丸山善宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 22:33
 
アバター
研究者氏名
丸山善宏
eメール
maruyamai.h.kyoto-u.ac.jp
所属
京都大学白眉センター / JSTさきがけ兼任
学位
D.Phil.(University of Oxford)

プロフィール

「万物の理論」としての「圏論的双対性」を研究しています。京都大学総合人間学部(理系)、文学研究科修士課程、オックスフォード大学数理・物理・生命科学部門(計算機科学科量子情報グループ)の博士課程を経て、京都大学白眉センターに着任。数学・物理・情報を横断する圏論的双対性の理論・応用研究により、オックスフォード大学より D.Phil. in Computer Science 取得。現在はさらにJSTさきがけと兼任。

受賞

 
2015年
京都大学・総長賞
 

論文

 
The Frame Problem, Gödelian Incompleteness, and the Lucas-Penrose Argument: A Structural Analysis of Arguments about Limits of AI, and its Physical Consequence
丸山善宏
Springer SAPERE 44, 194-206      2018年   [査読有り]
Pancomputationalism and Data Science: From Symbolic to Statistical AI, and to Quantum AI
丸山善宏
Springer SAPERE 44, 207-211      2018年   [査読有り]
丸山善宏
Synthese Library, Fundamental Issues in Artificial Intelligence, 2016      [査読有り]
丸山善宏
Advances in Proof-Theoretic Semantics, 2016      [査読有り][招待有り]
丸山善宏
accepted for publication in LIPICS (Proc. of CSL'13)      [査読有り]
Y. Maruyama
accepted for publication in Springer LNCS      [査読有り]
丸山善宏
accepted for publication in Springer LNCS.      [査読有り]
丸山善宏
accepted for publication in EPTCS (Proc. of Quantum Physics and Logic 2013)      [査読有り]
Y. Maruyama
Journal of Pure and Applied Algebra 216 (2012) 565–580.      [査読有り]
丸山善宏
Proc. of IJCAI'11, AAAI Press (2011)      [査読有り]
Y. Maruyama
Fundamenta Informaticae   106 273-294   2011年   [査読有り]
Y. Maruyama
Annals of Pure and Applied Logic   161 1486-1501   2010年   [査読有り]
Y. Maruyama
Studia Logica   94 245-269   2010年   [査読有り]
丸山善宏
Springer LNCS 5514 (2009)      [査読有り]
丸山善宏
Springer LNCS 5378 (2009)      [査読有り]
丸山善宏
accepted for publication in Proc. of 36th International Wittgenstein Symposium   

Misc

 
圏論的論理学:トポス理論を越えて
丸山善宏
数学セミナー(6月号)      2012年
圏論的双対性の「論理」:圏論における抽象と捨象、あるいは不条理
丸山善宏
数学セミナー(5月号)      2012年
丸山善宏
2nd Conference on Proof-Theoretic Semantics   
丸山善宏
CAPE Workshop 2012   
丸山善宏
京都大学総合人間学部の機関誌『人環フォーラム』に掲載される記事の原稿   
丸山善宏
京都大学総合人間学部での談話の資料   
丸山善宏
京都大学総合人間学部での研究紹介の資料   
丸山善宏
Undergraduate Thesis, Kyoto University (Faculty of Integrated Human Studies)