八ツ尾 順一

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
八ツ尾 順一
 
ヤツオ ジュンイチ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30340855.ja.html
所属
近畿大学
部署
法学部 法律学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
現在
近畿大学 法学部 教授
 

委員歴

 
1992年
 - 
現在
日本税法学会  理事
 
1989年
 - 
現在
税務会計研究学会   理事
 

受賞

 
1986年
第9回日税研究奨励賞
 

書籍等出版物

 
八ッ尾 順一
清文社   2007年6月   ISBN:443330977X
八ッ尾 順一
中央経済社   2007年11月   ISBN:4502958204
八ツ尾 順一
清文社   2010年4月   ISBN:4433531006
八ッ尾 順一, アデ ミツル
清文社   2011年6月   ISBN:443352431X
八ツ尾 順一
清文社   2011年7月   ISBN:443351151X
八ッ尾 順一
ぎょうせい   2012年11月   ISBN:4324095833
八ッ尾 順一
清文社   2012年11月   ISBN:4433535729
八ッ尾 順一
清文社   2012年12月   ISBN:4433535427
第一法規株式会社   2013年9月   ISBN:4474029038
八ツ尾 順一
清文社   2013年12月   ISBN:4433535435

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 河崎 照行
本研究の目的は,サイバースペース社会における財務会計・税務会計のあり方について,理論・制度・実態の3つの側面から総合的に研究することにある。本研究の成果は,次の3点に要約できる。(1)IT(情報技術)の発展は,財務会計・税務会計のパラダイム(基本コンセプト)を劇的に変化させること,(2)わが国の電子申告制度は,申告手続の複雑さに問題があること,(3)電子開示・電子申告の発展にとって,XBRLの普及が不可欠であること。