Yoko Mano

J-GLOBAL         Last updated: Nov 8, 2018 at 17:00
 
Avatar
Name
Yoko Mano
E-mail
ymanobgu.ac.jp
Affiliation
Bunkyo Gakuin University
Section
Faculty of Health Science Technology
Research funding number
90458555

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Suzuki S, Mano Y, Furuya N, Fujitani K
Japanese journal of infectious diseases      Aug 2018   [Refereed]
Suzuki S, Mano Y, Furuya N, Fujitani K
Biocontrol science   23(3) 151-154   2018   [Refereed]
Suzuki S, Mano Y, Furuya N, Fujitani K
Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene   72(3) 177-183   2017   [Refereed]
Mano Y, Saga T, Ishii Y, Yoshizumi A, Bonomo RA, Yamaguchi K, Tateda K
BMC microbiology   15 41   Feb 2015   [Refereed]
Comparison of four reading methods of broth microdilution based on the clinical and laboratory standards institute M27-A3 method for Candida spp.
Morishige H, Mano Y, Oguri T, Furuya N
The Japanese journal of antibiotics   65(5) 335-347   Oct 2012   [Refereed]

Misc

 
緑膿菌に対するオウレンの抗菌活性及び病原因子の産生に与える影響
栗田 友輔, 眞野 容子, 古谷 信彦
生薬学雑誌   72(2) 65-70   Aug 2018
緑膿菌の各種病原因子に対する大黄牡丹皮湯の影響
栗田 友輔, 眞野 容子, 古谷 信彦
生物試料分析   41(3) 142-146   Jun 2018
鈴木 周朔, 渡邉 二祐子, 眞野 容子, 古谷 信彦
医学検査   67(2) 158-163   Mar 2018
緑膿菌は、びまん性汎細気管支炎(diffuse panbronchiolitis;DPB)等の慢性気道感染症を増悪する主な原因菌である。マクロライド系薬の少量長期低療法によるDPB患者の生存率は、既存の治療法に比べ著しく上昇した。しかしマクロライド系薬は緑膿菌に対して抗菌活性を持たない。マクロライド系薬の作用解明のために様々な検討が行われた結果、緑膿菌の病原因子を抑制することが報告された。しかし、これらの研究は短期間マクロライド系薬を緑膿菌に曝露し評価している。本研究では、マクロライド系薬...
喀痰由来緑膿菌のバイオフィルム形成における抗菌薬の影響
越川 拓郎, 近藤 大樹, 眞野 容子, 古谷 信彦
生物試料分析   41(2) 109-114   Mar 2018
喀痰由来の臨床分離株20株を用いた。イミペネム(IPM)、シプロフロキサシン(CPFX)、アミカシン(AMK)の3薬剤耐性を同時に示す多剤耐性緑膿菌と、同3系統の薬剤に感性を示す緑膿菌(3剤感性緑膿菌)をそれぞれ10株ずつ使用した。3剤感性緑膿菌における90%の株のバイオフィルムが阻止される最小濃度(MBIC90)、90%の株のバイオフィルム内細菌が除菌される最少濃度(MBEC90)は、CPFXを除く4剤でそれぞれ>1024、>1024μg/mLで、CPFXでは256、512μg/mLであ...
反復性尿路感染症由来大腸菌における反復メカニズムの解析
長谷川 洋, 眞野 容子, 古谷 信彦
生物試料分析   41(2) 115-120   Mar 2018
70〜80歳代の健常女性から分離した反復性尿路感染症由来株E.coli BK1、E.coli BK2、E.coli BK3、便由来で非病原性のE.coli K-12を用いた。コントロールには標準株であるE.coli ATCC25922を用いた。細胞はヒト膀胱上皮細胞由来のATCC HBT-9を用いた。BK1は、PIPC、CEZ、GM、LVFX、CPFXに耐性を示した。BK3はLVFX、CPFXに耐性を示したが、K-12、BK2は全ての抗菌薬に対して感性を示した。BK1に対する殺菌効果は、G...