [査読有り]
電位感受性ホスファターゼCi-VSPの酵素活性の脱分極側での計測.
岡村康司,Hossain, M.I. , 坂田宗平,村田喜理,久保義弘
J. Physiol. Sci. 2008;58 Suppl:S77.      2008年3月
Yasushi Okamura, Md. Hossain, Yoshimichi Murata, Yoshihiko Kubo. Voltage range of voltage-dependent tuning of phosphatase activity of Ci-VSP. J. Physiol. Sci. 2008;58 Suppl:S77.
電位依存性プロトンチャネルの分子構成.
黒川竜紀,大河内善史,佐々木真理,高木正浩,岡村康司
J. Physiol. Sci. supplement.      2008年3月
Voltage range for tuning of phosphatase of Ci-VSP as measured by two PIP2-sensors.
Hossain, M.I., Sakata, S., Murata, Y. & Okamura, Y.
Biophysical Journal Volume 94, Issue 2, Supplement 1, February 2008,      2008年2月
Murata Y, Okamura Y
The Journal of physiology   583 875-889   2007年9月   [査読有り]
Okamura Y
Pflugers Archiv : European journal of physiology   454 361-371   2007年6月   [査読有り]
[Phagocytosis and membrane potential]
Okamura Y, Sasaki M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   79 454-458   2007年5月   [査読有り]
岡村康司, 佐々木真理
生化学   79(5) 454-458   2007年5月
Ohtsuka Y, Okamura Y
Developmental biology   301(2) 361-373   2007年1月   [査読有り]
Ohtsuka Y, Okamura Y.
Dev. Biol.      2007年1月   [査読有り]
Shirahata E, Iwasaki H, Takagi M, Lin C, Bennett V, Okamura Y, Hayasaka K
Journal of neurophysiology   96 1347-1357   2006年9月   [査読有り]
Kimura Y, Okamura Y, Higashijima S
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   26 5684-5697   2006年5月   [査読有り]
Sasaki M, Takagi M, Okamura Y
Science (New York, N.Y.)   312(5773) 589-592   2006年4月   [査読有り]

Misc

 
Yasushi Okamura, Akira Kawanabe, Kazuhisa Nishizawa, Souhei Sakata
   2017年5月

書籍等出版物

 
脂質-イオンチャネル相互連関
岡村康司、大澤匡範 (担当:共著)
「脂質クオリティ」実験医学増刊   2018年6月   ISBN:978-4-7581-0371-8
John E. Hall, 石川義弘, 岡村康司, 尾仲達史, 河野憲二, 他 (担当:共訳)
エルゼビア・ジャパン株式会社   2018年3月   ISBN:978-4860347741
Evolutionary History of Voltage-Gated Sodium Channels, Chapter in "Voltage-gated Sodium Channels: Structure, Function and Channelopathies″ed. by Mohamed Chahine
Atsuo Nishino, Yasushi Okamura (担当:共著)
Handbook of Experimental Pharmacology, Springer   2017年11月   
ギャノング生理学 原書25版
岡田泰伸、佐久間 康夫、岡村 康司 (監訳) (担当:共著)
丸善出版   2017年11月   ISBN:978-4-621-30188-3
生体の科学「電位センサードメインを用いた膜電位プローブの進歩」
河合喬文、筒井秀和、岡村康司 (担当:共著)
医学書院   2017年10月   
炎症と免疫2017年7月号「炎症抑制に関わる電位依存性プロトンチャネルHv1/VSOPの機能(リポクオリティによる膜タンパク質の機能制御と炎症・免疫)」
大河内善史、川鍋陽、岡村康司 (担当:共著)
先端医学社   2017年6月   
脳内環境辞典「電位依存性プロトンチャネル」
河合喬文、岡村康司 (担当:共著)
メディカルドゥ   2017年3月   ISBN:978-4944157648
Reference Module in Life Sciences “Voltage-gated proton channels”
Yasushi Okamura
Elsevier   2017年1月   ISBN:978-0-12-809633-8
脳科学辞典「ナトリウムチャネル」
坂田宗平、岡村康司 (担当:共著)
理化学研究所   2013年8月   
生物学辞典 第五版
巌佐 庸,倉谷 滋,斎藤 成也,塚谷 裕一 編 (担当:共訳)
岩波書店   2013年2月   ISBN:978-4-00-080314-4 C3545
脳科学辞典 (電子書籍)・分担執筆「膜電位センサー」
藤原祐一郎、岡村康司 (担当:共著)
理化学研究所   2012年11月   
Voltage-gated proton channels., In: Edward H. Egelman, editor: Comprehensive Biophysics, Vol 6, Channels Proteins, Montal, M. Oxford: Academic Press
Okamura Y (担当:共著)
ELSEVIER   2012年5月   ISBN:978-0-08-095718-0
実験医学増刊 Vol.28 No.20 分子から個体へと深化する脂質生物学
岡村康司、佐々木雄彦,横溝岳彦,竹縄忠臣/編 (担当:共著)
羊土社   2010年12月   
Voltage gated channels and novel voltage sensing proteins., Handbook of Neurochemistry and Molecular Neurobiology. 3rd Edition., Ed. by K. Mikoshiba. Abel Lajtha.
Okamura Y. (担当:共著)
Springer   2009年5月   ISBN:978-0387303383

講演・口頭発表等

 
実験と数理モデルに基づいたTRPM4チャネル催不整脈性の多階層解析
胡耀鵬、沈揚華、倉原琳、平石敬三、市川純、沼田朋大、岡村康司、朱欣、井上隆司
第95回日本生理学会大会   2018年3月   
電位依存性ホスファターゼVSPの膜相互作用部位による酵素活性調節
川鍋陽、橋本真宜、米澤智子、神野有香、岡村康司
第95回日本生理学会大会   2018年3月   
Na-Pi transporterの活性制御機構
水谷夏希、大河内善史、岡村康司
第95回日本生理学会大会   2018年3月   
貪食細胞における食胞膜電位変化の計測
大河内善史、筒井秀和、岡村康司、
第95回日本生理学会大会   2018年3月   
精子における電位依存性ホスファターゼによるイノシトールリン脂質の制御 [招待有り]
河合 喬文、宮田 治彦、中西 広樹、坂田 宗平、大河内 善史、渡辺 雅彦、_村 建司、佐々木 雄彦、伊川 正人、岡村 康司
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年3月   
Measurement o f membrane potential change in phagosome of phagocytes [招待有り]
Yoshifumi Okochi, Hidekazu Tsutsui and Yasushi Okamura
第95回日本生理学会大会   2018年3月   
Voltage-sensor domain proteins; from structural mechanisms to voltage reporter
Yasushi Okamura
KI-OU Joint Symposium in Neuroscience Karolinska Institutet (Stockholm, Sweden)   2018年2月   
電位依存性ホスファターゼの機能解析
川鍋陽, 坂田宗平, 筒井秀和, 岡村康司, 近藤寛子,米澤康滋, 鷹野優, 成田宏隆, 中川敦史
CREST平成29年度領域会議   2017年12月   
マウス精子における電位依存性ホスファターゼの機能
河合喬文、宮田治彦、中西広樹、坂田宗平、大河内善史、渡辺雅彦、崎村建司、佐々木雄彦、伊川正人、岡村康司
第110回 近畿生理学談話会 神戸大学大学院医学研究科 楠キャンパス(兵庫県神戸市)   2017年11月   
電位依存性プロトンチャネルが肝臓の糖代謝に寄与する可能性について
香山建斗、河合喬文、辰巳翔基、山本浩靖、崎村建司、木原進、岡村康司
第110回 近畿生理学談話会 神戸大学大学院医学研究科 楠キャンパス(兵庫県神戸市)   2017年11月   
電位依存性ホスファターゼVSP の膜近傍領域の役割
川鍋陽、橋本真宜、米澤智子、神野有香、坂田宗平、岡村康司
第110回 近畿生理学談話会   2017年11月   
Genetically encoded fluorescent amino acid for structure function studies of ion channels
Claudio Tiecher, Akira Kawanabe, Yasushi Okamura, Armagan Kocer
2017年10月   
Atypical cation conductance through voltage sensor domain
Yasushi Okamura, Hiroki Arima, Hidekazu Tsutsui
Seminar on Institute of Biotechnology National Autonomous University of Mexico   2017年10月   
Coupling Mechanisms of Voltage-Sensing Phosphatase [招待有り]
Yasushi Okamura, Akira Kawanabe, Yuka Jinno, Souhei Sakata
2017年10月   
The critical role of the hydrophobic membrane interacting region in voltage-sensing phosphatase (VSP)
Akira Kawanabe, Masaki Hashimoto, Tomoko Yonezawa, Yuka Jinno, Souhei Sakata, Yasushi Okamura
第55回日本生物物理学会年会   2017年9月   
Structural analysis of Voltage-sensing phosphatase (VSP) on the electrochemical coupling between the Voltage sensor domain and cytoplasmic phosphatase
Hirotaka Narita, Naoki Kanda, Yasushi Okamura, Atsushi Nakagawa
第55回日本生物物理学会年会(熊本)   2017年9月   
Molecular dynamics study of kinetics of the voltage-gated proton channel VSOP/Hv1 under electric fields
Hiroko X. Kondo, Yasushige Yonezawa, Naoyuki Miyashita, Masayo Iwaki, Kohei Takeshita, Yuichiro Fujiwara, Matsuyuki Shirota, Kengo, Kinoshita, Yasushi Okamura, Atsushi Nakagawa, Hideki Kandori, Yu Takano
第55回日本生物物理学会年会(熊本)   2017年9月   
The role of histidine and carboxylate residues for zinc inhibition in the voltage-gated proton channel Hv1/VSOP
Masayo Iwaki, Kohei Takeshita, Hiroki Arima, Yasushi Okamura, Atsushi Nakagawa, Hideki Kandori
第55回日本生物物理学会年会 熊本大学 黒髪北地区(熊本県熊本市)   2017年9月   
電位依存性ホスファターゼVSPの酵素活性に対する膜近傍領域の役割 [招待有り]
川鍋陽、橋本真宜、米澤智子、神野有香、坂田宗平、岡村康司
平成29年度生理学研究所研究会 「膜システムの機能的・構造的統合」   2017年9月   
Structural Insight of Zinc Binding of Hv1/VSOP in Resting State
Atsushi Nakagawa, Masayo Iwaki, Hideki Kandori, Hiroko Kondo, Yasushige Yonezawa, Yu Takano, Hiroki Arima, Yuichiro Fujiwara, Kohei Takeshita, Yasushi Okamura
2017年8月   
Structural Studies of Voltage Sensing-Phosphatase
Atsushi Nakagawa, Hirotaka Narita, Naoki Kanda, Akira Kawanabe, Yasushi Okamura
2017年7月   
Development of a chemiluminescent voltage indicator applicable to brain activity recording in freely moving multiple mice [招待有り]
Shigenori Inagaki, Masakazu Agetsuma, Hidekazu Tsutsui, Shinya Ohara, Yoshiyuki Arai, Kazushi Suzuki, Yuka Jinno, Tomoki Matsuda, Toshio Iijima, Yasushi Okamura, Takeharu Nagai
第40回日本神経科学大会 幕張メッセ(千葉県千葉市)   2017年7月   
Gene expression and behavior analysis of microglial voltage-gated proton channels in mouse [招待有り]
Takafumi Kawai, Keizo Takao, Kenji Sakimura, Tsuyoshi Miyakawa, Yasushi Okamura
第40回日本神経科学大会   2017年7月   
がん抑制タンパク質PTENのPIP結合の際のN末端の役割 [招待有り]
神田直樹, 成田宏隆, 岡村康司, 中川敦史
第16回日本蛋白質科学会年会   2017年6月   
In vivo site specific labeling of the voltage-gated potassium channel Kv4.3 for structure function studies: prospects on understanding the neurodegenerative disorder spinocerebellar ataxia 19/22 at the molecular level
Claudio Tiecher, Akira Kawanabe, Yasushi Okamura, Armagan Kocer
2017年6月   
Hv1/VSOP inhibits chemotaxis behavior toward fMLP in mouse neutrophils
Yoshifumi Okochi and Yasushi Okamura
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
電位依存性ホスファターゼの構造生物学的研究 [招待有り]
中川 敦史、成田 宏隆、神田 直樹、川鍋 陽、岡村 康司
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
電位依存性ホスファターゼVSPの新規膜相互作用部位の重要性
川鍋 陽、橋本 真宜、米澤 智子、神野 有香、坂田 宗平、岡村 康司
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
マウス好中球においてHv1/VSOPはfMLPに対する走化性行動を抑制する
大河内 善史、岡村 康司
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
カルシウムイオン透過性を持つ電位センサードメインの機能解析
有馬 大貴、筒井 秀和、岡村 康司
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
Voltage-gated proton channel in zebrafish (DrHv1): from culture dish to living animal [招待有り]
Adisorn Ratanayotha, Takafumi Kawai, Yasushi Okamura
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
初代培養ミクログリアにおける電位依存性プロトンチャネルのダイナミクス
河合 喬文、川村 名子、小泉 修一、阿部 学、崎村 建司、岡村 康司
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
電位依存性ホスファターゼにおける膜相互作用の動態と役割
岡村 康司、川鍋 陽、西澤 和久、中川 敦史、成田 宏隆、坂田 宗平、神野 有香
第94回日本生理学会大会   2017年3月   
Principle and biodiversity of voltage sensor domain in channels and enzyme
Yasushi Okamura
キャンパスアジアミーティング(大阪大学)   2017年2月   
電位依存性ホスファターゼの機能・構造解析(1) [招待有り]
川鍋陽、坂田宗平、筒井秀和、岡村康司、近藤寛子、米澤康滋、鷹野優、成田宏隆、中川敦史
「ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術」研究領域CREST平成28年度領域会議   2016年12月   
新規電位センサータンパク質VSOP2のX線結晶構造解析に向けて
西川翔士、成田宏隆、岡村康司、中川敦史
第39回日本分子生物学会年会   2016年12月   
膜電位非印加状態で開状態をとるVSOP/Hv1変異体から見る2量体間協調性
木村仁美、持田理子、渋村里美、中川敦史、岡村康司、竹下浩平
第39回日本分子生物学会年会   2016年12月   
細胞内膜の膜電位を可視化する−貪食細胞の食胞膜電位の測定−
大河内善史、岡村康司
第109回近畿生理学談話会   2016年11月   
自由行動マウスの脳活動計測を可能にする化学発光膜電位センサーの開発
稲垣成矩、揚妻正和、筒井秀和、新井由之、鈴木和志、神野有香、岡村康司、松田知己、永井健治
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月   
Metal binding to the voltage-gated proton channel VSOP studied by ATR-FTIR [招待有り]
Masayo Iwaki, Kohei Takeshita, Yasushi Okamura, Atushi Nakagawa, Hideki Kandori
第54回日本生物物理学会年会   2016年11月   
The role of membrane interacting region of phosphatase domain in voltage-sensing phosphatase (VSP)
Akira Kawanabe, Masaki Hashimoto, Tomoko Yonezawa, Yuka Jinno, Souhei Sakata, Yasushi Okamura
第54回日本生物物理学会年会   2016年11月   
Development of a chemiluminescent voltage indicator applicable to brain activity recording in freely moving mice [招待有り]
Shigenori Inagaki, Masakazu Agetsuma, Hidekazu Tsutsui, Yoshiyuki Arai, Kazushi Suzuki, Yuka Jinno, Yasushi Okamura, Tomoki Matsuda, Takeharu Nagai
第54回日本生物物理学会年会   2016年11月   
Direct observation og voltage-gated proton channels by high speed AFM
Hayato Yamashita, Akira Kawanabe, Yasushi Okamura, Msayuki Abe
第54回日本生物物理学会年会   2016年11月   
電位依存性プロトンチャネルノックアウトマウスの代謝表現型解析
辰巳翔基、河合喬文、山本浩靖、崎村建司、木原進士、岡村康司
第109回近畿生理学談話会   2016年11月   
Characterization of Voltage-Gated Proton Channel in Zebrafish. (DrHv1)
Adisorn Ratanayotha,Takafumi Kawai, Yasushi Okamura
第109回近畿生理学談話会   2016年11月   
Crossroad of electricity and lipid signaling: voltage-sensing phosphoinositide phosphatase (VSP) [招待有り]
Yasushi Okamura, Akira Kawanabe, Souhei Sakata
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月   
CatSperの電位センサードメインはカルシウムイオン透過性を持つ
有馬大貴、筒井秀和、吉田学、岡村康司
第3回ホヤ研究会   2016年10月   
The common regulation of phosphatase activity of voltage-sensing phosphatase (VSP) and PTEN by conserved putative membrane interacting region
Akira Kawanabe, Tomoko Yonezawa, Yuka Jinno, Souhei Sakata, Yasushi Okamura
第89回日本生化学会大会   2016年9月   
Molecular mechanisms of voltage-sensing phosphatase, VSP [招待有り]
Yasushi Okamura
2016 International Conference of Physiological Sciences   2016年9月   
Bidirectional regulation of ROS production by voltage-gated proton channels in microglia
Takafumi Kawai,Yoshifumi Okochi,Tomohiko Ozaki,Yoshio Imura,Kenji Sakimura,Schuichi Koizumi,Toshihide Yamashita,Yasushi Okamura
第39回日本神経科学大会   2016年7月   
膜の疎水領域でのリポクオリティ認識機構とナノドメインの解明
岡村康司
新学術領域研究「脂質クオオリティが解き明かす生命現象」第2回領域会議   2016年7月   
How does voltage sensor domain regulate downstream effecter?: lesson from voltage-sensor domain proteins
Yasushi Okamura, Souhei Sakata, Akira Kawanabe, Yuichiro Fujiwara, Yuka Jinno
第39回日本神経科学大会   2016年7月   
Regulation of ROS production by voltage-gated proton channels in mouse microglia
Yasushi Okamura
Dutch Neuroscience Meeting   2016年6月   
Principle and biodiversity of voltage sensor domain proteins [招待有り]
Yasushi Okamura
Dutch Neuroscience Meeting   2016年6月   
電位依存性ホスファターゼVSPとPTENに共通する膜との相互作用部位の重要性
川鍋陽、米澤智子、岡村康司
第63回日本生化学会 近畿支部例会   2016年5月   
The role of voltage-gated proton channel Hv1 in neutrophil chemotaxis
Yoshifumi Okochi and Yasushi Okamura
第93回日本生理学会大会   2016年3月   
好中球の走化性における電位依存性プロトンチャネルの役割
大河内善史、岡村康司
第93回日本生理学会大会   2016年3月   
膜脂質と相互作用する可能性のある相同領域による電位依存性ホスファターゼVSPとPTENの機能制御
川鍋陽、神野有香、坂田宗平、岡村康司
第93回日本生理学会大会   2016年3月   
非天然アミノ酸Anapで検出された電位センサーの動き
筒井秀和、神野有香、坂田宗平、岡村康司
第93回日本生理学会大会   2016年3月   
CatSperの電位センサードメインはカルシウム透過性を持つ
有馬大貴、筒井秀和、竹下浩平、中川敦史、坂本恵香、吉田学、岡村康司
第93回日本生理学会大会   2016年3月   
Characterization of voltage-gated proton channel in zebrafish
Adisorn Ratanayota, Takafumi Kawai, Yasushi Okamura
第93回日本生理学会大会   2016年3月   
マウス精子における電位依存性ホスファターゼの機能 [招待有り]
河合喬文、宮田治彦、中西広樹、坂田宗平、有馬大貴、宮脇奈那、大河内善史、渡辺雅彦、崎村建司、佐々木雄彦、伊川正人、岡村康司
第93回日本生理学会大会   2016年3月   
CatSper has a calcium-permeable voltage sensor domain.
Hiroki Arima, Hidekazu Tsutsui, Kohei Takeshita, Atsushi Nakagawa, Ayako Sakamoto, Manabu Yoshida and Yasushi Okamura
The Biophysical Society 60th Annual Meeting   2016年2月   
How is VSP’s enzyme activity activated by intrinsic voltage sensor?
Yasushi Okamura
RECI V 5th Spanish Ion Channel Network Meeting   2015年10月   
カルシウムイオン透過性を持つ電位センサート_メインの機能解析
有馬大貴、筒井秀和、岡村康司
第108回近畿生理談話会   2015年10月   
電位依存性プロトンチャネルの2量体と単量体間のゲーティング特性の違いを増大させる変異体の解析
川鍋陽、岡村康司
第53回日本生物物理学会年会   2015年9月   
カルシウムイオン透過性を持つ電位センサードメインの機能解析
有馬大貴、筒井秀和、岡村康司
生理研研究会”膜システムの機能的・構造的統合”   2015年9月   
最小イオンチャネルHv1/VSOPによる貪食細胞の活性酸素産生の多重制御
岡村康司
日本バイオイメージング学会シンポジウム   2015年9月   
Molecular mechanisms of voltage sensing phosphatase, VSP
Yasushi Okamura
"岡崎統合バイオサイエンスセンター サマースクール2015 Development of Biosensing Research"   2015年8月   
電位依存性プロトンチャネルによるミクログリア活性酸素産生の制御 [招待有り]
河合 喬文、大河内 善史、井村 誉史雄、崎村 建司、小泉 修一、岡村 康司
第38回日本神経科学大会   2015年7月   
Fine tuning of neutrophil activities by the voltage-gated proton channel, Hv1
Yasushi Okamura
2015年6月   
Determinants of activation rate of voltage-gated proton channel revealed by chimeric constructs between two orthologs
Yasushi Okamura
2015年6月   
電位センサー機能の多様性と共通原理について
岡村康司
分子研研究会「膜タンパク質内部のプロトン透過を考える」   2015年4月   
好中球において電位依存性プロトンチャネルは活性酸素の産生を多段階で制御する
大河内 善史、荒谷 康昭、Hibret A. Adissu、宮脇 奈那、佐々木 真理、鈴木 和男、岡村 康司
第92回日本生理学会大会   2015年3月   
蛍光を持つ非天然アミノ酸を利用した電位依存性ホスファターゼの酵素ドメインの電位依存的な構造変化の検出
坂田 宗平、岡村 康司
第92回日本生理学会大会   2015年3月   
発現系を用いたCatSperチャネルの機能解析
有馬 大貴、筒井 秀和、岡村 康司
第92回日本生理学会大会   2015年3月   
電位依存性プロトンチャネルの閉状態でのリーク電流を防ぐ疎水性バリア
川鍋 陽、岡村 康司
第92回日本生理学会大会   2015年3月   
電位依存性プロトンチャネルの結晶構造
竹下 浩平、坂田 宗平、山下 栄樹、藤原 祐一郎、岡村 康司、中川 敦史
第92回日本生理学会大会   2015年3月   
マウス精子における電位依存性ホスファターゼの機能
河合 喬文、宮田 治彦、中西 広樹、坂田 宗平、有馬 大貴、宮脇 奈那、大河内 善史、崎村 建司、佐々木 雄彦、伊川 正人、岡村 康司
第92回日本生理学会大会   2015年3月   
電位依存性H_チャネルS4領域のトリプトファン残基が2量体間で協同し脱活性化のキネティクスを遅くする
奥田 裕子、米澤 康滋、鷹野 優、岡村 康司、藤原 祐一郎
第92回日本生理学会大会   2015年3月   
AMPA型グルタミン酸受容体の新規機能の探索
平井 志伸、堀田 耕司、久保 義弘、岡村 康司、岡戸 晴生
第92回日本生理学会大会   2015年3月   
ホヤ末梢神経の誘導メカニズム
大塚 幸雄、岡村 康司
第92回日本生理学会大会   2015年3月   
“Gating mechanisms of voltage-gated proton channel“ [招待有り]
Yasushi Okamura
2014年11月   
"External hydrophobic barrier of voltage-gated proton channel"
Akira Kawanabe and Yasushi Okamura
The 45th NIPS International Symposium "Cutting-edge approaches towards the functioning mechanisms of membrane proteins"   2014年11月   
羽原基の真皮細胞がつくる網目構造
稲葉真史、Cheng-Ming Chuong、岡村康司
第107回近畿生理学談話会   2014年10月   
電位依存性プロトンチャネル Hv1/VSOP は好中球の走化性を制御する
大河内善史、岡村康司
第107回近畿生理学談話会   2014年10月   
「電位依存性プロトンチャネルへの不飽和脂肪酸による活性増強効果の定量的解析」
川鍋陽、岡村康司
第107回近畿生理学談話会   2014年10月   
イオンチャネルアンカー蛋白質(アンキリンG)の細胞膜接着機構の構造基盤
藤原 祐一郎、城田 松之、小林 恵、竹下 浩平、中川 敦史、木下 賢吾、岡村 康司
第37回日本神経科学大会   2014年9月   
発現系を用いたCatSperチャネルの機能解析
有馬大貴、筒井秀和、吉田 学、岡村康司
日本動物学会第85回大会   2014年9月   
「再構成した電位依存性プロトンチャネルの電気生理学的計測」
川鍋陽、岡村康司
第52回日本生物物理学会年会   2014年9月   
ミクログリアにおける電位依存性プロトンチャネルの機能
河合 喬文、大河内 善史、宮脇 奈那、井村 誉史雄、古川 祐子、崎村 建司、小泉 修一、岡村 康司
第37回日本神経科学大会   2014年9月   
Unsaturated Fatty Acids Drastically Accelerate the Channel Opening of Voltage-Gated Proton Channel
Akira Kawanabe and Yasushi Okamura
2014 International Biophysics Congress   2014年8月   
Enzyme activity of voltage -sensing phosphatase (VSP) is graded dependent of the magnitude of movements of the voltage sensor?
Souhei Sakata, Yasushi Okamura
The 4th International Ion Channel Conference.   2014年6月   
A Kir3.4 mutation causes Andersen-Tawil syndrome by an inhibitory effect on Kir2.1.
Kokunai Y, Nakata T, Furuta M, Sakata S, Kimura H, Aiba T, Yoshinaga M, Osaki Y, Nakamori M, Itoh H, Sato T, Kubota T, Kadota K, Shindo K, Mochizuki H, Shimizu W, Horie M, Okamura Y, Ohno K, Takahashi MP.
2014年3月   
Phosphatase activity of the voltage-sensing phosphatase, VSP, shows graded depemdence on the extent of activation of the voltage sensor.
Sakata S, Okamura Y.
2014年3月   
電位依存性H+チャネルの膜電位感知機能 [招待有り]
藤原 祐一郎、岡村 康司
第91階日本生理学会大会   2014年3月   
電位依存性H+チャネルのゲーティングに対するS4領域の構造基盤
奥田 裕子、岡村 康司、藤原 祐一郎
第91階日本生理学会大会   2014年3月   
活性化速度の異なるウニおよびマウスVSOP1/Hv1の比較による電位依存的ゲート機構
坂田 宗平、宮脇 奈那、黒川 竜紀、オズカーヌルダン、岡村 康司
第91階日本生理学会大会   2014年3月   
電位依存性プロトンチャネルにおける閉状態のトポロジー解析
黒川 竜紀、岡村 康司
第91階日本生理学会大会?   2014年3月   
電位依存性プロトンチャネルへの不飽和脂肪酸による活性増強効果の定量的解析
川鍋 陽、岡村 康司
第91階日本生理学会大会?   2014年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 岡村 康司
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 岡村 康司
新規細胞膜電位シグナルの構造基盤の解明
科学技術振興機構CREST: 
研究期間: 2014年 - 2019年    代表者: 中川 敦史
膜電位変化の情報が、電位センサーの構造変化を通じ膜から細胞質側へ信号が伝達される原理とその多様性について構造基盤を明らかにしようとしている。この研究で得られVSP の活性制御機構と脂質認識に関わるタンパク質構造情報は、本申請課題で目指しているVSP の生理機能を理解する上で有用な情報を提供する。
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 岡村 康司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 岡村 康司
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 岡村 康司
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型) )
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 岡村 康司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 岡村 康司
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型) )
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 岡村 康司
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2009年 - 2013年
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 岡村 康司
Molecular mechanisms of voltage-gated proton channels
米国NIH 研究グラント(マイアミ大学): 
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: P. Larsson
電位センサーの研究者であるマイアミ大学のP. Larsson 博士と、電位依存性プロトンチャネルHv1 の電位センサーの動作原理について共同研究を行い、coiled coil 領域を改変することで強制的に3量体、4 量体を形成させることに成功した(Fujiwara et al., J Physiol, 2012)。2 量体の場合より協調的ゲーティングが弱く、Hv1 が2 量体構造として協調的ゲーティングに最適化された分子であることを明らかにした。
新規電位センサー蛋白群の構造と機能の解明
文部科学省ターゲットタンパク研究プログラム: 
研究期間: 2007年 - 2012年    代表者: 岡村 康司
研究分担者・中川博士と共同で、VSP とHv1 の立体構造をX 線結晶化解析により明らかにし(Takeshita et al., Nat Struct Mol Biol, 2014 など)、これらの動作原理を明らかにした。
Biodiversity and principle of the voltage sensor domain
Human Frontier Science Program 研究グラント: 
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 岡村 康司
電位センサータンパク質の動作原理を、おもにホスファターゼ機能と膜のトポロジーの観点から明らかにすることを目的とし、UCSD のJ. Dixon、Stockholm 大G. von Heijne、Oxford 大のDoyle と共同実験を行った。VSP がPTEN と異なる基質特異性を示すことを明らかにし、v1 のS4 の後半が水環境にあり電位依存的活性化とH+選択的透過には必要でないことを明らかにした(Sakata et al, PNAS, 2009)。
【配分額(総額)34,000 米国ドル】
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2009年
(1)ホヤVSPと脊椎動物VSPの分子特性の解析ホヤVSPについて分子特性を明らかにし、脱分極によりPIP2を脱リン酸化し、PTENと異なる基質特異性があることを示唆した(J.Physiol.,2007)。またゼブラフィッシュVSPとホヤVSPの更なる詳細な比較を行い、S4の165のイソロイシンがゼブラフィッシュ固有の膜電位依存性に重要であること、ゼブライフィッシュVSPも強いPIP2脱リン酸化活性を有することを見いだした。酵素ドメインの機能抑制によりゲート電流の速度が有為に加速する現象に...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2009年
酵素ドメインの構造変化による電位センサー機能の変化のメカニズム
電気生理学的計測とイメージング計測により,VSPがPIP2を脱分極時に脱リン酸化ことを見いだした(J.Physiol,2007)。前年度に見いだした酵素ドメインの構造変化に伴って電位センサーの膜電位依存性とキネティクスが大きく変化することはゲート電流が酵素ドメインの状態によって構造変化のスピードが変化することを意味し,膜電位依存的に酵素活性が変化する分子機構を考える上で重要である。そこでゲート電流の計測が容易なZebrafis...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
(1)VSOP1について基本構造(ストイキオメトリー)を明らかにする目的でwestern blotによる解析を行った。Heat感受性のダイマーのバンドが見られ,クロスリンカーで明確なdimerの位置にバンドが見られた。共同研究者Peter Larssonと蛍光ラベルによる計測を行ったところ,FRET現象が確認され,オリゴマーであること,とくにdimerである可能性が高いことが明らかになった(PNASにin press)。VSPについては酵素との共役とゲート電流特性を明らかにし(J.Phys...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2006年
新規電位センサー蛋白の動作原理の解明のため、VSPとVSOP1について以下の実験を行った。
(1)VSP:電位センサードメインのS4の陽電荷が電位感知に重要であることがわかっているが、これとカウンターバランスして構造変化する部位(おそらく陰性チャージ)がVSP蛋白内に由来するのか、脂質などの環境に由来するのかは明確でない。そこで、Ci-VSPの電位センサードメインの陰性チャージをもつ酸性アミノ酸を中性アミノ酸であるアスパラギンに置換し、アフリカツメガエル卵母細胞を用いてゲート電流の計測を行...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年
電位感受性酵素VSPの相同遺伝子をウニ、ゼノパス、鳥、ラット、マウス、ヒトからクローニングし、分子機能の解析を行い、これまでのカタユウレイボヤとゼブラフィッシュのVSPと比較した。鳥までのVSPはゲート電流を明確に示し、電位を感知することが明らかになったが、哺乳類のVSPはゲート電流を示さず明確な電位感受性が確認できなかった。さらに酵素ドメインの性質をマラカイトグリーンアッセイにより調べたところゼブラフィッシュはホヤと類似していることが明らかになった。ホヤとゼブラフィッシュのVSPの電位依...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年
電位感受性ホスファターゼVSPの分子特性・発現パターン・脳発生過程での役割:PHドメインGFPを用いたイメージングをツメガエル卵母細胞を用いて行い、脱分極により酵素活性が上昇すること、PIP3だけでなくPIP2も基質になることを見出した。ヒトの脳からRT-PCRを行ったがヒトでは神経系での発現は見られなかった。現在トリの神経系と胚、マウス胚での発現パターンをin situ hybridization法を用いて解析中である。
新規電位感受性タンパクVSOPの分子特性と神経機能における役割:V...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年
細胞膜での膜電位信号が細胞内の化学情報に変換される分子機構を担うイオンチャネル分子複合体の構成と制御を明らかにすることを目的とし,神経軸索に局在し興奮の伝搬に関わるイオンチャネル分子である電位依存性NavチャネルNavl.6の機能制御機構を解析した.電位依存性Navチャネルは,軸索node of Ranvierやinitial segmentにAnkyrin-G蛋白による細胞内側からの裏打ちによって集積することが知られてきた.Ankyrinは一般的に様々な膜蛋白を集積させることで,生理的文...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2005年
ゼブラフィッシュに関しては、神経発生期に少数の細胞で発現する転写因子に関して、その陽性細胞がどのような神経細胞へ分化していくかを調べた。今年度は特に、Chx10遺伝子について、詳しい解析を行った。その結果、Chx10陽性細胞はすべて同側下行性神経細胞であり、またグルタミン酸作動性の興奮性神経細胞であることを明らかにした。Chx10陽性細胞は、その活動パターンからおおまかに2種類に分けられ、逃避行動等の強い動きで発火するものと、通常の遊泳行動でフェージックに発火するものとが存在した。ついで、...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2005年
多量体蛋白質や蛋白質会合体の超分子多型(サブユニット構造ゆらぎ)について電子顕微鏡による1分子解析法を開発するためシャペロニンGroELを用いて研究を行った。GroELは7量体の環状構造2つが結合することで直径約14nm、高さ約15nmという比較的大きな立体構造を形成する蛋白質であり、蛋白質の多型のモデルとして都合がよい。ラベル剤としてはMonomaleimido Nanogoldを選んだが、これは共有結合により蛋白質のCysに特異的に結合する金クラスター(直径1.4nm)であり、高いコン...
文部科学省: 科学研究費補助金(創成的基礎研究費, 学術創成研究費)
研究期間: 2001年 - 2005年
[複素顕微鏡]炭素膜を用いる位相板には物質透過に伴う電子線損失がある。この問題を解決し像の感度を上げるため無損失位相板の開発を試みた。Aharnov-Bohm効果を用いると、ベクトルポテンシャルが電子線の位相を変えるため電子線損失がない。ループ型微小磁石と棒型微小磁石の2つの位相板につきテストし、棒磁石型の場合無損失位相板が成功した。
[チャネル蛋白質]形質膜における、一酸化窒素(NO)センサーカチオンチャネルとして働くTRPC5による、NO感知の分子機構を明らかにした。TRPC5のチャネ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2004年
(1)アンキリンGによるNav1.6チャネル機能の修飾機構を解析するため、tsA201細胞への強制発現系を用いてTTXサブトラクション法による持続性電流の定量をおこなった。
アンキリンGは、これまでの結果と同様に、有為に持続性電流量の抑制を引き起こした。一方で、他のアンキリンアイソフォームであるアンキリンBは、抑制効果を示さなかった。現在、両者のタンパクの直接結合と持続性電流量減少効果との関係を明らかにするため、抗体を用いた免疫沈降実験を試みている。
(2)神経分化過程において電気的活動を...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2003年 - 2004年
発生過程での電気的活動の役割を明らかにするための膜電位プローブを遺伝子に基づいて構築する技術を開発することが本研究の目的である。前年度、バクテリアカチオンチャネルを用いた解析から、発現量の多い電位センサータンパクを用いる必要に迫られた。今年度は、昨年度の終わりにゲノム解析から偶然見出した、ホヤ電位センサータンパクの分子特性を明らかにする実験を行った。このタンパクは、電位依存性チャネルの電位センサーを有しながらイオンが通るボア領域を欠き、その代わりにC末端側にガン抑制遺伝子として知られるPT...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2003年
哺乳類Nav1.6チャネルは、細胞体での持続性電流やresurgent電流を形成すると同時に、有髄軸索における早い不活性化を示すNa電流を形成するが、同一の分子種が異なる性質のNavチャネルを形成するかは従来不明であった。これを解明するべく、まず発現系細胞(tsA201細胞およびXenopus oocyte)を用いたヒトNav1.6の強制発現実験を行った。Nav1.6チャネルは、単独で、顕著な持続性内向き電流を生じた。この性質は、同時にβ1サブユニットを強制発現させても変化しなかった。持続...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年
ここ数年イオンチャネルの不完全長型分子の存在は、多くの例で報告され、ヒトの遺伝病においても報告されるなど、分子メカニズムの解明は単にチャネル分子の制御機構の理解にとどまらず、病態の理解に重要性と緊急性が増しつつあるが、その抑制のメカニズムには不明な点が多く残されてきた。不完全長型分子によるCaチャネル発現抑制の分子レベルでのメカニズムを探るため、哺乳類のCav1.2型CaチャネルについてN末端細胞質側及びドメインIを欠くcDNAを作成し、アフリカツメガエル卵母細胞と、BHK6細胞での強制発...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2002年 - 2002年
Resurgent電流の成立機構を明らかにする目的で、Nav1.6遺伝子のスプライス変異型を探索したところ、二種の新規のスプライス変異を同定した。これらはドメイン1のみからなるタンパク(Delta2,Delta5)をコードした。以前報告されているドメイン1と2からなるスプライス変異(Delta4)ともあわせて全長型、不完全長型3種、に関してRT-PCR法により、RNAの発現時期を調べたところ、Delta4が全長型の増加に伴い消失するのに対して、Delta2とDelta5は生後数週齢まで残存...
Molecular control of neural-specific gene expression of a sodium channel
Human Frontier Science Program, Research Grant (with Dr. Gail Mandel): 
研究期間: 1994年 - 1997年    代表者: 岡村 康司
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1995年 - 1996年
目的 膜電位依存性Naチャネルは神経細胞の活動電位を形成する重要な機能素子である。Naチャネル分子がmRNAから蛋白に翻訳された後実際に細胞膜で機能するまでには、チャネル分子の細胞内領域と細胞内骨格系の相互認識を介して分子間での会合が起こり、軸索、細胞体、軸索終末部など固有の領域の細胞膜へ組み込まれる過程が必要である。本研究においては、Naチャネル分子の一次構造とそれに対応するチャネルの性質が明らかになっているホヤ胚単一神経細胞をアッセイ系として利用し、これに酵母のtwo-hybridシス...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年
Na^+チャネルは種を越え神経細胞の内因的電気特性を決定する機能素子の一つである。原索動物ホヤ幼生は発生及び体制が脊椎動物と酷似する上に神経細胞が100個以下の簡素な神経系を有し,複雑な神経系でのNa^+チャネルの多様性制御を解析するモデル系となる。今年度の解析で明らかになった事実として,1.チャネル遺伝子TuNaIIに関しcDNAライブラリ-のスクリ-ニングを行ない,リピ-トIIS4よりC末端側に対応するcDNAクロ-ンを得た。その塩基配列の解析から以前にクロ-ニングしたTuNaI遺伝子...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1993年 - 1994年
(1)定量的RT-PCR法により、単純な神経誘導の系であるホヤ分割抑止多核神経割球に、昨年度クロ-ニングしたラット脳のNaチャネルと相同性の高いクロ-ンTuNaIのmRNAが発現誘導されることが確認された。
(2)TuNaIの翻訳開始部位に特異的なアンチセンスDNAを、分化型のNaチャネルを機能発現していない初期の多核神経前駆細胞へ微小注入し、以降のNaチャネル電流の発現への影響を調べた。アンチセンスDNAを注入した群では、K電流の発現には影響を与えなかったがNaチャネル電流の発現はコント...
文部科学省: 科学研究費補助金(試験研究(B))
研究期間: 1993年 - 1994年
従来、遺伝子の転写調節機構は、その5'端上流にある転写制御領域の下流にβ-GAL、CAT、Luciferase等酵素の遺伝子をレポ-タとして繁いだDNAを外来性に導入し、発現した酵素活性や抗原性を検出して解析されてきた。しかし、これらの方法では、転写活性を検出した細胞について生理的機能を解析することができない。イオンチャネルは、生細胞で実時間で電気的に定量しうる膜蛋白であり、特に受容体チャネルはアゴニスト依存性に開き、細胞内イオン濃度変化を蛍光指示薬等により非侵襲的に測定できる。当研究では...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1992年 - 1992年
[従来の知見]我々はこれまで周期性四肢麻痺発作がNa-Kの透過性の変化によることを示してきたが、近年,この透過性の変化は実はNa、Kチャンネルの構造の異常、特にNa、Kチャンネルの構造をコ-ドする遺伝子の異常によるとする知見が提出された。本邦には周期性四肢麻痺の種類が多いが、この中で1)高K血症性周期性四肢麻痺については人間のNaチャンネルがすでにクロ-ニングされ、構造が決定し、今までに臨床例で3ヶ所の異常が示されているので、本邦例についてこれを検討する。2)低K血症周期性四肢麻痺について...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1992年 - 1993年
(1)ホヤ8細胞胚より単離した動物半球頭側割球を用いて、bFGFの作用をNa^+チャネルの発現を指標として調べたところ、10ng/mlから100ng/mlの範囲で神経誘導作用があることが分かった。また、その誘導作用は時間依存性およびチャネルの変化などの点で、スブチリシンおよび細胞接着によるものと全く同様で、おそらく同一の受容体を介すると考えられた。そこで受容体を探索する目的で、マボヤ未受精卵および110細胞胚cDNAよりチロシンキナ-ゼの共通配列によるPCR法を用いクロ-ニングを行った。そ...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(A))
研究期間: 1990年 - 1991年
マボヤ・アカボヤの分裂抑制8細胞胚から単離した動物半球頭側割球はa_<4ー2>、(1)幼生の予定神経域を含むが、単独培養すると表皮型細胞に分化し、(2)正常胚の襄胚初期の時点での(a)予定脊索割球A_<4ー1>との接着、あるいは(b)蛋白分解酵素処理により神経型細胞に分化する。この神経分化モデル系において、誘導時の細胞内機序を調べるために、蛍光指示薬を用いてCa活動度等の細胞内分布を計測する。同時にin vivoで神経分化形質の転写活性を定量的に解析するために、チャネル蛋白遺伝子の発現を可...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(A))
研究期間: 1987年 - 1989年
1.ホヤ胚単離割球における神経型分化の解析(1)ホヤ8細胞胚より単離した動物半球頭側割球は、植物半球頭側割球と接着して2細胞系として培養すると、細胞間誘導によりNaスパイクを発生し、神経型分化を示すことがわかった。(2)この神経誘導の細胞内機序を解析する目的で、誘導能を模倣する物質を検索し、セリンプロテア-ゼ、サブチリシンを見出した。その誘導能はサブチリシンに特異阻害活性のある蛋白SSIで阻害された。また、SSIにより接着誘導も阻害されたので、誘導現象にプロテオリシスが関与していることが示...