共同研究・競争的資金等の研究課題

2011年4月 - 2014年3月

神経およびグリア細胞におけるイノシトール三リン酸を介したシナプス維持機構の解析

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(A)
  • 大久保 洋平

課題番号
23689015
配分額
(総額)
27,430,000円
(直接経費)
21,100,000円
(間接経費)
6,330,000円

成体の脳が安定して機能するには、シナプスの機能が維持される必要がある。そして「勘が鈍る」という、適切な入力の遮断による脳機能低下を示唆する概念が存在する。申請者らは、この概念を「脳における持続的経験入力依存的なシナプス維持機構」という、実験的に検証可能な課題に翻訳し研究に着手した。
成熟マウスのヒゲを切除することにより、大脳皮質においてシナプス強度が低下することを確認した。これには、神経細胞における代謝型グルタミン酸受容体およびイノシトール三リン酸(IP3)シグナリングの遮断が関与していた。以上より持続的ヒゲ入力により惹起されるIP3シグナリングがシナプス維持に必須であることが明らかとなった。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-23689015/23689015seika.pdf