菊池吉晃

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/26 14:02
 
アバター
研究者氏名
菊池吉晃
 
キクチ ヨシアキ
eメール
ykikuchitmu.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/50134739.ja.html
所属
首都大学東京
部署
健康福祉学部 作業療法学科
その他の所属
首都大学東京首都大学東京
科研費研究者番号
50134739

プロフィール

Yoshiaki Kikuchi, D. Med. Sci. & Ph.D. is professor of Neuroscience at Graduate School of Tokyo Metropolitan University. He is recently interested in the neural basis of ‘love’, especially ‘mother’s love’ (The Functional Neuroanatomy of Maternal Love: Mother’s Response to Infant’s Attachment Behaviors. Biological Psychiatry 63; 415-23, 2008; Baby’s Little Smiles: Building a Relationship with Mon. How Smiles – and Pouts – Are Helping Researchers Probe the Essence of the Complex Mother-Infant Bond. Scientific American Mind Matters Sep 23, 2008), ‘happiness’ (The Brain Feeling Happiness, Chemistry & Chemical Industry, 664, 135-137, 2011), ‘adaptive memory’, ‘self-esteem’ (Gender Differences of Brain Activity in the Conflicts Based on Implicit Self-esteem. PLoS ONE 7(5): e37901) and ‘humanity’ (The Neural Basis of Emotion Underlying Human Nature – Its Adaptive Mechanism –, Japanese Journal of Physiological Anthropology 18, No.2, 1-6, 2013; The Female Brain Bearing Life. The Science Council of Japan Forum, 6, 94-99, 2012). In particular, his study on the neural basis of mother’s love with Dr. M. Noriuchi has been reported by The New York Times (Maternal Instinct Is Wired Into the Brain, March 7, 2008), a special article in a scientific magazine (L’instinct maternal est-il universel? Le Monde de l’enfance No.3; 40-44, 2008) and reported by various NetNews. Find out more about his study reports at his ResearchGate (https://www.researchgate.net/profile/Yoshiaki_Kikuchi) .

研究分野

 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
首都大学東京 人間健康科学研究科 教授、フロンティアヘルスサイエンス学域長
 
2005年4月
 - 
2014年3月
首都大学東京 人間健康科学研究科 教授
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京都立保健科学大学(現 首都大学東京) 教授、基礎保健科学センター長
 
1998年4月
 - 
2002年3月
東京都立保健科学大学(現 首都大学東京) 教授
 
1984年4月
 - 
1998年3月
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 講師
 

受賞

 
2009年
日本生理人類学会優秀発表賞受賞
 
2009年
日本保健科学学会優秀賞受賞
 
2006年
日本生理人類学会奨励賞受賞
 
2004年
日本リハビリテーション医学会最優秀論文賞受賞
 

論文

 
身体バランスの不安定性認知における自己特異的脳活動
跡見友章、則内まどか、大場健太郎、跡見順子、菊池吉晃
日本保健科学学会誌   18 149-160   2015年   [査読有り]
Kikuchi Y, Noriuchi M
Neuroscience Communications   (invited review)    2015年   [査読有り][招待有り]
Does self-recognition of one’s own fall recruit genuine bodily crisis-related brain activity?
Kikuchi Y, Noriuchi M
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   4(invited review) 299-306   2015年   [査読有り][招待有り]
Oba K, Noriuchi M, Atomi T, Moriguchi, Kikuchi Y
Social Cognitive and Social Neuroscience   doi: 10.1093/scan/nsv073 1-9   2015年   [査読有り]
Kohno S, Noriuchi M, Iguchi Y, Kikuchi Y, Hoshi Y
Frontiers in human neuroscience   9 51   2015年   [査読有り]
Atomi T, Noriuchi M, Oba K, Atomi Y, Kikuchi Y
PloS one   9(12) e115303   2014年   [査読有り]
Watanabe R, Higuchi T, Kikuchi Y
Experimental brain research   228(2) 161-171   2013年7月   [査読有り]
Wired to Prefer 'Cute, Sexy and Sweet'
The Huffington Post, TED Weekends      2013年   [招待有り]
Miyamoto R, Kikuchi Y
PloS one   7(5) e37901   2012年   [査読有り]
Noriuchi M, Kikuchi Y, Yoshiura T, Kira R, Shigeto H, Hara T, Tobimatsu S, Kamio Y
Brain research   1362 141-149   2010年11月   [査読有り]
Baby’s little smiles: Building a relationship with Mon. How smiles – and pouts – are helping researchers probe the essence of the complex mother-infant bond
Scientific American Mind Matters      2008年9月   [招待有り]
Noriuchi M, Kikuchi Y, Senoo A
Biological psychiatry   63(4) 415-423   2008年2月   [査読有り]
Kawamichi H, Kikuchi Y, Ueno S
NeuroImage   37(3) 956-965   2007年9月   [査読有り]
Kawamichi H, Kikuchi Y, Noriuchi M, Senoo A, Ueno S
Brain research   1144 117-126   2007年5月   [査読有り]
Neural mechanism of self-initiated and externally triggered finger movements
Journal of Physical Therapy Science   103-109   2007年   [査読有り]
Magnetoencephalographic measurement during two types of mental rotations of three-dimensional objects
IEEE Transaction on Magnetics   41 4200-4202   2005年   [査読有り]
Language-related brain function during word repetition in post-stroke aphasics.
Abo M, Senoo A, Watanabe S, Miyano S, Doseki K, Sasaki N, Kobayashi K, Kikuchi Y, Yonemoto K
Neuroreport   15(12) 1891-1894   2004年8月   [査読有り]
Spatio-temporal brain activity in mental rotation
Neurology and Clinical Neurophysiology   66 1-7   2004年   [査読有り]
Hiroshi Tsukimoto,Mitsuru Kakimoto,Chie Morita,Yoshiaki Kikuchi
Systems and Computers in Japan   35(1) 67-78   2004年   [査読有り]
Hiroshi Tsukimoto,Mitsuru Kakimoto,Chie Morita,Yoshiaki Kikuchi
Progress in Discovery Science, Final Report of the Japanese Discovery Science Project   232-245   2002年   [査読有り]
Mitsuru Kakimoto,Chie Morita,Yoshiaki Kikuchi,Hiroshi Tsukimoto
Proceedings of the International Workshop on Multimedia Data Mining, MDM/KDD'2000, August 20th, 2000, Boston, MA, USA   91-97   2000年   [査読有り]
Hiroshi Tsukimoto,Mitsuru Kakimoto,Chie Morita,Yoshiaki Kikuchi,Eiko Hatakeyama,Yoshifumi Miyazaki
Discovery Science, Third International Conference, DS 2000, Kyoto, Japan, December 4-6, 2000, Proceedings   212-224   2000年   [査読有り]
Effects of inhalation of essential oils on EEG activity and sensory evaluation
Masago, R., Matsuda, T., Kikuchi, Y., Miyazaki, Y. Iwanaga, K., Harada, H., Katsuura, T.
Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science   19 35-42   2000年   [査読有り]
Temporal structure of implicit imagery in visual hand-shape discrimination as revealed by MEG
NeuroReport   9 1127-1132   1998年   [査読有り]
Temporal process from receptors to higher brain in taste detection studied by gustatory-evoked magnetic fields and reaction times
Annals New York Academy of Sciences   855 493-497   1998年   [査読有り]
Human cortico-hippocampal activity related to auditory discrimination revealed by neuromagnetic field
NeuroReport   8 1657-1661   1997年   [査読有り]
The primary gustatory area in human cerebral cortex studied by magnetoencephalography
Neuroscience Letters   212 155-158   1996年   [査読有り]

Misc

 
NHKスペシャル ママたちが非常事態!?2 ~最新科学で迫るニッポンの子育て~
菊池吉晃
NHKスペシャル      2016年3月
NHKスペシャル ママたちが非常事態!? ~最新科学で迫るニッポンの子育て~
菊池吉晃
NHKスペシャル      2016年1月   [依頼有り]
The nostalgic brain gives you the power to live
菊池吉晃
Atlas of Science: another view on science      2015年   [依頼有り]
「母性愛」脳科学研究の視点から
菊池吉晃、則内まどか
赤ちゃん学会雑誌「ベビーサイエンス」コメント論文   14    2014年   [依頼有り]
黒野 昭彦, 月本 洋, 岡本 智幸, 菊池 吉晃, 妹尾 淳史
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   96(11) 2838-2845   2013年11月
脳の非侵襲計測法の一種であるfMRIにおいては,その信号特性から,解析の際には何らかのデータマイニング的手法が必要となる.筆者らはこれまでノンパラメトリック線形回帰分析による解析を試み,既存手法と比較して良好な結果を得てきた.今回我々は,同じ手法を脳のブロードマン領域に個別に適用し,モデルの良さを比較することで賦活領域を検出する新たな方法を提案した.実験の結果,既存手法であるSPM,及びROI解析と比較して,SPMと同等以上,ROIより良好な成果を得た.
則内 まどか, 菊池 吉晃
精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica   115(6) 630-634   2013年6月
ノンパラメトリック線形回帰分析を用いた脳の賦活領域の検出
黒野昭彦、月本洋、岡本智幸、菊池吉晃、妹尾淳史
電子情報通信学会論文誌D   J96-D(11) 2839-2845   2013年   [査読有り]
菊池 吉晃
学術の動向   17(6) 6_94-6_99   2012年
菊池 吉晃
日本生理人類学会誌   18(2) 61-66   2013年5月
黒野 昭彦, 月本 洋, 岡本 智幸, 菊池 吉晃, 妹尾 淳史
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   111(57) 27-30   2011年5月
脳の非侵襲計測法の一種であるfMRIは,その信号特性から,解析の際には何らかのデータマイニング的手法が必要となる.現状では統計的方法や多変量解析的手法が主として用いられているが,筆者らはノンパラメトリック回帰分析の応用を試みている.これまでは,全脳を対象にノンパラメトリック回帰分析を行い,既存手法と比較して良好な結果を得てきた.今回我々は,同じ手法を脳の部分に個別に適用することで新たな知見が得られると考え,実験の結果既存手法であるROI解析と比較して良好な成果を得たので,これを報告する.
則内 まどか, 菊池 吉晃
精神神経学雑誌   115(6) 630-634   2013年
菊池 吉晃, 則内 まどか
化学と工業 = Chemistry and chemical industry   64(2) 135-137   2011年2月
親性発達の神経基盤 -母親の脳機能イメージング研究の視点から-
則内まどか、菊池吉晃
赤ちゃん学会雑誌「ベビーサイエンス」コメント論文      2010年   [依頼有り]
宮本 礼子, 菊池 吉晃, 妹尾 淳史
日本保健科学学会誌   11(3) 153-161   2008年12月
我々は,解剖模倣(解剖学的に同側の四肢を使用した模倣)よりも鏡模倣を自然に実行する傾向があるが,この神経基盤はいまだに明確ではない。本研究では,fMRIを用い,鏡条件と解剖条件における左右手指運動模倣時の脳活動を比較し,解剖模倣の特性について検討した。その結果,鏡模倣に比べて解剖模倣で,両側下前頭回(IFG)と右背側運動前野(PMd)の活動が左右どちらの手を被験者が用いているかに関わらず認められた。右PMdは,被験者が解剖模倣でより注意深く,左手あるいは右手での運動表象を調整する必要があっ...
笹尾 忠弘, 妹尾 淳史, 菊池 吉晃, 泉水 宏臣, 永松 俊哉, 藤本 敏彦, 肥田 裕久
日本保健科学学会誌   13(0)    2010年9月
福永 一星, 泉水 宏臣, 永松 俊哉, 菊池 吉晃, 宮本 礼子, 則内 まどか, 妹尾 淳史
日本保健科学学会誌   13(0)    2010年9月
跡見 友章, 吉澤 優, 則内 まどか, 菊池 吉晃
日本理学療法学術大会   2009(0) A3O2050-A3O2050   2010年
【目的】直立二足における身体重心の制御に関する脳科学的検討は、転倒など、バランスが不安定な状況下における身体防衛のためのメカニズムを知る上で重要である。しかしヒトのバランスに関する脳科学的研究は、安定した姿勢の保持や歩行のイメージなどの課題が多く、身体が不安定な状態の脳活動についての研究は数少ない。さらに、情動面や自己と他者の区別などの側面を含めた研究はない。その基礎として、本研究では、身体が不安定である状況を見ているときの脳活動について、情動や自己に特有な側面も含めて検討した。<BR>【...
菊池 吉晃
日本保健科学学会誌   10(4) 205-214   2008年3月
筆者らは,人間のさまざまな高次脳機能の解明に向けて,機能的磁気共鳴画像法(fMRI)と脳磁界(MEG)による脳機能イメージング研究をおこなっている。MEGを用いた高時間分解能の複数発生源同時推定法によって,選択的注意時の海馬傍回後部を中心とした各連合野の神経活動の精緻な時空間構造をmsecオーダーで視覚化することに成功した。また,図形,文字,手のメンタルローテーションにおける「視覚関連領野⇒運動前野⇔頭頂連合野」の詳細な時空間構造を明らかにした。この神経ネットワークは,視覚誘導性の手操作関...
泉水 宏臣, 永松 俊哉, 妹尾 淳史, 菊池 吉晃, 宮本 礼子, 則内 まどか, 藤本 敏彦, 杉本 正子
体力科學   57(6)    2008年12月
磁気共鳴画像(functional MRI)を用いた母親の育児行動の神経機構に関する研究
則内まどか, 菊池吉晃
健康医科学   22 115-124   2008年   [依頼有り]
宮本 礼子, 菊池 吉晃, 妹尾 淳史
日本生理人類学会誌   11(4) 157-162   2006年11月
We performed functional magnetic resonance imaging(fMR) on seven normal, right-handed volunteers while they viewed video clips of a static or moving hand, with fingers pointed toward the subject. Brain areas that showed significantly higher activa...
永松 俊哉, 泉水 宏臣, 菊池 吉晃, 妹尾 淳史, 藤本 敏彦, 杉本 正子, 則内 まどか, 宮本 礼子
体力科學   56(6)    2007年12月
泉水 宏臣, 永松 俊哉, 菊池 吉晃, 妹尾 淳史, 藤本 敏彦, 杉本 正子, 則内 まどか, 宮本 礼子
体力科學   56(6)    2007年12月
菊池 吉晃, 川道 拓東
Monthly book medical rehabilitation   (70) 197-204   2006年9月
来間 弘展, 渡邉 修, 池田 由美, 松田 雅弘, 津吹 桃子, 妹尾 淳史, 菊池 吉晃, 米本 恭三
理学療法学   33(2)    2006年4月
来間 弘展, 渡邉 修, 池田 由美, 松田 雅弘, 津吹 桃子, 妹尾 淳史, 菊池 吉晃, 米本 恭三
日本理学療法学術大会   2005(0) A0874-A0874   2006年
【はじめに】失調症状を呈する患者へのリハビリテーションに、以前より重り負荷が用いられてきた。しかしこの治療法の効果における脳内でのメカニズムについては、不明な点が多い。そこで今回、健常人に対して重り負荷を用いた足関節運動を行い、この重り負荷が脳内でどのような影響を及ぼすかを機能的MRI(以下fMRIと略す)にて測定し検討した。<BR>【対象】対象は健常成人7名(19歳~45歳。平均30歳。男性6名)。すべての対象者にインフォームドコンセントを行い了解を得た。撮影は同大学の放射線科教員が行い...
来間 弘展, 渡邉 修, 池田 由美, 山内 寿恵, 妹尾 淳史, 菊池 吉晃, 安保 雅博, 米本 恭三
理学療法科学   20(1) 1-5   2005年2月
来間 弘展, 渡邉 修, 池田 由美, 山内 寿恵, 妹尾 淳史, 菊池 吉晃, 安保 雅博, 米本 恭三
理学療法科学   20(1) 1-5   2005年
健常人での手指の連続的対立運動における小脳の活動を,機能的MRIにて測定し,聴覚誘導を伴う随意運動時の脳内システムについて検討した。対象は健常成人9名で,課題は1秒間に1回の速度で連続的にタップする運動で,これを自発的に行う課題(自己ペース運動)とメトロノーム音を聞き,タップする課題(聴覚誘導運動)を行った。右手では自己ペース運動において,全例において右小脳の賦活を認め,聴覚誘導運動では9例中7例において賦活が減少し,1例で消失,1例は不変であった。左手では自己ペース運動においては9例中8...
宮本 礼子, 菊池 吉晃, 田中 雅行, 渡邉 修, 妹尾 淳史
日本保健科学学会誌   7(3) 200-207   2004年12月
20個の立方体の組み合わせからなる遅延見本合わせ課題遂行時における脳内活動をfMRIを用いて検討した。課題の提示は, 課題準備用の緑の画面・サンプル刺激・課題記憶保持期間としての黒の画面I・比較刺激・記憶消去期間としての黒の画面II, の順で行った。その結果, 立体図形の認知・記憶に関与する頭頂連合野・視覚連合野, ワーキングメモリーとしての前頭連合野, 前頭連合野とともに認知機能に関与する小脳, 運動前野などで有意な賦活を認めた。特に, 頭頂-運動前野(頭頂前頭回路)の賦活が認められたこ...
則内 まどか, 青木 豊, 菊池 吉晃, 里村 恵子
小児保健研究   63(6) 653-659   2004年11月   [査読有り]
渡邉 修, 安保 雅博, 菊池 吉晃, 妹尾 淳史, 来聞 弘展, 宮野 佐年, 米本 恭三
リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌   41(7) 472-478   2004年7月
随意運動において,ペーシング音の前補足運動野(pre-SMA)および補足運動野(SMA proper)に対する影響を,機能的MRIを使用し,健常成人10人を対象に検討した.運動課題は母指の各指への順序だった対立運動で,自己ペースで行う場合と,メトロノームによる聴覚誘導で行う場合を比較した.大脳皮質の賦活は,それぞれの領域に10の関心領域をとり, MRI信号強度(t値)として検出,分析した.右手では,自己ペース運動の場合,10例中6例で右のSMA properに,3例で左のSMA prope...
来間 弘展, 渡邉 修, 池田 由美, 妹尾 淳史, 菊池 吉晃, 米本 恭三
理学療法学   31(2)    2004年4月
来間 弘展, 渡邉 修, 池田 由美, 妹尾 淳史, 菊池 吉晃, 米本 恭三
日本理学療法学術大会   2003(0) A0070-A0070   2004年
【はじめに】リハビリテーション医療において汎用されてきた、随意運動の障害を視覚や聴覚といった外的手がかりで補償する効果について、これらのシステムにどのような影響を与えるかという研究は少なく、特に小脳に関するヒトでの研究は皆無である。そこで我々は、まず健常人での手指の連続的対立運動における小脳の活動を、機能的MRI(以下fMRIと略す)にて測定し、聴覚誘導を伴う随意運動時の脳内システムについて検討した。<BR>【対象】対象は健常成人9名(平均28歳。男性5名、女性4名)で、Edinburgh...
渡邉 修, 安保 雅博, 菊池 吉晃, 妹尾 淳史, 来間 弘展, 宮野 佐年, 米本 恭三
リハビリテーション医学   41(7) 472-478   2004年
随意運動において,ペーシング音の前補足運動野(pre-SMA)および補足運動野(SMA proper)に対する影響を,機能的MRIを使用し,健常成人10人を対象に検討した.運動課題は母指の各指への順序だった対立運動で,自己ペースで行う場合と,メトロノームによる聴覚誘導で行う場合を比較した.大脳皮質の賦活は,それぞれの領域に10の関心領域をとり,MRI信号強度(t値)として検出,分析した.右手では,自己ペース運動の場合,10例中6例で右のSMA properに,3例で左のSMA proper...
月本 洋, 柿元 満, 森田 千絵, 菊池 吉晃
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   84(12) 2623-2633   2001年12月
脳の非侵襲計測(f-MRI, MEG, PET等)は最近急速に発達し, 詳細な脳機能画像が得られるようになった.これによって, 脳の部位と脳の機能の対応関係がよくわかるようになった.現在, この分野の研究者はこの脳機能画像を用いて, 脳の部位と脳の機能の対応関係を調べている.筆者らは, ノンパラメトリック回帰分析をf-MRI画像に適用して, 自動的にそして客観的に脳の部位を同定するアルゴリズムを研究中である.脳は3次元なので, 3次元のノンパラメトリック回帰分析が望まれるが, それは膨大な...
森田 千絵, 柿元 満, 菊池 吉晃, 月本 洋
人工知能学会論文誌 = Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence : AI   16 212-219   2001年11月
森田 千絵, 柿元 満, 菊池 吉晃, 月本 洋
人工知能学会誌   16(2)    2001年3月
栢森 良二, 星 文彦, 都丸 哲也, 生駒 一憲, 正門 由久, 小川 真司, 山崎 裕功, 鈴木 美保, 戸島 雅彦, 藤井 泰, 清水 康裕, 田丸 冬彦, 日原 信彦, 亀井 尚, 杉本 淳, 菊池 吉晃, 酒井 保治郎, 羽田 康司, 小林 宏高, 野田 幸男, 嘉手川 淳, 家永 貴夫, 古野 薫, 船内 正裕, 藤田 恒夫, 坪田 聡, 久保田 和宏, 武澤 信夫, 堀田 富士子, 小國 英一, 日野 創, 竹内 直行, 近藤 清彦
リハビリテーション医学   38(0) S230-S241   2001年
森田 千絵, 柿元 満, 菊池 吉晃
人工知能学会論文誌   16 212-219   2001年
森田 千絵, 柿元 満, 菊池 吉晃, 月本 洋
人工知能学会論文誌   16 212-219   2001年
As a result of the ongoing development of non-invasive analysis of brain function, detailed brain images can be obtained, from which the relations between brain areas and brain functions can be understood. The relations between brain areas and bra...
畠山 英子, 菊池 吉晃, 宮崎 良文
食に関する助成研究調査報告書   (14) 79-87   2001年
田中 雅行, 菊池 吉晃, 斎藤 幸子, 吉澤 修治, 佐藤 知正, 森 武俊
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   2000(59) 1-5   2000年12月
菊池 吉晃, 川道 拓東, 吉澤 修治
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   2000(59) 7-11   2000年12月
菊池 吉晃, 川道 拓東, 吉澤 修治
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   2000(59) 13-18   2000年12月
山口 政人, 畠山 英子, 菊池 吉晃, 森川 岳, 末吉 修三, 宮崎 良文
日本生理人類学会誌   5(2) 26-27   2000年11月
菊池 吉晃
感性福祉研究所年報   (1) 139-144   2000年1月
菊池 吉晃
感性福祉研究所年報   (1) 192-196   2000年1月
西村 千秋, 横山 聡, 菊池 吉晃, 熊谷 徹, 中根 央
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   1999(59) 7-12   1999年12月
菊池 吉晃
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   1999(59) 17-22   1999年12月
菊池 吉晃
東京保健科学学会誌   1(2) 254-258   1999年3月
聴覚odd-ball課題遂行時の脳内活動源について, 全頭型脳磁界計測システムを用いて, 数msecの高時間分解能でマルチダイポール推定を行った。その結果, 頭頂葉, 上側頭溝, 前頭葉, 辺縁系などでの神経活動が推定されたが, 特に海馬傍回後部において, 他に比較して安定かつ顕著な神経活動が推定された。この結果から, 聴覚弁別処理時においては, 海馬傍回後部を中心として, 海馬と双方向性に神経結合のある皮質領域の活動が並行することが, 正常人の脳において観測された。
山口 佳子, 熊田 孝恒, 菊池 吉晃, 小早川 達, 遠藤 博史
日本認知科学会大会発表論文集 = Annual meeting of the Japanese Cognitive Science Society   15 18-19   1998年6月
杉原 亮, 菊池 吉晃, 川道 拓東, 小早川 達, 遠藤 博史, 吉澤 修治
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   97(621) 21-28   1998年3月
Motor Imageryに関しては, PETやfMRIなどの研究で得られた知見から運動実行システムの一部を用いて行われているとの考えが主流である.しかし, それらの計測手法は時間分解能が不十分であると同時に, コントロール課題として運動の観察や運動の準備などを用いることの妥当性には疑問が残る.本研究では, 時間分解能の優れた脳磁気計測を用い, Motor Imageryにおける時空間的な脳内情報処理の流れについて調べた.その結果, 視覚入力に対応した後頭葉の活動が刺激掲示後140-220...
川道 拓東, 山口 佳子, 菊池 吉晃, 遠藤 博史, 吉澤 修治
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   97(525) 65-72   1998年1月
認知過程については求心的な処理が中心となる事象について広く研究が行われてきた. しかし, 多くの認知過程においては遠心的な情報の流れの存在が推定されており, この過程を研究する事が認知過程の解明に重要である. この研究には脳内における活動部位を時間的に追う事が必要である. メンタルローテーションは視覚的認知の中でこの遠心的な過程が含まれることがわかってきたものの一つである. 我々はこの情報処理過程を調べるために文字課題のメンタルローテーションtaskを採用し, 時間分解能に優れた脳磁気計測...
菊池 吉晃, 遠藤 博史, 吉澤 修治, 北 道子, 西村 千秋, 田中 雅行, 熊谷 徹, 武田 常広
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   1997(95) 25-28   1997年12月
杉原 亮, 遠藤 博史, 川道 拓東, 菊池 吉晃, 武田 常広, 吉澤 修治
日本神経回路学会全国大会講演論文集 = Annual conference of Japanese Neural Network Society   8 85-86   1997年11月
川道 拓東, 遠藤 博史, 菊池 吉晃, 武田 常広, 吉澤 修治
生体・生理工学シンポジウム論文集   12 257-260   1997年9月
山口 佳子, 遠藤 博史, 小早川 達, 菊池 吉晃, 熊谷 徹, 斉藤 幸子, 武田 常広, 熊田 孝恒
生体・生理工学シンポジウム論文集   12 261-264   1997年9月
西村 千秋, 熊谷 徹, 菊池 吉晃, 遠藤 博史, 吉澤 修治, 武田 常広
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   1997(13) 23-28   1997年5月
菊池 吉晃, 吉澤 修治, 北 道子, 西村 千秋, 田中 雅行, 遠藤 博史, 熊谷 徹, 武田 常広
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   1996(1) 23-28   1996年1月
佐野 奈緒子, 秋田 剛, 菊池 吉晃, 平手 小太郎, 安岡 正人
学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境   1995 771-772   1995年7月
菊池 吉晃, 宮崎 良文, 吉澤 修治
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   1995(25) 9-16   1995年5月
佐野 奈緒子, 秋田 剛, 菊池 吉晃, 平手 小太郎, 安岡 正人
日本音響学会研究発表会講演論文集   1995(1) 431-432   1995年3月
菊池 吉晃
日本家政学会誌   46(2) 207-214   1995年2月
菊池 吉晃, 北 道子, 林 実
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   1995(1) 1-2   1995年1月
菊池 吉晃
日本家政学会誌   46(2) 207-214   1995年
菊池 吉晃, 吉沢 修治, 田中 雅行, 遠藤 博史, 熊谷 徹, 武田 常広
バイオフィードバック研究   21    1994年7月
森田 健, 菊池 吉晃, 宮崎 良文
学術講演梗概集. D, 環境工学   1994 1969-1970   1994年7月
菊池 吉晃, 北 道子
AUDIOLOGY JAPAN   36(5) 489-490   1993年
菊池 吉晃, 北 道子
AUDIOLOGY JAPAN   36(5) 491-492   1993年
北 道子, 菊池 吉晃, 浅沼 孝明
医学と生物学   125(6) p231-234   1992年12月
菊池 吉晃, 北 道子
医学と生物学   125(5) p173-177   1992年11月
菊池 吉晃, 北 道子
医学と生物学   125(4) p133-136   1992年10月
菊池 吉晃, 北 道子
AUDIOLOGY JAPAN   34(5) 777-778   1991年
菊池 吉晃
科学朝日   50(7) p42-43   1990年7月
菊池 吉晃
AUDIOLOGY JAPAN   33(5) 563-564   1990年
菊池 吉晃
AUDIOLOGY JAPAN   32(5) 415-416   1989年
角田 忠信, 菊池 吉晃
代謝   25(1) p1-2,図2p   1988年1月
菊池 吉晃
AUDIOLOGY JAPAN   31(4) 219-239   1988年
Dynamics of the auditory evoked potential and the auditory evoked neuromagnetic field obtained with the interstimulus interval of 300msec, in response to various kinds of natural sounds and artificial sounds, were investigated and the following re...
菊池 吉晃, 角田 忠信
AUDIOLOGY JAPAN   30(5) 651-652   1987年
菊池 吉晃, 角田 忠信, 内藤 誠一
AUDIOLOGY JAPAN   30(5) 653-654   1987年
菊池 吉晃, 角田 忠信, 内藤 誠一
AUDIOLOGY JAPAN   30(2) 87-96   1987年
Auditory evoked fields (AEFs) were recorded in responses to vowel sounds and the A note of a violin from normal adults by means of SQUID magnetometer and the following results were obtained;(1) AEF over specific portions of the scalp has the morph...
菊池 吉晃, 角田 忠信
AUDIOLOGY JAPAN   29(1) 35-42   1986年
A series of studies on human auditory laterality suggested the presence of a switching mechanism in human brainstem that automatically transmits auditory signals to either the right or the left hemisphere, depending upon the physical properties of...
菊池 吉晃, 角田 忠信
AUDIOLOGY JAPAN   28(5) 725-738   1985年
The purpose of this study was to investigate the correlation between the Tsunoda Method and AEP-method as a cerebral dominance test. The cerebral dominance of normal Japanese and normal non-Japanese were compared far verbal, non-verbal sounds and ...
菊池 吉晃, 角田 忠信
AUDIOLOGY JAPAN   28(4) 323-324   1985年
菊池 吉晃, 角田 忠信, 渡辺 浩一
AUDIOLOGY JAPAN   27(5) 581-582   1984年
菊池 吉晃
AUDIOLOGY JAPAN   26(6) 699-710   1983年
Comparative studies between the right and left auditory evoked potentials with latencies from 50 to 70ms (positive peak) and from 90 to 110ms (negative peak) were made and significant difference was observed. Subjects were six normal Japanese.The ...
菊池 吉晃, 田中 英和, 角田 忠信
AUDIOLOGY JAPAN   26(4) 523-524   1983年
角田 忠信, 加藤 正治, 菊池 吉晃
AUDIOLOGY JAPAN   25(5) 479-480   1982年
菊池 吉晃, 市橋 欣哉
AUDIOLOGY JAPAN   24(5) 369-370   1981年
西村 千秋, 菊池 吉晃, 満渕 邦彦, 大須賀 美恵子, 南雲 仁一
バイオフィードバック研究   7 11-15   1979年7月
満渕 邦彦, 菊池 吉晃, 西村 千秋, 南雲 仁一
バイオフィードバック研究   6 14-17   1978年7月

書籍等出版物

 
Emotional Engineering
菊池吉晃 (担当:分担執筆, 範囲:Neural Basis of Maternal Love as A Vital Human Emotion)
Springer International Publishing   2016年   ISBN:10.1007/978-3-319-29433-9
文理融合数理モデリングに基づく新しい感性工学システムに関する研究
菊池吉晃 (担当:編者, 範囲:『人間性』の神経基盤を探る‐人間理解のための脳科学をめざして‐)
明治大学   2015年   
人間科学の百科事典
菊池吉晃 (担当:分担執筆, 範囲:「脳内自己刺激行動」、「意識」、「fMRI」、「遠心性コピー」)
丸善株式会社   2015年   
菊池 吉晃, 安保 雅博, 渡邉 修, 米本 恭三, 妹尾 淳史 (担当:編者)
医歯薬出版   2012年8月   ISBN:4263214064
運動とメンタルヘルス‐心の健康に運動はどうかかわるか‐
菊池吉晃 (担当:共著, 範囲:「メンタルヘルスと脳機能の関係‐前頭前野におけるコントロール・評価・動機づけの機能‐」)
杏林書院   2012年   
生理人類士入門
菊池吉晃 (担当:分担執筆, 範囲:「意識」、「脳機能の評価」)
国際文献印刷社   2012年   
からだの百科事典
菊池吉晃
丸善株式会社   2009年   
脳機能画像解析入門 CD-ROM付
菊池吉晃 (担当:共編者, 範囲:第2章「SPMの使いこなし方」)
医歯薬出版株式会社   2007年   ISBN:978-4-263-21177-9
高次脳機能障害リハビリテーション実践マニュアル,Monthly Book Medical Rehabilitation
菊池吉晃、川道拓東 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅳ. 最新の研究 手の心的回転における脳内情報処理過程)
全日本病院出版会   2006年   
日本人の事典
菊池吉晃
朝倉書店   1997年   
人間科学計測ハンドブック
菊池吉晃 (担当:分担執筆, 範囲:中枢機能「脳波」、中枢機能「脳磁界」、感覚一般「聴覚」)
技報堂出版   1996年   
事象関連電位(ERP)マニュアル -P300を中心に-
菊池吉晃 (担当:分担執筆, 範囲:「3Hz-ERP」)
篠原出版   1995年   
新訂標準音楽辞典
菊池吉晃
音楽の友社   1991年   
日本大百科全書,第六巻
菊池吉晃 (担当:分担執筆, 範囲:「聞く」)
小学館   1985年   
人間のからだ,第五巻
菊池吉晃 (担当:分担執筆, 範囲:「考える,感じる」)
小学館   1985年   

講演・口頭発表等

 
ドーパミン脳と資本主義
菊池吉晃
資本主義研究会   2015年11月6日   
Neural substrates of nostalgia [招待有り]
Oba K, Noriuchi M, Kikuchi Y
The 12th International Cogress of Physiological Anthropology   2015年10月   
非意識性空間知覚の神経基盤の再検討
中野 俊、菊池吉晃
日本心理学会第79回大会   2015年9月   
Self-recognition of one’s own whole-body imbalance evokes the crisis-elated cortical and brainstem activity
Atomi T, Noriuchi M, Oba K, Atomi Y, Kikuchi Y
第38回日本神経科学大会   2015年7月   
身体バランスの危機的状況に応答する神経機構-fMRIを用いた検討-
跡見友章,則内まどか,大場健太郎,跡見順子,菊池吉晃
第50回日本理学療法学術大会   2015年6月   
Self-recognition of one’s own fall recruits the genuine bodily crisis-related brain activity
Kikuchi Y, Atomi T, Oba K, Noriuchi M
The Organization for the Human Brain Mapping (OHBM)   2015年6月   
Maternal response to child feeding
Noriuchi M, Mori K, Kamio Y, Kikuchi Y
The Organization for the Human Brain Mapping (OHBM)   2015年6月   
Mother’s brain activity and its correlation with the mother-to-infant bonding
Mori K, Noriuchi M, Kikuchi Y
The Organization for the Human Brain Mapping (OHBM)   2015年6月   
Self-recognition of one’s own fall evoked the right dominant cortical and brainstem activity
Atomi T, Noriuchi M, Oba K, Atomi Y, Kikuchi Y
International Society for Posture & Gait Research (ISPGR) World Congress   2015年6月   
自己の身体不安定性認知は身体不安定関連脳部位を活性化するか [招待有り]
菊池吉晃
日本学術会議総合工学委員会・機械工学委員会合同、計算科学シミュレーションと工学設計分科会、心と脳など新しい領域検討小委員会(第1回)   2015年4月8日   
「人間性」の神経基盤を探る ー人間理解のための脳科学をめざしてー [招待有り]
菊池吉晃
明治大学先端数理科学インスティテュート現象数理学研究拠点「共同研究集会」   2015年4月8日   
自己の身体不安定性認知は身体不安定関連脳部位を活性化するか [招待有り]
菊池吉晃
日本学術会議総合工学委員会・機械工学委員会合同、計算科学シミュレーションと工学設計分科会、心と脳など新しい領域検討小委員会(第1回)   2015年3月8日   
「人間性」の神経基盤を探る ー人間理解のための脳科学をめざしてー [招待有り]
菊池吉晃
文理融合数理モデリングに基づく新しい感性工学システムに関する研究、明治大学先端数理科学インスティテュート現象数理学研究拠点「共同研究集会」   2015年1月23日   
メーキャップによる自己顔変化についての認知神経科学的研究
白土真紀、町田明子、礒部寛子、則内まどか、菊池吉晃
第75回SCCJ研究討論会   2014年11月   
メーキャップによる自己顔印象変化の脳イメージング研究
白土真紀、町田明子、礒部寛子、則内まどか、菊池吉晃
第19回日本顔学会大会(フォーラム顔学)   2014年10月   
香りによる懐かしさの想起‐黒質/海馬の機能的結合
白土真紀、大場健太郎、森下薫、則内まどか、小早川達、菊池吉晃
日本生理人類学会第70回大会   2014年10月   
The imitation model presented from the 1st-person view, but not from the 3rd-person view, provides kinesthetic information of observed action: an fMRI study
Watanabe R, Higuchi T, Kikuchi Y
第38回日本神経科学大会   2014年9月   
認知問題呈示時の注意点に関する一考察~fMRIを用いた基礎研究の観点から~
西村清陽、花田 健二、菊池 吉晃
認知神経リハビリテーション学会   2014年8月   
脳の機能・構造におけるバリエーション [招待有り]
菊池吉晃
日本生理人類学会第70回大会シンポジウム「生理特性のバリエーションの構造」   2014年6月22日   
母親のわが子に対する愛着の神経基盤‐おやつ場面における脳活動‐
則内まどか、森久美子、神尾陽子、菊池吉晃
日本生理人類学会第70回大会   2014年6月   
身体性を伴う自己認知に関する神経機構 [招待有り]
跡見友章、則内まどか、田中和哉、長谷川克也、清水美穂、跡見順子、菊池吉晃
2014年度人工知能学会オーガナイズドセッション「知の身体性」   2014年5月   
お母さんのわが子に対する愛情(母性愛)とは何か [招待有り]
菊池吉晃
第2回 プレ「子育ての科学」イベント(脳科学×子育て)   2014年1月29日   
The imitation model’s action from 1st –person view provides the kinesthetic information of the model efficiently: an fMRI study
Watanabe R, H Takahiro, Kikuchi Y
7th International Congress ASPASP(Asian-South Pacific Association of Sport Psychology )   2014年   
人間性の神経基盤を探る‐人間理解のための脳科学をめざして‐ [招待有り]
菊池吉晃
日本学術会議総合工学委員会・機械工学委員会合同、計算科学シミュレーションと工学設計分科会、心と脳など新しい領域検討小委員会(第2回)   2013年9月17日   
The timing of emotional discrimination in human amygdala and ventrolateral prefrontal cortex
Kohno S, Noriuchi M, Iguchi Y, Kikuchi Y, Hoshi Y
The 19th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping   2013年6月   
White matter structure and social impairments in children and adolescents with autism spectrum disorders
Noriuchi M, Kikuchi Y, Yoshiura T, Kamio Y
International Beahvioral Neuroscience Society 22nd Meeting   2013年6月   
The neural substrates of the emotional autobiographical memory retrieval and its relation to adaptive coping
Oba K, Terasawa Y, Motomura Y, Moriguchi Y, Kikuchi Y, Mishima K
American Psychosomatic Society 71th Annual Scientific Meeting   2013年3月   
An fMRI study of emotional autobiographical memory retrieval and its relation to adaptive coping
Oba K, Terasawa Y, Motomura Y, Moriguchi Y, Kikuchi Y, Mishima K
19th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping   2013年   
人間性を支える情動の神経基盤‐その適応的メカニズム‐ [招待有り]
菊池吉晃
シンポジウム「ヒトの情動 ―新たな視点をもとめて―」、日本生理人類学会67回大会   2012年11月17日   
人間性の神経基盤を探る-脳イメージング研究から- [招待有り]
菊池吉晃
第28回日本霊長類学会大会公開シンポジウム、第7回人類学関連学会協議会合同シンポジウム   2012年7月8日   
養育者の育児行動を支える神経基盤 [招待有り]
則内まどか、菊池吉晃
シンポジウム「発達障害再考:診断閾値の臨床的意義を問い直す」、第108回日本精神神経学会学術総会   2012年5月25日   
「社会が求める科学と科学者~女性科学者への期待」 [招待有り]
菊池吉晃
第9回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム   2011年10月31日   
幸せを感じる脳 [招待有り]
菊池吉晃
第4回科学コミュニケーション研究会   2011年9月25日   
「新しい評価軸の模索」 [招待有り]
菊池吉晃
第4回科学コミュニケーション研究会   2011年9月25日   
The spontaneity generated in the brain, and the human mind [招待有り]
Yoshiaki Kikuchi
Symposium “How does hierarchical soft structure create spontaneous activity: Smart dynamics from single macromolecule to human being”, The 48th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan   2010年9月20日   
脳がうみだす自主・自発と「こころの世界」 [招待有り]
菊池吉晃
自主・自発の階層:行動を生みだす原理を分子、単細胞生物、細胞レベル、からヒトに探る. 第48回日本生物物理学会シンポジウム   2010年8月21日   
「脳」からみた「自発性」 [招待有り]
菊池吉晃
第2回自発性研究会コアミーティング   2010年2月23日   
幸せを感じる脳 [招待有り]
菊池吉晃
第27回コロイド・界面技術シンポジウム「こころとコロイド」、日本化学会コロイドおよび界面化学部会主催   2010年1月28日   
脳がうみだす「こころの世界」 [招待有り]
菊池吉晃
シンポジウム「自発性は物質の相互作用の中でうまれる?~こころが体にうまれるしくみを考える~   2009年10月12日   
総合討論「21世紀の先端科学技術と人間科学の原点」 [招待有り]
菊池吉晃
シンポジウム「自発性は物質の相互作用の中でうまれる?~こころが体にうまれるしくみを考える~   2009年10月12日   
脳機能イメージングによる高次脳研究 [招待有り]
菊池吉晃
第2回Atago Neurorehabilitation Conference   2009年7月11日   
「時間」と外界適応のための神経機構 -「自己身体運動」と「他者との関わり」について- [招待有り]
菊池吉晃
国立精神神経センター、精神保健研究所、児童・思春期精神保健研究部セミナー   2009年6月19日   
脳機能イメージングによる身体とこころに関する基礎研究 -身体とこころの接点をもとめて- [招待有り]
菊池吉晃
心身一体科学研究会   2009年5月29日   
「母性愛」の神経機構-ひとの母の「愛」の高次機能 [招待有り]
菊池吉晃, 則内まどか
日本発達心理学会 認知発達理論分科会第27回例会ショートレクチャー   2008年12月6日   
認知とこころの科学~脳機能イメージングによる最新の知見~ [招待有り]
菊池吉晃
2008年度「発達が気になる子の育ちを考える夏季セミナー; テーマ「関係」の育ち   2008年8月4日   
脳機能イメージングと最新の脳研究. 機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による最新の脳科学-「認知」,「こころ」,そして「母性愛」の脳研究へ- [招待有り]
菊池吉晃
平成20年第2回首都大学東京,秋葉原サテライトキャンパス・セミナー   2008年7月5日   
「高次脳機能をみる -脳機能イメージングの現在(いま)-」, 第1部「認知」の脳科学 [招待有り]
菊池吉晃
第5回作業療法実習指導者研修会・第2回作業療法士養成施設研修会合同研修会   2007年12月5日   
「高次脳機能をみる -脳機能イメージングの現在(いま)-」 第2部「こころ」の脳科学 [招待有り]
則内まどか, 菊池吉晃
第5回作業療法実習指導者研修会・第2回作業療法士養成施設研修会合同研修会   2007年12月5日   
高次脳機能を観る [招待有り]
菊池吉晃
シンポジウム「脳を観る」,第17回日本保健科学学会学術集会   2007年9月7日   
MEGとfMRIを用いた脳活動計測の意義と問題 [招待有り]
菊池吉晃
シンポジウム「脳活動をとらえる」,日本生理人類学会第55回大会   2006年6月17日   
情動とこころの脳内メカニズム [招待有り]
菊池吉晃
意識と感情を持つ認知システムの哲学的研究   2004年11月27日   
認知における脳内の時空間構造 [招待有り]
菊池吉晃
平成13年度衛生局実務研修 「理学療法士・作業療法士」   2001年12月12日   
右脳と左脳 [招待有り]
菊池吉晃
東京都立保健科学大学平成12年度公開講座第1回オープンセミナー「脳を理解する」   2000年5月31日   
脳と感性科学 [招待有り]
菊池吉晃
日本生理人類学会セミナー「感性科学と生活」   1999年11月11日   
脳の磁界から脳を観る [招待有り]
菊池吉晃
「心の科学の基礎論」研究会   1999年5月8日   
脳波・脳磁界から「認知」を探る [招待有り]
菊池吉晃
日本生理人類学会第39回大会シンポジウム”Measurements of brain function and Physiological Anthropology”   1998年6月5日   
脳における性差 [招待有り]
菊池吉晃
第2回日韓合同シンポジウム−男と女のサイエンス-,日本生理人類学会,韓国生活環境学会共催,日本機会学会,日本学術会議他後援   1997年7月2日   
男の脳・女の脳 [招待有り]
菊池吉晃
日本生理人類学会主催学術シンポジウム「男の能力・女の能力ー生理人類学的観点から」   1997年1月11日   
脳機能から認知科学へ [招待有り]
菊池吉晃
日本生理人類学会快適性研究部会第11回定例会   1996年   
脳と生活―脳波・脳磁図・脳血流の解析から― [招待有り]
菊池吉晃
消費科学学会「生活する人体」講演会   1996年   
Neuromagnetic imaging studies on the human auditory process [招待有り]
菊池吉晃
Korea Acoustical Society Workshop Special Lecture   1996年   
脳活動の解析による環境評価について [招待有り]
菊池吉晃
日本生理人類学会主催「居住環境評価のための人の測り方」   1995年   
(I).脳波入門,(II).昨今の脳波研究批判及び討論,等
菊池吉晃
日本生理人類学会主催「菊池先生を囲む脳波測定法に関する懇話会」   1994年11月25日   
脳と快適性 [招待有り]
菊池吉晃
生理人類学会快適性研究部会第4回定例会/第44回快適性研究会合同シンポジウム「生理応答から見た快適性」   1994年   
脳機能計測の最先端 [招待有り]
菊池吉晃
日本生理人類学会第33回大会シンポジウム「快適性・健康を測る」   1994年   
計測技術の人間への挑戦 [招待有り]
菊池吉晃
テーマ「計測技術の挑戦と進歩」神奈川科学技術アカデミー   1994年   
3Hz位相同期法からみた脳のhomeostasis [招待有り]
菊池吉晃
第57回日本心理学会ワークショップ   1993年   
聴覚生理からみた「右脳・左脳」問題 [招待有り]
菊池吉晃
繊維学会「感覚と計測に関するシンポジウム」   1992年   
ヒトの聴覚系における特徴抽出機構 [招待有り]
菊池吉晃
日本電子工業振興会センサ新利用技術専門委員会   1992年   
音と脳 [招待有り]
菊池吉晃
第10回快適性研究会   1990年   
誘発反応と事象関連電位 [招待有り]
菊池吉晃
日本学術振興会第146委員会高性能SQUIDシステム分科会   1989年   
音に対する脳の反応 [招待有り]
菊池吉晃
第9回ディジタル画像処理応用技術フォーラム   1988年   
脳電位および脳磁界による聴覚情報処理機構の検討 [招待有り]
菊池吉晃
学術振興会超電導エレクトロニクス第146委員会第26回研究会   1988年   
人間の聴覚情報処理システム−大脳半球の機能的非対称性− [招待有り]
菊池吉晃
第50回生物システム工学分科会   1988年   
脳波と脳磁図 [招待有り]
菊池吉晃
第2回日本生体磁気学会「バイオマグネによる医療革新−脳磁図によって新しい診断が可能か−」   1987年   
On Neuromagnetic Fields [招待有り]
菊池吉晃
日本オージオロジー学会ERA研究会   1987年