廣田 有子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/16 10:46
 
アバター
研究者氏名
廣田 有子
 
ヒロタ ユウコ
eメール
yhirotaphar.kyushu-u.ac.jp
所属
九州大学
部署
大学院薬学研究院
職名
助教
学位
博士(薬学)
科研費研究者番号
50588259

研究分野

 
 

経歴

 
2013年7月
 - 
現在
九州大学大学院薬学研究院 助教
 
2013年1月
 - 
2013年6月
新潟大学大学院医歯学総合研究科 特任助教
 
2010年4月
 - 
2012年12月
九州大学大学院医学研究院 助教
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
九州大学薬学部  
 
2003年4月
 - 
2005年3月
九州大学大学院薬学府修士課程  
 
2005年4月
 - 
2008年3月
九州大学大学院薬学府博士課程  
 

論文

 
Fujimoto K, Ida H, Hirota Y, Ishigai M, Amano J, Tanaka Y
Molecular pharmacology   88(4) 660-675   2015年10月   [査読有り]
Yuko Hirota, Shun-ichi Yamashita, Yusuke Kurihara, Xiulian Jin, Masamune Aihara, Tetsu Saigusa, KANG DONGCHON, Tomotake Kanki
Autophagy   11(2) 332-343   2015年2月   [査読有り]
Masamune Aihara, Xiulian Jin, Yusuke Kurihara, Yutaka Yoshida, Yuichi Matsushima, Masahide Oku, Yuko Hirota, Tetsu Saigusa, Yoshimasa Aoki, Takeshi Uchiumi, Tadashi Yamamoto, Yasuyoshi Sakai, Dongchon Kang, Tomotake Kanki
J. Cell Sci.      2014年5月   [査読有り]
Kanae Tashiro, Mayumi Shishido, Fujimoto Keiko, Yuko Hirota, Kazuyuki Yo, Takamasa Gomi, Yoshitaka Tanaka
Biochem. Biophys. Res. Commun.   443(1) 167-172   2014年1月   [査読有り]

Misc

 
廣田 有子, 青木 義政, 神吉 智丈
生化學   83(2) 126-130   2011年2月
池田 一彦, 佐野 孝一, 平山 雅啓, 廣田 有子, 田中 嘉孝
日本トキシコロジー学会学術年会   35(0) 279-279   2008年
【背景】薬物誘発性リン脂質症(PLS)は全身の諸臓器にリン脂質が異常蓄積することを特徴とし,薬物の開発において問題となる毒性所見である。最近,開発の初期段階でリン脂質症発症のポテンシャルを見極めるための方法として,蛍光プローブを用いた方法やトキシコゲノミクスを利用したin vitroアッセイ系が報告されている。今回,我々はリソソーム酵素の輸送阻害に基づく新規in vitroリン脂質症スクリーニング系を構築したので報告する。【方法・結果】PLS誘発化合物であるアミオダロン(AD)を正常ラット...

競争的資金等の研究課題

 
リソソーム膜タンパク質による新規多剤耐性獲得機構の解明
日本学術振興会: 若手研究B
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 廣田 有子
ハエ培養細胞を用いた新規オートファジー関連遺伝子の網羅的同定および機能解析
日本学術振興会: 若手研究B
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 廣田 有子
リソソーム性薬物トランスポーター欠損マウスによる薬物耐性獲得の分子制御機構
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 廣田 有子