廣田 泰

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/09 13:07
 
アバター
研究者氏名
廣田 泰
 
ヒロタ ヤスシ
URL
https://plaza.umin.ac.jp/tkyobgyn/recruit/laboratory/hirota.html
所属
東京大学
部署
医学部附属病院
職名
講師
学位
医学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年8月
 - 
現在
東京大学医学部附属病院 産婦人科 講師
 
2014年4月
 - 
2014年7月
東京大学医学部附属病院 産婦人科 助教
 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京大学医学部附属病院 JSTさきがけ研究員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
焼津市立総合病院 産婦人科 医長
 
2008年7月
 - 
2010年3月
シンシナティ小児病院 学振海外特別研究員
 
2008年4月
 - 
2008年6月
ヴァンダービルト大学 学振海外特別研究員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
ヴァンダービルト大学 学振特別研究員PD
 
2006年4月
 - 
2007年3月
東京大学医学部附属病院 学振特別研究員PD
 
2005年12月
 - 
2006年3月
東京大学医学部附属病院 産婦人科 助手
 
2005年4月
 - 
2005年12月
武蔵野赤十字病院 産婦人科 医員
 
2000年5月
 - 
2001年3月
母子保健センター愛育病院 産婦人科 医員
 
1999年5月
 - 
2000年4月
茨城県立中央病院 産婦人科 研修医
 
1998年6月
 - 
1999年5月
東京大学医学部附属病院 産婦人科 研修医
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年3月
東京大学 大学院医学系研究科 
 
1994年4月
 - 
1998年3月
東京大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
日本生殖医学会  幹事長
 
2017年4月
 - 
現在
日本内分泌学会  内分泌代謝科専門医・指導医
 
2015年10月
 - 
現在
日本内視鏡外科学会  認定医
 
2015年7月
 - 
現在
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
 
2012年4月
 - 
現在
日本生殖医学会生殖医療専門医
 

受賞

 
2017年11月
日本医師会 医学研究奨励賞
 
2017年4月
日本内分泌学会 研究奨励賞
 
2013年7月
日本炎症・再生医学会 奨励賞
 
2011年12月
日本生殖医学会 学術奨励賞
 
2009年4月
日本産科婦人科学会 学術奨励賞
 

論文

 
Isono W, Wada-Hiraike O, Akino N, Terao H, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Koga K, Fujii T, Osuga Y
The journal of obstetrics and gynaecology research      2018年10月   [査読有り]
Haraguchi H, Hirota Y, Saito-Fujita T, Tanaka T, Shimizu-Hirota R, Harada M, Akaeda S, Hiraoka T, Matsuo M, Matsumoto L, Hirata T, Koga K, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   fj201801401R   2018年9月   [査読有り]
Matsumoto L, Hirota Y, Saito-Fujita T, Takeda N, Tanaka T, Hiraoka T, Akaeda S, Fujita H, Shimizu-Hirota R, Igaue S, Matsuo M, Haraguchi H, Saito-Kanatani M, Fujii T, Osuga Y
The Journal of clinical investigation      2018年6月   [査読有り]
Fukuda S, Hirata T, Neriishi K, Nakazawa A, Takamura M, Izumi G, Harada M, Hirota Y, Koga K, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology   225 118-123   2018年4月   [査読有り]
Shozu M, Ishikawa H, Horikawa R, Sakakibara H, Izumi SI, Ohba T, Hirota Y, Ogata T, Osuga Y, Kugu K
The journal of obstetrics and gynaecology research   43(11) 1738-1742   2017年11月   [査読有り]
Akino N, Wada-Hiraike O, Terao H, Honjoh H, Isono W, Fu H, Hirano M, Miyamoto Y, Tanikawa M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Koga K, Oda K, Kawana K, Fujii T, Osuga Y
Molecular and cellular endocrinology   470 96-104   2017年10月   [査読有り]
Takahashi N, Harada M, Hirota Y, Nose E, Azhary JM, Koike H, Kunitomi C, Yoshino O, Izumi G, Hirata T, Koga K, Wada-Hiraike O, Chang RJ, Shimasaki S, Fujii T, Osuga Y
Scientific reports   7(1) 10824   2017年9月   [査読有り]
Izumi G, Koga K, Takamura M, Bo W, Nagai M, Miyashita M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Yoshino O, Fujii T, Osuga Y
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   198(11) 4277-4284   2017年6月   [査読有り]
Aikawa S, Kano K, Inoue A, Wang J, Saigusa D, Nagamatsu T, Hirota Y, Fujii T, Tsuchiya S, Taketomi Y, Sugimoto Y, Murakami M, Arita M, Kurano M, Ikeda H, Yatomi Y, Chun J, Aoki J
The EMBO journal   36(14) 2146-2160   2017年6月   [査読有り]
Egashira M, Hirota Y, Shimizu-Hirota R, Saito-Fujita T, Haraguchi H, Matsumoto L, Matsuo M, Hiraoka T, Tanaka T, Akaeda S, Takehisa C, Saito-Kanatani M, Maeda KI, Fujii T, Osuga Y
Endocrinology   158(7) 2344-2353   2017年5月   [査読有り]
Saito A, Hirata T, Koga K, Takamura M, Fukuda S, Neriishi K, Pastorfide G, Harada M, Hirota Y, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
The journal of obstetrics and gynaecology research   43(2) 320-329   2017年2月   [査読有り]
Izumi G, Koga K, Takamura M, Makabe T, Nagai M, Urata Y, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Fujii T, Osuga Y
Fertility and sterility   107(1) 167-173.e2   2017年1月   [査読有り]
Takeuchi A, Koga K, Miyashita M, Makabe T, Sue F, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Fujii T, Osuga Y
European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology   207 157-161   2016年12月   [査読有り]
Makabe T, Koga K, Miyashita M, Takeuchi A, Sue F, Taguchi A, Urata Y, Izumi G, Takamura M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
Journal of reproductive immunology   119 44-48   2016年12月   [査読有り]
Takahashi N, Harada M, Hirota Y, Zhao L, Azhary JM, Yoshino O, Izumi G, Hirata T, Koga K, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
Endocrinology   158(1) en20161511-97   2016年11月   [査読有り]
Bolnick AD, Bolnick JM, Kilburn BA, Stewart T, Oakes J, Rodriguez-Kovacs J, Kohan-Ghadr HR, Dai J, Diamond MP, Hirota Y, Drewlo S, Dey SK, Armant DR, NICHD National Cooperative Reproductive Medicine Network
Human reproduction (Oxford, England)   31(9) 2042-2050   2016年9月   [査読有り]
Takamura M, Koga K, Izumi G, Urata Y, Nagai M, Hasegawa A, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   76(3) 193-198   2016年9月   [査読有り]
Deng W, Cha J, Yuan J, Haraguchi H, Bartos A, Leishman E, Viollet B, Bradshaw HB, Hirota Y, Dey SK
The Journal of clinical investigation   126(8) 2941-2954   2016年8月   [査読有り]
Haraguchi H, Koga K, Takamura M, Makabe T, Sue F, Miyashita M, Urata Y, Izumi G, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Wada-Hiraike O, Oda K, Kawana K, Fujii T, Osuga Y
Fertility and sterility   106(6) 1432-1437.e2   2016年8月   [査読有り]
Hiraoka T, Hirota Y, Saito-Fujita T, Matsuo M, Egashira M, Matsumoto L, Haraguchi H, Dey SK, Furukawa KS, Fujii T, Osuga Y
JCI insight   1(8)    2016年6月   [査読有り]
Takahashi N, Harada M, Hirota Y, Zhao L, Yoshino O, Urata Y, Izumi G, Takamura M, Hirata T, Koga K, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
Molecular and cellular endocrinology   428 161-169   2016年6月   [査読有り]
Miyashita M, Koga K, Izumi G, Sue F, Makabe T, Taguchi A, Nagai M, Urata Y, Takamura M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   101(6) 2371-2379   2016年4月   [査読有り]
Taguchi A, Koga K, Kawana K, Makabe T, Sue F, Miyashita M, Yoshida M, Urata Y, Izumi G, Tkamura M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   75(4) 486-492   2016年4月   [査読有り]
荒川知子, 高村将司, 原田美由紀, 浦田陽子, 佐藤恵理香, 泉玄太郎, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
東京産科婦人科学会会誌   65(1) 174-177   2016年1月
塩酸バンコマイシン(VCM)による急性腎不全は0.5%と報告されている。今回、我々は膿瘍ドレナージ術後のVCM投与により、急性尿細管壊死に至り、腎機能回復に時間を要した症例を経験したので報告する。症例は43歳0回経妊、以前より右子宮内膜症性卵巣嚢胞を指摘されていた。他院で顕微授精・新鮮胚移植後に遅発性に卵巣嚢胞に感染し、膿瘍を形成した。レボフロキサシン内服で改善せず当院へ紹介。当院入院後タゾバクタム/ピペラシリンを投与したが奏功せず、入院14日目に腹腔鏡下膿瘍ドレナージ術施行。膿瘍からグラ...
Takamura M, Koga K, Izumi G, Hirata T, Harada M, Hirota Y, Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   74(6) 480-486   2015年12月   [査読有り]
Harada M, Nose E, Takahashi N, Hirota Y, Hirata T, Yoshino O, Koga K, Fujii T, Osuga Y
Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology   31(10) 783-787   2015年10月   [査読有り]
Hiraoka T, Saito-Fujita T, Hirota Y.
Journal of Mammalian Ova Research   32(3) 87-94   2015年10月
黄体ホルモンとして知られるプロゲステロンは「妊娠ホルモン」とも呼ばれ、妊娠成立に関わる排卵、受精、着床の過程だけでなく、その後の妊娠の維持から分娩まで全ての妊娠過程で重要な役割を担っている。ヒトの不妊症診療では、着床期にプロゲステロンの血中濃度が低い黄体機能不全の症例や体外受精・胚移植の症例に対するプロゲステロン製剤の投与が行われ、臨床的な観点からも着床におけるプロゲステロンの有効性は知られているが、その基盤メカニズムの詳細については不明な点が多い。近年、妊娠の初期に位置する着床においてプ...
江頭真宏, 廣田泰
Horm Front Gynecol   22(3) 183-189   2015年9月
着床とは、子宮と胚盤胞とのクロストークから始まる接着反応、脱落膜化、胎盤形成に至る一連の過程であり、胎児の発育やその後の妊娠の過程を左右する現象である。ヒトと、実験動物であるマウスをはじめとするその他の動物との間で着床を比較してみると、さまざまな共通点および相違点が明らかとなってくるが、一方でこの比較がヒトの着床を解明する大きなヒントになる可能性もあると思われる。本稿では、ヒトと他の動物との共通点・相違点について触れながら、ヒトの着床の特徴と、着床に含まれる一連の過程について概説する。(著...
廣田泰
東京生化学研究会助成研究報告集   29 199-203   2015年7月
平岡毅大, 廣田泰
産科と婦人科   82(7) 740-745   2015年7月
Miyashita M, Koga K, Izumi G, Makabe T, Hasegawa A, Hirota Y, Hirata T, Harada M, Fujii T, Osuga Y
Fertility and sterility   104(1) 217-224.e2   2015年7月   [査読有り]
Cha J, Burnum-Johnson KE, Bartos A, Li Y, Baker ES, Tilton SC, Webb-Robertson BJ, Piehowski PD, Monroe ME, Jegga AG, Murata S, Hirota Y, Dey SK
The Journal of biological chemistry   290(24) 15337-15349   2015年6月   [査読有り]
廣田泰, 甲賀かをり, 田島敏樹, 浦田陽子, 永井美和子, 泉玄太郎, 山本直子, 高村将司, 齊藤亜子, 長谷川亜希子, 原田美由紀, 平田哲也, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
臨床婦人科産科   69(5) 465-470   2015年5月
腹腔鏡下手術による子宮内膜症病変除去および癒着剥離が疼痛改善に有効であることが知られているが,その効果に影響する因子についての詳細は明らかでない.本研究では,慢性骨盤痛を有する子宮内膜症症例に対して腹腔鏡下手術による子宮内膜症病変除去とダグラス窩開放を含む癒着剥離を行った21症例について,術後の疼痛改善効果を後方視的に検討した.腹腔鏡下手術によって慢性骨盤痛,月経痛,性交痛,排便痛が有意に改善すること,腹腔鏡下手術によってダグラス窩閉塞群ではダグラス窩非閉塞群と比較して慢性骨盤痛の残存が少...
秋葉直也, 設楽理恵子, 菊浦沙織, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
東京産科婦人科学会会誌   64(2) 170-174   2015年4月
症例は56歳、0回経妊0回経産、婦人科受診歴なし。自転車走行中にガードレールに衝突し、腹部を強打した。下腹部痛を主訴に当院救急搬送となり、造影CT撮影で巨大子宮筋腫と腹水貯留を指摘され精査加療目的に入院となった。入院時Hb 9.9g/dLで全身状態は安定していた。病日3にHb 6.6g/dLまで貧血の進行を認めたため造影CTを再度撮影したが造影剤の漏出は明らかでなかった。造影MRIで悪性腫瘍の可能性を除外し、病日6に腹式単純子宮全摘出術を施行した。漿膜下子宮筋腫茎部の筋層が断裂し、静脈性出...
馬場聡, 泉玄太郎, 廣田泰, 三村暢子, 本城晴紀, 中山敏男, 原田美由紀, 小松篤史, 永松健, 甲賀かをり, 大須賀穣, 藤井知行
東京産科婦人科学会会誌   64(2) 302-307   2015年4月
子宮動脈塞栓術(uterine artery embolization;UAE)は子宮温存を希望する症例の止血治療に有用とされる。今回、広範な子宮腺筋症を有する患者において稽留流産に伴う大量子宮出血に対してUAEを行い、子宮壊死・膿瘍をきたし子宮全摘出となった1例を報告する。症例は39歳、3経妊0経産。自然妊娠し、妊娠8週に大量性器出血で受診した。稽留流産、大量子宮出血、播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation;DIC)の診断にて...
Hirata T, Nakazawa A, Fukuda S, Hirota Y, Izumi G, Takamura M, Harada M, Koga K, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y
Journal of minimally invasive gynecology   22(6) 980-984   2015年4月   [査読有り]
Izumi G, Koga K, Nagai M, Urata Y, Takamura M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Ogawa K, Inoue S, Fujii T, Osuga Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   73(6) 501-506   2015年1月   [査読有り]
廣田泰, 藤田知子, 大須賀穣, 藤井知行
Reprod Immunol Biol   29(1/2) 6-11   2014年11月
プロゲステロンおよびプロゲステロン受容体(PR)による時間・空間的な分子調節の詳細を明らかにすることで、子宮の胚受容能を規定しているしくみの全貌が明らかになると思われる。マウスモデルを用いた最近の研究を中心に以下の項目に分けて紹介し、着床、特に子宮の胚受容能獲得におけるプロゲステロンの作用機序についての最新知見を概説した。1)PRの機能、2)PRコシャペロンFKBP52欠損マウスと着床、3)PRシグナルの担当因子、4)子宮におけるマイクロRNAを介したPRの発現調節機構、について述べた。
Miyashita M, Koga K, Takamura M, Izumi G, Nagai M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Fujii T, Osuga Y
Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology   30(9) 644-648   2014年9月   [査読有り]
Haraguchi H, Saito-Fujita T, Hirota Y, Egashira M, Matsumoto L, Matsuo M, Hiraoka T, Koga K, Yamauchi N, Fukayama M, Bartos A, Cha J, Dey SK, Fujii T, Osuga Y
Molecular endocrinology (Baltimore, Md.)   28(7) 1108-1117   2014年7月   [査読有り]
Urata Y, Koga K, Hirota Y, Akiyama I, Izumi G, Takamura M, Nagai M, Harada M, Hirata T, Yoshino O, Kawana K, Fujii T, Osuga Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   72(5) 496-503   2014年6月   [査読有り]
Hirata T, Izumi G, Takamura M, Saito A, Nakazawa A, Harada M, Hirota Y, Koga K, Fujii T, Osuga Y
Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology   30(10) 1-4   2014年6月   [査読有り]
Akiyama I, Yoshino O, Osuga Y, Shi J, Harada M, Koga K, Hirota Y, Hirata T, Fujii T, Saito S, Kozuma S
Reproductive sciences (Thousand Oaks, Calif.)   21(4) 477-482   2014年4月   [査読有り]
藤田知子, 廣田泰
医学のあゆみ   248(12) 914-915   2014年3月
Akiyama I, Yoshino O, Osuga Y, Shi J, Takamura M, Harada M, Koga K, Hirota Y, Hirata T, Fujii T, Saito S, Kozuma S
Reproductive sciences (Thousand Oaks, Calif.)   21(6) 772-777   2014年1月   [査読有り]
Santoso EG, Yoshida K, Hirota Y, Aizawa M, Yoshino O, Kishida A, Osuga Y, Saito S, Ushida T, Furukawa KS
PloS one   9(7) e103201   2014年   [査読有り]
Cha J, Bartos A, Egashira M, Haraguchi H, Saito-Fujita T, Leishman E, Bradshaw H, Dey SK, Hirota Y
The Journal of clinical investigation   123(9) 4063-4075   2013年9月   [査読有り]
廣田 泰
Reproductive Medicine and Biology   12(4) 127-132   2013年6月   [査読有り][招待有り]
Zhao Y, Koga K, Osuga Y, Izumi G, Takamura M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Yoshino O, Inoue S, Fujii T, Kozuma S
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   69(5) 454-462   2013年5月   [査読有り]
Urata Y, Osuga Y, Akiyama I, Nagai M, Izumi G, Takamura M, Hasegawa A, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Yoshino O, Koga K, Kozuma S
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   98(4) 1583-1590   2013年4月   [査読有り]
廣田泰, 廣田泰
産科と婦人科   80 42-46   2013年3月
Zhao Y, Koga K, Osuga Y, Izumi G, Takamura M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Yoshino O, Fujii T, Kozuma S
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   69(3) 240-247   2013年3月   [査読有り]
廣田 泰
助成研究報告集   45    2013年
廣田泰
上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM)   26 ROMBUNNO.170-5   2012年12月
母体の加齢がp53低下を介して子宮老化をもたらし、早産の病因となる可能性およびそのメカニズムについて検討した。mammalian target of rapamycin complex 1(mTORC1)活性はp53欠損子宮において亢進し、mTORC1阻害剤ラパマイシンはp53欠損マウスの早産および新生仔死亡を抑制した。p53欠損マウスの早産は、p21を更に欠損させることにより抑制された。p53欠損子宮における老化関連β-ガラクトシダーゼ活性増加は、p21欠損により抑制された。p53欠損子...
Akiyama I, Yoshino O, Osuga Y, Izumi G, Urata Y, Hirota Y, Hirata T, Harada M, Koga K, Ogawa K, Kozuma S
Reproductive sciences (Thousand Oaks, Calif.)      2012年11月   [査読有り]
Burnum KE, Hirota Y, Baker ES, Yoshie M, Ibrahim YM, Monroe ME, Anderson GA, Smith RD, Daikoku T, Dey SK
Endocrinology   153(9) 4568-4579   2012年9月   [査読有り]
Akiyama I, Yoshino O, Osuga Y, Shi J, Hirota Y, Hirata T, Harada M, Koga K, Fujimoto A, Yano T, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)      2012年8月   [査読有り]
Takamura M, Osuga Y, Izumi G, Yoshino O, Koga K, Saito A, Hirata T, Hirota Y, Harada M, Hasegawa A, Taketani Y
Fertility and sterility      2012年8月   [査読有り]
Urata Y, Osuga Y, Izumi G, Takamura M, Koga K, Nagai M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Yoshino O, Taketani Y
Human reproduction (Oxford, England)      2012年8月   [査読有り]
Zhao Y, Koga K, Osuga Y, Nagai M, Izumi G, Takamura M, Harada M, Hirota Y, Yoshino O, Taketani Y
Fertility and sterility   98(4) 917-921   2012年7月   [査読有り]
Proteinase-activated receptors in the endometrium and endometriosis.
Osuga Y, Hirota Y, Yoshino O, Hirata T, Koga K, Taketani Y
Frontiers in bioscience (Scholar edition)   4 1201-1212   2012年6月   [査読有り]
廣田泰, 廣田泰
月刊臨床免疫・アレルギー科   57 804-809-809   2012年5月
Hirota Y, Burnum KE, Acar N, Rabinovich GA, Daikoku T, Dey SK
Endocrinology   153(5) 2486-2493   2012年5月   [査読有り]
Proteinase-activated receptors in the endometrium and endometriosis.
Osuga Y, Hirota Y, Yoshino O, Hirata T, Koga K, Taketani Y
Frontiers in bioscience (Elite edition)   4 755-767   2012年1月   [査読有り]
Cha J, Hirota Y, Dey SK
Cell cycle (Georgetown, Tex.)   11 205-206   2012年1月   [査読有り]
Chaen T, Konno T, Egashira M, Bai R, Nomura N, Nomura S, Hirota Y, Sakurai T, Imakawa K
PloS one   7 e48933   2012年   [査読有り]
Daikoku T, Cha J, Sun X, Tranguch S, Xie H, Fujita T, Hirota Y, Lydon J, DeMayo F, Maxson R, Dey SK
Developmental cell   21(6) 1014-1025   2011年12月   [査読有り]
Wang B, Koga K, Osuga Y, Cardenas I, Izumi G, Takamura M, Hirata T, Yoshino O, Hirota Y, Harada M, Mor G, Taketani Y
Endocrinology   152(12) 4984-4992   2011年12月   [査読有り]
Hirota Y, Cha J, Yoshie M, Daikoku T, Dey SK
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(44) 18073-18078   2011年11月   [査読有り]
Wang B, Koga K, Osuga Y, Hirata T, Saito A, Yoshino O, Hirota Y, Harada M, Takemura Y, Fujii T, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   66 143-148   2011年8月   [査読有り]
Yoshino O, Izumi G, Shi J, Osuga Y, Hirota Y, Hirata T, Harada M, Nishii O, Koga K, Taketani Y
Fertility and sterility   96(1) 118-121   2011年7月   [査読有り]
Hirata T, Osuga Y, Takamura M, Saito A, Hasegawa A, Koga K, Yoshino O, Hirota Y, Harada M, Taketani Y
Fertility and sterility   96(1) 113-117   2011年7月   [査読有り]
Saito A, Osuga Y, Yoshino O, Takamura M, Hirata T, Hirota Y, Koga K, Harada M, Takemura Y, Yano T, Taketani Y
Human reproduction (Oxford, England)   26 1892-1898   2011年7月   [査読有り]
Shi J, Yoshino O, Osuga Y, Koga K, Hirota Y, Nose E, Nishii O, Yano T, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   65 421-427   2011年4月   [査読有り]
Osuga Y, Koga K, Hirota Y, Hirata T, Yoshino O, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   65 1-10   2011年1月   [査読有り]
Hirata T, Osuga Y, Takamura M, Kodama A, Hirota Y, Koga K, Yoshino O, Harada M, Takemura Y, Yano T, Taketani Y
Endocrinology   151 5468-5476   2010年11月   [査読有り]
Hirota Y, Acar N, Tranguch S, Burnum KE, Xie H, Kodama A, Osuga Y, Ustunel I, Friedman DB, Caprioli RM, Daikoku T, Dey SK
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(35) 15577-15582   2010年8月   [査読有り]
Ouyang Z, Osuga Y, Hirota Y, Hirata T, Yoshino O, Koga K, Yano T, Taketani Y
Fertility and sterility   94(1) 58-62   2010年6月   [査読有り]
Koga K, Osuga Y, Tajima T, Hirota Y, Igarashi T, Fujii T, Yano T, Taketani Y
Fertility and sterility   94(1) 305-308   2010年6月   [査読有り]
Hirota Y, Cha J, Dey SK
Nature medicine   16 529-531   2010年5月   [査読有り]
Hirota Y, Daikoku T, Tranguch S, Xie H, Bradshaw HB, Dey SK
The Journal of clinical investigation   120(3) 803-815   2010年3月   [査読有り]
Kodama A, Yoshino O, Osuga Y, Harada M, Hasegawa A, Hamasaki K, Takamura M, Koga K, Hirota Y, Hirata T, Takemura Y, Yano T, Taketani Y
Human reproduction (Oxford, England)   25 751-756   2010年3月   [査読有り]
Shi J, Yoshino O, Osuga Y, Koga K, Hirota Y, Hirata T, Yano T, Nishii O, Taketani Y
Fertility and sterility   92 1794-1798   2009年11月   [査読有り]
広田 泰
日本産科婦人科學會雜誌   61(8) 1768-1775   2009年8月
Fu L, Osuga Y, Yano T, Takemura Y, Morimoto C, Hirota Y, Schally AV, Taketani Y
Fertility and sterility   92 47-53   2009年7月   [査読有り]
Hasegawa A, Osuga Y, Hirota Y, Hamasaki K, Kodama A, Harada M, Tajima T, Takemura Y, Hirata T, Yoshino O, Koga K, Yano T, Taketani Y
Human reproduction (Oxford, England)   24 408-414   2009年2月   [査読有り]
Hirota Y, Osuga Y, Hasegawa A, Kodama A, Tajima T, Hamasaki K, Koga K, Yoshino O, Hirata T, Harada M, Takemura Y, Yano T, Tsutsumi O, Taketani Y
Endocrinology   150 350-356   2009年1月   [査読有り]
Osuga Y, Hirota Y, Taketani Y
Journal of pharmacological sciences   108(4) 422-425   2008年12月   [査読有り]
Hirota Y, Tranguch S, Daikoku T, Hasegawa A, Osuga Y, Taketani Y, Dey SK
The American journal of pathology   173 1747-1757   2008年12月   [査読有り]
OuYang Z, Hirota Y, Osuga Y, Hamasaki K, Hasegawa A, Tajima T, Hirata T, Koga K, Yoshino O, Harada M, Takemura Y, Nose E, Yano T, Taketani Y
The American journal of pathology   173 463-469   2008年8月   [査読有り]
Daikoku T, Hirota Y, Tranguch S, Joshi AR, DeMayo FJ, Lydon JP, Ellenson LH, Dey SK
Cancer research   68 5619-5627   2008年7月   [査読有り]
Fu L, Osuga Y, Morimoto C, Hirata T, Hirota Y, Yano T, Taketani Y
Fertility and sterility   89 1344-1347   2008年5月   [査読有り]
Hirata T, Osuga Y, Hamasaki K, Yoshino O, Ito M, Hasegawa A, Takemura Y, Hirota Y, Nose E, Morimoto C, Harada M, Koga K, Tajima T, Saito S, Yano T, Taketani Y
Endocrinology   149 1260-1267   2008年3月   [査読有り]
広田泰, 大須賀穣, 矢野哲, 武谷雄二
産婦人科の実際   56(13) 2205-2209   2007年12月
Hirota Y, Osuga Y, Nose E, Koga K, Yoshino O, Hirata T, Yano T, Tsutsumi O, Sakuma S, Muramatsu T, Taketani Y
American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989)   58 367-373   2007年10月   [査読有り]

Misc

 
廣田泰
日本内分泌学会雑誌   94(1) 236   2018年4月
福井大和, 廣田泰
Hormone Frontier in Gynecology   25(1) 53‐57-57   2018年3月
妊娠年齢の高齢化に伴い、体外受精・胚移植(IVF-ET)の重要性が高まっているが、一方でIVF-ETの反復不成功が問題となっている。その要因として着床障害が挙げられる。着床の過程は胚受容能の獲得、胚接着、胚浸潤に大きく分けられる。胚接着において、白血球抑制因子(LIF)の上流に位置する、転写因子FOXA2について着目されている。FOXA2欠損マウスは不妊となり、LIFを補充しても生仔は得られなかった。これはLIFを介する経路以外のpathwayの存在を示唆する。また、胚浸潤においては、低酸...
廣田泰, 廣田泰
産科と婦人科   85 216‐226   2018年4月
平岡毅大, 廣田泰
産科と婦人科   85(3) 317‐321   2018年3月
廣田泰
日本産科婦人科学会雑誌   70(2) 425   2018年2月
松本玲央奈, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 96   2018年
廣田泰
関東連合産科婦人科学会誌(Web)   55(2) 206‐207 (WEB ONLY)   2018年
佐竹絵里奈, 甲賀かをり, 竹内亜利砂, 真壁友子, 宮下真理子, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 157   2018年
廣田泰, 原口広史, 松本玲央奈, 松尾光徳, 平岡毅大, 赤枝俊, 田中智基, 大村恵理香, 福井大和, 月村英利子, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 157   2018年
竹内亜利砂, 甲賀かをり, 佐竹絵里奈, 真壁友子, 田口歩, 宮下真理子, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 130   2018年
錬石和明, 平田哲也, 福田晋也, 泉玄太郎, 中澤明里, 山本直子, 原田美由紀, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 藤井知行, 大須賀穣
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 148   2018年
大村恵理香, 廣田泰, 田中智基, 赤枝俊, 平岡毅大, 福井大和, 松尾光徳, 松本玲央奈, 原口広史, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 158   2018年
月村英利子, 月村英利子, 廣田泰, 大村恵理香, 田中智基, 赤枝俊, 平岡毅大, 松尾光徳, 松本玲央奈, 原口広史, 原田美由紀, 平田哲也, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 150   2018年
平野茉来, 平池修, 秋野なな, 松浦宏美, 本城晴紀, 宮本雄一郎, 谷川道洋, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 藤井知行, 大須賀穣
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 103   2018年
左時江, 平田哲也, 福田晋也, 錬石和明, 中澤明里, 荒川知子, 原田美由紀, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 153   2018年
金谷真由子, 泉玄太郎, 宮下真理子, 平野茉来, 原口広史, 森嶋かほる, 山本直子, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 藤井知行, 大須賀穣
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 129   2018年
真壁友子, 甲賀かをり, 佐竹絵里奈, 竹内亜利砂, 須江英子, 田口歩, 宮下真理子, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   39th 74   2018年
廣田泰
日本産科婦人科学会雑誌   69(11) 2262‐2272   2017年11月
平岡毅大, 廣田泰
産科と婦人科   84(11) 1325‐1329   2017年11月
高橋望, 原田美由紀, 廣田泰, 吉野修, 泉玄太郎, 平田哲也, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   62(4) 399-399   2017年10月
松尾光徳, 松尾光徳, 廣田泰, 福井大和, 大村恵理香, 田中智基, 赤枝俊, 平岡毅大, 松本玲央奈, 原口広史, 山本直子, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   62(4) 329-329   2017年10月
月村英利子, 廣田泰, 大村恵理香, 田中智基, 赤枝俊, 平岡毅大, 松尾光徳, 松本玲央奈, 宮下真理子, 原口広史, 金谷真由子, 泉玄太郎, 山本直子, 堤亮, 原田美由紀, 平田哲也, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   62(4) 386-386   2017年10月
原口広史, 廣田泰, 藤田知子, 松本玲央奈, 松尾光徳, 平岡毅大, 赤枝俊, 田中智基, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   62(4) 331-331   2017年10月
松本玲央奈, 廣田泰, 藤田知子, 伊賀上翔太, 田中智基, 平岡毅大, 松尾光徳, 原口広史, 赤枝俊, 武田憲彦, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   62(4) 387-387   2017年10月
古川克子, MEHTONEN Teemu Johannes, 中山泰秀, 廣田泰, 大須賀穣, 吉野修, 齋藤滋, 齋藤滋, 牛田多加志
人工臓器(日本人工臓器学会)   46(2) S.19   2017年8月
平岡毅大, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖内分泌学会雑誌   22 17‐23-23   2017年8月
佐竹絵里奈, 甲賀かをり, 竹内亜利砂, 真壁友子, 須江英子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会会誌   38 137‐140-140   2017年7月
子宮内膜症外来において2016年7月にジエノゲスト(DNG)を処方されている20〜34歳の患者19人を対象に、その処方について、開始までの経緯と経過を調査し、傾向や処方の妥当性について検討した。稀少部位子宮内膜症はDNGの効果を期待し積極的に選んでいるため、処方は妥当であった。合併症や喫煙者などLEP禁忌、慎重投与の症例はLEPが使えないため妥当であった。LEPを第一選択にして投与したが効果がないため、DNGを処方した症例は、症状が改善した例では妥当と思われた。一方、変更したが症状が改善し...
松尾光徳, 廣田泰, 田中智基, 赤枝俊, 平岡毅大, 原口広史, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   62(3) 157-157   2017年7月
大村恵理香, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
産科と婦人科   84(6) 740‐745-745   2017年6月
当施設を受診した子宮腺筋症患者228症例のうち、深部静脈血栓症(deep venous thrombosis:DVT)の既往歴を有する8症例(3.5%)のDVT発症時の臨床像を調べた。全症例で既知のDVTのリスク因子を有しており、8症例中3症例が自然流産時、3症例がエストロゲン・プロゲスチン配合薬内服時の発症であった。子宮腺筋症自体がDVTリスクになりうるかは今後の研究が必要であるが、既知のDVTリスク因子を背景に子宮腺筋症症例におけるDVTが発症していることが明らかとなった。(著者抄録)
廣田泰, 赤枝俊, 原口広史, 平岡毅大, 田中智基, 松尾光徳, 松本玲央奈, 大村恵理香, 原田美由紀, 平田哲也, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   38th 91-114   2017年7月
廣田 泰, 原口 広史, 松本 玲央奈, 松尾 光徳, 平岡 毅大, 赤枝 俊, 田中 智基, 大村 恵理香, 原田 美由紀, 平田 哲也, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本エンドメトリオーシス学会会誌   38 101-101   2017年7月
赤枝俊, 廣田泰
産婦人科の実際   66(5) 569‐574-574   2017年5月
真壁 友子, 甲賀 かをり, 佐竹 絵里奈, 竹内 亜利砂, 須江 英子, 田口 歩, 宮下 真理子, 泉 玄太郎, 高村 将司, 原田 美由紀, 平田 哲也, 廣田 泰, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本エンドメトリオーシス学会会誌   38 65-65   2017年7月
廣田泰, 平岡毅大, 大須賀穣
日本内分泌学会雑誌   93(1) 166   2017年4月
稲葉慶, 泉玄太郎, 金谷真由子, 山本直子, 堤亮, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
関東連合産科婦人科学会誌(Web)   54(2) 168 (WEB ONLY)-168   2017年5月
廣田泰
日本内分泌学会雑誌   93(1) 246-246   2017年4月
廣田泰
日本産科婦人科学会雑誌   69(2) 434‐435   2017年2月
平岡毅大, 廣田泰, 藤田知子, 田中智基, 赤枝俊, 松尾光徳, 松本玲央奈, 原口広史, 大須賀穣, 藤井知行
日本内分泌学会雑誌   93(1) 257-257   2017年4月
平岡毅大, 廣田泰, 藤田知子, 赤枝俊, 田中智基, 松尾光徳, 松本玲央奈, 原口広史, 古川克子, 大須賀穣, 藤井知行
再生医療   16 315   2017年2月
長嶋菜月, 泉玄太郎, 甲賀かをり, 吉新明日香, 浦田陽子, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
東京産科婦人科学会会誌   66(1) 81‐86-86   2017年1月
稀少部位子宮内膜症の治療は、その症状に応じて手術療法と薬物療法を組み合わせて行うことになるが、不妊症合併の場合には特にその治療方針の決定に苦慮することが多い。我々は、挙児希望のある、腸管および尿管の狭窄を伴う子宮内膜症の患者に対して、直腸高位前方切除術、膀胱尿管新吻合を含む、子宮内膜症病巣除去術を行った。腸管の狭窄が高度であり、妊娠中の子宮内膜症病変の変性や、骨盤内臓器の変位によって、腸管破裂、腸閉塞などの合併症をおこすリスクが高いと考えられたため、妊娠前に手術療法を先行する方針とした。癒...
松永朋浩, KIM Jeonghyun, MEHETONEN Teemu, 原田貴之, 廣田泰, 平岡毅大, 吉野修, 大須賀穣, 古川克子, 牛田多加志
バイオエンジニアリング講演会講演論文集(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.2D45   2017年1月
廣田泰, 廣田泰
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.1PW24‐5 (WEB ONLY)   2017年
黄体ホルモン製剤によるLIF抑制を介した着床阻害作用
松尾 光徳, 廣田 泰, 藤田 知子, 原口 広史, 松本 玲央奈, 平岡 毅大, 赤枝 俊, 田中 智基, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本内分泌学会雑誌   92(3) 824-824   2017年1月
脱細胞化組織移植マウスモデルの子宮再生過程における転写因子STAT3の役割
平岡 毅大, 廣田 泰, 藤田 知子, 赤枝 俊, 田中 智基, 松尾 光徳, 江頭 真宏, 松本 玲央奈, 原口 広史, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本内分泌学会雑誌   92(3) 823-823   2017年1月
平岡毅大, 廣田泰, 藤田知子, 田中智基, 赤枝俊, 伊賀上翔太, 大須賀穣, 藤井知行
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.3PT11‐09(3P‐0744) (WEB ONLY)   2017年
清水良子, 廣田泰, 廣田泰, 藤田知子, 江頭真宏, 江頭真宏, 原口広史, 平岡毅大, 赤枝俊, 田中智基, 藤井知行, 大須賀穣
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.1P‐1136 (WEB ONLY)   2017年
佐竹絵里奈, 甲賀かをり, 竹内亜利砂, 真壁友子, 須江英子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井友行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   38th 110   2017年
錬石和明, 平田哲也, 福田晋也, 中澤明里, 原田美由紀, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   38th 119   2017年
竹内亜利砂, 甲賀かをり, 佐竹絵里奈, 真壁友子, 田口歩, 泉玄太郎, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   38th 125   2017年
福田晋也, 平田哲也, 高村将司, 久保田佳穂里, 錬石和明, 中澤明里, 原田美由紀, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   38th 145   2017年
藤田知子, 廣田泰, 松本玲央奈, 武田憲彦, 藤田英俊, 原口広史, 松尾光徳, 平岡毅大, 田中智基, 赤枝俊, 大須賀穣, 藤井知行
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.4P1T12‐15(3P‐0876) (WEB ONLY)   2017年
術前MRIよる腹腔鏡下子宮全摘術の難易度の予測因子の抽出
齊藤 亜子, 平田 哲也, 高村 将司, 原田 美由紀, 廣田 泰, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣
日本内視鏡外科学会雑誌   21(7) OS215-2   2016年12月
当科におけるMayer-Rokitansky-Kuester-Hauser症候群22例のVCUAM分類による後方視的検討
秋野 なな, 平池 修, 矢野 倫子, 福田 晋也, 真壁 友子, 平野 茉来, 永井 美和子, 山本 直子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 廣田 泰, 甲賀 かをり, 藤井 知行, 大須賀 穣
日本女性医学学会雑誌   24(1) 53-57   2016年11月
Mayer-Rokitansky-Kuester-Hauser(以下MRKH)症候群はMueller管下部の分化異常のため先天性腟欠損と子宮奇形を生じる疾患であり、出生女児の約5,000人に1人の割合で発生する。今回、1994年から2014年の過去21年間に当科でMRKH症候群に対して腹腔鏡補助下造腟術(Davydov変法)を施行した22例を後方視的に検討した。従来、生殖器奇形に対してはアメリカ生殖医学会が提唱したMueller管奇形の分類などが用いられてきたが、付属器、尿路や骨などの合併...
松本玲央奈, 廣田泰, 藤田知子, 伊賀上翔太, 田中智基, 平岡毅大, 松尾光徳, 原口広史, 江頭真宏, 赤枝俊, 武田憲彦, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   61(4) 335-335   2016年10月
藤井達也, 平池修, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 藤井知行, 大須賀穣
日本生殖医学会雑誌   61(4) 410-410   2016年10月
平岡毅大, 廣田泰, 藤田知子, 赤枝俊, 田中智基, 松尾光徳, 江頭真宏, 松本玲央奈, 原口広史, 古川克子, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   61(4) 359-359   2016年10月
松尾光徳, 廣田泰, 藤田知子, 原口広史, 江頭真宏, 松本玲央奈, 平岡毅大, 赤枝俊, 田中智基, 藤田英俊, 本道栄一, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   61(4) 505-505   2016年10月
廣田泰
日本生殖医学会雑誌   61(4) 273-273   2016年10月
山本直子, 平池修, 松浦宏美, 秋野なな, 真壁友子, 福田晋也, 中澤明星, 平野茉来, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 藤井知行, 大須賀穣
日本女性医学学会雑誌   24(Suppl.) 110-110   2016年10月
高橋望, 原田美由紀, 廣田泰, 平池修, 泉玄太郎, 高村将司, 平田哲也, 甲賀かをり, 松本和紀, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   61(4) 359-359   2016年10月
平岡毅大, 平池修, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 藤井知行, 大須賀穣
日本生殖医学会雑誌   61(4) 442-442   2016年10月
田邉良介, 原田美由紀, 大井なぎさ, 平田哲也, 泉玄太郎, 高橋望, 金谷真由子, 山本直子, 堤亮, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   61(4) 405-405   2016年10月
平池修, 廣田泰, 山本直子, 平野茉来, 原田美由紀, 平田哲也, 甲賀かをり, 藤井知行, 大須賀穣
日本生殖医学会雑誌   61(4) 361-361   2016年10月
吉新 明日香, 山本 直子, 秋野 なな, 福田 晋也, 真壁 友子, 平野 茉来, 浦田 陽子, 泉 玄太郎, 原田 美由紀, 田中 麻理子, 林 玲匡, 池村 雅子, 平田 哲也, 廣田 泰, 甲賀 かをり, 平池 修, 深山 正久, 藤井 知行, 大須賀 穣
臨床婦人科産科   70(9) 877-877   2016年9月
当院では骨盤臓器脱に対し腹腔鏡下仙骨腟固定術(laparoscopic sacrocolopopexy:LSC)を2013年より行っている.術前画像検査で付属器に異常所見を認めなかったにもかかわらず,LSCを施行した後に行った病理学的検索で卵巣病変を認めた2症例について報告する.現在までに当院でLSCを行った31例中2例において,術前診断し得なかった線維莢膜細胞腫と漿液性嚢胞腺腫・傍神経節腫を認めた.この比較的稀な2種類の病変は,いずれも悪性所見は呈しておらず,予後への影響の可能性は低い....
須江英子, 甲賀かをり, 田口歩, 佐竹絵里奈, 竹内亜利砂, 真壁友子, 宮下真理子, 永松健, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本妊娠高血圧学会雑誌   23 56-56   2016年9月
草本朱里, 高村将司, 金谷真由子, 中澤明里, 原田美由紀, 泉玄太郎, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
関東連合産科婦人科学会誌(Web)   53(3) 394 (WEB ONLY)-394   2016年8月
山本直子, 平田哲也, 平野茉来, 金谷真由子, 泉玄太郎, 高村将司, 堤亮, 原田美由紀, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32(Supplement 1) 170   2016年8月
秋野なな, 平池修, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 藤井知行, 大須賀穣
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32(Supplement 1) 274   2016年8月
泉玄太郎, 平田哲也, 甲賀かをり, 高村将司, 堤亮, 原田美由紀, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32(Supplement 1) 316   2016年8月
原口広史, 廣田泰, 田中智基, 赤枝俊, 平岡毅大, 松尾光徳, 松本玲央奈, 原田美由紀, 平田哲也, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32(Supplement 1) 174   2016年8月
竹内亜利砂, 平池修, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 甲賀かをり, 廣田泰, 藤井知行, 大須賀穣
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32(Supplement 1) 251   2016年8月
長阪一憲, 織田克利, 丸山正統, 池村雅子, 谷川道洋, 曾根献文, 森繭代, 足立克之, 松本陽子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 有本貴英, 平池修, 甲賀かをり, 川名敬, 深山正久, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   32(Supplement 1) 197   2016年8月
竹内亜利砂, 甲賀かをり, 寺尾美代子, 真壁友子, 須江英子, 永井美和子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会会誌   37 110‐111   2016年7月
浦田陽子, 平田哲也, 田口歩, 山本直子, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 廣田泰, 平池修, 甲賀かをり, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   61(3) 163-163   2016年7月
竹内亜利砂, 甲賀かをり, 寺尾美代子, 真壁友子, 須江英子, 永井美和子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   37th 100-111   2016年7月
当院で2006〜2015年にPID(骨盤内炎症性疾患)として入院加療した105例のうち、子宮内膜症性卵巣嚢胞を有し、かつ不妊治療中であった8例を対象とし、「年齢」「嚢胞径」「PID既往の有無」「PID発症の契機」などについて調査した。また、上記105例のうち子宮内膜症性卵巣嚢胞を有さず不妊治療中でなかった97例を対照群とし、PIDに対して緊急手術を要した症例の割合を比較した。調査の結果、年齢は30〜44歳(平均35.8歳)、嚢胞径は28〜70mm(平均51mm)、PID既往を有していたのは...
竹内亜利砂, 甲賀かをり, 真壁友子, 須江英子, 田口歩, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 織田克利, 川名敬, 牛久哲男, 深山正久, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   37th 67-85   2016年7月
秋野なな, 平池修, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 藤井知行, 大須賀穣
産婦人科手術   (27) 133-133   2016年6月
古川克子, 廣田泰, 吉野修, 岸田晶夫, 牛田多加志, 齋藤滋, 大須賀穣
Hormone Frontier in Gynecology   23(2) 161‐165-165   2016年6月
間葉系幹細胞や人工多能性幹(induced pluripotent stem;iPS)細胞などの幹細胞の分化制御基礎研究がめざましい進歩をとげるなか、3次元的な構造を有する臓器の再生はいまだ多くの問題を抱えている。このような背景のなか、臓器から細胞を除去した脱細胞化組織モデルが、良好な3次元構造維持、高い生体親和性、極めて低い異物反応特性の観点から、長期にわたって生体内に生着できる子宮再生モデルになりうることが示唆された。これらのアプローチは、子宮癌や先天的な子宮奇形・欠損などにも適用しう...
広基性に単角子宮と連続している非交通性副角子宮に対して、腹腔鏡下副角子宮切除術を行った一例
泉 玄太郎, 賀来 哲明, 浦田 陽子, 山本 直子, 高村 将司, 原田 美由紀, 平田 哲也, 廣田 泰, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行
関東連合産科婦人科学会誌   53(2) 284-284   2016年5月
関護和, 小松寛, 吉田圭太, 金定賢, 廣田泰, 吉野修, 斉藤滋, 岸田晶夫, 大須賀穣, 牛田多加志, 古川克子
再生医療   15 362   2016年2月
平岡毅大, 廣田泰, 古川克子, 藤田知子, 田中智基, 松尾光徳, 江頭真宏, 松本玲央奈, 原口広史, 大須賀穣, 藤井知行
再生医療   15 252   2016年2月
関護和, 吉田圭太, 廣田泰, 吉野修, 斉藤滋, 岸田晶夫, 大須賀穣, 牛田多加志, 古川克子
再生医療   15 362   2016年2月
竹内亜利砂, 甲賀かをり, 寺尾美代子, 真壁友子, 須江英子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科学会雑誌   68(2) 811-811   2016年2月
関 護和, 小松 寛, 吉田 圭太, 金 定賢, 廣田 泰, 吉野 修, 斉藤 滋, 岸田 晶夫, 大須賀 穣, 牛田 多加志, 古川 克子
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2016(28) "1H25-1"-"1H25-5"   2016年1月
To recover serious uterine damages which cause infertility, tissue engineering is a promising method. However, there is a lack of effective models of the regenerative tissues which can be utilized in clinical application. In such a situation, we h...
子宮内膜症合併卵巣膿瘍ドレナージ術後に、塩酸バンコマイシンによる急性尿細管壊死を呈した1例
荒川 知子, 高村 将司, 原田 美由紀, 浦田 陽子, 佐藤 恵理香, 泉 玄太郎, 平田 哲也, 廣田 泰, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行
東京産科婦人科学会会誌   65(1) 174-177   2016年1月
塩酸バンコマイシン(VCM)による急性腎不全は0.5%と報告されている。今回、我々は膿瘍ドレナージ術後のVCM投与により、急性尿細管壊死に至り、腎機能回復に時間を要した症例を経験したので報告する。症例は43歳0回経妊、以前より右子宮内膜症性卵巣嚢胞を指摘されていた。他院で顕微授精・新鮮胚移植後に遅発性に卵巣嚢胞に感染し、膿瘍を形成した。レボフロキサシン内服で改善せず当院へ紹介。当院入院後タゾバクタム/ピペラシリンを投与したが奏功せず、入院14日目に腹腔鏡下膿瘍ドレナージ術施行。膿瘍からグラ...
平岡毅大, 廣田泰, 藤田知子, 赤枝俊, 田中智基, 松尾光徳, 江頭真宏, 松本玲央奈, 原口広史, 大須賀穣, 藤井知行
日本内分泌学会雑誌   92(3 (Web)) 823(J‐STAGE)   2016年
松尾光徳, 廣田泰, 藤田知子, 原口広史, 松本玲央奈, 平岡毅大, 赤枝俊, 田中智基, 大須賀穣, 藤井知行
日本内分泌学会雑誌   92(3 (Web)) 824(J‐STAGE)   2016年
伊賀上翔太, 廣田泰, 藤田知子, 原口広史, 松本玲央奈, 松尾光徳, 平岡毅大, 赤枝俊, 田中智基, 大須賀穣, 藤井知行
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   39th ROMBUNNO.3P‐0541 (WEB ONLY)   2016年
宮下真理子, 甲賀かをり, 竹内亜利砂, 真壁友子, 須江英子, 田口歩, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 吉野修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   37th 98   2016年
高橋望, 甲賀かをり, 竹内亜利砂, 真壁友子, 須江英子, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 織田克利, 川名敬, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   37th 115   2016年
原口広史, 廣田泰, 平岡毅大, 甲賀かをり, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   37th 46   2016年
関護和, 小松寛, 吉田圭太, KIM Jeong‐Hyun, 廣田泰, 吉野修, 斉藤滋, 岸田晶夫, 大須賀穣, 牛田多加志, 古川克子
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   28th (CD-ROM) ROMBUNNO.1H25   2016年
真壁友子, 甲賀かをり, 竹内亜利砂, 須江英子, 宮下真理子, 永井美和子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 山本直子, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   37th 42   2016年
脱細胞化組織移植のマウスモデルを用いた子宮内膜再生機構の解析
平岡 毅大, 廣田 泰, 藤田 知子, 田中 智基, 松尾 光徳, 江頭 真宏, 松本 玲央奈, 原口 広史, 古川 克子, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1P0996]-[1P0996]   2015年12月
脱細胞化組織移植のマウスモデルを用いた子宮内膜再生機構の解析
平岡 毅大, 廣田 泰, 藤田 知子, 田中 智基, 松尾 光徳, 江頭 真宏, 松本 玲央奈, 原口 広史, 古川 克子, 大須賀 穣, 藤井 知行
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1P0996]-[1P0996]   2015年12月
松本 玲央奈, 廣田 泰, 藤田 知子, 原口 広史, 江頭 真宏, 松尾 光徳, 平岡 毅大, 田中 智基, 武田 憲彦, 大須賀 穣, 藤井 知行
Reproductive Immunology and Biology   30(1-2) 98-98   2015年11月
山本直子, 秋野なな, 真壁友子, 福田晋也, 矢野倫子, 永井美和子, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本女性医学学会雑誌   23(Suppl.) 130-130   2015年10月
高村将司, 原田美由紀, 堤亮, 大井なぎさ, 金谷真由子, 山本直子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   60(4) 231-231   2015年10月

講演・口頭発表等

 
平岡毅大, 廣田泰, 古川克子, 藤田知子, 田中智基, 松尾光徳, 江頭真宏, 松本玲央奈, 原口広史, 大須賀穣, 藤井知行
再生医療   2016年2月1日   
関護和, 小松寛, 吉田圭太, 金定賢, 廣田泰, 吉野修, 斉藤滋, 岸田晶夫, 大須賀穣, 牛田多加志, 古川克子
再生医療   2016年2月1日   
関護和, 吉田圭太, 廣田泰, 吉野修, 斉藤滋, 岸田晶夫, 大須賀穣, 牛田多加志, 古川克子
再生医療   2016年2月1日   
宮下真理子, 甲賀かをり, 竹内亜利砂, 真壁友子, 須江英子, 田口歩, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 吉野修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2016年   
高橋望, 甲賀かをり, 竹内亜利砂, 真壁友子, 須江英子, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 織田克利, 川名敬, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2016年   
原口広史, 廣田泰, 平岡毅大, 甲賀かをり, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2016年   
竹内亜利砂, 甲賀かをり, 寺尾美代子, 真壁友子, 須江英子, 永井美和子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2016年   
真壁友子, 甲賀かをり, 竹内亜利砂, 須江英子, 宮下真理子, 永井美和子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 山本直子, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2016年   
竹内亜利砂, 甲賀かをり, 真壁友子, 須江英子, 田口歩, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 織田克利, 川名敬, 牛久哲男, 深山正久, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2016年   
松本玲央奈, 廣田泰, 藤田知子, 原口広史, 江頭真宏, 松尾光徳, 平岡毅大, 田中智基, 武田憲彦, 大須賀穣, 藤井知行
Reprod Immunol Biol   2015年11月   
矢野倫子, 平池修, 秋野なな, 真壁友子, 福田晋也, 永井美和子, 山本直子, 泉玄太郎, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 大須賀穣, 藤井知行
日本女性医学学会雑誌   2015年10月1日   
高村将司, 原田美由紀, 堤亮, 大井なぎさ, 金谷真由子, 山本直子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   2015年10月1日   
山本直子, 秋野なな, 真壁友子, 福田晋也, 矢野倫子, 永井美和子, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本女性医学学会雑誌   2015年10月1日   
松本玲央奈, 廣田泰, 藤田知子, 原口広史, 江頭真宏, 松尾光徳, 平岡毅大, 田中智基, 武田憲彦, 大須賀穣, 藤井知行
日本内分泌学会雑誌   2015年9月20日   
妊娠高血圧症候群における血清中leucine-rich α-2 glycoprotein 1(LRG1)濃度の検討
須江 英子, 甲賀 かをり, 浦田 陽子, 真壁 友子, 宮下 真理子, 永松 健, 廣田 泰, 大須賀 穣
日本妊娠高血圧学会雑誌   2015年8月   
稲葉洋文, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 矢野倫子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
関東連合産科婦人科学会誌(Web)   2015年8月   
泉玄太郎, 原田美由紀, 秋葉直也, 設楽理恵子, 浦田陽子, 高村将司, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2015年8月   
左時江, 原田美由紀, 泉玄太郎, 平田哲也, 金谷真由子, 浦田陽子, 山本直子, 高村将司, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2015年8月   
秋野なな, 平池修, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 藤井知行, 大須賀穣
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2015年8月   
泉玄太郎, 金谷真由子, 森嶋かほる, 浦田陽子, 齊藤亜子, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2015年8月   
真壁友子, 甲賀かをり, 須江英子, 宮下真理子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 山本直子, 斎藤亜子, 高村将司, 長谷川亜希子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会会誌   2015年7月25日   
真壁友子, 甲賀かをり, 須江英子, 宮下真理子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 山本直子, 斎藤亜子, 高村将司, 長谷川亜希子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会会誌   2015年7月25日   
平池修, 平田哲也, 甲賀かをり, 原田美由紀, 廣田泰, 中澤明里, 櫻橋彩子, 平野茉来, 秋山育美, 藤井知行, 大須賀穣
産婦人科手術   2015年6月20日   
廣田泰
日本生殖医学会雑誌   2015年4月1日   
関護和, 渡辺翔太, 小松寛, 吉田圭太, KIM Jeong Hyun, 廣田泰, 吉野修, 斉藤滋, 大須賀穣, 牛田多加志, 古川克子
日本機械学会関東支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年3月19日   
佐竹絵里奈, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 平田哲也, 原田美由紀, 高村将司, 泉玄太郎, 浦田陽子, 山本直子, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科学会雑誌   2015年2月1日   
吉田圭太, 中安愛子, 関護和, 廣田泰, 吉野修, 岸田晶夫, 斉藤滋, 大須賀穣, 牛田多加志, 古川克子
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2015年1月8日   
馬場聡, 泉玄太郎, 廣田泰, 三村暢子, 本城晴紀, 金谷真由子, 中山敏男, 原田美由紀, 小松篤史, 永松健, 平田哲也, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2015年   
佐竹絵里奈, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 平田哲也, 原田美由紀, 高村将司, 泉玄太郎, 浦田陽子, 山本直子, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2015年   
浦田陽子, 大須賀穣, 甲賀かをり, 廣田泰, 平田哲也, 原田美由紀, 高村将司, 泉玄太郎, 藤井知行
Reprod Immunol Biol   2014年11月   
宮下真理子, 甲賀かをり, 永井美和子, 田口歩, 須江英子, 真壁友子, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
Reprod Immunol Biol   2014年11月   
江頭真宏, 廣田泰, 藤田知子, 原口広史, 松本玲央奈, 松尾光徳, 平岡毅大, 大須賀穣, 藤井知行
Reprod Immunol Biol   2014年11月   
平野茉来, 平池修, 福田晋也, 平岡毅大, 松尾光徳, 松本玲央奈, 櫻橋彩子, 中澤明里, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 大須賀穣, 藤井知行
日本女性医学学会雑誌   2014年10月1日   
廣田泰
日本生殖医学会雑誌   2014年10月1日   
廣田泰, 甲賀かをり, 田島敏樹, 浦田陽子, 永井美和子, 泉玄太郎, 山本直子, 高村将司, 齊藤亜子, 長谷川亜希子, 原田美由紀, 平田哲也, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本内視鏡外科学会雑誌   2014年10月   
廣田泰, 甲賀かをり, 原口広史, 高村将司, 山本直子, 齊藤亜子, 泉玄太郎, 浦田陽子, 永井美和子, 原田美由紀, 平田哲也, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本内視鏡外科学会雑誌   2014年10月   
原口広史, 廣田泰, 藤田知子, 江頭真宏, 松本玲奈央, 松尾光徳, 平岡毅大, 甲賀かをり, 大須賀穣, 藤井知行
日本内分泌学会雑誌   2014年9月20日   
藤田(齊藤)知子, 廣田泰, 原口広史, 江頭真宏, 松本玲央奈, 松尾光徳, 平岡毅大, 甲賀かをり, 大須賀穣, 藤井知行
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   2014年9月   
錬石和明, 原田美由紀, 金愛理, 西森裕美子, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 宮田智子, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
関東連合産科婦人科学会誌   2014年8月1日   
高村将司, 平田哲也, 川田淑子, 田邉良介, 泉玄太郎, 齊藤亜子, 原田美由紀, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
関東連合産科婦人科学会誌   2014年8月1日   
平池修, 平田哲也, 甲賀かをり, 原田美由紀, 廣田泰, 中澤明里, 櫻橋彩子, 平野茉来, 秋山育美, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2014年8月   
廣田泰, 平池修, 浅香明紀, 本城晴紀, 伊藤正典, 泉玄太郎, 平田哲也, 甲賀かをり, 田中麻理子, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2014年8月   
高村将司, 原田美由紀, 川名敬, 平田哲也, 浦田陽子, 泉玄太郎, 大井なぎさ, 渡辺裕子, 飯高さゆり, 佐竹絵里奈, 久保田佳穂里, 寺尾美代子, 堤亮, 廣田泰, 甲賀かをり, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2014年8月   
高岡美渚季, 伊藤正典, 森住佑子, 甲賀かをり, 泉玄太郎, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行, 池村雅子
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2014年8月   
廣田泰, 甲賀かをり, 田島敏樹, 浦田陽子, 永井美和子, 泉玄太郎, 山本直子, 高村将司, 齊藤亜子, 長谷川亜希子, 原田美由紀, 平田哲也, 平池修, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2014年8月   
松本陽子, 平池修, 齊藤亜子, 江口聡子, 高村将司, 伊藤正典, 鶴賀哲史, 足立克之, 長阪一憲, 原田美由紀, 廣田泰, 有本貴英, 平田哲也, 甲賀かをり, 織田克利, 川名敬, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2014年8月   
江頭真宏, 江頭真宏, 廣田泰, 藤田知子, 原口広史, 松本玲央奈, 松尾光徳, 大須賀穣, 藤井知行
日本内分泌学会雑誌   2014年4月1日   
廣田泰
日本内分泌学会雑誌   2014年4月1日   
原口広史, 廣田泰, 藤田知子, 江頭真宏, 江頭真宏, 松本玲央奈, 松尾光徳, 大須賀穣, 藤井知行
日本内分泌学会雑誌   2014年4月1日   
渡辺翔太, 小林一穂, SANTOSO Erna G, 廣田泰, 吉田圭太, 吉野修, 斉藤滋, 大須賀穣, 牛田多加志, 古川克子
日本機械学会関東支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   2014年3月13日   
秋山育美, 吉野修, 大須賀穣, 永井美和子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 齋藤滋, 藤井知行
日本産科婦人科学会雑誌   2014年2月1日   
原口広史, 廣田泰, 松本玲央奈, 松尾光徳, 甲賀かをり, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科学会雑誌   2014年2月1日   
甲賀かをり, 原口広史, 高村将司, 泉玄太郎, 山本直子, 齊藤亜子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 吉野修, 大須賀穣, 藤井知行
日本産科婦人科学会雑誌   2014年2月1日   
吉田 圭太, SANTOSO Erna G, 廣田 泰, 吉野 修, 根岸 淳, 岸田 晶夫, 齋藤 滋, 大須賀 穣, 牛田 多加志, 古川 克子
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2014年1月10日   
宮下真理子, 甲賀かをり, 須江英子, 松本玲央奈, 中澤明里, 原口広史, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2014年   
原口広史, 甲賀かをり, 平田哲也, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2014年   
原口広史, 廣田泰, 藤田知子, 江頭真宏, 松本玲央奈, 松尾光徳, 甲賀かをり, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   2013年10月1日   
浦田陽子, 大須賀穣, 秋山育美, 永井美和子, 泉玄太郎, 高村将司, 長谷川亜希子, 原田美由紀, 平田哲, 廣田泰, 吉野修, 甲賀かをり, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   2013年10月1日   
江頭真宏, 廣田泰, 藤田知子, 原口広史, 松本玲央奈, 松尾光徳, 大須賀穣, 藤井知行
日本生殖医学会雑誌   2013年10月1日   
江頭真宏, 廣田泰, 藤田知子, 原口広史, 松本玲央奈, 松尾光徳, 大須賀穣, 藤井知行, 今川和彦, 前多敬一郎
J Reprod Dev   2013年8月20日   
【目的】分娩後の子宮回復における子宮内膜のリモデリングは次回の妊娠の準備として必須の過程である。最近我々はマウス妊娠子宮において老化細胞が生理的に出現することを報告したが,動脈や卵巣などでは老化細胞が分泌する液性因子によって組織障害が引き起こされることがわかってきており,分娩後の老化細胞除去が次回妊娠に向けた子宮機能回復に重要であると考えられる。本研究では,マウス妊娠子宮に出現する老化細胞が分娩後に除去される仕組みを明らかにするため,以下の実験を行った。【方法】実験には野生型ICRマウスを...
原口広史, 甲賀かをり, 泉玄太郎, 齊藤亜子, 高村将司, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行
関東連合産科婦人科学会誌   2013年8月1日   
子宮内膜症 最近のトピックス 子宮内膜症におけるプロゲステロン応答能の低下(プロゲステロン抵抗性)とプロゲステロン受容体コシャペロンFKBP52の関与について
廣田 泰, 大須賀 穣, 藤井 知行, 上妻 志郎, Dey S.K.
日本エンドメトリオーシス学会会誌   2013年7月   
廣田泰, 廣田泰, 廣田泰, 藤田知子, 原口広史, 江頭真宏, 大須賀穣, 藤井知行, 上妻志郎, DEY SK
日本内分泌学会雑誌   2013年4月1日   
宮下真理子, 甲賀かをり, 永井美和子, 浦田陽子, 田口歩, 中澤明里, 原口広史, 平田哲也, 廣田泰, 吉野修, 大須賀穣, 上妻志郎
日本産科婦人科学会雑誌   2013年2月1日   
秋山育美, 吉野修, 大須賀穣, 永井美和子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 矢野哲, 上妻志郎
日本産科婦人科学会雑誌   2013年2月1日   
廣田泰, 原口広史, 大須賀穣, 藤井知行, 上妻志郎
日本産科婦人科学会雑誌   2013年2月1日   
浦田陽子, 浦田陽子, 大須賀穣, 秋山育美, 中澤明里, 宮下真理子, 原口広史, 永井美和子, 泉玄太郎, 山本直子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 吉野修, 甲賀かをり, 上妻志郎
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2013年   
秋山育美, 吉野修, 大須賀穣, 宮下真理子, 中澤明里, 原口広史, 永井美和子, 浦田陽子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 甲賀かをり, 矢野哲, 上妻志郎
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2013年   
廣田泰, 廣田泰, 廣田泰, 大須賀穣, 藤井知行, 上妻志郎, DEY S.K.
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2013年   
泉玄太郎, 泉玄太郎, 甲賀かをり, 大須賀穣, 秋山育美, 永井美和子, 浦田陽子, 高村将司, 齊藤亜子, 長谷川亜希子, 竹村由里, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 吉野修, 上妻志郎
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2013年   
廣田 泰
日本臨床免疫学会会誌   2013年   
 早産は全妊娠の5%で発生し,新生児の死亡や後障害の原因となる.遺伝体質,高年妊娠などの母体側の因子に感染・炎症などの環境因子,多胎などの因子が複雑に絡み合って発生すると考えられ,子宮収縮抑制剤や抗生剤などの対症療法では早産の発生を十分に制御できない現状がある.早産研究には母体因子や感染・炎症などを合わせた多面的アプローチによる研究モデルが必要だったが,これまで適切なモデルがなかった.最近我々は,妊娠子宮に細胞老化が起こり,子宮収縮に関わるPGF2αが上昇し,最終的に早産に至るという,早産...
平田哲也, 森嶋かほる, 小澤直子, 広田泰, 甲賀かをり, 平池修, 藤本晃久, 大須賀穣, 矢野哲, 上妻志郎
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2012年8月   
廣田泰, 大須賀穣, 上妻志郎, 武谷雄二
日本産科婦人科学会雑誌   2012年2月1日   
泉玄太郎, 甲賀かをり, 大須賀穣, 永井美和子, 浦田陽子, 高村将司, 齊藤亜子, 原田美由紀, 廣田泰, 吉野修, 矢野哲, 武谷雄二
日本産科婦人科学会雑誌   2012年2月1日   
秋山育美, 吉野修, 大須賀穣, 永井美和子, 浦田陽子, 泉玄太郎, 長谷川亜希子, 原田美由紀, 廣田泰, 甲賀かをり, 矢野哲, 武谷雄二
日本産科婦人科学会雑誌   2012年2月1日   
浦田陽子, 大須賀穣, 永井美和子, 泉玄太郎, 高村将司, 長谷川亜希子, 原田美由紀, 廣田泰, 吉野修, 甲賀かをり, 矢野哲, 武谷雄二
日本産科婦人科学会雑誌   2012年2月1日   
高村将司, 大須賀穣, 浦田陽子, 泉玄太郎, 永井美和子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 吉野修, 甲賀かをり, 武谷雄二
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2012年   
泉玄太郎, 甲賀かをり, 大須賀穣, 秋山育美, 永井美和子, 浦田陽子, 高村将司, 山本直子, 齊藤亜子, 長谷川亜希子, 原田美由紀, 平田哲也, 廣田泰, 吉野修, 武谷雄二
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・抄録集   2012年   
廣田泰, 廣田泰, 廣田泰, 大須賀穣, 武谷雄二, DEY S. K.
日本内分泌学会雑誌   2011年9月20日   
広田泰, 広田泰, 大須賀穣, 上妻志郎, 武谷雄二, SUDHANSU K.Dey
日本内分泌学会雑誌   2011年4月1日   
広田泰, 大須賀穣, 上妻志郎, 武谷雄二
日本産科婦人科学会雑誌   2011年2月1日   
高村将司, 大須賀穣, 泉玄太郎, 齊藤亜子, 長谷川亜希子, 竹村由里, 原田美由紀, 平田哲也, 広田泰, 吉野修, 甲賀かをり, 武谷雄二
日本産科婦人科学会雑誌   2011年2月1日   
永井美和子, 趙茵, 甲賀かをり, 大須賀穣, 泉玄太郎, 高村将司, 齊藤亜子, 廣田泰, 吉野修, 上妻志郎, 武谷雄二
日本妊娠高血圧学会プログラム・抄録集   2011年   
広田泰, 広田泰, SUDHANSU K Dey, 大須賀穣, 上妻志郎, 武谷雄二
日本生殖医学会雑誌   2010年10月1日   
広田泰, DEY S. K., 大須賀穣, 上妻志郎, 武谷雄二
日本内分泌学会雑誌   2010年9月20日   
高村将司, 甲賀かをり, 児玉亜子, 濱崎かほり, 田島敏樹, 長谷川亜希子, 竹村由里, 原田美由紀, 森本千恵子, 平田哲也, 廣田泰, 吉野修, 大須賀穣, 武谷雄二
日本生殖医学会雑誌   2009年10月1日   
児玉亜子, 大須賀穣, 吉野修, 泉玄太郎, 高村将司, 長谷川亜希子, 竹村由里, 原田美由紀, 平田哲也, 広田泰, 甲賀かをり, 矢野哲, 武谷雄二
日本内分泌学会雑誌   2009年9月20日   
竹村由里, 大須賀穣, 高村将司, 甲賀かをり, 児玉亜子, 濱崎かほり, 長谷川亜希子, 田島敏樹, 北麻里子, 原田美由紀, 平田哲也, 森本千恵子, 廣田泰, 吉野修, 矢野哲, 武谷雄二
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   2009年9月   
長谷川亜希子, 大須賀穣, 広田泰, 濱崎かほり, 児玉亜子, 原田美由紀, 竹村由里, 平田哲也, 森本千恵子, 吉野修, 矢野哲, 武谷雄二
日本産科婦人科学会雑誌   2009年2月1日   
吉野修, 吉野修, 大須賀穣, 長谷川亜希子, 児玉亜子, 高村将司, 田島敏樹, 竹村由里, 平田哲也, 甲賀かをり, 広田泰, 西井修, 武谷雄二
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・講演抄録集   2009年   
長谷川亜希子, 大須賀穣, 広田泰, 濱崎かほり, 児玉亜子, 原田美由紀, 田島敏樹, 竹村由里, 森本千恵子, 平田哲也, 吉野修, 甲賀かをり, 矢野哲, 武谷雄二
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・講演抄録集   2009年   
高村将司, 甲賀かをり, 児玉亜子, 濱崎かほり, 田島敏樹, 長谷川亜希, 竹村由里, 原田美由紀, 森本千恵子, 平田哲也, 広田泰, 吉野修, 大須賀穣, 武谷雄二
日本エンドメトリオーシス学会プログラム・講演抄録集   2009年   
平田哲也, 大須賀穣, 濱崎かほり, 吉野修, 伊藤実香, 長谷川亜希子, 竹村由里, 廣田泰, 能瀬栄美, 森本千恵子, 原田美由紀, 甲賀かをり, 斎藤滋, 斎藤滋, 矢野哲, 武谷雄二
日本生殖医学会雑誌   2008年10月1日   
欧陽卓, 廣田泰, 大須賀穣, 濱崎かほり, 長谷川亜希子, 田島敏樹, 平田哲也, 甲賀かをり, 吉野修, 原田美由紀, 竹村由里, 矢野哲, 武谷雄二
日本生殖医学会雑誌   2008年10月1日   
平田哲也, 大須賀穣, 濱崎かほり, 吉野修, 伊藤実香, 長谷川亜希子, 竹村由里, 広田泰, 能瀬江美, 森本千恵子, 原田美由紀, 甲賀かをり, 田島敏樹, 斎藤滋, 矢野哲, 武谷雄二
エンドメトリオーシス研究会プログラム・講演抄録集   2008年   
浜崎かほり, 大須賀穣, 児玉亜子, 甲賀かをり, 吉野修, 廣田泰, 平田哲也, 森本千恵子, 原田美由紀, 竹村由里, 北麻里子, 田島敏樹, 長谷川亜希子, 矢野哲, 武谷雄二
エンドメトリオーシス研究会プログラム・講演抄録集   2008年   
長谷川亜希子, 大須賀穣, 平田哲也, 濱崎かほり, 廣田泰, 森本千恵子, 原田美由紀, 竹村由里, 田島敏樹, 矢野哲, 武谷雄二
日本生殖医学会雑誌   2007年10月1日   
長谷川亜希子, 大須賀穣, 吉野修, 広田泰, 平田哲也, 原田美由紀, 竹村由里, 田島敏樹, 濱崎かほり, 児玉亜子, 矢野哲, 武谷雄二
J Reprod Dev   2007年9月25日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 廣田 泰
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 廣田 泰
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 廣田 泰
炎症の慢性化機構の解明と制御 「マウス生殖モデルを用いた、老化が誘導する炎症メカニズムの解明」
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業さきがけ
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 廣田泰
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 廣田 泰
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2013年    代表者: 廣田 泰
卵巣ステロイドホルモンが子宮に胚受容能をもたらし、さらに子宮が着床を誘導する機構の解明を目指して本研究を行った。子宮頸管妊娠は異所性妊娠の中でも発生頻度が低いことから、子宮頸部において着床しにくい機構が存在すると考えられる。マウスでは、着床の場である子宮体部内膜で着床直前に細胞の分化・増殖の状態の劇的な変化(proliferation-differentiation switch, PDS)、すなわち上皮の増殖停止と間質の増殖亢進が認められる。本検討によって、野生型マウスおよびヒトの着床直...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 廣田 泰
プロゲステロン(P)はP受容体(PR)を介して働く。分娩発来には子宮におけるP-PRシグナル減弱が重要と考えられており、早期のP-PRシグナル減弱いわば「P抵抗性」が早産の中心的な病因・病態であると推測される。本研究では、P-PRシグナルを調節するコレギュレーターやPRコシャペロンFKBP52に着目し、P-PRシグナル調節機構と早産との関連につき明らかにすることを目的としている。平成24年度の研究では、P抵抗性を有するFKBP52欠損マウスと自然発症早産マウスである子宮特異的p53欠損マウ...
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 廣田 泰
プロゲステロン(P4)は妊娠の成立・維持に必須であり、P4受容体(PR)を介して作用する。子宮収縮抑制や免疫抑制などの多様な作用が知られているがその機序の詳細は未だ不明である。PRコシャペロンFKBP52欠損マウスは子宮内膜のP4応答能低下するもののP4投与により着床以後の妊娠過程を観察でき、P4に対する応答能が低下して十分なP4の作用を得るには大量のP4の付加が必要な状態、いわゆる、「P4抵抗性」の有用なin vivoモデルと考えられる。本研究ではこのマウスを用いて、妊娠に最も重要な因子...