古賀 裕也

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/11 12:52
 
アバター
研究者氏名
古賀 裕也
 
コガ ユウヤ
所属
かえつ有明中・高等学校
部署
社会科
職名
教諭
学位
修士(文学)(九州大学), 修士(哲学)(上智大学)
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-8442-1456

プロフィール

思想家マルティン・ハイデガーにおける1930年代のヘルダーリン受容期を中心に、芸術作品と存在論および真理論の関わりについて研究。

2011年、私たちの知っている日常が大きく揺るがされたこの年から、社会で共に「考える場」を作ることをめざす「哲学カフェ」の取り組みに関わりはじめる。また、授業を担当する中等教育でも「考える場」づくりに関心を持つ。

2013年、土屋陽介の「哲学対話」実践に触れ、学校勤務と子どもの哲学(P4C)の研究・実践を相互に響かせながら取り組み始める。

現在、中等教育および教育哲学プラクティス(哲学カフェ・哲学対話など)について、実践と研究を重ねている。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
かえつ有明中・高等学校 社会科 教諭
 
2016年4月
 - 
2018年3月
お茶の水女子大学付属高等学校 社会科 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2018年3月
跡見学園中学校高等学校 社会科 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2018年3月
浦和明の星女子中学・高等学校 社会科 非常勤講師
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
上智大学大学院 大学院博士前期課程哲学科 哲学専攻
 
2003年4月
 - 
2006年3月
九州大学大学院 人文科学府 人文基礎専攻哲学専修
 
1997年4月
 - 
2003年3月
九州大学 文学部 哲学科
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
上智哲学会  委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
哲学プラクティス連絡会  事務局
 
2015年10月
 - 
2017年9月
上智哲学会  委員 
 

論文

 
古賀 裕也
哲学論集   (46) 151-167   2017年10月   [査読有り]
ハイデガー『存在と時間』の序論を読む
古賀 裕也
都倫研紀要   (54)    2016年3月
成長は可能か?:産業経済における発展の高い代償および環境と生命の(Ecozoic)時代のエコロジー的文明
佐良土 茂樹・古賀 裕也・辻 麻衣子訳
上智哲学誌   (23)    2011年
Greene Herman
国際学会「エコソフィア」プレシンポジウム講演"Is growth possible?: the high cost of growth in the industrial economy and ecological civilization in an ecozoic age."

Misc

 
古賀 裕也
みんなで考えよう   1 141-147   2018年8月
哲学プラクティス連絡会の機関紙に掲載。
古賀 裕也
Philosophy for Everyone 2013-2015 (UTCP - Uehiro Booklet)   11 51-54   2015年   [依頼有り]
東京大学UTCP発行のブックレットにて、哲学対話実践エッセイの一節を担当。

書籍等出版物

 
清水書院   2018年11月   ISBN:438922591X
土屋 陽介 (担当:分担執筆)
成美堂出版   2016年3月   ISBN:4415321259
土屋 陽介 (担当:分担執筆)
成美堂出版   2016年3月   ISBN:4415321240
土屋 陽介 (担当:分担執筆)
成美堂出版   2016年3月   ISBN:4415321232
高校倫理研究会 (担当:分担執筆)
清水書院   2016年3月   ISBN:4389225812

講演・口頭発表等

 
橋本ゆう子、古賀 裕也
2019年4月24日   上智大学大学院文学研究科
梶谷真司、古賀 裕也、角田将太郎
2018年12月8日   東京大学 UTSummer
山田与志朗、古賀 裕也、田代伶奈・今井祐里
上智哲学会   2018年10月28日   
ワークショップ「哲学プラクティスにクリティカルシンキングはどう関わるか」
菊地建至、神戸和佳子、古賀 裕也、永井玲衣
哲学プラクティス学会 第1回大会   2018年8月26日   
「スパイダー討論」が対話の場を変える~紙と鉛筆だけで熱中する対話がスタート!~
かえつ有明中・高等学校「知のコードPJ」 佐野和之、安食祥子、金井達亮、筒井美帆、藤原宙光、古賀裕也
哲学プラクティス連絡会 第4回大会   2018年8月25日   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
【講師, 運営参加・支援, 実演】  梅田孝太・古賀裕也・永井玲衣  2019年2月25日 - 2019年2月25日
三越伊勢丹ホールディングスの社内グループ「SNACK」での哲学カフェのレクチャーとワークショップです。
京都洛北哲学カフェ
【出演, 司会, 企画, 運営参加・支援, 実演】  古賀裕也・永井玲衣  (https://www.kyotorakuhoku.net/)  2018年8月12日 - 現在
NPO法人「京都洛北・森と水の会」の後援で、洛北エリアの寺社で哲学カフェを開催しています。実施社寺は下鴨神社、妙満寺、寂光院、貴船神社、狸谷不動院(実施順)。
哲学カフェin妙満寺
【出演, 司会, 企画, 運営参加・支援, 実演】  古賀 裕也・永井 玲衣  (http://myomanji.jp/)  2017年5月4日 - 現在
顕本法華宗総本山妙満寺にて開催される隔月の哲学カフェです。
【司会, 運営参加・支援, 実演】  Core Talk Cafe  2011年5月11日 - 現在
毎月1開催している哲学カフェ(2018年4月以降から隔月開催)
【出演, 取材協力】  京都新聞社  京都新聞  2017年12月30日 - 2017年12月30日

その他

 
2018年1月   入試問題に採用
全国初の公立中高一貫校である岡山市立岡山後楽館中学校の平成30年度入学者選抜(課題作文・面接)において、課題作文のための問題文として採用。
(土屋陽介監修『こころのナゾとき 小学5・6年』pp.38-41「失敗って、取り返せるの?」古賀裕也執筆)