Kanda Yasuharu

J-GLOBAL         Last updated: Nov 13, 2019 at 02:49
 
Avatar
Name
Kanda Yasuharu
E-mail
kandammm.muroran-it.ac.jp
URL
http://www.mmm.muroran-it.ac.jp/~kanda/
Affiliation
Muroran Institute of Technology
Section
Graduate School of Engineering College of Information and Systems
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Engineering(Muroran Institute of Technology)
Research funding number
70447085

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 2006
Division of Science for Composite Functions, Graduate School, Division of Engineering, Muroran Institute of Technology
 
 
 - 
Mar 2001
Department of Applid Chemistry, Faculty of Engineering, Muroran Institute of Technology
 

Awards & Honors

 
Jan 2019
日本化学会北海道支部奨励賞, 日本化学会北海道支部
 
May 2014
石油学会奨励賞(出光興産賞), 公益社団法人石油学会
 

Published Papers

 
Development of Hydrogen Recycling Systems for Petroleum Refineries: Hydrogen Sulfide Decomposition Using Titania Photocatalyst
M. Takase, S. Furukawa, S. Matsuda, K. Nishimori, Y. Kanda
Journal of the Japan Petroleum Institute   61 361-364   Nov 2018   [Refereed]
Dehydrogenation of Methylcyclohexane over Zinc-containing Platinum/Alumina Catalysts
K. Mori, Y. Kanda, Y. Uemichi
Journal of the Japan Petroleum Institute   61 350-356   Nov 2018   [Refereed]
Acceptorless Dehydrogenative Synthesis of Pyrimidines from Alcohols and Amidines Catalyzed by Supported Platinum Nanoparticles
S.S. Poly, S.M.A.H. Siddiki, A.S. Touchy, K.W. Ting, T. Toyao, Z. Maeno, Y. Kanda, K. Shimizu
ACS Catalysis   8 11330-11341   Oct 2018   [Refereed]
Catalytic Activities of Noble Metal Phosphides for Hydrogenation and Hydrodesulfurization Reactions
Y. Kanda, K. Kawanishi, T. Tsujino, A. MFM Al-otaibi, Y. Uemichi
Catalysts   8    Apr 2018   [Refereed]
Solution Synthesis of N,N-Dimethylformamide-Stabilized Iron-Oxide Nanoparticles as an Efficient and Recyclable Catalyst for Alkene Hydrosilylation
R. Azuma, S. Nakamichi,J. Kimura,H. Yano, H. Kawasaki, T. Suzuki, R. Kondo, Y. Kanda, K. Shimizu, K. Kato, Y. Obora
ChemCatChem   10 2378-2382   Feb 2018   [Refereed]

Misc

 
ポリオレフィンの接触分解による低級オレフィン化
上道芳夫,加賀慎之介,神田康晴
ファインケミカル   46(12) 44-51   Dec 2017
新規貴金属リン化物触媒の調製と水素化脱硫・脱窒素活性に関する研究
神田康晴
ペトロテック   37(8) 588-592   Aug 2014
リン化ニッケル触媒の低温合成
神田康晴
触媒   56(1) 64   Jan 2014
ポリオレフィンのケミカルリサイクルのための高性能分解触媒の開発
上道芳夫,田幸恵,落合嘉美,山田誠人,神田康晴
ケミカルエンジニヤリング   57(4) 254-257   Apr 2012
廃アルミニウムによる新規水素製造法の開発
神田康晴,小林隆夫,上道芳夫,杉岡正敏
配管技術   53(1) 7-11   Jan 2011

Books etc

 
リンの事典
神田康晴
朝倉書店   Nov 2017   
触媒の設計・反応制御 事例集
神田康晴・上道芳夫・杉岡正敏
技術情報協会   Apr 2013   
各種手法による有機物の分解技術
上道芳夫・神田康晴
情報機構   May 2007   

Conference Activities & Talks

 
昇温硫化法を用いたリン化ロジウム触媒の耐硫黄性評価
上野錬, 上道芳夫, 神田康晴
第123回触媒討論会   20 Mar 2019   触媒学会
複合化光触媒による石油中含硫黄化合物の直接分解反応
高瀬舞, 山中真也, 神田康晴
第123回触媒討論会   20 Mar 2019   触媒学会
フェノールの選択的水素化脱酸素に対するリン化ロジウムの触媒特性
神田康晴, 千葉太陽, 荒内隆盛, 上野錬, 上道芳夫
日本化学会第99春季年会   16 Mar 2019   日本化学会
Ru-P触媒によるエチレン-アセチレン混合ガスの精製
堤惇樹, 上道芳夫, 神田康晴
日本海水学会若手会第10回学生研究発表会   7 Mar 2019   日本海水学会若手会
粉砕貝殻に対するカドミウムイオンの吸着特性
中島克, 神田康晴, 山中真也
日本海水学会若手会第10回学生研究発表会   7 Mar 2019   日本海水学会若手会

Research Grants & Projects

 
酸化チタンを担体に用いた高性能脱硫触媒の開発と活性制御因子の解明
公益財団法人日揮・実吉奨学会: 2018年度研究助成
Project Year: Sep 2018 - Aug 2019    Investigator(s): 神田 康晴
日本学術振興会: 科学研究費/若手研究(B)
Project Year: 2016 - 2018    Investigator(s): 神田 康晴
田中貴金属グループ: 2016年度「貴金属に関わる研究助成金」
Project Year: Apr 2016 - Mar 2017    Investigator(s): 神田 康晴
北海道に於ける再生可能エネルギー由来不安定電力の水素変換等による安定化・貯蔵・利用技術の研究開発
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構: 水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発/
Project Year: Feb 2015 - Mar 2019    Investigator(s): 神田 康晴
オレフィン精製用貴金属リン化物触媒の開発
田中貴金属グループ: 2015年度「貴金属に関わる研究助成金」
Project Year: Apr 2015 - Mar 2016    Investigator(s): 神田 康晴