岡田康志

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/06 16:13
 
アバター
研究者氏名
岡田康志
 
オカダ ヤスシ
eメール
y.okadariken.jp
URL
https://www.bdr.riken.jp/jp/research/labs/okada-y/index.html
所属
独立行政法人理化学研究所
部署
生命機能科学研究センター
職名
チームリーダー
学位
博士(医学)(東京大学)
その他の所属
東京大学
科研費研究者番号
50272430

プロフィール

キネシン-微小管系による軸索輸送の分子機構とその神経細胞での制御機構を中心に、1分子イメージングなどを用いて研究してきました。理研へ異動後は、超解像ライブイメージングを用いた解析へと発展させる一方、個体レベルでの解析の新しい手法として、TALENなどゲノム編集技術の開発も行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
理化学研究所 生命機能科学研究センター チームリーダー
 
2016年5月
 - 
現在
東京大学大学院理学系研究科 物理学専攻 教授
 
2011年8月
 - 
2018年3月
理化学研究所 生命システム研究センター チームリーダー
 
1997年7月
 - 
2011年7月
東京大学医学部 解剖学・細胞生物学教室 助手
 

受賞

 
2017年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰科学技術賞 共焦点顕微鏡をベースとした超解像顕微鏡の開発
 

論文

 
Okamoto K, Germond A, Fujita H, Furusawa C, Okada Y, Watanabe TM
Scientific reports      2018年8月   [査読有り]
Takeshima T, Takahashi T, Yamashita J, Okada Y, Watanabe S
Journal of microscopy      2018年5月   [査読有り]
Akiko Ueno, Yoshihiro Omori, Yuko Sugita, Satoshi Watanabe, Taro Chaya, Takashi Kozuka, Tetsuo Kon, Satoyo Yoshida, Kenji Matsushita, Ryusuke Kuwahara, Naoko Kajimura, Yasushi Okada, Takahisa Furukawa
Cell Reports   22(13) 3548-3561   2018年3月   [査読有り]
© 2018 The Author(s) In the vertebrate retina, cone photoreceptors play crucial roles in photopic vision by transmitting light-evoked signals to ON- and/or OFF-bipolar cells. However, the mechanisms underlying selective synapse formation in the co...
Grzybowski M, Taki M, Senda K, Sato Y, Ariyoshi T, Okada Y, Kawakami R, Imamura T, Yamaguchi S.
Angewandte Chemie - International Edition      2018年   [査読有り]
Komatsu N, Terai K, Imanishi A, Kamioka Y, Sumiyama K, Jin T, Okada Y, Nagai T, Matsuda M.
Scientific Reports   8(1)    2018年   [査読有り]
Kyoko Chiba, Ko Yi Chien, Yuriko Sobu, Saori Hata, Shun Kato, Tadashi Nakaya, Yasushi Okada, Yasushi Okada, Angus C. Nairn, Masataka Kinjo, Hidenori Taru, Rong Wang, Toshiharu Suzuki
Molecular Biology of the Cell   28(26) 3857-3869   2017年12月   [査読有り]
© 2017 Chiba et al. In neurons, amyloid β-protein precursor (APP) is transported by binding to kinesin- 1, mediated by JNK-interacting protein 1b (JIP1b), which generates the enhanced fast velocity (EFV) and efficient high frequency (EHF) of APP a...
Tadasu Nozaki, Tadasu Nozaki, Ryosuke Imai, Ryosuke Imai, Mai Tanbo, Mai Tanbo, Ryosuke Nagashima, Ryosuke Nagashima, Sachiko Tamura, Tomomi Tani, Yasumasa Joti, Masaru Tomita, Kayo Hibino, Kayo Hibino, Masato T. Kanemaki, Kerstin S. Wendt, Yasushi Okada, Takeharu Nagai, Kazuhiro Maeshima, Kazuhiro Maeshima
Molecular Cell   67(2) 282-293.e7   2017年7月   [査読有り]
© 2017 Elsevier Inc. The eukaryotic genome is organized within cells as chromatin. For proper information output, higher-order chromatin structures can be regulated dynamically. How such structures form and behave in various cellular processes rem...
Katsura Minegishi, Katsura Minegishi, Masakazu Hashimoto, Rieko Ajima, Rieko Ajima, Katsuyoshi Takaoka, Kyosuke Shinohara, Yayoi Ikawa, Yayoi Ikawa, Hiromi Nishimura, Hiromi Nishimura, Andrew P. McMahon, Karl Willert, Yasushi Okada, Hiroshi Sasaki, Dongbo Shi, Toshihiko Fujimori, Toshihisa Ohtsuka, Yasunobu Igarashi, Terry P. Yamaguchi, Akihiko Shimono, Hidetaka Shiratori, Hiroshi Hamada, Hiroshi Hamada
Developmental Cell   40(5) 439-452.e4   2017年3月   [査読有り]
© 2017 Elsevier Inc. Polarization of node cells along the anterior-posterior axis of mouse embryos is responsible for left-right symmetry breaking. How node cells become polarized has remained unknown, however. Wnt5a and Wnt5b are expressed poster...
Takai A, Nakano M, Saito K, Haruno R, Watanabe TM, Ohyanagi T, Jin T, Okada Y, Nagai T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(14) 4352-4356   2015年4月   [査読有り]
Hayashi S, Okada Y
Molecular biology of the cell   26(9) 1743-1751   2015年2月   [査読有り]
Okada Y, Nakagawa S
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1262 21-35   2015年   [査読有り]
Ohyanagi Tatsuya, Shima Tomohiro, Okada Yasushi, Tsukasaki Yoshikazu, Komatsuzaki Akihito, Tsuboi Setsuko, Jin Takashi
Chemical Communications   51(80) 14836-14839   2015年   [査読有り]
Chinen T, Liu P, Shioda S, Pagel J, Cerikan B, Lin T. C, Gruss O, Hayashi Y, Takeno H, Shima T, Okada Y, Hayakawa I, Kigoshi H, Usui T, Schiebel E.
Nat Commun   6 8722   2015年   [査読有り]
Chiba K, Araseki M, Nozawa K, Furukori K, Araki Y, Matsushima T, Nakaya T, Hata S, Saito Y, Uchida S, Okada Y, Nairn AC, Davis RJ, Yamamoto T, Kinjo M, Taru H, Suzuki T
Molecular biology of the cell   25(22) 3569-3580   2014年11月   [査読有り]
Uno Shin-nosuke, Kamiya Mako, Yoshihara Toshitada, Sugawara Ko, Okabe Kohki, Tarhan Mehmet C, Fujita Hiroyuki, Funatsu Takashi, Okada Yasushi, Tobita Seiji, Urano Yasuteru
Nature Chemistry   6(8) 681-689   2014年   [査読有り]
Yuko Sato, Yuko Sato, Masanori Mukai, Jun Ueda, Michiko Muraki, Timothy J. Stasevich, Naoki Horikoshi, Tomoya Kujirai, Hiroaki Kita, Taisuke Kimura, Seiji Hira, Yasushi Okada, Yoko Hayashi-Takanaka, Yoko Hayashi-Takanaka, Chikashi Obuse, Hitoshi Kurumizaka, Atsuo Kawahara, Kazuo Yamagata, Naohito Nozaki, Hiroshi Kimura, Hiroshi Kimura
Scientific Reports   3    2013年8月
Post-translational histone modifications play key roles in gene regulation, development, and differentiation, but their dynamics in living organisms remain almost completely unknown. To address this problem, we developed a genetically encoded syst...
Ota S, Hisano Y, Muraki M, Hoshijima K, Dahlem TJ, Grunwald DJ, Okada Y, Kawahara A
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   18(6) 450-458   2013年6月   [査読有り]
Hisano Y, Ota S, Arakawa K, Muraki M, Kono N, Oshita K, Sakuma T, Tomita M, Yamamoto T, Okada Y, Kawahara A
Biology open   2 363-367   2013年4月   [査読有り]
Sakuma T, Hosoi S, Woltjen K, Suzuki K, Kashiwagi K, Wada H, Ochiai H, Miyamoto T, Kawai N, Sasakura Y, Matsuura S, Okada Y, Kawahara A, Hayashi S, Yamamoto T
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   18(4) 315-326   2013年4月   [査読有り]
Yajima H, Ogura T, Nitta R, Okada Y, Sato C, Hirokawa N
The Journal of cell biology   198(3) 315-322   2012年8月   [査読有り]
Hirokawa N, Tanaka Y, Okada Y
Current opinion in cell biology   24 31-39   2012年2月   [査読有り]
Nakata T, Niwa S, Okada Y, Perez F, Hirokawa N
The Journal of cell biology   194(2) 245-255   2011年7月   [査読有り]
Hirokawa N, Nitta R, Okada Y
Nature reviews. Molecular cell biology   10(12) 877-884   2009年12月   [査読有り]
Hirokawa N, Tanaka Y, Okada Y
Cold Spring Harbor perspectives in biology   1 a000802   2009年7月   [査読有り]
Nobutaka Hirokawa, Yasushi Okada, Yosuke Tanaka
Annual Review of Fluid Mechanics   41 53-72   2009年1月   [査読有り]
A left-right (LR) asymmetric body plan is crucial for the development of the human body. The past decade has seen rapid progress in our understanding of the LR symmetry-breaking process in vertebrate development. A series of experimental studies h...
Okada Y, Hirokawa N
Methods in cell biology   91 265-285   2009年   [査読有り]
Nitta R, Okada Y, Hirokawa N
Nature structural & molecular biology   15(10) 1067-1075   2008年10月   [査読有り]
Hirokawa N, Tanaka Y, Okada Y, Takeda S
Cell   125(1) 33-45   2006年4月   [査読有り]
Buceta J, Ibañes M, Rasskin-Gutman D, Okada Y, Hirokawa N, Izpisúa-Belmonte JC
Biophysical journal   89 2199-2209   2005年10月   [査読有り]
Miki H, Okada Y, Hirokawa N
Trends in cell biology   15 467-476   2005年9月   [査読有り]
Nishinari K, Okada Y, Schadschneider A, Chowdhury D
Physical review letters   95 118101   2005年9月   [査読有り]
Okada Y, Takeda S, Tanaka Y, Izpisúa Belmonte JC, Hirokawa N
Cell   121(4) 633-644   2005年5月   [査読有り]
Tanaka Y, Okada Y, Hirokawa N
Nature   435(7039) 172-177   2005年5月   [査読有り]
Lawrence CJ, Dawe RK, Christie KR, Cleveland DW, Dawson SC, Endow SA, Goldstein LS, Goodson HV, Hirokawa N, Howard J, Malmberg RL, McIntosh JR, Miki H, Mitchison TJ, Okada Y, Reddy AS, Saxton WM, Schliwa M, Scholey JM, Vale RD, Walczak CE, Wordeman L
The Journal of cell biology   167(1) 19-22   2004年10月   [査読有り]
Nitta R, Kikkawa M, Okada Y, Hirokawa N
Science (New York, N.Y.)   305(5684) 678-683   2004年7月   [査読有り]
Ogawa T, Nitta R, Okada Y, Hirokawa N
Cell   116(4) 591-602   2004年2月   [査読有り]
Okada Y, Higuchi H, Hirokawa N
Nature   424(6948) 574-577   2003年7月   [査読有り]
Noda Y, Okada Y, Saito N, Setou M, Xu Y, Zhang Z, Hirokawa N
The Journal of cell biology   155(1) 77-88   2001年10月   [査読有り]
Kikkawa M, Sablin EP, Okada Y, Yajima H, Fletterick RJ, Hirokawa N
Nature   411(6836) 439-445   2001年5月   [査読有り]
Kanai Y, Okada Y, Tanaka Y, Harada A, Terada S, Hirokawa N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   20 6374-6384   2000年9月   [査読有り]
Kikkawa M, Okada Y, Hirokawa N
Cell   100(2) 241-252   2000年1月   [査読有り]
Okada Y, Hirokawa N
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   97(2) 640-645   2000年1月   [査読有り]
Okada Y, Nonaka S, Tanaka Y, Saijoh Y, Hamada H, Hirokawa N
Molecular Cell   4 459-468   1999年10月   [査読有り]
Takeda S, Yonekawa Y, Tanaka Y, Okada Y, Nonaka S, Hirokawa N
The Journal of cell biology   145(4) 825-836   1999年5月   [査読有り]
Okada Y, Hirokawa N
Science (New York, N.Y.)   283(5405) 1152-1157   1999年2月   [査読有り]
Nonaka S, Tanaka Y, Okada Y, Takeda S, Harada A, Kanai Y, Kido M, Hirokawa N
Cell   95(6) 829-837   1998年12月   [査読有り]
Kim W, Tang Y, Okada Y, Torrey TA, Chattopadhyay SK, Pfleiderer M, Falkner FG, Dorner F, Choi W, Hirokawa N, Morse HC 3rd
Journal of virology   72 6898-6901   1998年8月   [査読有り]
Tanaka Y, Kanai Y, Okada Y, Nonaka S, Takeda S, Harada A, Hirokawa N
Cell   93(7) 1147-1158   1998年6月   [査読有り]
Yonekawa Y, Harada A, Okada Y, Funakoshi T, Kanai Y, Takei Y, Terada S, Noda T, Hirokawa N
The Journal of cell biology   141(2) 431-441   1998年4月   [査読有り]
Hirokawa N, Noda Y, Okada Y
Current opinion in cell biology   10(1) 60-73   1998年2月   [査読有り]
Nakagawa T, Tanaka Y, Matsuoka E, Kondo S, Okada Y, Noda Y, Kanai Y, Hirokawa N
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   94(18) 9654-9659   1997年9月   [査読有り]
Saito N, Okada Y, Noda Y, Kinoshita Y, Kondo S, Hirokawa N
Neuron   18(3) 425-438   1997年3月   [査読有り]
Yamazaki H, Nakata T, Okada Y, Hirokawa N
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   93(16) 8443-8448   1996年8月   [査読有り]
Takemura R, Nakata T, Okada Y, Yamazaki H, Zhang Z, Hirokawa N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   16 31-35   1996年1月   [査読有り]
Yamazaki H, Nakata T, Okada Y, Hirokawa N
The Journal of cell biology   130(6) 1387-1399   1995年9月   [査読有り]
Okada Y, Yamazaki H, Sekine-Aizawa Y, Hirokawa N
Cell   81(5) 769-780   1995年6月   [査読有り]
Okada Y, Sato-Yoshitake R, Hirokawa N
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   15 3053-3064   1995年4月   [査読有り]
Nangaku M, Sato-Yoshitake R, Okada Y, Noda Y, Takemura R, Yamazaki H, Hirokawa N
Cell   79(7) 1209-1220   1994年12月   [査読有り]
Sekine Y, Okada Y, Noda Y, Kondo S, Aizawa H, Takemura R, Hirokawa N
The Journal of cell biology   127(1) 187-201   1994年10月   [査読有り]
Nakata T, Sato-Yoshitake R, Okada Y, Noda Y, Hirokawa N
Biophysical journal   65 2504-2510   1993年12月   [査読有り]

Misc

 
岡田 康志
光アライアンス   28(12) 53-57   2017年12月
岡田 康志
O plus E : Optics + electronics   39(2) 174-178   2017年2月
Yasushi Okada, Yasushi Okada
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   10251    2017年1月
© 2017 SPIE. Diffraction limit of resolution has been one of the biggest limitations in the optical microscopy. Super-resolution fluorescence microscopy has enabled us to break this limit. However, for the observations of real biological specimens...
岡田 康志
生物物理   57(4) 175-175   2017年
高井 啓, 岡田 康志
生化学   88(5) 669-673   2016年10月
岡田 康志
レーザー研究 = The review of laser engineering : レーザー学会誌   44(10) 643-647   2016年10月
岡田康志
上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM)   28 ROMBUNNO.58-4   2014年12月
岡田康志
パリティ   29(12) 37-39   2014年12月   [依頼有り]
岡田康志
現代化学   (521) 22-27   2014年8月   [依頼有り]
Kaneshiro Junichi, Shima Tomohiro, Okada Yasushi, Ichimura Taro, Watanabe Tomonobu M.
Biophysical Journal   106(2) 351A   2014年
Kambara T, Okada Y.
Molecular Biology of the Cell   25    2014年
深港豪, 亀井敬, 島知弘, 岡田康志, 玉置信之
光化学討論会講演要旨集   2013 65   2013年9月
岡田康志
バイオイメージング   22(2) 98   2013年8月
渡部重夫, 岡田康志, 高橋輝夫, BENNETT Keith, 竹嶋智親
バイオイメージング   22(2) 158-159   2013年8月
岡田 康志
光技術コンタクト = Optical and electro-optical engineering contact   51(4) 4-12   2013年4月
岡田康志
バイオイメージング   21(2) 100-101   2012年8月   [依頼有り]
岡田 康志
ナノ学会会報   4(1) 39-43   2005年11月   [依頼有り]
岡田 康志, 樋口 秀男, 廣川 信隆
生物物理   43(0)    2003年
Masahide Kikkawa, Masahide Kikkawa, Elena P. Sablin, Yasushi Okada, Hiroaki Yajima, Robert J. Fletterick, Nobutaka Hirokawa
Microscopy and Microanalysis   8 210   2002年11月
岡田 康志, 田中 康介, 竹田 扇, 廣川 信隆
日本解剖学会 総会・全国学術集会 抄録号   107(0) 41-41   2002年
竹田 扇, 田中 庸介, 岡田 康志, 廣川 信隆
日本解剖学会 総会・全国学術集会 抄録号   107(0) 41-41   2002年
野田 泰子, 岡田 康志, 斉藤 延人, 瀬藤 光利, 廣川 信隆
日本解剖学会 総会・全国学術集会 抄録号   107(0) 31-31   2002年

書籍等出版物

 
岡田康志 (担当:分担執筆, 範囲:第30章超解像・一分子イメージングによる分子動態の計測)
化学同人   2018年4月   ISBN:4759817263
合原 一幸, 岡田 康志 (担当:共編者)
岩波書店   2004年9月   ISBN:4000050508

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 岡田 康志
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 岡田 康志
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 岡田 康志
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 岡田 康志
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 岡田 康志
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 岡田 康志
本年度は、計画通り以下の研究開発を行った。1)ゼブラフィッシュ初期胚の非侵襲蛍光ライブイメージングシステムの構築。これまで1分子観察によく用いられている全反射顕微鏡では細胞のカバーグラス付着面極近傍しか観察することが出来ず、厚みのあるゼブラフィッシュ初期胚のイメージングには適さない。厚みのある初期胚内部の蛍光像を焦点面外からのぼけ光を排除して取得するためには、共焦点顕微鏡システムが通常用いられるが、広く用いられている点走査型共焦点顕微鏡では1分子イメージングに必要な時間分解能を達成出来ない...
文部科学省: 科学研究費補助金(特別推進研究)
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 廣川 信隆
神経細胞を始め全ての細胞機能の基盤となる細胞内輸送機構をその主役であるキネシンスーパーファミリーモーター分子群(KIFs)を中心に解明した。分子細胞生物学、分子遺伝学、構造生物学を駆使して、13種の新しいKIFsの一次構造を決定し、以下を明らかにした。KIF1A/KIF1B beta及びKIF17の解析により、KIFsは、主にアダプター蛋白質を介してカーゴ膜小器官を認識・結合し、カーゴとの乖離は、small G-proteinのGTP加水分解とモーター尾部のリン酸化がその主な機構である。輸...
文部科学省: 科学研究費補助金(COE形成基礎研究費, 特別推進研究(COE))
研究期間: 2001年 - 2006年    代表者: 廣川 信隆
細胞の諸機能にとって必須で、多様かつ重要な生命現象の要となる細胞内物質輸送の分子機構につき以下の成果をあげた。1)哺乳類Kinesin super family蛋白質(KIFs)全遺伝子45個を同定。2)KIFIB betaが、シナップス小胞前駆体を輸送し神経機能、生存に必須でヒト遺伝性神経疾患の原因遺伝子である。3)KIF2Aが微小管を脱重合し神経軸索側枝の伸長を制御することにより神経回路網の形成に必須の役割を持つ。4)KIF3が、ゴルジ装置より形質膜にNcadherinとbeta-ca...
文部科学省: 科学研究費補助金(COE形成基礎研究費)
研究期間: 1996年 - 2000年    代表者: 廣川 信隆
1.新しいKIFsモーターの探索とその機能の解析大脳、小脳、海馬、網膜、腎臓、小腸等のcDNAライブラリーより、ATP結合共通配列及び微小管結合共通配列を用いて新しいKIFsを探索し、現在までにKIF1C,6,7,8,9,10,11,12,13A,13B,14,15,16A,16B,17の16個の新しい遺伝子を同定(Nakagawa et al.,PNAS 1997)、Northern blottingの結果をもとにKIF1C,12,13A,13B,14,16A,16B,17のクローニング...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 廣川 信隆
1)微小管をレールとし、物質輸送を行うと予想される新しいキネシンスーパーファミリー遺伝子を17種類(KIF1C,KIF3C,KIF5C,KIF6,KIF7,KIF8,KIF9,KIF10,KIF11,KIF12,KIF13A,KIA14,KIF15,KIA16A,KIF16B,KIF17)発見した。この中には神経系特異、ある組織特異(たとえば腎臓の上皮細胞)と、すべての組織に発現する型があった。現在その一時構造の決定と分子細胞生物学的解析を行っている。C末端モーター領域型KIFC2の解析を...

特許

 
特願2017-210698 : 測定方法、力測定装置、力測定システム、力測定プログラム及び記録媒体
林久美子、岡田康志
特願2013-16714 : DNA結合タンパク質ドメインの改変による高活性TALEタンパク質
岡田康志,池田一穂