小畠 結

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/15 02:53
 
アバター
研究者氏名
小畠 結
 
コバタケ ユイ
eメール
kobatakegifu-u.ac.jp
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~naikahp/index.html
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 共同獣医学科 臨床獣医学講座 獣医内科学研究室
職名
助教
学位
博士 (獣医学)

プロフィール

 ヒトの筋萎縮性側索硬化症の類似疾患である、イヌの変性性脊髄症について研究を行っています。特にグリア細胞によって引き起こされる神経炎症に着目しており、神経炎症を抑制する治療法の開発を進めています。

研究キーワード

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
岐阜大学 応用生物科学部 獣医内科学研究室 助教
 
2010年4月
 - 
2013年3月
おざわ動物病院
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2017年3月
岐阜大学大学院 連合獣医学研究科  
 
2004年4月
 - 
2010年3月
岩手大学 農学部 獣医学科  
 

論文

 
The long-term safety of D-allulose administration in healthy dogs.
Nishii N, Takashima S, Kobatake Y, Tokuda M, Kitagawa H.
The Journal of Veterinary Medical Science   79(11) 1780-1784   2017年11月   [査読有り]
Degenerative myelopathy in the Collie breed: a retrospective immunohistochemical analysis of superoxide dismutase 1 in an affected Rough Collie, and a molecular epidemiological survey of the SOD1:c.118G>A mutation in Japan.
Kohyama M, Kitagawa M, Kamishina H, Kobatake Y, Yabuki A, Sawa M, Kakita S, Yamato O.
The Journal of Veterinary Medical Science   79(2) 375-379   2017年2月   [査読有り]
Localization of a mutant SOD1 protein in E40K-heterozygous dogs: Implications for non-cell-autonomous pathogenesis of degenerative myelopathy.
Kobatake Y, Sakai H, Tsukui T, Yamato O, Kohyama M, Sasaki J, Kato S, Urushitani M, Maeda S, Kamishina H.
Journal of the Neurological Sciences   15(372) 369-378   2017年1月   [査読有り]
Oyake K, Kobatake Y, Shibata S, Sakai H, Saito M, Yamato O, Kushida K, Maeda S, Kamishina H.
The Journal of Veterinary Medical Science   78(8) 1327   2016年9月   [査読有り]
Naito E, Kudo D, Sekine S, Watanabe K, Kobatake Y, Tamaoki N, Inden M, Iida K, Ito Y, Hozumi I, Shibata T, Maeda S, Kamishina H.
In Vitro Cellular & Developmental Biology   51(10) 1012-1022   2015年11月   [査読有り]

Misc

 
UK VET翻訳 犬の変性性脊髄症のアップデート
小畠結, 西田英高.
J-VET      2016年
見えてくる!神経疾患へのアプローチ (第17回) Case study①
小畠結, 神志那弘明
CLINIC NOTE      2014年
正しい薬物選択 1. 抗けいれん剤を使用した第一選択治療, 2. 抗けいれん剤を使用した第二選択治療とその他の抗けいれん薬および代替療法
小畠結, 神志那弘明
MVM      2014年
見えてくる!神経疾患へのアプローチ (第10回) 顔面神経麻痺と三叉神経麻痺へのアプローチ.
小畠結, 神志那弘明.
CLINIC NOTE      2013年
見えてくる!神経疾患へのアプローチ (第2回) シグナルメントと問診から得られる情報.
小畠結, 神志那弘明
CLINIC NOTE      2012年

書籍等出版物

 
3ステップで考える 犬と猫の神経疾患の診断アプローチ
淺田慎也, 井上憲一, 海老沢緑, 神志那弘明, 小畠結, 酒井洋一, 関悠佑, 高村文子, 中田浩平, 中野有希子, 西田英高, 矢田奈緒子 (担当:共著)
インターズー   2017年11月   
症状から見る 小動物の神経疾患
Susan N. Fitzmaurice (担当:共訳, 範囲:Section 12, 付録)
インターズー   2012年7月   

講演・口頭発表等

 
ネコにおけるDipeptidyl Peptidase‐4発現と肥満との関連性
松葉萌香, 高島諭, 岡田梨江, 小畠結, 西飯直仁
日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
ネコの腎傷害における尿L型脂肪酸結合タンパク質測定の有用性
岡田梨江, 高島諭, 北川均, 大畑敬一, 細田三郎, 永森祐美子, 松葉萌香, 小畠結, 西飯直仁
日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
犬の変性性脊髄症におけるクロモグラニンAの局在
小畠結, 西田英高, 酒井洋樹, 大和修, 西飯直仁, 前田貞俊, 神志那弘明
日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
犬のアレキサンダー病の一例
西村奈緒, 小畠結, 岩名俊介, 神志那弘明, 西田英高, 大和修, 酒井洋樹
中部地区獣医師大会 獣医学術中部地区学会   2017年8月27日   
家族性アレキサンダー病が疑われたトイ・プードルの2例
小畠結, 西村奈緒, 酒井洋樹, 大和修, 濱本裕仁, 湯祥彦, 西田英高, 長谷川大輔, 伊藤諒子, 神志那弘明
獣医神経病学会   2017年7月8日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
神経保護性マクロファージを用いたイヌの変性性脊髄症に対する新規治療法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金 (研究スタート支援)
研究期間: 2017年8月 - 2019年3月    代表者: 小畠 結