Yasue Horiuchi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2019 at 20:19
 
Avatar
Name
Yasue Horiuchi
Affiliation
Keio University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2014
 - 
Today
Chief Researcher, Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science
 
2010
 - 
2014
Research fellow, Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, The Johns Hopkins University
 
2009
 - 
2011
Project Instructor, Department of Physiology, Keio University School of Medicine
 

Published Papers

 
Ishiguro H, Horiuchi Y, Tabata K, Liu QR, Arinami T, Onaivi ES
Molecules (Basel, Switzerland)   23(8)    Jul 2018   [Refereed]
Itokawa M, Miyashita M, Arai M, Dan T, Takahashi K, Tokunaga T, Ishimoto K, Toriumi K, Ichikawa T, Horiuchi Y, Kobori A, Usami S, Yoshikawa T, Amano N, Washizuka S, Okazaki Y, Miyata T
Psychiatry and clinical neurosciences   72(1) 35-44   Jan 2018   [Refereed]
Kiyozumi Y, Matsubayashi H, Horiuchi Y, Oishi T, Abe M, Ohnami S, Naruoka A, Kusuhara M, Yamaguchi K
Human genome variation   5 3   2018   [Refereed]
Matsubayashi H, Kawata N, Kakushima N, Tanaka M, Takizawa K, Kiyozumi Y, Horiuchi Y, Sasaki K, Sugiura T, Uesaka K, Ono H
BMC gastroenterology   17(1) 37   Mar 2017   [Refereed]
Naruoka A, Ohnami S, Nagashima T, Serizawa M, Ohshima K, Ohnami S, Urakami K, Horiuchi Y, Kiyozumi Y, Abe M, Nakajima T, Sugiura T, Uesaka K, Kusuhara M, Yamaguchi K
Human genome variation   4 17013   2017   [Refereed]

Misc

 
エクソーム解析の二次的所見結果開示が発端者、血縁者のFabry病診断に有効であった1例
堀内 泰江, 浄住 佳美, 山川 裕之, 東川 智美, 角 暢浩, 西村 誠一郎, 水口 魔己, 月村 考宏, 兎川 忠靖, 櫻庭 均, 楠原 正俊, 松林 宏行, 山口 建
日本遺伝カウンセリング学会誌   40(2) 80-80   Jul 2019
【遺伝性腫瘍と病理-トピックス-】治療開発研究のトピックス 二次的所見と遺伝カウンセリング 静岡がんセンタープロジェクトHOPEの経験
浄住 佳美, 堀内 泰江, 松林 宏行, 楠原 正俊
病理と臨床   37(6) 535-540   Jun 2019
消化器疾患におけるPrecision medicineへの対応 静岡がんセンタープロジェクトHOPEにおける二次的所見とその対応
堀内 泰江, 浄住 佳美, 松林 宏行
日本消化器病学会雑誌   116(臨増総会) A99-A99   Mar 2019
【臨床応用に向けた疾患シーケンス解析】(第5章)がん 二次的所見とその対応 静岡がんセンタープロジェクトHOPEの経験
浄住 佳美, 松林 宏行, 堀内 泰江, 楠原 正俊
遺伝子医学MOOK   (34) 172-178   Nov 2018
ゲノム医療実用化の動きの中で、二次的所見への対応策についても国内外で様々な議論が行われている。静岡県立静岡がんセンターの臨床ゲノム研究「プロジェクトHOPE」では、主にACMG SF v2.0に準じ、十分な倫理的配慮のうえ、遺伝カウンセリング中で希望者に二次的所見を返却している。これまでに、参加者全体の約1%に遺伝性腫瘍関連遺伝子変異を認めている。実際に返却を進める中で見えてくる課題も多いが、今後も多職種で検討を重ね、個々の患者・家族にとって最善のがんゲノム医療体制づくりを進めていきたい。...
松林宏行, 松林宏行, 浄住佳美, 堀内泰江, 楠原正俊
日本遺伝カウンセリング学会誌   39(2) 49   May 2018