Yoriko Aoki

J-GLOBAL         Last updated: Apr 3, 2019 at 14:35
 
Avatar
Name
Yoriko Aoki
E-mail
yoriko18med.u-toyama.ac.jp
Affiliation
University of Toyama

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Yoneyama Mari, Takeuchi Tomiko, Niikura Mariko, Aoki Yoriko, Makino Mayumi
Journal of Japan Society of Nursing Research   41(5) 935-943   Dec 2018
Objective: To elucidate the experiences of family members providing homecare for individuals with dementia with Lewy bodies (DLB) from the time they noticed the first signs to diagnosis.<br>Methods: Semi-structured interviews were conducted with s...
急性期病院で意思疎通が困難な脳血管疾患患者の代理意思決定を行った高齢配偶者の体験
青木 頼子, 竹内 登美子, 新鞍 真理子
日本保健科学学会誌   20(1) 5-12   Jun 2017
本研究の目的は、急性期病院において高齢者夫婦世帯のどちらかが突然脳血管障害を発症し意思疎通が困難となった場合に、代理意思決定を行った高齢配偶者の入院から退院に至るまでの体験を明らかにすることである。研究参加者5名に対し半構成的面接を行い、質的帰納的に分析を行った。その結果、高齢配偶者は、手術、転院(退院)、医療処置の出来事について代理意思決定を行っていた。そして手術のことを【医師に任せるより仕方がない】【決断するのは自分しかいない】、転院(退院)のことを【折り合いをつけながら最終的に決断す...
特別養護老人ホームに勤務する看護師・介護福祉士の看取りにおける役割
高野 一江, 青木 頼子, 竹内 登美子, 新鞍 真理子, 牧野 真弓
日本看護福祉学会誌   22(2) 115-130   Mar 2017
本研究の目的は、特養に勤務する看護師と介護福祉士の「看取りにおける各々の役割」を明らかにすることである。看護師と介護福祉士各5名に半構成的面接を行い、質的帰納的分析を行った。その結果、看護師の役割として得られたカテゴリーは、【最期まで責任をもって看取りきる】【看取りを受容できるための説明と働きかけを行う】【最期に家族の絆を深めるための調整をする】【介護の領域を理解し連携する】【看取りに自信をもつための教育を支援する】【重責を感じながら医師の代理を担う】【経験と知識の習得を繰り返し自己鍛錬す...
軽度と高度認知機能低下のある若年認知症者の就労継続に関する体験と思い 再就職後の就労場面に焦点を当てて
林 浩靖, 竹内 登美子, 新鞍 真理子, 青木 頼子, 牧野 真弓
日本看護研究学会雑誌   39(4) 97-104   Sep 2016
本研究の目的は,軽度と高度の認知機能低下のある若年認知症者2事例の就労継続に関する体験と思いを記述することである。就労支援施設で働く若年認知症者と家族に半構造化面接を行い,参加観察と記録簿からの情報収集も行った。その結果,A氏から【病名を告げたくないという思い】【得意分野を活かす】【さりげないサポートを得ながら働く】【病をもちながらも努力して働ける喜び】【社会制度の充実を望む】の5つの表題が得られ,B氏からは,【夫婦間での会話の少なさ】【認知機能低下による混乱】【つきっきりのサポートを得な...
根治的前立腺全摘除術後の患者が排尿障害の改善を実感するまでの経験
川口 寛介, 竹内 登美子, 新鞍 真理子, 青木 頼子, 牧野 真弓
日本看護研究学会雑誌   39(2) 53-62   Jun 2016
本研究の目的は,根治的前立腺全摘除術後患者が,排尿障害が改善したと実感するまでにおいて,入院から退院を経て自宅での生活のなかでどのような経験をしているのかを明らかにすることである。術後4ヵ月経過した60〜70歳代の5名を対象とし,半構成的面接調査と質問紙調査を行い,質的帰納的分析を行った。患者は,【術後から続く排尿障害のつらさ】という最もつらい経験をし,パッドやオムツを使用する情けなさを退院後も感じながら【排尿障害と付き合いながらの生活】を送っていた。骨盤底筋体操や日ごろの運動など【排尿障...

Conference Activities & Talks

 
アクションリサーチによる歩行圏コミュニティづくり(第6報) 活動継続を促す要件
中林 美奈子, 鳴尾 明子, 河原 雅典, 木下 功士, 新鞍 真理子, 鳥海 清司, 永井 嘉隆, 青木 頼子, 寺西 敬子, 成瀬 優知
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2015   
認知症高齢者の安全対策に対する熟練看護師の思考過程
牧野 真弓, 竹内 登美子, 新鞍 真理子, 青木 頼子
日本看護研究学会近畿・北陸地方会学術集会プログラム・抄録集   Feb 2015   
Action Research of Redesigning the Walking-around Community, Report No.2 Spread of the Research Group’s Activities
Aoki Y, Nakabayashi M, Naruo A , Kawahara M, Kinoshita K , Niikura M, Toriumi K , Nagai Y
6th Asia- Pacific Traditional Nursing Conference   Oct 2014   
アクションリサーチによる歩行圏コミュニティづくり(第6報) 新型歩行補助車の開発
河原 雅典, 中林 美奈子, 鳴尾 明子, 木下 功士, 新鞍 真理子, 鳥海 清司, 永井 嘉隆, 青木 頼子, 寺西 敬子, 成瀬 優知
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2014   
アクションリサーチによる歩行圏コミュニティづくり(第5報) 外出や交流の変化
鳴尾 明子, 中林 美奈子, 河原 雅典, 木下 功士, 新鞍 真理子, 鳥海 清司, 永井 嘉隆, 青木 頼子, 寺西 敬子, 成瀬 優知
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2014