共同研究・競争的資金等の研究課題

2003年 - 2005年

3次元GISとVRを統合した見る環境としての緑地評価手法開発と自然景観の保全効果

文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(B))
  • 佐藤 誠治
  • ,
  • 姫野 由香
  • ,
  • 小林 祐司

課題番号
15360324
担当区分
連携研究者
配分額
(総額)
14,800,000円
(直接経費)
14,800,000円
(間接経費)
0円
資金種別
競争的資金

本研究では、都市空間の3次元モデルの構築に始まり、GISとVRシステムを活用して、主に以下のシステム開発と分析を実施した。1)緑地・街路樹配置検討のためのVRシステム開発2)壁面緑化・屋上緑化検討のためのVRシステム開発3)まちづくりにおける空間構成要素配置検討のための支援ツール開発4)緑地環境情報データベースの開発まず、都市空間を形成する景観的な要素と緑地情報を統合して、3次元モデルを構築した。次に、緑地環境を多面的に評価するために、緑地の配置と街路樹配置検討のためのシステム化を図り、評価を行った。また、建物の壁面や屋上の緑化を検討するためのシステムを検討した。ここでは壁面の緑化方法の検討や、屋上緑化可能建物の抽出や可視分析などを行っている。さらに、まちづくりの場面で緑地(ここでは街路樹)の配置を建物高さなどと一体的に検討・評価するための支援ツールを開発し、適用を行った。最後に、見る環境としての緑地の役割を詳細に検討するために、大分市内において緑地の状況を移した画像を収集し、データベース化するとともに、緑の基本計画との比較・検証を行った。このデータベースでは、緑の持つ機能から評価と「見る環境」の視点を加えて、緑地の保全手法について言及を行った。今後はこれらを活用して、都市空間における緑の重要性を認識すると共に、都市内部の緑の配置計画を支援するだけでなく、諸計画へと反映し、よ...

リンク情報
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/15360324.ja.html