山崎 義広

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/17 00:28
 
アバター
研究者氏名
山崎 義広
 
ヤマサキ ヨシヒロ
eメール
yamasakimot.niigata-u.ac.jp
所属
新潟大学
部署
大学院技術経営研究科
職名
特任助教
学位
博士(学術)(新潟大学), 技術経営修士(専門職)(新潟大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
新潟大学 大学院技術経営研究科 特任助教
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
新潟大学 大学院 現代社会文化研究科 
 
2011年4月
 - 
2014年3月
新潟大学 大学院 技術経営研究科 
 
 
 - 
1998年3月
明治学院大学 法学部 政治学科
 

論文

 
地域ブランド論における外部人材の受容の研究 ― 中山間地におけるソーシャル・キャピタルの測定から ―
長尾 雅信,山崎 義広,八木敏昭
マーケティングジャーナル   38(1) 92-107   2018年6月   [査読有り]
八十里越に関する調査報告(1)-商圏分析および質問紙調査を中心にー
長尾 雅信,山崎 義広,八木敏昭
新潟大学経済論集   103 131-159   2017年9月
平成29年度八十里越え調査報告書
長尾 雅信,山崎 義広,八木敏昭
三条市役所商工課報告書      2018年3月
平成28年度八十里越え調査報告書
長尾 雅信,山崎 義広,八木敏昭
三条市役所地域経営課報告書      2017年3月
多主体協働による地域ブランド構築の研究―妙高市地域サポート人材を事例に―
山崎 義広
現代社会文化研究   63 37-53   2016年12月
マーケティング研究におけるグラウンデッド・セオリー・アプローチの適用可能性の考察―地域ブランディング研究を中心に―
山崎 義広
日本マーケティング学会ワーキングペーパー   2(15) 1-18   2016年7月
地域ブランドの背景と諸相― 「人口減少社会」と地方の課題をめぐって ―
山崎 義広
現代社会文化研究   61 275-291   2015年12月
小千谷市民による地域・コミュニティ評価に関する分析 : 地域ブランドの「資産-価値評価モデル」から
山崎 義広,鷲見 英司,長尾 雅信
新潟大学経済論集   99 143-158   2015年9月
中山間地におけるソーシャル・キャピタルと地域活性化の関係性についての研究-新潟県小千谷市を事例に-
八木 敏昭,長尾 雅信,山崎 義広
新潟大学経済論集   98 121-148   2015年3月
小千谷ソーシャル・キャピタル(OSC)調査報告書
長尾 雅信,八木 敏昭,山崎 義広
小千谷市役所企画政策課まちづくり推進室研究報告書      2014年3月

講演・口頭発表等

 
「多主体協働による地域ブランド構築の構図―中山間地の動態的把握による研究」
山崎 義広
第53回消費者行動研究コンファレンス   2016年11月12日   
「地域ブランディングにおけるアクター変容プロセスの解明―地域支援員を対象にしたグラウンデッド・セオリー・アプローチによる分析の実施」
山崎 義広
第51回消費者行動研究コンファレンス   2015年11月7日   

社会貢献活動

 
平成30年度JA戦略型中核人材育成研修
【講師, 助言・指導】  JA新潟中央会  「平成30年度JA戦略型中核人材育成研修」  2018年10月 - 2019年1月
平成30年度 八十里越開通に伴う意識調査
【調査担当, 報告書執筆】  新潟県三条市  2018年4月 - 現在
新潟大学大学院技術経営研究科長尾研究室との共同研究。
県内若手企業経営者・後継者を中心とした勉強会
【講師, 助言・指導】  新潟県内中小企業経営者  2017年12月 - 現在
マーケティング志向のURA業務とは:マーケティングの基礎的な考え方
【講師】  RA協議会,神戸大学  「RA協議会第4回年次大会」  2018年9月20日
外部人材の活用による地域ブランド構築とプラットフォームデザイン
【講師】  株式会社インソース  「平成30年度能力開発研修:地域ブランディング(新潟県自治体職員対象)」  2018年9月6日