釜江 陽一

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/06 03:04
 
アバター
研究者氏名
釜江 陽一
URL
http://www.researcherid.com/rid/L-6694-2013
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
助教
学位
博士(理学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
   
 
筑波大学 生命環境系 助教
 
2015年9月
 - 
2017年8月
カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリプス海洋研究所 客員研究員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
国立環境研究所 地球環境研究センター 特別研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
東京大学 大気海洋研究所 特任研究員
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
筑波大学 生命環境研究科 博士後期課程地球環境科学専攻
 
2007年4月
 - 
2009年3月
筑波大学 生命環境科学研究科 博士前期課程地球科学専攻
 
2003年4月
 - 
2007年3月
筑波大学 第一学群 自然学類
 

委員歴

 
2015年5月
 - 
2015年5月
日本気象学会  日本気象学会2015年度春季大会実行委員会
 

受賞

 
2014年10月
日本気象学会 日本気象学会2014年度 山本賞 二酸化炭素濃度上昇に対する対流圏調節過程とその気候変化への寄与に関する研究
 
https://researchmap.jp/jouooduk5-1772020/#_1772020

論文

 
最終氷期最大期におけるグローバルモンスーン
Kamae,Yoichi
地球環境史学会誌PALEO   5(2)    2017年12月
鮮新世後期の気候モデリングと各境界条件の役割
Kamae,Yoichi
地球環境史学会誌PALEO   5(2)    2017年12月
Kamae, Yoichi;Kawana, T.;Oshiro, M.;Ueda, H.
PROGRESS IN EARTH AND PLANETARY SCIENCE   4    2017年8月   [査読有り]
Climatological Relationship between Warm Season Atmospheric Rivers and Heavy Rainfall over East Asia
Kamae, Youichi;Mei, W.;Xie, S.-P.
Journal of the Meteorological Society of Japan   95(6) 411-431   2017年11月   [査読有り]
Eddy transport of atmospheric water vapor from the tropics is important for rainfall and related natural disasters in the middle latitudes. Atmospheric rivers (ARs), intense moisture plumes typically associated with extratropical cyclones, often p...
Mizuta, R.;Murata, A.;Ishii, M.;Shiogama, H.;Hibino, K.;Mori, N.;Arakawa, Osamu;Imada, Y.;Yoshida, K.;Aoyagi, T.;Kawase, J.;Mori, M.;Okada, Y.;Shimura, T.;Nagatomo, T.;Ikeda, M.;Endo, H.;Nosaka, M.;Arai, M.;Takahashi, C.;Tanaka, K.;Takemi, T.;Tachikawa, Y.;Temur, K.;Kamae, Yoichi;Watanabe, M.;Sasaki, H.;Kitoh, A.;Takayabu, I.;Nakakita, E.;Kimoto, M.
BULLETIN OF THE AMERICAN METEOROLOGICAL SOCIETY   98(7) 1383-1398   2017年7月   [査読有り]
An unprecedentedly large ensemble of climate simulations with high-resolution atmospheric models enables the assessment of probabilistic change by global warming in low-frequency local-scale severe events.
Kamae, Youichi;Mei, W.;Xie, S.-P.;Naoi, Moeka;Ueda, H.
JOURNAL OF CLIMATE   30(15) 5605-5619   2017年6月   [査読有り]
Atmospheric rivers (ARs), conduits of intense water vapor transport in the midlatitudes, are critically important for water resources and heavy rainfall events over the west coast of North America, Europe, and Africa. ARs are also frequently obser...
Kamae, Youichi;Li, X.;Xie, S.-P.;Ueda, H.
CLIMATE DYNAMICS   49(9-10) 3443-3455   2017年11月   [査読有り]
Kamae, Yoichi;Shiogama, H.;Imada, Y.;Mori, M.;Arakawa, O.;Mizuta, R.;Yoshida, K.;Takahashi, C.;Arai, M.;Ishii, M.;Watanabe, M.;Kimoto, M.;Xie, S.-P.;Ueda, H.
CLIMATE DYNAMICS   49(1) 403-417   2017年6月   [査読有り]
Over the past decade, anomalously hot summers and persistent droughts frequented over the western United States (wUS), the condition similar to the 1950s and 1960s. While atmospheric internal variability is important for mid-latitude interannual c...
若手研究者6名による海外研究滞在の紹介
釜江,陽一;氏家,将志;小川,史明;小玉,知央;端野,典平;村上,裕之
天気   63(11) 919-927   2016年11月
Kamae,Yoichi;Shiogama,H.;Watanabe,M.;Ogura,T.;Yokohata,T.;Kimoto,M.
Journal of Climate   29(17) 6259-6275   2016年9月   [査読有り]
Factors and possible constraints to extremely large spread of effective climate sensitivity (ECS) ranging about 2.1-10.4 K are examined by using a large-member ensemble of quadrupling CO2 experiments with an atmospheric general circulation model (...
Kamae,Yoichi;Yoshida,K.;Ueda,H.
Climate of the Past   12(8) 1619-1634   2016年8月   [査読有り]
Accumulations of global proxy data are essential steps for improving reliability of climate model simulations for the Pliocene warming climate. In the Pliocene Model Intercomparison Project phase 2 (PlioMIP2), a part project of the Paleoclimate Mo...
Yoshimori,M.;Watanabe,M.;Shiogama,H.;Oka,A.;Abe-Ouchi,A.;Ohgaito,R.;Kamae,Yoichi
Progress in Earth and Planetary Science   3    2016年7月   [査読有り]
The correct understanding of the transient response to external radiative perturbation is important for the interpretation of observed climate change, the prediction of near-future climate change, and committed warming under climate stabilization ...
Kamae,,Y.;Ogura,,T.;Shiogama,,H.;Watanabe,,M.
Geoscience Letters   3    2016年6月   [査読有り]
Kamae,Y.;Ogura,T.;Watanabe,M.;Xie,S.-P.;Ueda,H.
Journal of Geophysical Research - Atmosphere   121(6) 2593-2609   2016年4月   [査読有り]
雲フィードバックに関するモデル相互比較プロジェクト(CFMIP)会議2015参加報告
小倉,知夫;神代,剛;鈴木,健太郎;清木,達也;川合,秀明;野田,暁;釜江,陽一;渡部,雅浩
日本気象学会「天気」   63(2) 105-112   2016年3月
F.W.,Howell;A.M.,Haywood;B.L.,Otto-Bliesner;F.,Bragg;W.-L.,Chan;M.A.,Chandler;C.,Contoux;Y.,Kamae;A.,Abe-Ouchi;N.A.,Rosenbloom;C.,Stepanek;Z.,Zhang
Climate of the Past   12(3) 749-767   2016年3月   [査読有り]
Eight general circulation models have simulated the mid-Pliocene warm period (mid-Pliocene, 3.264 to 3.025 Ma) as part of the Pliocene Modelling Intercomparison Project (PlioMIP). Here, we analyse and compare their simulation of Arctic sea ice for...
Ueda,Hiroaki;Kamae,Youichi;Hayasaki,Masamitsu;Kitoh,Akio;Watanabe,Shigeru;Miki,Yurisa;Kumai,Atsuki
Nature Communications   6 8854   2015年11月   [査読有り]
Recent research indicates that the cooling trend in the tropical Pacific Ocean over the past 15 years underlies the contemporaneous hiatus in global mean temperature increase. During the hiatus, the tropical Pacific Ocean displays a La Nin ̃a-like...
2015年度春季大会専門分科会報告
別所,康太郎;石元,裕史;岡本,幸三;瀬古,弘;中島,孝;本多,嘉明;眞木,貴史;三好,建正;沖,大幹;奈佐原;虎谷,充浩;青木,輝夫;村上,浩;可知,美佐子;堀,雅裕;宮崎,和幸;木下,武也;江口,菜穂;小寺,邦彦;岩崎,俊樹;河谷,芳雄;西井,和晃;坂崎,貴俊;佐藤,薫;向川,均;高藪,縁;佐藤,芳昭;財城,真寿美;久保田,尚之;石井,正好;石原,正仁;藤吉,康志;立平,良三;尾瀬,智昭;中村,尚;那須野,智江;梶川,義幸;釜江,陽一;小玉,知央;佐藤,友徳;佐藤,正樹;冨田,智彦;水田,亮;上野,健一;玉川,一郎;筆保,弘徳;川瀬,宏明
日本気象学会「天気」   62(10) 913-921   2015年10月
二酸化炭素濃度上昇に対する速い気候応答 -2014年度山本賞受賞記念講演-
釜江,陽一
日本気象学会「天気」   62(5) 391-401   2015年5月   [査読有り]
研究会「長期予報と大気大循環」の報告 ENSOとその影響 我々はどこまで理解し,予測できているのか?
前田,修平;林,未知也;今田,由紀子;Swadhin,Behera;Takeshi,Doi;安田,珠幾;釜江,陽一;塩竈,秀夫;渡部,雅浩;木本,昌秀;石井,正好;植田,宏昭;小坂,優;藤井,陽介;豊田,隆寛;植木,巌
日本気象学会「天気」   62(3) 225-228   2015年3月

講演・口頭発表等

 
世界の異常高温頻度に対する温暖化の寄与率の歴史的変化
今田由紀子;塩竈秀夫;高橋千陽;釜江, 陽一;森正人;渡部雅浩;水田亮;石井正好;木本昌秀
日本気象学会2017年度秋季大会   2017年10月30日   
日本列島におけるatmospheric river通過時の豪雨の気候学的特徴
Kamae, Yoichi;Mei, W.;Xie, S.-P.
異常気象研究会2017   2017年11月20日   
北太平洋Atmospheric Riversの発生に対するENSOの同時・時間差影響
直井萌香;釜江, 陽一;植田, 宏昭
日本気象学会2017年度秋季大会   2017年10月30日   
d4PDFを用いた中国黄河流量の変動要因の特定
Kamae, Yoichi;Li, J.;Xie, S.-P.
日本気象学会2017年度秋季大会   2017年10月30日   
Increase in the Northeastern Pacific low cloud cover in the rapid adjustment to CO2
Kamae, Yoichi;Watanabe, M.
2017 CFMIP Meeting on Clouds, Precipitation, Circulation, and Climate Sensitivity   2017年9月25日   
大西洋を発端とした近年のグローバルモンスーン強化傾向
釜江, 陽一;Li, X.;Xie, S.-P.;植田, 宏昭
日本気象学会2017年度春季大会   2017年5月25日   
北太平洋atmospheric rivers発生頻度の気候学的分布とその変動
釜江, 陽一;Mei, W.;Xie, S.-P.;直井, 萌香;植田, 宏昭
日本気象学会2017年度春季大会   2017年5月25日   
PMIP3マルチモデルが示す中世温暖期におけるアジアモンスーン開始期の遅れ
Kamae, Yoichi;川名, 冬士;大城, 萌美;植田, 宏昭
JPGU-AGU joint meeting   2017年5月20日   
Atlantic-induced trans-basin teleconnection as a driving factor for the recent enhancement of global monsoon
Kamae, Yoichi;Li, X.;Xie, S.-P.;Ueda, H.
JPGU-AGU joint meeting   2017年5月20日   
Atlantic Origin of Recent Decadal Trends in Meridional Thermal Gradient and Global Monsoon
Kamae,Yoichi;Li,X.;Xie,S.-P.;Ueda,H.
97th AMS Annual Meeting   2017年1月22日   

書籍等出版物

 
Mid-Pliocene Greenhouse Climate Simulated by Atmospheric General Circulation Model : Comparison with Paleoclimate Proxy Data
釜江,陽一
Graduate School of Life and Environmental Sciences, the University of Tsukuba   2012年3月   

競争的資金等の研究課題

 
全球規模の気候変動予測と基盤的モデル開発
文部科学省: 統合的気候モデル高度化研究プログラムテーマA
研究期間: 2017年5月 - 2022年3月    代表者: 渡部雅浩
惑星規模のモンスーン長期変動機構の理解と予測
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 釜江陽一
季節予報の精度向上と予測情報の社会発信
筑波大学: つくば産学連携強化プロジェクト
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 植田宏昭
予測情報の信頼性・不確実性の定量化手法の開発
文部科学省: 気候変動リスク情報創生プログラムテーマC課題(ii)-a
研究期間: 2015年4月       代表者: 植田宏昭
気候感度に関する不確実性の低減化
文部科学省: 気候変動リスク情報創生プログラムテーマA課題(i)-b-1
研究期間: 2011年12月       代表者: 小倉知夫

その他

 
2016年4月
Nature出版社npj Climate and Atmospheric Science論文の査読
2016年4月
学術誌Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology論文の査読
2016年4月
イギリス王立気象学会誌Atmospheric Science Letters論文の査読
2016年4月
アメリカ気象学会誌Journal of Applied Meteorology and Climatology論文の査読
2016年4月
アメリカ気象学会誌Bulletin of the American Meteorological Society論文の査読