加藤泰浩

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/18 18:16
 
アバター
研究者氏名
加藤泰浩
 
カトウ ヤスヒロ
URL
https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000040221882/
所属
東京大学
部署
工学(系)研究科(研究院)
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)
その他の所属
千葉工業大学国立研究開発法人海洋研究開発機構

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京大学大学院工学系研究科 エネルギ-・資源フロンティアセンタ- センター長
 
2017年4月
 - 
現在
千葉工業大学 次世代海洋資源研究センター 所長
 
2012年4月
 - 
現在
東京大学 大学院・工学系研究科 教授
 
2012年4月
 - 
現在
海洋研究開発機構 招聘上席研究員
 
2007年4月
 - 
2012年3月
東京大学 大学院・工学系研究科 准教授
 

受賞

 
2018年11月
日本経済新聞社 第28回 日経地球環境技術賞 (最優秀賞)
 
2018年3月
東京大学大学院工学系研究科 東京大学大学院工学系研究科 平成29年度研究科長表彰 (特別部門)
 
2016年10月
東京大学工学部 東京大学工学部 Best Teaching Award 2016
 
2013年6月
環境資源工学会 環境資源工学会優秀ポスター賞
受賞者: 加藤泰浩 (ほか4名)
 
2005年6月
資源地質学会 資源地質学会ベストポスター賞
受賞者: 加藤泰浩 (ほか4名)
 
2004年6月
資源地質学会 資源地質学会ベストポスター賞
受賞者: 加藤泰浩 (ほか2名)
 
2001年6月
資源地質学会 資源地質学会ベストポスター賞
受賞者: 加藤泰浩 (ほか1名)
 
2001年6月
資源地質学会 資源地質学会学会賞 研究奨励賞
 
1995年6月
資源地質学会 資源地質学会ベストポスター賞
受賞者: 加藤泰浩 (ほか4名)
 

論文

 
Yutaro Takaya, Meiqi Wang, Koichiro Fujinaga, Etsuo Uchida, Tatsuo Nozaki and Yasuhiro Kato
Minerals   9(4) 239   2019年4月   [査読有り]
Takaya, T., Wu, M. and Kato, Y.
ACS earth and space chemistry   3 285-294   2019年   [査読有り]
レアアース泥の起源:独立成分分析による数理統計的アプローチを中心に
安川和孝・中村謙太郎・藤永公一郎・岩森光・加藤泰浩
地球化学   52 171-210   2018年   [査読有り]
日本列島付加体中に胚胎する古海洋底で生成した鉱床
野崎達生・藤永公一郎・加藤泰浩
地質学雑誌   124 995-1020   2018年   [査読有り]
Nozaki, T., Nikaido, T., Onoue, T., Takaya, Y., Sato, K., Kimura, J.-I., Chang, Q., Yamashita, D., Sato, H., Suzuki, K., Kato, Y. and Matsuoka, A.
Journal of Asian Earth Science      2018年   [査読有り]
Sato, Y.*, Hirano, N., Machida, S., Yamamoto, J., Nakanishi, M., Ishii, T., Yasukawa, K. and Kato Y.
International Geology Review   60 1231-1243   2018年   [査読有り]
Yasukawa, K., Ohta, J., Mimura, K., Tanaka, E., Takaya, Y., Usui, Y., Fujinaga, K., Machida, S., Nozaki, T., Iijima, K., Nakamura, K. and Kato, Y.
Ore Geology Review   102 260-267   2018年   [査読有り]
Kashiwabara, T., Toda, R., Nakamura, K., Yasukawa, K., Fujinaga, K., Kubo, S., Nozaki, T., Takahashi, Y., Suzuki, K. and Kato, Y.
Geochimica et Cosmochimica Acta   240 274-292   2018年   [査読有り]
Azami, K., Hirano, N., Machida, S., Yasukawa, K. and Kato, Y.
Chemical Geology   493 224-233   2018年   [査読有り]
Takaya Yutaro, Yasukawa Kazutaka, Kawasaki Takehiro, Fujinaga Koichiro, Ohta Junichiro, Usui Yoichi, Nakamura Kentaro, Kimura Jun-Ichi, Chang Qing, Hamada Morihisa, Dodbiba Gjergj, Nozaki Tatsuo, Iijima Koichi, Morisawa Tomohiro, Kuwahara Takuma, Ishida Yasuyuki, Ichimura Takao, Kitazume Masaki, Fujita Toyohisa, Kato Yasuhiro
Scientific Reports   8    2018年   [査読有り]
Takaya Yutaro, Nakamura Kentaro, Kato Yasuhiro
Resource Geology   68(1) 93-100   2018年   [査読有り]
Nozaki Tatsuo, Takaya Yutaro, Toyofuku Takashi, Tokumaru Ayaka, Goto Kosuke T, Chang Qing, Kimura Jun-ichi, Kato Yasuhiro, Suzuki Katsuhiko, Augustin Adolpho Herbert, Kitazato Hiroshi
Resource Geology   67(4) 442-450   2017年   [査読有り]
Yasukawa Kazutaka, Nakamura Kentaro, Fujinaga Koichiro, Ikehara Minoru, Kato Yasuhiro
Scientific Reports   7    2017年   [査読有り]
Yasukawa Kazutaka, Nakamura Kentaro, Fujinaga Koichiro, Iwamori Hikaru, Kato Yasuhiro
Scientific Reports   6    2016年   [査読有り]
Nozaki Tatsuo, Ishibashi Jun-Ichiro, Shimada Kazuhiko, Nagase Toshiro, Takaya Yutaro, Kato Yasuhiro, Kawagucci Shinsuke, Watsuji Tomoo, Shibuya Takazo, Yamada Ryoichi, Saruhashi Tomokazu, Kyo Masanori, Takai Ken
Scientific Reports   6    2016年   [査読有り]
Suzuki Katsuhiko, Ishibashi Jun-Ichiro, Kato Yasuhiro, Nozaki Tatsuo
Geochemical Journal   50(6) 449-452   2016年   [査読有り]
Nozaki Tatsuo, Tokumaru Ayaka, Takaya Yutaro, Kato Yasuhiro, Suzuki Katsuhiko, Urabe Tetsuro
Geochemical Journal   50(6) 527-537   2016年   [査読有り]
Machida Shiki, Fujinaga Koichiro, Ishii Teruaki, Nakamura Kentaro, Hirano Naoto, Kato Yasuhiro
Geochemical Journal   50(6) 539-555   2016年   [査読有り]
Ohta Junichiro, Yasukawa Kazutaka, Machida Shiki, Fujinaga Koichiro, Nakamura Kentaro, Takaya Yutaro, Iijima Koichi, Suzuki Katsuhiko, Kato Yasuhiro
Geochemical Journal   50(6) 591-603   2016年   [査読有り]
Fujinaga Koichiro, Yasukawa Kazutaka, Nakamura Kentaro, Machida Shiki, Takaya Yutaro, Ohta Junichiro, Araki Shuhei, Liu Hanjie, Usami Ryo, Maki Ryota, Haraguchi Satoru, Nishio Yoshiro, Usui Yoichi, Nozaki Tatsuo, Yamazaki Toshitsugu, Ichiyama Yuji, Ijiri Akira, Inagaki Fumio, Machiyama Hideaki, Iijima Koichi, Suzuki Katsuhiko, Kato Yasuhiro, KR13-02 MR13-E302 Leg 2 &amp, KR14-02
Geochemical Journal   50(6) 575-590   2016年   [査読有り]

Misc

 
藤永公一郎・安川和孝・髙谷雄太郎・大田隼一郎・中村謙太郎・加藤泰浩
Journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan   131 648-655   2015年   [査読有り]
高谷雄太郎・平出隆志・藤永公一郎・中村謙太郎・加藤泰浩
Journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan   130(4) 94-102   2014年   [査読有り]
野崎達生・加藤泰浩・鈴木勝彦
地球化学   48(4) 279-305   2014年   [査読有り]
大田隼一郎・藤永公一郎・髙谷雄太郎・加藤泰浩
資源地質   62(3) 197-209   2012年   [査読有り]
高谷雄太郎・中村謙太郎・加藤泰浩
Journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan   128(2) 94-102   2012年   [査読有り]
安川 和孝, 加藤 泰浩
地質学雑誌   117(4) 217-237   2011年4月
藤永公一郎・野崎達生・中山健・加藤泰浩
資源地質   61(1) 1-11   2011年
高谷 雄太郎, 中村 謙太郎, 加藤 泰浩
Journal of MMIJ : journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan   126(4) 131-137   2010年3月
Quite recently, a basaltic aquifer receives particular attention as a suitable candidate for CO2 aquifer storage because basaltic rocks contain high concentrations of Ca, Mg, and Fe that can enhance CO2 geochemical trapping via acid neutralization...
安川 和孝, 中村 謙太郎, 加藤 泰浩
地質学雑誌   116(8) 418-436   2010年
約55 Maに生じた暁新世/始新世境界温暖化極大(PETM)では,炭素同位体比負異常(CIE)を伴う4℃以上の全球的温暖化が生じた.これは12Cに富む温室効果ガスの放出を示唆しているが,その起源は現在も特定されていない.本稿ではこの問題を,シンプルな炭素循環モデリングにより再検討した.PETMのトリガーとしては,同時期に北大西洋で起こった大規模火成活動が最も妥当と考えられる.計算の結果,この火成活動により生成した2,200 Gt-Cの熱分解起源メタンと,海底メタンハイドレートの分解に伴う7...
鈴木 勝彦, 加藤 泰浩
資源地質   60(1) 25-36   2010年
山崎 徹, 淡路 俊作, Blackman D., 前田 仁一郎, 加藤 泰浩, Exp.304 305地球化学分析グループ
日本地質学会学術大会講演要旨   115    2008年9月
山口 耕生, 加藤 泰浩, 中村 謙太郎, 鈴木 勝彦, 根建 心具, Hickman Arthur, 渡邊 由美子, 大本 洋
日本地質学会学術大会講演要旨   115    2008年9月
URABE Tetsuro, CHIBA Hitoshi, KATO Yasuhiro
Resource geology   58(3)    2008年9月
藤永 公一郎, 野崎 達生, 西内 隆純, 桑原 希世子, 加藤 泰浩
Resource geology   56(4) 399-414   2006年12月
桑原 希世子, 藤永 公一郎, 加藤 泰浩
Resource geology   56(4) 415-421   2006年12月
野崎 達生, 中村 謙太郎, 淡路 俊作, 加藤 泰浩
Resource geology   56(4) 423-432   2006年12月
淡路 俊作, 中村 謙太郎, 野崎 達生, 加藤 泰浩
Resource geology   56(4) 471-478   2006年12月
加藤 泰浩, 藤永 公一郎, 野崎 達生, 大澤 博, 中村 謙太郎, 小野 隆治
Resource geology   55(4) 291-299   2005年12月
野崎 達生, 中村 謙太郎, 大澤 博, 藤永 公一郎, 加藤 泰浩
Resource geology   55(4) 301-310   2005年12月
淡路 俊作, 中村 謙太郎, 森口 恵美, 加藤 泰浩, 石井 輝秋
資源地質   54(2) 125-138   2004年12月
白井 恭子, 田原 岳史, 保倉 明子, 中井 泉, 横山 一己, 寺田 靖子, 加藤 泰浩
日本鉱物学会・学術講演会,日本岩石鉱物鉱床学会学術講演会講演要旨集   2004    2004年9月
野崎 達生, 中村 謙太郎, 藤永 公一郎, 森口 恵美, 加藤 泰浩
資源地質   54(1) 77-89   2004年6月
KATO Yasuhiro, IKEDA Tomoko, MORIGUCHI Emi
Resource geology   52(2) 123-134   2002年7月
KATO Yasuhiro, KANO Takashi, KUNUGIZA Keitaro
Resource geology   52(2) 101-110   2002年7月
KATO Yasuhiro, URABE Tetsuro, KAKEGAWA Takeshi
Resource geology   52(2) 81-82   2002年7月
中村 謙太郎, 藤永 公一郎, 加藤 泰浩
岩石鉱物科学   29(5) 175-190   2000年11月
Major, trace and rare earth elements (REE) abundances are reported for in-situ basalts from the Mugi Formation, southeastern Shikoku, and the Ryujin Formation, western Kii Peninsula in the Upper Cretaceous Shimanto Belt. High field strength elemen...
加藤 泰浩, 池崎 秋芳
地質学論集   (57) 171-181   2000年9月
西オーストラリア, ピルバラ地塊, マーブルバー地域のSalgash亜層群(3.5Gyr)の最上部に分布する珪質泥岩/砂岩の全岩化学組成(主要, 微量, 希土類元素)を検討した.本検討試料は, 他の太古代初期の緑色岩帯中の頁岩に比較して, Ni, Cr含有量が異常に低く, 他の微量元素組成の特徴も, 花崗岩やTTGなどの珪長質な岩石に由来することを示す.コンドライト規格化希土類元素パターンも, 花崗岩やTTGのパターンに類似しているが, 半数程度の試料に長石の局所的な濃集による正のEu異常...
松永 将弥, 福田 勝利, 加藤 泰浩, 中井 泉
Resource geology   50(1) 75-81   2000年3月
藤永 公一郎, 加藤 泰浩, 君波 和雄, 三浦 健一郎, 中村 謙太郎
地質学論集   52 205-216   1999年9月
小澤 大成, 元山 茂樹, 井上 宗弥, 加藤 泰浩, 村田 守
地質学論集   52 217-228   1999年9月
中村 謙太郎, 加藤 泰浩, 石井 輝秋
資源地質   49(1) 15-28   1999年2月
木村 進一, 加藤 泰浩
資源地質   48(2) 93-103   1998年10月
角田 地文, 加藤 泰浩, 恒松 知樹, 寺林 優, 磯崎 行雄, 丸山 茂徳, 椛島 太郎, 小宮 剛, 鈴木 良剛
資源地質   45(4)    1995年8月
河上 貴範, 加納 隆, 加藤 泰浩, 恒松 知樹, 椚座 圭太郎, 渡部 芳夫
資源地質   45(4)    1995年8月
木村 進一, 加藤 泰浩, 丸山 茂徳, 小宮 剛, 渡部 芳夫
資源地質   45(4) 284-285   1995年8月
森永 千穂, 加藤 泰浩, 丸山 茂徳, 小宮 剛, 渡部 芳夫
資源地質   45(4)    1995年8月
加藤 泰浩, 太田 泉, 恒松 知樹, 遠藤 秀視, 磯崎 行雄, 丸山 茂徳, 渡部 芳夫
日本地質学会学術大会講演要旨   102    1995年3月
遠藤 秀視, 加藤 泰浩, 磯崎 行雄
日本地質学会学術大会講演要旨   102    1995年3月
丸山 茂徳, 木村 学, 小宮 剛, 加藤 泰浩
日本地質学会学術大会講演要旨   102    1995年3月
椛島 太郎, 磯崎 行雄, 寺林 優, 角田 地文, 恒松 知樹, 鈴木 良剛, 加藤 泰浩, 丸山 茂徳, 小宮 剛
日本地質学会学術大会講演要旨   102    1995年3月
角田 地文, 加藤 泰浩, 磯崎 行雄, 寺林 優
日本地質学会学術大会講演要旨   102    1995年3月
磯崎 行雄, 丸山 茂徳, 木村 学, 寺林 優, 加藤 泰浩, 椛島 太郎, 角田 地文, 恒松 知樹, 鈴木 良剛, 小宮 剛
日本地質学会学術大会講演要旨   102    1995年3月
恒松 知樹, 大田 泉, 加藤 泰浩
日本地質学会学術大会講演要旨   102    1995年3月
太田 宏, 磯崎 行雄, 丸山 茂徳, 加藤 泰浩
日本地質学会学術大会講演要旨   100    1993年3月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2015年 - 2020年    代表者: 加藤泰浩
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 加藤泰浩
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 加藤泰浩
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 山口耕生
オーストラリア北西部のPibara地域で採取された、約34.6億年前のチャート及び約32億年前のチャート/縞状鉄鉱層の陸上掘削試料を用いて、太古代の海洋環境(例:酸化還元状態・成層構造・海底熱水活動の影響・海水温度)及び微生物生命活動を制約することが、本申請研究の目的である。平成21年度は、計画通り、約34.6億年前のABDP試料及び約32億年前のDXCL-DP試料を各々約100試料について、粉末試料を制作して前処理を施し、高度分析装置であるICP-MSを用いて、無機元素分析を行った。その...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 玉木賢策
本研究は、研究調査航海を実施、新たな熱水鉱床発見をめざした探査を実施しながら、熱水鉱床生成機構解明の研究を進めるとともに、探査手法の開発を行うことを目的としたものである。研究フィールドは、中央海嶺型の熱水鉱床研究の対象として中央インド洋海嶺、島弧型熱水鉱床研究の対象として伊豆・小笠原弧明神礁海域を選んだ。研究期間内に、中央インド洋海嶺において1航海(首席研究員:玉木)、明神礁海域において4航海(首席研究員:玉木・飯笹・浦)を実施した。このうち3航海において、研究分担者の浦が開発したAUV(...