山本陽一朗

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/28 22:21
 
アバター
研究者氏名
山本陽一朗
 
ヤマモト ヨウイチロウ
URL
http://www.riken.jp/research/labs/aip/goalorient_tech/pathol_inf/
所属
特定国立研究開発法人理化学研究所
部署
病理情報学チーム
職名
チームリーダー
学位
博士(医学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年
 - 
現在
理化学研究所 革新知能統合研究センター 病理情報学チーム チームリーダー
 
2017年
   
 
理化学研究所 革新知能統合研究センター 病理情報学ユニット ユニットリーダー
 
 
   
 
・ハイデルベルク大学 BioQuant 客員研究員 (2014-2015)
 
 
   
 
・メイヨークリニック 客員研究員 (2012)
 
 
   
 
・ハーバード大学 Program for Evolutionary Dynamics 客員研究員 (2012)
 

学歴

 
2006年
 - 
2009年
東北大学大学院 医学系 研究科
 
1998年
 - 
2004年
東北大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本メディカルAI学会  理事
 
2013年
 - 
現在
日本病理学会  学術評議員
 

論文

 
Yoichiro Yamamoto, Toyonori Tsuzuki, Jun Akatsuka, Masao Ueki, Hiromu Morikawa, Yasushi Numata, Taishi Takahara, Takuji Tsuyuki, Akira Shimizu, Ichiro Maeda, Shinichi Tsuchiya, Hiroyuki Kanno, Yukihiro Kondo, Manabu Fukumoto, Gen Tamiya, Naonori Ueda, Go Kimura
BioRxiv      2019年2月
Makoto Nishioka, Yuji Inaba, Mitsuo Motobayashi, Yosuke Hara, Ryusuke Numata, Yoshiro Amano, Kunihiko Shingu, Yoichiro Yamamoto, Kei Murayama, Akira Ohtake, Yozo Nakazawa
Brain and Development      2018年2月   [査読有り]
Ayako Tateishi, Satoshi Ohira, Yoichiro Yamamoto, Hiroyuki Kanno
Virchows Archiv      2018年2月   [査読有り]
Yamamoto Y, Saito A, Tateishi A, Shimojo H, Kanno H, Tsuchiya S, Ito KI, Cosatto E, Graf HP, Moraleda RR, Eils R, and Grabe N.
Scientific Reports   7(46732)    2017年4月   [査読有り]
Yamamoto Y, Offord CP, Kimura G, Kuribayashi S, Takeda H, Tsuchiya S, Shimojo H, Kanno H, Bozic I, Nowak MA, Bajzer Z, Dingli D
British journal of cancer   115(2) 195-202   2016年7月   [査読有り]
Ogura M, Yamamoto Y, Miyashita H, Kumamoto H, Fukumoto M
Medical molecular morphology   49(2) 76-82   2016年6月   [査読有り]
Yamada M, Saito A, Yamamoto Y, Cosatto E, Kurata A, Nagao T, Tateishi A, Kuroda M
Journal of pathology informatics   7 1   2016年   [査読有り]
Akira Saito, Yasushi Numata, Takuya Hamada, Tomoyoshi Horisawa, Eric Cosatto, Hans-Peter Graf, Masahiko Kuroda,Yoichiro Yamamoto
Journal of Pathology Informatics   7(36)    2016年   [査読有り]
Iwamoto N, Murai Y, Yamamoto Y, Adachi K, Teramoto A
Brain tumor pathology   31(2) 138-143   2014年4月   [査読有り]
Akatsuka J, Suzuki Y, Hamasaki T, Shindo T, Yanagi M, Kimura G, Yamamoto Y, Kondo Y
BMC research notes   7 198   2014年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
病理画像のAI解析
山本陽一朗
最新医学, 74巻3号, pp99 -105, 最新医学社   2019年3月   
人工知能の医療応用~How to Apply
山本陽一朗
病理と臨床 36巻9号, pp915 -919, 文光堂   2018年9月   
人工知能が医療にもたらすもの~人工知能の医療応用への取り組み
山本陽一朗
医学のあゆみ, 第263巻, 第8号, pp636-640, 医歯薬出版株式会社   2017年11月   
人工知能と病理
山本陽一朗, 福本学
病理と臨床 35巻1号, pp18 -25, 文光堂   2017年1月   

講演・口頭発表等

 
AIの病理学分野への応用:現状と展望 (病理学会招聘講演) [招待有り]
山本陽一朗
第64回日本病理学会秋期特別総会   2018年11月22日   
人工知能と医療~現状と展望~ [招待有り]
山本陽一朗
日本毒性病理学会主催教育セミナー   2018年11月10日   
AIの医療応用への取り組み~現状と展望~ [招待有り]
山本陽一朗
第26回JBICバイオ関連基盤技術研究会   2018年7月   
人工知能の医療応用への取り組み~疾患メカニズム解明と定量的予測 [招待有り]
山本陽一朗
データサイエンスとバイオ・メディカルサイエンスの融合   2018年5月   
人工知能が医療にもたらすもの~現状と展望~ [招待有り]
山本陽一朗
第38回東北眼疾患病態研究会   2018年1月   

競争的資金等の研究課題

 
医療人工知能におけるブラックボックスの解明
文部科学省/日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的研究(開拓))
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 山本陽一朗
機序の異なる人工知能の多重解析による癌コンパニオン診断システムの開発
日本医療研究開発機構AMED: 
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 山本陽一朗
文部科学省/日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 山本陽一朗
文部科学省/日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 山本陽一朗
丸山記念研究助成金
研究期間: 2011年       代表者: 山本陽一朗

特許

 
特許5182689号 : 眼底画像解析方法およびその装置とプログラム
丸亀 敦, 齋藤 彰, 山本 陽一朗, 福本 学
特許2018 : 機械学習関連技術 1
山本陽一朗
特願2018 : 機械学習関連技術 2
山本陽一朗

社会貢献活動

 
診断から治療まで、最先端「医療AI」の潜在力
【インタビュイー, 取材協力, 情報提供】  Yahooニュース, 東洋経済オンラインなど  2018年8月7日
がん画像、AI解析 活発
【インタビュイー, 取材協力, 情報提供】  日経産業新聞  2018年5月8日
解析ツールとしてのAIが医療の未来を切り拓く
【インタビュイー, 取材協力, 情報提供】  美肌café通信  2018年1月1日
がん細胞 AIで画像判定
【インタビュイー, 取材協力, 情報提供】  日本経済新聞 朝刊  2016年9月19日
研究紹介
【インタビュイー】  文部科学省学術研究費新学術領域研究  がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動 http://ganshien.umin.jp/research/spotlight/yamamoto/index.html  2016年1月
都内人工知能関連施設など視察
【情報提供, 実演】  内閣府広報  2017年9月14日
医療監修
【助言・指導, その他】  フジテレビ  ドラマ 「蜜の味」医療監修  2011年