ヤェム ヴィボル

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/01 10:38
 
アバター
研究者氏名
ヤェム ヴィボル
eメール
yemviboltmu.ac.jp
所属
首都大学東京
部署
システムデザイン学部
職名
助教
学位
博士(工学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
首都大学東京 システムデザイン学部 助教
 
2017年11月
 - 
2018年3月
電気通信大学 外国人特別研究員 (PD)
 
2015年4月
 - 
2017年10月
電気通信大学 情報理工学専攻 特任研究員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
筑波大学 システム情報工学研究科 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2015年3月
筑波大学 システム情報工学研究科 博士後期課程
 
2010年4月
 - 
2012年3月
筑波大学 システム情報工学研究科 博士前期課程
 
2008年4月
 - 
2010年3月
筑波大学 工学システム 学部
 
2005年4月
 - 
2008年3月
宇部工業高等専門学校 機械工学科 
 

受賞

 
2018年12月
Siggraph Asia Best Demo Voted By Attendees Hap-Link : Wearable Haptic Device On The Forearm That Presents Haptics Sensations Corresponding To The Fingers
受賞者: T. Moriyama, A. Nishi, T. Nakamura, V. Yem, H. Kajimoto
 
2018年12月
Siggraph Asia Best VR/AR Award FiveStar VR: shareable travel experience through multisensory stimulation to the whole body
受賞者: K. Shimizu, G. Sueta, K. Yamaoka, K. Sawamura, Y. Suzuki, K. Yoshita, V. Yem, Y. Ikei, T. Amemiya, M. Sato, K. Hirota, M. Kitazaki
 
2017年12月
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 優秀講演賞受 モータを用いた非対称回転による多指への疑似力覚提示(第三報) ―最適な波形の選出―
受賞者: 櫻木怜,YemVibol,梶本裕之
 
2017年3月
情報処理学会シンポジウム インタラクティブ発表賞(一般投票) モータを用いた非対称回転による多指への疑似力覚呈示: 把持姿勢における検討
受賞者: 櫻木怜,YemVibol,梶本裕之
 
2017年3月
日本バーチャルリアリティ学会 学術奨励賞 高品位な触覚提示のための電気刺激と機械刺激の併用
受賞者: ヤェム ヴィボル, 梶本 裕之
 
2016年12月
測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 優秀講演賞受 指腹部の皮膚変形の方向がおよぼすなぞり感への影響
受賞者: 柴原,Yem,佐藤,梶本
 
2016年12月
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 優秀講演賞 機械振動刺激による電気刺激振動感覚のマスキング
受賞者: ヤェム ヴィボル, 梶本 裕之
 
2016年3月
日本バーチャルリアリティ学会 学術奨励賞 観念運動を生起する擬似力覚提示マウス
受賞者: 設楽,中井,植松,Yem,梶本
 
2016年3月
情報処理学会シンポジウム インタラクティブ発表賞(PC推薦) 観念運動を用いた擬似力覚提示(第2報)―指置き型デバイス2.5次元ディスプレイを用いた検証―
受賞者: 設楽幸寛,中井優理子,植松遥也,Yem Vibol,梶本裕之,嵯峨智
 

論文

 
SA'18: SIGGRAPH ASIA 2018 VIRTUAL & AUGMENTED REALITY      2018年   [査読有り]
Hirofumi Kaneko,Tomohiro Amemiya,Vibol Yem,Yasushi Ikei,Koichi Hirota,Michiteru Kitazaki
SIGGRAPH Asia 2018 Emerging Technologies, Tokyo, Japan, December 04-07, 2018   6:1-6:2   2018年   [査読有り]
Taha K. Moriyama,Ayaka Nishi,Takuto Nakamura,Vibol Yem,Hiroyuki Kajimoto
SIGGRAPH Asia 2018 Emerging Technologies, Tokyo, Japan, December 04-07, 2018   5:1-5:2   2018年   [査読有り]
Vibol Yem,Hiroyuki Kajimoto
Human Interface and the Management of Information. Interaction, Visualization, and Analytics - 20th International Conference, HIMI 2018, Held as Part of HCI International 2018, Las Vegas, NV, USA, July 15-20, 2018, Proceedings, Part I   463-473   2018年   [査読有り]
Vibol Yem,Hiroyuki Kajimoto
2018 IEEE Haptics Symposium, HAPTICS 2018, San Francisco, CA, USA, March 25-28, 2018   84-88   2018年   [査読有り]
Vibol Yem,Kevin Vu,Yuki Kon,Hiroyuki Kajimoto
2018 IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces, VR 2018, Tuebingen/Reutlingen, Germany, 18-22 March 2018   89-96   2018年   [査読有り]
Yuki Kon,Takuto Nakamura,Vibol Yem,Hiroyuki Kajimoto
2018 IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces, VR 2018, Tuebingen/Reutlingen, Germany, 18-22 March 2018   609-610   2018年   [査読有り]
Vibol Yem,Hiroyuki Kajimoto
2017 IEEE Virtual Reality, VR 2017, Los Angeles, CA, USA, March 18-22, 2017   99-104   2017年   [査読有り]
Takuto Nakamura,Vibol Yem,Hiroyuki Kajimoto
SIGGRAPH Asia 2017 Emerging Technologies, Bangkok, Thailand, November 27 - 30, 2017   7:1-7:2   2017年   [査読有り]
Takayuki Kameoka,Akifumi Takahashi,Vibol Yem,Hiroyuki Kajimoto
2017 IEEE World Haptics Conference, WHC 2017, Munich, Germany, June 6-9, 2017   617-622   2017年   [査読有り]

Misc

 
中村 拓人, ヤェム ヴィボル, 梶本 裕之
情報処理学会論文誌   59(5) 1386-1393   2018年5月
モバイルデバイスにおける操作や体験では視聴覚によるフィードバックに加えて振動によるフィードバックが用いられている.しかし,一般的に振動提示に用いられている振動子はアクチュエータより大きい筐体全体を駆動する必要があり,小型・省エネルギーが求められるモバイル環境では強い振動刺激を提示することは困難である.そこで我々はフィルム製ベルトをDCモータによって巻き取ることで駆動し,指で触れることで振動提示を行う手法を提案する.本手法はデバイス本体ではなく軽量なフィルム状ベルトを振動させることで省エネル...
櫻木怜, YEM Vibol, 梶本裕之
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.1P1‐O02   2017年5月
YEM Vibol, 梶本裕之
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.1P1‐M02   2017年5月
中村拓人, 中村拓人, YEM Vibol, 梶本裕之
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2017(0) ROMBUNNO.1P1‐M05-M05   2017年5月
<p>For operation and experience in mobile devices, vibration feedback is used in addition to audio-visual feedback. In general, however, the vibrators need to drive the entire body of the device which is larger than the actuators, and it is diffic...
YEM Vibol, 岡崎龍太, 梶本裕之
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21(4) 564-564   2016年12月
<p>Several kinds of vibration actuators were developed and widely used for haptic feedback and for simulating tactile experience. However, these actuators have certain design challenges, such as resonance via the spring attached to the vibration m...