Ryoichi Yamano

J-GLOBAL         Last updated: Sep 15, 2019 at 09:41
 
Avatar
Name
Ryoichi Yamano
Affiliation
Okinawa University

Published Papers

 
Aron Sarah B., McCrowell Jean, Moon Alyson, Yamano Ryoichi, Roark Duston A., Simmons Monica, Tatanashvili Zurab, Drake Brett
SOCIAL WORK RESEARCH   34(3) 169-179   Sep 2010   [Refereed]

Misc

 
山野良一
日本小児科医会会報   (56) 73‐76-76   Oct 2018
子どもや家族に対する公的支出が少なく、子どもの養育や教育にかかる費用を親などが自己負担する割合が高い社会のありかたを家族依存と呼ぶ。日本は長い間そうした社会であった。子育てに関する(現金・現物の両面を含んだ)社会サービスの量や質が、日本のように貧弱な場合、子どもの権利保障は家族など養育者の状況次第となり、子どもの育ちや成長は家族のありようにふりまわされてしまう。また、親たちも無理をしている状況がいくつかの調査から見えてきた。低所得世帯の親たちの受診抑制はかなり高く、父親は長時間労働に従事し...
山野良一
月刊福祉   101(10) 50‐51   Oct 2018
山野良一
日本子ども虐待防止学会学術集会大会プログラム・抄録集   23rd 195   Nov 2017
【いま、子どもの貧困を考える】子どもの貧困とは 子どもの貧困と虐待 OECD報告書と国内の抑うつ研究から
山野 良一
発達   38(151) 25-30   Jul 2017
山野 良一
子どもの権利研究   (28) 43-51   Feb 2017
子どもの貧困(最終回) むすびにかえて 子ども食堂と沖縄子どもの貧困調査から見えてくるもの これまでの連載をふりかえって
山野 良一, 「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク
チャイルド ヘルス   19(5) 371-374   May 2016
山野 良一
社会保障研究   2(1) 45-59   2017
山野 良一
千葉明徳短期大学研究紀要   (35) 121-128   2014
山野 良一
千葉明徳短期大学研究紀要   (32) 53-63   2011
山野良一
こころの科学   (149) 2-8   Jan 2010
山本智佳央, 山野良一, 木野内由美子, 野口啓示
日本子ども虐待防止学会学術集会大会プログラム・抄録集   21st 112-113   Nov 2015
子どもの貧困 なぜ豊かな日本で子どもの貧困が問題なのか?
山野 良一, 「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク
チャイルド ヘルス   18(3) 224-227   Mar 2015
山野良一, 岡村啓佐, 藤田早苗, 渡井さゆり
日本子ども虐待防止学会学術集会大会プログラム・抄録集   18th 66-67   Dec 2012
【貧困とそだち】 子どもの貧困の現実 無縁社会と子ども虐待 児童相談所の現場から
山野 良一
そだちの科学   (16) 42-46   Apr 2011
【家族を支援する】 さまざまな支援のかたち 貧困下にある家族を支援する
山野 良一, 「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク
こころの科学   (155) 79-83   Jan 2011
【保健師の仕事を外から見ると】 保健師の「味噌」 子どもの貧困と児童虐待防止の現場から
山野 良一
保健師ジャーナル   66(11) 961-966   Nov 2010
【育てる・育ちあういとなみ】 子育ての喜びを感じられる社会に
山野 良一, 辰巳 ヒロミ, 御園 愛子, 桑原 教修, 榊原 智子
月刊福祉   93(8) 12-19   Jun 2010
【子どもの貧困と社会保障】 子ども虐待の背景にある貧困
山野 良一
保団連   (1018) 22-27   Feb 2010
山野 良一
家族関係学   (29) 5-12   2010
山野 良一
Japanese journal of addiction & family   26(2) 109-115   Nov 2009
山野良一
公衆衛生   73(9) 638-642   Sep 2009
山野 良一
総合社会福祉研究   (35) 55-63   Oct 2009
山野良一
日本子ども虐待防止学会学術集会大会プログラム・抄録集   14th 61   Dec 2008
山野 良一
社会臨床雑誌   11(2) 80-89   Jan 2004