Yasunori Fukuoka

J-GLOBAL         Last updated: Dec 8, 2018 at 21:30
 
Avatar
Name
Yasunori Fukuoka
E-mail
fukuokamail.saitama-u.ac.jp
Affiliation
Saitama University
Section
Graduate School of Humanities and Social Sciences
Research funding number
80149244

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Misc

 
福岡 安則
日本アジア研究 = Journal of Japanese & Asian studies : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要   14 27-115   2017
2015年9月9日,鳥取地方裁判所にて,ある判決が下された。ハンセン病に罹患しながらも,生涯療養所に入所することのなかった母親をもつ1945年生まれの男性(非入所者家族)が単独で国家賠償を求めていた裁判の判決であった。この日,わたしは,植民地支配下で台湾総督府によってハンセン病患者隔離施設として造られた台北市郊外の「楽生療養院」を調査で訪れていたので,そこで判決内容を知ることとなった。判決は,総論としては,ハンセン病家族に固有の被害とそれに対する政府の責任を判示するものであったが,この原告...
福岡 安則, 菊池 結
日本アジア研究 = Journal of Japanese & Asian studies : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要   13 89-103   2016
ハンセン病回復者,A さん(本人が匿名を希望)とは,2015年1月12日「あおばの会(東日本退所者の会)」の新年会で知り合った。そのときのちょっとした会話では,「飼い犬を連れて多磨全生園に入所したいんだけど,犬はダメだと言われて困っている」とのことであった。聞き取りをお願いし,2015年2月16日,関東地方の某県にお住まいのご自宅を訪ねた。聞き手は,福岡安則,菊池結。同席者が「ハート相談センター」の内藤とし子。聞き取りのあいだじゅう,Aの全生園入所の阻害要因となっている愛犬のダックスフント...
福岡 安則, 黒坂 愛衣
日本アジア研究 = Journal of Japanese & Asian studies : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要   13 105-135   2016
国立ハンセン病療養所「星塚敬愛園」に暮らす70 歳代男性のライフストーリー。岩川洋一郎さんは,1937年2月,鹿児島県は屋久島の生まれ。1948年5月23日,11歳のとき,父親に連れられて,鹿児島県鹿屋市にある星塚敬愛園に入所。第1 回聞き取りは2007年12月26日,星塚敬愛園自治会会長室にて実施。聞き取り時点で70歳。聞き手は,福岡安則,黒坂愛衣,下西名央。第2回聞き取りは2008 年8月17日,同じく敬愛園自治会会長室にて。聞き手の顔ぶれも同じ。現在,星塚敬愛園の入所者自治会の会長を...
福岡 安則
解放社会学研究 = The liberation of humankind : a sociological review : official journal of the Japanese Association of Sociology for Human Liberation   (30) 45-60   2016
福岡 安則, 黒坂 愛衣
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要   12 147-185   2015
 ハンセン病療養所から社会復帰して生きる60 代男性のライフストーリー。 竪山勲(たてやま・いさお)さんは,1948 年,鹿児島県生まれ。ハンセン病であった母は,1960 年,自宅で死亡。1962 年,中学2 年のときに,星塚敬愛園に収容される。ハンセン病療養所入所者のために瀬戸内海の長島愛生園に作られた4 年制の高校,新良田教室を3 年で中退,敬愛園に戻る。20 歳のとき脱走。東京で暮らすが,病気が騒いで多磨全生園に再入所。1975 年,敬愛園に送り返される。1998 年,「らい予防法違...