藤井 佑樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 13:45
 
アバター
研究者氏名
藤井 佑樹
 
フジイ ユウキ
eメール
yfujiiniu.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80610063.ja.html
所属
長崎国際大学 薬学部薬学科
部署
機能形態学研究室
職名
講師
学位
博士(理学)(横浜市立大学)
科研費研究者番号
80610063

プロフィール

1981年横浜生まれ。幼稚園(4歳)から小学校の途中(9歳)までをニューヨークですごし、英語は子供の時から苦労してきました。成蹊大で有機化学、横浜市立大大学院でタンパク質と糖鎖を学び、東北薬科大、パシフィックノースウェスト糖尿病研、ミネソタ大発生生物学センターで糖鎖生物学を研究しました。長崎国際大 薬学部の専任に加わり、教育、研究、地域貢献、学内業務にバランスよく取り組める大学教員を目指しています。

有明海や諫早湾、五島列島など、長崎には多様性に富む豊かな海域があります。地中海のトリエステ大と協力し、海洋無脊椎動物から創薬・診断や環境評価に役立つレクチン(糖鎖結合性タンパク)とその遺伝子を探索しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
長崎国際大学 薬学部薬学科 機能形態学研究室 専任講師
 
2012年
 - 
2017年
長崎国際大学 薬学部 助教
 
 
   
 
横浜市立大学 客員研究員
 
 
   
 
ミネソタ大学 遺伝発生学部 博士研究員
 
 
   
 
東北薬科大学 分子生体膜研究所 学術フロンティア博士研究員
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
横浜市立大学大学院 国際総合科学研究科博士後期課程 バイオ科学専攻
 
2005年4月
 - 
2007年3月
横浜市立大学大学院 国際総合科学研究科博士前期課程 理学専攻
 
2001年4月
 - 
2005年3月
成蹊大学 工学部 応用化学科
 

受賞

 
2017年5月
長崎国際大学 長崎国際大学ベストティーチャー賞(ベストプラクティス部門) 「診断薬開発に向けた糖鎖捕捉分子(レクチン)と機能形態学との統合」に関する研究
 

論文

 
二枚貝イガイ科にみるβ‐トレフォイル骨格レクチンの新系図
藤井 佑樹, マルコ ジェルドール, イムティアジ ハサン, 小出 康裕, 松﨑 理佐, 池田 茉由, スルタナ ラジャ, 小川 由起子, SM・アベ カウサル, 大関 泰裕
Trends in Glycosci Glycotech   30(177) 195-208   2018年11月   [査読有り]
Gerdol M., Fujii Y., Hasan I., Koike T., Shimojo S., Spazzali F., Yamamoto K., Ozeki Y., Pallavivini A., Fujita H.
BMC Genomics   18 590   2017年8月   [査読有り]
Computational design of a symmetrical beta-trefoil lectin with cancer cell binding acitivity
Terada D., Voet RDA, Noguchi H., Kamata K., Ohki M., Addy C., Fujii Y., Yamamoto D., Ozeki Y., Tame JRH., Zhang KYJ.
Sci Rep   7 5943   2017年7月   [査読有り]
An efficient synthesis and spectroscopic characterization of some uridine derivatives.
Sanjida J, Sumi R. Devi, Rahman M, Mariam Islam, Kanaly A. R, Fujii Y, Hayashi N, Ozeki Y, Kawsar SMA.
J Bangladesh Chem Soci   29 12-20   2017年7月   [査読有り]
Fujii Y., Fujita H., Yokota S.
Cytoskeleton(Hoboken)   74 197-204   2017年5月   [査読有り]
Fujii Y*, Fujiwara T, Koide Y, Hasan I, Sugawara S, Rajia S, Kawsar SM, Yamamoto D, Araki D, Kanaly RA, Ogawa Y, Fujita H, Ozeki Y.
Glycoconj J   34 85-94   2016年9月   [査読有り]
Terada D., Kawai F., Noguchi H., Unzai S., Hasan I., Fujii Y., Park S.Y., Ozeki Y., Tame J.R.H.
Sci Rep   6 28344   2016年6月   [査読有り]
Hasan I., Gerdol M., Fujii Y., Rajia S., Koide Y., Yamamoto D., Kawsar S.M., Ozeki Y.
Marine Drugs   14 piiE:92   2016年5月   [査読有り]
Fujii Y., Onohara Y., Fujita H., Yokota S.
J Histochem Cytochem   64 268-279   2016年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
“Marine Omics, Principles and Applications. Se-Kwon Kim ed” Chapter 21 SUEL/RBL-Lectins and their biomedical applications.
Koide Y, Hasan I, Fujii Y, Kawsar SMA, Rajia S, Sugawara S, Ogawa Y, Hosono M, Kanaly RA, Ozeki Y (担当:共著)
Taylor & Francis Group, CRC press   2016年8月   
“Marine Proteins and Peptides” edited by Se-Kwon Kim, Chapter10: Fascinating potential of diversified marine invertebrate lectins to decipher glycan-codes and control cell functions.
Ozeki Y., Kawsar SMA., Fujii Y., Ogawa Y., Sugawara S., Hasan I., Koide Y., Yasumitsu H., Kanaly RA. (担当:共著)
Wiley & Blackwell Co. Ltd   2013年4月   
“Marine Glycobiology: Principles and Applications” Chapt 33. Structural glycobiology for lectin to promote advanced biomedical research.
Hasan I, Fujii Y, Rajia S, Kawsar SMA, Sugawara S, Ogawa Y, Hosono M, Koide Y, Kanaly RA, Ozeki Y (担当:共著)
Taylor & Francis Group, CRC press   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
冬虫夏草菌シアル酸結合性レクチンを用いた糖尿病性インスリンレセプターの回復技術
日本学術振興会:科学研究費補助金: 基盤研究C(分担)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 小川由起子
精子形成細胞の分化研究を明らかにする免疫電顕クロマトイドミクス解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 藤井佑樹