共同研究・競争的資金等の研究課題

2008年 - 2009年

小脳バーグマングリアの機能維持におけるイノシトール1, 4, 5-三リン酸の役割

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 大久保 洋平

課題番号
20790202
配分額
(総額)
4,290,000円
(直接経費)
3,300,000円
(間接経費)
990,000円

シナプスは神経同士の接点である。シナプス機能を維持することは、脳における安定な情報処理に不可欠である。バーグマングリアはグルタミン酸トランスポーターを発現し、グルタミン酸を迅速に取り込むことで、シナプス伝達の正確性を保障している。我々は、イノシトール1, 4, 5-三リン酸がグルタミン酸トランスポーターの発現量を維持し、グルタミン酸取り込み能を保つことを発見した。よってイノシトール1,4,5-三リン酸はシナプス機能維持に不可欠である。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-20790202/20790202seika.pdf