基本情報

所属
国立研究開発法人国立がん研究センター 社会と健康研究センター 健康支援研究部長
東京慈恵会医科大学 大学院医学研究科ライフスタイル医学 連携大学院教授
慶應義塾大学 医学部 非常勤講師
武蔵野大学 客員研究員
学位
博士(医学)(2000年1月 広島大学)

研究者番号
30370985
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-8690-8129
J-GLOBAL ID
200901042548083233

外部リンク

広島市出身、1993年3月東京慈恵会医科大学卒。国立東京第二病院の臨床研修医として2年間スーパーローテーション研修後、精神医学(広島大学・山脇成人教授)を専攻。大学病院、国立病院、都立病院で一般精神科ならびに精神科リエゾン診療に従事。2000年4月から国立がんセンター研究所支所(江角浩安支所長/内富庸介部長)のリサーチ・レジデントとして、がんサバイバーの心的外傷後ストレス症状をテーマに臨床研究の作法を学んだ。2003年4月国立精神・神経センター精神保健研究所成人精神保健部(金吉晴部長)診断技術研究室長として着任。脚気予防に取り組んだ母校学祖・男爵高木兼寛先生を尊敬し、健康増進・予防医学を専門分野に据えて、メンタルヘルスをテーマにした研究に取り組んだ。2008年10月より同センタートランスレーショナル・メディカルセンター(武田伸一センター長)臨床研究計画・解析室長を兼務、若手医師・看護師・療法士・医学生を対象にした臨床研究に関する教育及び指導に注力。2012年1月トランスレーショナル・メディカルセンター情報管理・解析部長(臨床疫学)に昇進。2015年11月国立がん研究センター支持療法開発センター(内富庸介センター長)健康支援開発部長として異動、2016年1月同センター社会と健康研究センター(津金昌一郎センター長)健康支援研究部長に配置換え。がんサバイバーシップ・ガイドライン作成とがんサバイバーのQOL向上に資する栄養・身体活動/運動研究に取り組んだ。栄養・身体活動/運動などのライフスタイル改善によるQOL向上・健康寿命延伸をキーワードに、30年後(本当は100年と言いたいが)の教科書に記述されるようなエビデンスを残すことを夢見る。落ち着いて、丁寧に、ゆっくりと、これまでに培ってきたよい習慣を忘れず、日々研究と後進の教育指導を進めていきたい。


論文

  138

主要なMISC

  274

書籍等出版物

  12

講演・口頭発表等

  61

担当経験のある科目(授業)

  4

所属学協会

  8

共同研究・競争的資金等の研究課題

  19

学歴

  1