廣瀬 善信

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/27 09:45
 
アバター
研究者氏名
廣瀬 善信
 
ヒロセ ヨシノブ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20293574.ja.html

研究分野

 
 

論文

 
Nishida T, Egashira Y, Akutagawa H, Fujii M, Uchiyama K, Shibayama Y, Hirose Y
Diseases of the colon and rectum   57 905-915   2014年8月   [査読有り]
Kokuzawa S, Suemori S, Mochizuki K, Hirose Y, Yaguchi T
Seminars in ophthalmology   29 218-221   2014年7月   [査読有り]
Oie S, Sawada A, Mochizuki K, Tsuji K, Hirose Y, Saigo C, Yoshikawa H
BMC ophthalmology   14 85   2014年6月   [査読有り]
Kuno T, Hata K, Takamatsu M, Hara A, Hirose Y, Takahashi S, Imaida K, Tanaka T
International journal of molecular sciences   15 9160-9172   2014年5月   [査読有り]
Hioki A, Miyamoto K, Hirose Y, Kito Y, Fushimi K, Shimizu K
Asian spine journal   8 74-78   2014年2月   [査読有り]

Misc

 
野中 健一, 浅井 竜一, 安福 至, 富田 弘之, 松橋 延壽, 廣瀬 善信, 高橋 孝夫, 山口 和也, 長田 真二, 吉田 和弘
日本消化器外科学会雑誌   46(10) 777-783   2013年
 症例は70歳の男性で職場の検診で下部消化管内視鏡検査を施行し上行結腸バウヒン弁対側に大きさ15×8 mm,肉眼型0-IIc型の病変を認めた.当院での下部消化管内視鏡検査で腫瘍陥凹部にVIおよびVN pit patternを認め,超音波内視鏡検査では第4層の途絶を認めた.CTを施行したところNo. 202リンパ節に転移を疑わせる腫大を認めた.腹腔鏡下回盲部切除および3群リンパ節郭清を施行したが,術後の病理組織学的検索にて口側断端近くの漿膜下リンパ管浸潤を認めたため,追加切除を施行した.切除...
廣瀬 善信, 森 秀樹
Functional food : 機能性食品の基礎から臨床へ   7(2) 85-89   2013年
奥野 充, 足立 政治, 中村 憲昭, 山内 治, 齋藤 公志郎, 廣瀬 善信, 井深 貴士, 安田 一朗, 森脇 久隆
Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi   110(5) 869-874   2013年
77歳男性.発熱にて受診.腹部造影CTで胃内隆起性病変および肝に多房性腫瘤を認め,諸検査で膿瘍を疑った.上部消化管内視鏡検査で潰瘍をともなう胃癌を認めた.抗菌薬投与後,胃亜全摘術を施行し,術後肝腫瘤は消失した.胃癌表面には細菌巣が散見されることから経門脈的感染が疑われた.肝膿瘍を診断・治療する際には,可能なかぎり消化管精査を施行するべきと思われた.
清家 健作, 亀山 紘司, 加藤 卓, 土屋 朋大, 安田 満, 横井 繁明, 仲野 正博, 林 秀治, 出口 隆, 廣瀬 善信
泌尿器科紀要   58(2) 105-108   2012年2月
A 41-year-old woman with an incidental tumor of the urinary bladder was referred to our hospital. Computed tomography and magnetic resonance imaging showed a tumor in the urinary bladder wall with expansive growth. Under the suspicion of leiomyoma...
奥村 直樹, 徳山 泰治, 山口 和也, 長田 真二, 岩田 尚, 広瀬 善信, 吉田 和弘
日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   72(5) 1297-1301   2011年5月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 廣瀬 善信
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 廣瀬 善信
肥満は大腸発がんの危険因子であるが,そのメカニズム解析に関しては現状では知見に極めて乏しい。肥満マウスであるレプチン受容体異常マウス(dbマウス,C57BL/KsJ-db/db)およびレプチン異常マウス(obマウス,C57BL/6J-ob/ob)を用いて,化学発がん物質誘発大腸発がんの感受性及びその修飾メカニズムを検索し,肥満起因性危険因子の同定に迫るために以下の実験を行った。食事制限下(3gMF/mouse/day)の4週齢のホモ接合体マウス(dbマウスとobマウス)及びそれぞれのヘテロ...