伊藤 泰行

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/05 16:47
 
アバター
研究者氏名
伊藤 泰行

研究分野

 
 

論文

 
Kawasaki A, Okada M, Tamada A, Okuda S, Nozumi M, Ito Y, Kobayashi D, Yamasaki T, Yokoyama R, Shibata T, Nishina H, Yoshida Y, Fujii Y, Takeuchi K, Igarashi M
iScience   4 190-203   2018年6月   [査読有り]
Ito Y, Honda A, Igarashi M
Neuroscience research   128 19-24   2018年3月   [査読有り]
Honda A, Ito Y, Takahashi-Niki K, Matsushita N, Nozumi M, Tabata H, Takeuchi K, Igarashi M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   37(15) 4046-4064   2017年4月   [査読有り]
Ito Y, Suzuki H, Yamazaki Y, Mineta K, Uji M, Abe K, Tani K, Fujiyoshi Y, Tsukita S
Nature communications   4 1766   2013年   [査読有り]
Ito Y, Okuda S, Ohkawa F, Kato S, Mitsufuji S, Yoshikawa T, Takeuchi K
Life sciences   83(25-26) 886-892   2008年12月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
脳発生過程におけるMAP1Bの高頻度チロシンリン酸化部位の機能解析
藤井節郎記念 大阪基礎医学研究奨励会: 藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会助成金
研究期間: 2019年4月 - 2021年9月    代表者: 伊藤 泰行
高頻度チロシンリン酸化MAP1Bが担う神経成長円錐のアクチン骨格制御機構の解明(生体内機能解析)
中島記念国際交流財団: 日本人若手研究者研究助成金
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月    代表者: 伊藤 泰行
高頻度チロシンリン酸化MAP1B の神経発生における役割
上原記念生命科学財団: 研究奨励金
研究期間: 2018年1月 - 2019年4月    代表者: 伊藤 泰行
脳発生過程に関与するチロシンリン酸化修飾の網羅的解析と意義解明
武田科学振興財団: 医学系研究奨励
研究期間: 2016年9月 - 2019年5月    代表者: 伊藤 泰行
Claudin類似4回膜貫通タンパク質Euglena-IP39の構造および機能解析
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 伊藤 泰行