山川宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/25 20:23
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年6月
 - 
現在
革新知能統合研究センター 社会における人工知能研究グループ プライバシーと社会制度ケーム 客員研究員
 
2016年8月
 - 
現在
慶應義塾大学 SFC研究所 上席所員
 
2015年8月
 - 
現在
特定非営利活動法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 代表理事
 
2015年4月
 - 
現在
電気通信大学大学院 情報システム学研究科 客員教授
 
2014年10月
 - 
現在
株式会社ドワンゴ ドワンゴ人工知能研究所 所長
 

受賞

 
2015年6月
電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ活動功労賞
 
ソサイエティ誌編集幹事としての貢献
2010年6月
(社)人工知能学会 論文賞 多段委任投票の公正化を促進する有力投票者推薦
 
2009年
人工知能学会 人工知能学会 論文賞
 
2008年10月
富士通研究所 夢コンテスト2008 佳作 感謝を形に―ユビキタス環境評価が地球を救う―
受賞者: 山川宏, 駒場祐介, 中田義弘
 
2008年10月
富士通研究所 夢コンテスト2008 優秀賞 脳型超可用ソフトウエア
 

論文

 
汎用人工知能―実世界に住まう創造的知能に向けて―
山川宏
電子情報通信学会誌   102(3) 259-264   2019年3月
山川宏
人工知能   34(2)    2019年3月   [査読有り]
Yosuke Fukuchi, Masahiko Osawa, Hiroshi Yamakawa, Tatsuji Takahashi
6th International Conference on Human-Agent Interaction      2018年12月   [査読有り]
Most of agents that learn policy for tasks with reinforcement learning (RL) lack the ability to communicate with people, which makes human-agent collaboration challenging. We believe that, in order for RL agents to comprehend utterances from human...
Masahiko Osawa, Takashi Omori, Koichi Takahashi, Naoya Arakawa, Naoyuki Sakai, Michita Imai, Hiroshi Yamakawa
BICA2018(2018 Annual International Conference on Biologically Inspired Cognitive Architectures)      2018年8月   [査読有り]
This paper introduces the function map, a directed graph containing “function nodes,” each of which consists of the description of a function, tasks, an implementation, and associated brain areas. A function is implemented when the implementation ...
So Negishi, Taku Hayami, Hiroto Tamura, Haruo Mizutani, Hiroshi Yamakawa
BICA2018(2018 Annual International Conference on Biologically Inspired Cognitive Architectures)      2018年8月   [査読有り]
The mechanisms of information processing in the neocortex underlie brain functions based on the hierarchy of individual cortical areas. This study was focused on the determination of the neocortical hierarchy resulting from a clustering analysis o...

Misc

 
松森匠哉, 妹尾卓磨, 大澤正彦
人工知能   33(6) 911-912   2018年11月
中川裕志, 山川宏
人工知能   33(6)    2018年11月
布川絢子, 相澤隆寛, 矢入郁子, 山川宏
人工知能学会汎用人工知能研究会資料      2018年11月
全脳アーキテクチャとは,脳全体のアーキテクチャに学ぶことでヒトのような汎用人工知能を工学的に創㐀しようとする研究アプローチである[1].ここで汎用人工知能とは,経験からの学習を通じて多様な問題に対する解決能力を獲得する人工知能である.本アプローチは,①主要な脳器官を機械学習モジュールとして開発し,②それらモジュールをコネクトームの知識に基づいて結合することからなる.
こうした開発を加㏿するには,たとえ人工知能や機械学習の専門家たちが脳のメカニズムの詳細な知識を有していなくても神経科学的妥当...
長谷敏司, 藤崎慎吾, 山川宏, 宮本道人
人工知能   vol.33(no.5) 679-690   2018年9月

書籍等出版物

 
佐藤 優, 木村 草太, 山川 宏 (担当:共著)
毎日新聞出版   2018年11月   ISBN:4620324663
池上 彰, 佐藤 優, 松岡 正剛, 安藤 泰至, 山川 宏 (担当:共著)
KADOKAWA / 角川学芸出版   2018年9月   
鳥海不二雄
丸善出版   2017年10月   ISBN:4621301799
山川宏 (担当:共著, 範囲:物理学科出身者が考える人工知能とは)
近代科学社   2016年5月   ISBN:4764904896
人工知能って、いったい何ですか?
人工知能学会の歴代会長を含む人工知能研究の権威が答えます!!
C.M. ビショップ (担当:共訳)
丸善出版   2012年2月   ISBN:4621061240

講演・口頭発表等

 
山川宏
International Conference “Artificial Intelligence: Implications for Policymakers”   2019年2月27日   
ブルガリアにおける政策決定者向けの基調講演
山川宏
ブルガリア科学アカデミー   2019年2月27日   
ブルガリア科学アカデミーにおける一般向け講演
山川宏
HyperScience Talks   2019年2月21日   
ブルガリアにおける講演
山川宏
連続シンポジウム「激動する世界と宗教――私たちの現在地」第3回「宗教と生命」   2018年3月21日   角川文化振興財団
市川力, 山川宏ほか
EDUCATION SYMPOSIUM「ひととAI ーAIは好奇心を持てるのかー」   2018年2月24日   公益社団法人日本広告制作協会

担当経験のある科目

 
 

Works

 
山川宏, 市瀬龍太郎, 太田正幸, 加藤義清, 庄司裕子, 松尾豊   芸術活動   2006年5月
ボードゲーム(ゲーム型キャリアデザイン学習教材)

競争的資金等の研究課題

 
国立研究開発法人理化学研究所: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2017年6月 - 2022年3月    代表者: 山川宏

学歴

 
1990年4月
 - 
1992年3月
東京大学大学院 工学系研究科 電子工学専攻 博士課程修了
 
1987年4月
 - 
1989年3月
東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程修了
 
1983年4月
 - 
1987年3月
東京理科大学 理学部 物理学科 卒業
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
2018年6月
人工知能学会  人工知能学会誌 編集委員長
 

社会貢献活動

 
【取材協力, インタビュアー】  Economy.bg  Economy.bg  2019年3月1日
【インタビュイー, 寄稿】  Dnes.bg  2019年2月22日
ブルガリアにおけるインタビュー記事の掲載(ブルガリア語)
【インタビュイー】  Bloomberg TV Bulgaria  The World Is Business  2019年2月21日
ブルガリアにて Bloonberg TV に出演(インタビュイー)
【出演】  NHK  NHK日曜討論  2018年2月4日
AIは私達の暮らしや社会をどう変えるか?6人の専門家が討論
原山優子,井上智洋,久木田水生,古田貴之,山川宏,山田誠二,【司会】島田敏男,【司会】牛田茉友