納谷 佳男

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/14 08:21
 
アバター
研究者氏名
納谷 佳男
 
ナヤ ヨシオ
eメール
y_nayameiji-u.ac.jp
所属
明治国際医療大学
部署
医学教育研究センター
職名
教授

研究分野

 
 

論文

 
Nakamura T, Kawauchi A, Oishi M, Ueda T, Shiraishi T, Nakanishi H, Kamoi K, Naya Y, Hongo F, Okihara K, Miki T
International journal of clinical oncology   21(4) 791-795   2016年8月   [査読有り]
Nakagawa H, Ueda T, Ito S, Shiraishi T, Taniguchi H, Kayukawa N, Nakanishi H, Ushijima S, Kanazawa M, Nakamura T, Naya Y, Hongo F, Kamoi K, Okihara K, Ukimura O
Oncotarget   7(23) 35224-35232   2016年6月   [査読有り]
Naitoh Y, Oishi M, Kobayashi K, Yamada Y, Nakamura T, Johnin K, Hongo F, Naya Y, Okihara K, Kawauchi A
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   23(4) 332-336   2016年4月   [査読有り]
Yamada Y, Naitoh Y, Kobayashi K, Fujihara A, Johnin K, Hongo F, Naya Y, Kamoi K, Okihara K, Kawauchi A, Miki T
Journal of endourology   30(1) 24-27   2016年1月   [査読有り]
Naya Y, Nakamura T, Oishi M, Ueda T, Nakanishi H, Naitoh Y, Hongo F, Kamoi K, Okihara K, Tanaka O, Yamagami T, Yamada K, Miki T
International journal of clinical oncology   20(6) 1192-1197   2015年12月   [査読有り]

Misc

 
石田 良, 草場 哲郎, 高橋 和美, 中ノ内 恒如, 納谷 佳男, 藤村 大樹
日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy   45(5) 421-426   2012年5月
症例は69歳,男性.糖尿病性腎症による末期腎不全に対し3年前維持血液透析を導入された.発熱,左鼠径部痛を主訴に受診し,左腹直筋から恥骨結合腹側,右外閉鎖筋にわたる広範囲な膿瘍を認め入院となった.抗菌薬の投与に加え,感染巣の切開排膿,デブリードマンを7か月の間に5回施行したが創部の治癒を得られなかった.活動性の高い感染の存在は否定されたにもかかわらず,創部の治癒傾向を認めなかったため,陰圧閉鎖療法(NPWT)を開始した.NPWT開始後1か月で創部の収縮と良好な肉芽形成を認め,同療法を終了し創...
邵 仁哲, 兼光 紀幸, 納谷 佳男, 落合 厚, 内藤 泰行, 鴨井 和実, 藤原 光文, 河内 明宏, 三木 恒治
日本泌尿器科學會雜誌   102(2)    2011年3月
金沢 元洪, 本郷 文弥, 納谷 佳男, 伊藤 吉三, 内藤 泰行, 邵 仁哲, 鴨井 和実, 河内 明宏, 三木 恒治
日本泌尿器科學會雜誌   102(2)    2011年3月
森 優, 納谷 佳男, 萩原 暢久, 井戸本 陽子, 竹内 一郎, 中ノ内 恒如
日本泌尿器科學會雜誌   102(2)    2011年3月
稲葉 光彦, 藤井 秀岳, 森田 壮平, 阿部 弘一, 中ノ内 恒如, 納谷 佳男, 本郷 文弥, 岩元 則幸
日本泌尿器科學會雜誌   101(2)    2010年2月