冨善一敏

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/12 11:25
 
アバター
研究者氏名
冨善一敏
 
トミゼン カズトシ
eメール
tomizene.u-tokyo.ac.jp
所属
東京大学経済学部資料室
学位
博士(文学)(東京大学人文社会研究科)

プロフィール

東京大学大学院経済学研究科・特任専門職員
博士(文学)
東京大学・学習院大学兼任講師

研究分野

 
 

経歴

 
2013年3月
 - 
現在
東京大学大学院経済学研究科 経済学部資料室 特任専門職員
 

学歴

 
1995年10月
 - 
現在
東京大学 大学院人文社会系研究科 博士(文学)
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
2018年4月
日本アーカイブズ学会  委員(編集・研究担当)
 

論文

 
中・近世移行期の越前和紙に関する一考察:越前国今立郡岩本村内田家文書からの分析
本多俊彦、小島浩之、冨善一敏
東京大学経済学部資料室年報   (8) 30-40   2018年3月   [査読有り]
近世商家文書の料紙分析試論:武蔵国江戸日本橋白木屋大村家文書を例として
天野真志・冨善一敏・小島浩之
東京大学経済学部資料室年報   (7) 1-15   2017年3月   [査読有り]
日本近世民間文書社会の存立基盤に関する一考察-近世天草の筆者を事例として-
冨善一敏
歴史学研究   (951) 2-11   2016年11月   [査読有り]
近世村方文書管理史研究進展のためのノート-渡辺浩一『日本近世都市の文書と記憶』に触発されて-
冨善一敏
新しい歴史学のために   287 51-56   2015年10月

Misc

 
安澤 秀一, 大藤 修, 安藤 正人, 大友 一雄, 冨善 一敏
アーカイブズ学研究   (27) 34-60   2017年12月
冨善 一敏
アーカイブズ学研究   (26) 86-93   2017年6月
冨善 一敏
日本史研究 = Journal of Japanese history   (656) 74-80   2017年4月
冨善 一敏
東京大学経済学部資料室年報   3 75-85   2013年3月
報告Reports

書籍等出版物

 
豪農たちの近世・近代:19世紀南山城の社会と経済
冨善一敏 (担当:共著, 範囲:第7章「祝園神社神主の江戸出訴-旗本天野氏上方代官七代森島清右衛門の行動に着目して-)
東京大学出版会   2018年9月   
近世村方文書の管理と筆耕-民間文書社会の担い手
冨善一敏
校倉書房   2017年10月   
幕藩政アーカイブズの総合的研究
国文学研究資料館, 高橋実, 戸森麻衣子, 冨善一敏, 原田和彦,太田尚宏, 藤田雅子, 林千寿, 東昇, 中野達哉, 浅倉有子, 定兼学, 山崎一郎, 来見田博基, 山口華代, 林匡, 吉村豊雄 (担当:共著, 範囲:第1編第3章 京都町奉行所付雑色筆耕について)
2016年2月   
国文学研究資料館, 高橋 実, 原田 和彦, 山崎 一郎, 東 昇, 吉村 豊雄, 林 匡, 冨善 一敏
岩田書院   2008年   ISBN:9784872944976
冨善 一敏
東京大学日本史学研究室   1996年   

担当経験のある科目