横溝岳彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 14:44
 
アバター
研究者氏名
横溝岳彦
URL
http://plaza.umin.ac.jp/j_bio/
所属
順天堂大学
部署
医学部
職名
教授
学位
医学博士(東京大学)

プロフィール

生理活性脂質受容体の研究を介して疾患の原因を明らかにし、新規治療薬や新規治療法の開発を目指しています。

研究分野

 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
順天堂大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
2010年10月
 - 
2012年3月
九州大学 主幹教授
 
2006年2月
 - 
2012年3月
九州大学大学院医学研究院 教授
 
2000年
 - 
2006年
東京大学大学院医学系研究科 助教授
 
1998年
 - 
2000年
東京大学大学院医学系研究科 助手
 
1995年
 - 
1998年
東京大学大学院医学系研究科 日本学術振興会特別研究員
 

受賞

 
2011年11月
九州大学 九州大学研究活動表彰受賞
 
2004年10月
第1回東京大学医学部 ベストティーチャー賞
 
2001年10月
日本生化学会 奨励賞 「ロイコトリエンB4の代謝と受容体の研究」
 
1999年9月
国際エイコサノイド会議 第1回 Young Investigator Award
 

論文

 
Matsuda A, Asada Y, Suita N, Iwamoto S, Hirakata T, Yokoi N, Ohkawa Y, Okada Y, Yokomizo T, Ebihara N
The Journal of allergy and clinical immunology      2018年11月   [査読有り]
Hirakata T, Lee HC, Ohba M, Saeki K, Okuno T, Murakami A, Matsuda A, Yokomizo T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   fj201801805R   2018年11月   [査読有り]
Yokomizo T, Nakamura M, Shimizu T
The Journal of clinical investigation   128(7) 2691-2701   2018年5月   [査読有り]
Ohba M, Saeki K, Koga T, Okuno T, Kobayashi Y, Yokomizo T
Biochemical and biophysical research communications   504(3) 562-568   2018年6月   [査読有り]
Sasaki F, Koga T, Ohba M, Saeki K, Okuno T, Ishikawa K, Nakama T, Nakao S, Yoshida S, Ishibashi T, Ahmadieh H, Kanavi MR, Hafezi-Moghadam A, Penninger JM, Sonoda KH, Yokomizo T
JCI insight   3(18)    2018年9月   [査読有り]
Lee HC, Yokomizo T
Biochemical and biophysical research communications   504(3) 576-581   2018年3月   [査読有り]
Nakanishi Y, Tan M, Ichiki T, Inoue A, Yoshihara JI, Maekawa N, Takenoshita I, Yanagida K, Yamahira S, Yamaguchi S, Aoki J, Nagamune T, Yokomizo T, Shimizu T, Nakamura M
Science signaling   11(544) eaao5390   2018年8月   [査読有り]
Kawanishi N, Takagi K, Lee HC, Nakano D, Okuno T, Yokomizo T, Machida S
American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology   314(6) R892-R901   2018年2月   [査読有り]
Liu M, Shen J, Yuan H, Chen F, Song H, Qin H, Li Y, Xu J, Ye Q, Li S, Saeki K, Yokomizo T
Journal of cellular physiology   233(8) 6117-6124   2018年1月   [査読有り]
Okuno T, Gijon MA, Zarini S, Martin SA, Barkley RM, Johnson CA, Ohba M, Yokomizo T, Murphy RC
Journal of lipid research   59(3) 542-549   2018年1月   [査読有り]
Okuno T, Yokomizo T
Inflammation and regeneration   38 29   2018年   [査読有り]
Ishimine M, Lee HC, Nakaoka H, Orita H, Kobayashi T, Mizuguchi K, Endo M, Inoue I, Sato K, Yokomizo T
Disease markers   2018 5280736   2018年   [査読有り]
Hori T, Okuno T, Hirata K, Yamashita K, Kawano Y, Yamamoto M, Hato M, Nakamura M, Shimizu T, Yokomizo T, Miyano M, Yokoyama S
Nature chemical biology   14(3) 262-269   2018年1月   [査読有り]
Iwamoto S, Koga T, Ohba M, Okuno T, Koike M, Murakami A, Matsuda A, Yokomizo T
Scientific reports   7(1) 13267   2017年10月   [査読有り]
Saeki K, Yokomizo T
Seminars in immunology   33 30-36   2017年10月   [査読有り]
Shoji H, Ikeda N, Kitamura T, Suganuma H, Ohba M, Okuno T, Yokomizo T, Shimizu T
Acta paediatrica (Oslo, Norway : 1992)   107(1) 95-100   2017年9月   [査読有り]
Takeda T, Komiya Y, Koga T, Ishida T, Ishii Y, Kikuta Y, Nakaya M, Kurose H, Yokomizo T, Shimizu T, Uchi H, Furue M, Yamada H
The Journal of biological chemistry   292(25) 10586-10599   2017年6月   [査読有り]
Ikeda K, Koga T, Sasaki F, Ueno A, Saeki K, Okuno T, Yokomizo T
Biochemical and biophysical research communications   486(4) 1077-1082   2017年5月   [査読有り]
Okuno T, Koutsogiannaki S, Ohba M, Chamberlain M, Bu W, Lin FY, Eckenhoff RG, Yokomizo T, Yuki K
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   31(4) 1584-1594   2017年1月   [査読有り]
Sasaki F, Koga T, Saeki K, Okuno T, Kazuno S, Fujimura T, Ohkawa Y, Yokomizo T
PloS one   12(9) e0185133   2017年   [査読有り]
Hijioka M, Anan J, Ishibashi H, Kurauchi Y, Hisatsune A, Seki T, Koga T, Yokomizo T, Shimizu T, Katsuki H
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   360(3) 399-408   2016年12月   [査読有り]
Ichiki T, Koga T, Yokomizo T
DNA and cell biology   35(12) 747-750   2016年12月   [査読有り]
Koutsogiannaki S, Schaefers MM, Okuno T, Ohba M, Yokomizo T, Priebe GP, DiNardo JA, Sulpicio SG, Yuki K
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   156(2) 402-411   2016年12月   [査読有り]
Shigematsu M, Koga T, Ishimori A, Saeki K, Ishii Y, Taketomi Y, Ohba M, Jo-Watanabe A, Okuno T, Harada N, Harayama T, Shindou H, Li JD, Murakami M, Hoka S, Yokomizo T
Scientific reports   6 34560   2016年10月   [査読有り]
Luo L, Tanaka R, Kanazawa S, Lu F, Hayashi A, Yokomizo T, Mizuno H
Journal of diabetes and its complications   31(1) 13-20   2016年9月   [査読有り]
Kojo K, Ito Y, Eshima K, Nishizawa N, Ohkubo H, Yokomizo T, Shimizu T, Watanabe M, Majima M
Scientific reports   6 29650   2016年7月   [査読有り]
Chiba T, Nakahara T, Hashimoto-Hachiya A, Yokomizo T, Uchi H, Furue M
Experimental dermatology   25(7) 532-536   2016年7月   [査読有り]
Ichiki T, Koga T, Okuno T, Saeki K, Yamamoto Y, Yamamoto H, Sakaguchi M, Yokomizo T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   30(5) 1811-1822   2016年5月   [査読有り]
Oba J, Nakahara T, Hashimoto-Hachiya A, Liu M, Abe T, Hagihara A, Yokomizo T, Furue M
PloS one   11(2) e0149285   2016年2月   [査読有り]
Ishii Y, Saeki K, Liu M, Sasaki F, Koga T, Kitajima K, Meno C, Okuno T, Yokomizo T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   30(2) 933-947   2016年2月   [査読有り]
Tabe Y, Hatanaka Y, Nakashiro M, Sekihara K, Yamamoto S, Matsushita H, Kazuno S, Fujimura T, Ikegami T, Nakanaga K, Matsumoto H, Ueno T, Aoki J, Yokomizo T, Konopleva M, Andreeff M, Miida T, Iwabuchi K, Sasai K
International journal of radiation biology   92(1) 24-34   2016年   [査読有り]
Kubota S, Watanabe M, Shirato M, Okuno T, Higashimoto I, Machida K, Yokomizo T, Inoue H
European journal of pharmacology   768 41-48   2015年12月   [査読有り]
Asahara M, Ito N, Yokomizo T, Nakamura M, Shimizu T, Yamada Y
Molecular pain   11(1) 10   2015年12月   [査読有り]
Sawada Y, Honda T, Hanakawa S, Nakamizo S, Murata T, Ueharaguchi-Tanada Y, Ono S, Amano W, Nakajima S, Egawa G, Tanizaki H, Otsuka A, Kitoh A, Dainichi T, Ogawa N, Kobayashi Y, Yokomizo T, Arita M, Nakamura M, Miyachi Y, Kabashima K
The Journal of experimental medicine   212(11) 1921-1930   2015年10月   [査読有り]
Asahara M, Ito N, Yokomizo T, Nakamura M, Shimizu T, Yamada Y
Molecular pain   11 11   2015年3月   [査読有り]
Okuno T, Ishitani T, Yokomizo T
PloS one   10(3) e0117888   2015年3月   [査読有り]
Zandi S, Nakao S, Chun KH, Fiorina P, Sun D, Arita R, Zhao M, Kim E, Schueller O, Campbell S, Taher M, Melhorn MI, Schering A, Gatti F, Tezza S, Xie F, Vergani A, Yoshida S, Ishikawa K, Yamaguchi M, Sasaki F, Schmidt-Ullrich R, Hata Y, Enaida H, Yuzawa M, Yokomizo T, Kim YB, Sweetnam P, Ishibashi T, Hafezi-Moghadam A
Cell reports   10(7) 1173-1186   2015年2月   [査読有り]
Yokomizo T
Journal of biochemistry   157(2) 65-71   2015年2月   [査読有り]
Liu M, Yokomizo T
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   64(1) 17-26   2015年1月   [査読有り]
Obinata H, Gutkind S, Stitham J, Okuno T, Yokomizo T, Hwa J, Hla T
Journal of lipid research   55(12) 2665-2675   2014年12月   [査読有り]
Sato Y, Hara H, Okuno T, Ozaki N, Suzuki S, Yokomizo T, Kaisho T, Yoshida H
Biochemical and biophysical research communications   451(2) 215-221   2014年8月   [査読有り]
Bäck M, Powell WS, Dahlén SE, Drazen JM, Evans JF, Serhan CN, Shimizu T, Yokomizo T, Rovati GE
British journal of pharmacology   171(15) 3551-3574   2014年8月   [査読有り]
Liu M, Saeki K, Matsunobu T, Okuno T, Koga T, Sugimoto Y, Yokoyama C, Nakamizo S, Kabashima K, Narumiya S, Shimizu T, Yokomizo T
The Journal of experimental medicine   211(6) 1063-1078   2014年6月   [査読有り]
Matsunobu T, Okuno T, Yokoyama C, Yokomizo T
Journal of lipid research   54 2979-2987   2013年11月   [査読有り]
Dugu L, Nakahara T, Wu Z, Uchi H, Liu M, Hirano K, Yokomizo T, Furue M
Journal of dermatological science   73(3) 225-231   2013年10月   [査読有り]
Ohkubo H, Ito Y, Minamino T, Mishima T, Hirata M, Hosono K, Shibuya M, Yokomizo T, Shimizu T, Watanabe M, Majima M
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   27 3132-3143   2013年8月   [査読有り]
Matsunaga Y, Fukuyama S, Okuno T, Sasaki F, Matsunobu T, Asai Y, Matsumoto K, Saeki K, Oike M, Sadamura Y, Machida K, Nakanishi Y, Kubo M, Yokomizo T, Inoue H
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   27 3306-3314   2013年8月   [査読有り]
Taketomi Y, Ueno N, Kojima T, Sato H, Murase R, Yamamoto K, Tanaka S, Sakanaka M, Nakamura M, Nishito Y, Kawana M, Kambe N, Ikeda K, Taguchi R, Nakamizo S, Kabashima K, Gelb MH, Arita M, Yokomizo T, Nakamura M, Watanabe K, Hirai H, Nakamura M, Okayama Y, Ra C, Aritake K, Urade Y, Morimoto K, Sugimoto Y, Shimizu T, Narumiya S, Hara S, Murakami M
Nature immunology   14 554-563   2013年6月   [査読有り]
Saiwai H, Kumamaru H, Ohkawa Y, Kubota K, Kobayakawa K, Yamada H, Yokomizo T, Iwamoto Y, Okada S
Journal of neurochemistry   125 74-88   2013年4月   [査読有り]
Yokota Y, Inoue H, Matsumura Y, Nabeta H, Narusawa M, Watanabe A, Sakamoto C, Hijikata Y, Iga-Murahashi M, Takayama K, Sasaki F, Nakanishi Y, Yokomizo T, Tani K
Blood   120 3444-3454   2012年10月   [査読有り]
Aratake Y, Okuno T, Matsunobu T, Saeki K, Takayanagi R, Furuya S, Yokomizo T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   26 4068-4078   2012年10月   [査読有り]
Sasaki F, Okuno T, Saeki K, Min L, Onohara N, Kato H, Shimizu T, Yokomizo T
Analytical biochemistry   425 157-165   2012年6月   [査読有り]
Bäck M, Dahlén SE, Drazen JM, Evans JF, Serhan CN, Shimizu T, Yokomizo T, Rovati GE
Pharmacological reviews   63 539-584   2011年9月   [査読有り]
Okuno T, Yokomizo T
Journal of biochemistry   149(5) 495-497   2011年2月   [査読有り]
Okamoto F, Saeki K, Sumimoto H, Yamasaki S, Yokomizo T
The Journal of biological chemistry   285(52) 41113-41121   2010年12月   [査読有り]
Xie L, Moroi Y, Tsuji G, Liu M, Hayashida S, Takahara M, Fukagawa S, Takeuchi S, Shan B, Nakahara T, Uchi H, Yokomizo T, Furue M
Cancer science   101(12) 2570-2578   2010年12月   [査読有り]
Iizuka Y, Okuno T, Saeki K, Uozaki H, Okada S, Misaka T, Sato T, Toh H, Fukayama M, Takeda N, Kita Y, Shimizu T, Nakamura M, Yokomizo T
The FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   24(12) 4678-4690   2010年12月   [査読有り]
Takekoshi T, Tada Y, Watanabe T, Sugaya M, Hoashi T, Komine M, Kawashima T, Shimizu T, Hau CS, Asahina A, Yokomizo T, Sato S, Tamaki K
The Journal of biological chemistry   285(41) 31876-31884   2010年10月   [査読有り]
Yokomizo T
Advances in enzyme regulation      2010年10月   [査読有り]
Hori T, Sato Y, Takahashi N, Takio K, Yokomizo T, Nakamura M, Shimizu T, Miyano M
Protein expression and purification   72(1) 66-74   2010年7月   [査読有り]
Toda A, Terawaki K, Yamazaki S, Saeki K, Shimizu T, Yokomizo T
Biochimie   92(6) 682-691   2010年6月   [査読有り]
Saiwai H, Ohkawa Y, Yamada H, Kumamaru H, Harada A, Okano H, Yokomizo T, Iwamoto Y, Okada S
The American journal of pathology   176(5) 2352-2366   2010年5月   [査読有り]
Kihara Y, Yokomizo T, Kunita A, Morishita Y, Fukayama M, Ishii S, Shimizu T
Biochemical and biophysical research communications   394(3) 673-678   2010年4月   [査読有り]
Hikiji H, Ishii S, Yokomizo T, Takato T, Shimizu T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(50) 21294-21299   2009年12月   [査読有り]
Murakami N, Hashidate T, Harayama T, Yokomizo T, Shimizu T, Nakamura M
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   14(12) 1441-1455   2009年12月   [査読有り]
Yasuda D, Okuno T, Yokomizo T, Hori T, Hirota N, Hashidate T, Miyano M, Shimizu T, Nakamura M
The FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   23(5) 1470-1481   2009年5月   [査読有り]
Irukayama-Tomobe Y, Tanaka H, Yokomizo T, Hashidate-Yoshida T, Yanagisawa M, Sakurai T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(10) 3930-3934   2009年3月   [査読有り]
Hennig R, Osman T, Esposito I, Giese N, Rao SM, Ding XZ, Tong WG, Büchler MW, Yokomizo T, Friess H, Adrian TE
British journal of cancer   99 1064-1073   2008年10月   [査読有り]
Kuramoto M, Sakata Y, Terai K, Kawasaki I, Kunitomo J, Ohishi T, Yokomizo T, Takeda S, Tanaka S, Ohishi Y
Organic & biomolecular chemistry   6(15) 2772-2781   2008年8月   [査読有り]
Ito S, Ito Y, Katagiri H, Suzuki T, Hoka S, Yokomizo T, Shimizu T, Majima M
Shock (Augusta, Ga.)   30 87-91   2008年7月   [査読有り]
Hase M, Yokomizo T, Shimizu T, Nakamura M
The Journal of biological chemistry   283(19) 12747-12755   2008年5月   [査読有り]
Okuno T, Iizuka Y, Okazaki H, Yokomizo T, Taguchi R, Shimizu T
The Journal of experimental medicine   205 759-766   2008年4月   [査読有り]
Ando K, Kawamura Y, Akai Y, Kunitomo J, Yokomizo T, Yamashita M, Ohta S, Ohishi T, Ohishi Y
Organic & biomolecular chemistry   6(2) 296-307   2008年1月   [査読有り]
Sakata Y, Kuramoto M, Ando K, Yamaguchi M, Kawasaki I, Kunitomo J, Yokomizo T, Ohishi Y
Organic & biomolecular chemistry   5(19) 3083-3086   2007年10月   [査読有り]
Yokomizo T
Nippon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   130 29-33   2007年7月   [査読有り]
Kuniyeda K, Okuno T, Terawaki K, Miyano M, Yokomizo T, Shimizu T
The Journal of biological chemistry   282(6) 3998-4006   2007年2月   [査読有り]
Ando K, Akai Y, Kunitomo J, Yokomizo T, Nakajima H, Takeuchi T, Yamashita M, Ohta S, Ohishi T, Ohishi Y
Organic & biomolecular chemistry   5(4) 655-663   2007年2月   [査読有り]
Chiang N, Serhan CN, Dahlén SE, Drazen JM, Hay DW, Rovati GE, Shimizu T, Yokomizo T, Brink C
Pharmacological reviews   58 463-487   2006年9月   [査読有り]
[Leukotriene B4 and its receptors].
Yokomizo T
Fukuoka igaku zasshi = Hukuoka acta medica   97 183-191   2006年7月   [査読有り]
Doi K, Okamoto K, Negishi K, Suzuki Y, Nakao A, Fujita T, Toda A, Yokomizo T, Kita Y, Kihara Y, Ishii S, Shimizu T, Noiri E
The American journal of pathology   168 1413-1424   2006年5月   [査読有り]
Matsubara D, Niki T, Ishikawa S, Goto A, Ohara E, Yokomizo T, Heizmann CW, Aburatani H, Moriyama S, Moriyama H, Nishimura Y, Funata N, Fukayama M
Cancer science   96(12) 844-857   2005年12月   [査読有り]
Absence of leukotriene B4 receptor 1 confers resistance to airway hyperresponsiveness and Th2-type immune responses.
Terawaki K, Yokomizo T, Nagase T, Toda A, Taniguchi M, Hashizume K, Yagi T, Shimizu T
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   175 4217-4225   2005年10月   [査読有り]
Okuno T, Yokomizo T, Hori T, Miyano M, Shimizu T
The Journal of biological chemistry   280(37) 32049-32052   2005年9月   [査読有り]
Iizuka Y, Yokomizo T, Terawaki K, Komine M, Tamaki K, Shimizu T
The Journal of biological chemistry   280 24816-24823   2005年7月   [査読有り]
Ando K, Tsuji E, Ando Y, Kunitomo J, Kobayashi R, Yokomizo T, Shimizu T, Yamashita M, Ohta S, Nabe T, Kohno S, Ohishi Y
Organic & biomolecular chemistry   3 2129-2139   2005年6月   [査読有り]
[Roles of leukotrienes in immunological and allergic disorders].
Yokomizo T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   63 Suppl 5 47-52   2005年5月   [査読有り]
Ando K, Tsuji E, Ando Y, Kunitomo J, Yamashita M, Ohta S, Nabe T, Kohno S, Yokomizo T, Shimizu T, Ohishi Y
Organic & biomolecular chemistry   2 3427-3431   2004年12月   [査読有り]
Murakami N, Yokomizo T, Okuno T, Shimizu T
The Journal of biological chemistry   279 42484-42491   2004年10月   [査読有り]
Hori T, Yokomizo T, Ago H, Sugahara M, Ueno G, Yamamoto M, Kumasaka T, Shimizu T, Miyano M
The Journal of biological chemistry   279 22615-22623   2004年5月   [査読有り]
Brink C, Dahlén SE, Drazen J, Evans JF, Hay DW, Rovati GE, Serhan CN, Shimizu T, Yokomizo T
Pharmacological reviews   56 149-157   2004年3月   [査読有り]
Okuno T, Ago H, Terawaki K, Miyano M, Shimizu T, Yokomizo T
The Journal of biological chemistry   278 41500-41509   2003年10月   [査読有り]
Obinata H, Yokomizo T, Shimizu T, Izumi T
Biochemical and biophysical research communications   309 114-119   2003年9月   [査読有り]
Masuda K, Itoh H, Sakihama T, Akiyama C, Takahashi K, Fukuda R, Yokomizo T, Shimizu T, Kodama T, Hamakubo T
The Journal of biological chemistry   278 24552-24562   2003年7月   [査読有り]
Yamauchi T, Kamon J, Ito Y, Tsuchida A, Yokomizo T, Kita S, Sugiyama T, Miyagishi M, Hara K, Tsunoda M, Murakami K, Ohteki T, Uchida S, Takekawa S, Waki H, Tsuno NH, Shibata Y, Terauchi Y, Froguel P, Tobe K, Koyasu S, Taira K, Kitamura T, Shimizu T, Nagai R, Kadowaki T
Nature   423 762-769   2003年6月   [査読有り]
Brink C, Dahlén SE, Drazen J, Evans JF, Hay DW, Nicosia S, Serhan CN, Shimizu T, Yokomizo T
Pharmacological reviews   55 195-227   2003年3月   [査読有り]
Usui H, Taniguchi M, Yokomizo T, Shimizu T
Biochemical and biophysical research communications   300 927-931   2003年1月   [査読有り]
Ito N, Yokomizo T, Sasaki T, Kurosu H, Penninger J, Kanaho Y, Katada T, Hanaoka K, Shimizu T
The Journal of biological chemistry   277 44898-44904   2002年11月   [査読有り]
Noiri E, Satoh H, Taguchi J, Brodsky SV, Nakao A, Ogawa Y, Nishijima S, Yokomizo T, Tokunaga K, Fujita T
Hypertension   40 535-540   2002年10月   [査読有り]
[Metabolism and receptors of leukotriene B4].
Yokomizo T
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   74 1139-1147   2002年9月   [査読有り]

Misc

 
【生理活性脂質とアレルギー炎症】 脂肪酸由来の脂質メディエーターによるアレルギー炎症の制御
平形 寿彬, 李 賢哲, 横溝 岳彦
臨床免疫・アレルギー科   69(6) 569-575   2018年6月
【脂質クオリティ 生命機能と健康を支える脂質の多様性】 (第3章)リポクオリティによる疾患制御 ロイコトリエン受容体の生理・病態における役割
横溝 岳彦
実験医学   36(10) 1681-1686   2018年6月
ロイコトリエンはアラキドン酸から産生される強力な生理活性脂質であり、白血球遊走や血管透過性の亢進をもたらし、気管支喘息やアレルギー反応を悪化させる。少なくとも5種類の受容体が分子同定され、CysLT1受容体拮抗薬は臨床応用されている。ロイコトリエンB4の低親和性受容体として同定されたBLT2受容体は酸化脂肪酸12-HHTで活性化され、創傷治癒や皮膚バリア機能維持に重要である。非ステロイド性消炎鎮痛薬は12-HHTの産生を抑えることで、皮膚や角膜の創傷治癒を遅延させることがわかった。(著者抄録)
アレルギー性結膜炎に対するオメガ3脂肪酸の効果の検証
平形 寿彬, 李 賢哲, 大塲 麻衣, 佐伯 和子, 奥野 利明, 松田 彰, 村上 晶, 横溝 岳彦
脂質生化学研究   60 34-36   2018年5月
アレルギー性結膜炎は世界中で罹患率の最も高い眼科疾患の一つであり、近年増加傾向にある。喘息やアトピー性皮膚炎と同じヘルパー2型T細胞(Th2)が関連するアレルギー疾患であり、アレルギー性結膜炎患者では結膜充血、眼脂、そう痒等の症状によりQOLが大きく損なわれる。今回我々はアレルギー性結膜炎に対するオメガ3脂肪酸の抑制効果について、ブタクサ花粉誘発アレルギー性結膜炎マウスモデルを用いて検証した。餌は4%亜麻仁油含有食(オメガ3脂肪酸食)と4%大豆油含有食(コントロール)を用いた。オメガ3脂肪...
ロイコトリエンA4水解酵素の代謝における解析
鵜澤 博嗣, 古賀 友紹, 佐伯 和子, 横溝 岳彦
脂質生化学研究   60 117-117   2018年5月
LC-MS/MSを用いた簡便な遊離脂肪酸測定法の開発
李 賢哲, 濱 弘太郎, 横山 和明, 横溝 岳彦
脂質生化学研究   59 130-131   2017年6月
静脈麻酔薬・プロポフォールは5リポキシゲナーゼに結合しロイコトリエンB4産生を抑制する
奥野 利明, Koutsogiannaki Sophia, 大塲 麻生, Chamberlain Matthew, Bu Weiming, Liu Fu-Yan, Eckenhoff Roderic G., 横溝 岳彦, 結城 公一
脂質生化学研究   59 190-192   2017年6月
マウス眼球部位別の脂質の網羅的脂肪酸分子種解析
平形 寿彬, 李 賢テツ, 松田 彰, 村上 晶, 横溝 岳彦
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 195-195   2017年3月
マウスアレルギー性結膜炎モデルにおけるレゾルビンの効果
岩本 怜, 岡野 美樹子, 横溝 岳彦, 村上 晶, 松田 彰
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 268-268   2017年3月
長期間の高強度持久的運動トレーニングによる骨格筋内のアシルカルニチン分子種濃度の変動
川西 範明, 高木 香奈, 李 賢哲, 奥野 利明, 横溝 岳彦, 町田 修一
体力科学   66(1) 121-121   2017年2月
快人快説 最先端の研究テクノロジー紹介 微量サンプル中の微量脂質を定量化する驚異の質量分析技術
横溝 岳彦
LiSA   23(12) 1179-1188   2016年12月
皮膚保護作用を有する脂質メディエーター12-HHT
石井 由美子, 劉 びん, 佐伯 和子, 横溝 岳彦
臨床免疫・アレルギー科   67(1) 106-114   2017年1月
「脂質マシナリー」研究 脂質メディエーターの最新の研究成果
横溝 岳彦
腎臓内科・泌尿器科   4(6) 610-617   2016年12月
N-アシルリン脂質代謝酵素ABHD4の生化学的解析および脂質解析
李 賢哲, クラヴァット・ベンジャミン, 横溝 岳彦
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [1T09-01(1P   2016年9月
HMGB1/RAGE相互作用を阻害する新規低分子化合物の創製
玉田 賢弥, 中島 槙吾, 佐藤 聡, 吉森 篤史, 市木 貴子, 佐々木 文之, 横溝 岳彦, 鈴木 雄祐, 渡邊 伸央, 井上 茂亮, 田沼 靖一
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [1P-010]   2016年9月
HMGB1及びLPSに誘導される炎症を抑制する新規低分子化合物の創製
中島 槙吾, 玉田 賢弥, 佐藤 聡, 吉森 篤史, 市木 貴子, 佐々木 文之, 横溝 岳彦, 田沼 靖一
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2P-001]   2016年9月
【脂質ワールド】 新規脂質メディエーターと受容体 古くて新しい脂質メディエーター・12-ヒドロキシヘプタデカトリエン酸の生理作用
横溝 岳彦
生体の科学   67(3) 232-236   2016年6月
RAGEはロイコトリエンB4第一受容体BLT1と機能的に相互作用する
市木 貴子, 古賀 友紹, 奥野 利明, 佐伯 和子, 阪口 政清, 山本 靖彦, 横溝 岳彦
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2P-089]   2016年9月
【GPCR研究の最前線2016】 GPCR機能の新展開【免疫・炎症】 ロイコトリエン受容体
市木 貴子, 古賀 友紹, 横溝 岳彦
医学のあゆみ   256(5) 554-560   2016年1月
ロイコトリエン(LT)は、膜リン脂質から遊離されたアラキドン酸から生合成される生理活性脂質であり、ロイコトリエンB4(LTB4)とシステイニルロイコトリエン(LTC4、LTD4、LTE4)に大別される。LTB4は古くから白血球の走化性因子として知られ、生体防御に寄与すると考えられてきた。一方でシステイニルロイコトリエンは非常に強い気管支収縮作用をもつことから、その受容体拮抗薬が気管支喘息治療薬として開発され、臨床の現場で用いられてきた。LTB4の受容体としてBLT1、BLT2が、システイニ...
炎症惹起と収束に関わる二つのロイコトリエンB4受容体BLT1とBLT2
横溝 岳彦
昭和学士会雑誌   76(2) 252-252   2016年4月
佐伯 和子, 劉 珉, 横溝 岳彦
日本血栓止血学会誌   26(6) 618-618   2015年12月
12(S)-ヒドロキシヘプタデカトリエン酸(12-HHT)は炭素数17個からなる不飽和脂肪酸であり,血小板の活性化に伴い遊離されたアラキドン酸からシクロオキシゲナーゼ(COX)およびトロンボキサンA2合成酵素(TxA2S)依存的に産生される.当研究室ではこれまでに,12-HHTがBLT2受容体の高親和性リガンドであること,BLT2受容体は皮膚や腸管の上皮細胞に高発現することを明らかにしてきた.今回,皮膚創傷後の滲出液中に12-HHTが蓄積することを見いだし,12-HHTがBLT2受容体に作...
脂質メディエーターによる免疫・炎症応答の制御
李 賢哲, 奥野 利明, 横溝 岳彦
臨床免疫・アレルギー科   64(4) 386-390   2015年10月
【アセトアミノフェン】 薬理学的側面から 古くて新しい謎だらけの薬
横溝 岳彦
LiSA   22(9) 874-877   2015年9月
アセトアミノフェンはその作用機序も含めて謎の多い薬である。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と比較すると,消炎鎮痛作用は比較的弱いが安全性が高いと考えられ,小児・妊婦を中心に長い間使用されてきた。2011年に日本でも承認用量が鎮痛効果を得られる欧米並の水準(4000mg/日)まで引き上げられたことから,今後は鎮痛目的での利用が増えると期待される。本稿では,アセトアミノフェンの作用機序や副作用について,NSAIDsと比較しながら解説する1)。(著者抄録)
【最新生理活性脂質研究-実験手法、基礎的知識とその応用-】 (第3章)基礎編 ロイコトリエン受容体
横溝 岳彦
遺伝子医学MOOK   (24) 193-198   2013年5月
ロイコトリエンはアラキドン酸から産生される生理活性脂質で,白血球走化性亢進,血管透過性亢進,平滑筋収縮を介して炎症・免疫反応を促進する。少なくとも4種類(BLT1,2,CysLT1,2)の細胞膜受容体が同定され,受容体欠損マウスの表現型解析から,幅広い炎症性疾患の治療薬の標的として注目されている。事実,複数のCysLT1受容体拮抗薬はすでに臨床医学の現場で用いられている。BLT2受容体を活性化する新しい脂肪酸やGPR17という不思議な受容体も見出され,ロイコトリエン受容体研究は新しい展開を...
横溝岳彦
感染・炎症・免疫   43(1) 44-54   2013年4月
【プロスタグランジンと炎症】 12-HHT 皮膚創傷治癒に働く新しいCOX代謝物
佐伯 和子, 劉 びん, 横溝 岳彦
医学のあゆみ   254(12) 1121-1125   2015年9月
12-ヒドロキシヘプタデカトリエン酸(12-HHT)は、血液凝固時にシクロオキシゲナーゼ(COX)およびトロンボキサンA2合成酵素(TxA2S)依存的にトロンボキサンA2(TxA2)とともに産生される酸化脂肪酸である。これまで、12-HHTはTxA2合成時の単なる副産物であり、生理活性をもたないと考えられてきた。一方著者らは、小腸抽出物を材料に低親和性ロイコトリエンB4受容体-BLT2の生体内リガンドを探索したところ、12-HHTがBLT2の高親和性リガンドとして機能することを見出した。今...
【脂質疾患学 なぜ"あぶら"の異常が病気を引き起こすのか?その質的量的変化と肥満、がん、不妊症、免疫・皮膚・神経疾患】 あなたの知らない「脂質」の世界 脂質研究の過去、現在、そして未来
五十嵐 靖之, 清水 孝雄, 徳村 彰, 西島 正弘, 村上 誠, 横溝 岳彦
実験医学   33(15) 2336-2343   2015年9月
【脂質疾患学 なぜ"あぶら"の異常が病気を引き起こすのか?その質的量的変化と肥満、がん、不妊症、免疫・皮膚・神経疾患】 (第1章)生体における脂質機能とその最新像 第1世代脂質メディエーター エイコサノイド
横溝 岳彦
実験医学   33(15) 2344-2348   2015年9月
アラキドン酸からつくられる生理活性脂質はエイコサノイドと称され、多数の関連薬剤が医療現場で使用されている。アスピリンに代表されるNSAIDsはプロスタグランジンの産生を抑えることで解熱鎮痛作用を発揮するが、一方で消化管粘膜障害という重篤な副作用を惹起する。エイコサノイド産生酵素や受容体の分子同定はほぼ終了し、それぞれの分子の疾患発症における機能解明が行われている。長い間生理機能が不明だった12-HHTが、BLT2受容体を介して創傷治癒を促進していることが明らかとなった。今後は、エイコサノイ...
Scienceに掲載された論文のリトラクションにかかわった話 生データの前では,大教授も学部生も平等なのだ
横溝 岳彦
LiSA   21(10) 988-989   2014年10月
【研修医の素朴な疑問に答えます 薬あれこれ】 アスピリンを服用すると血液が凝固しにくくなるメカニズムとは
横溝 岳彦
LiSA   21(8) 739-741   2014年8月
【生命を支える脂質-最新の研究と臨床】 脂質メディエーターと受容体・産生酵素 ロイコトリエンの生体内における役割
佐伯 和子, 横溝 岳彦
医学のあゆみ   248(13) 970-976   2014年3月
ロイコトリエンは、膜リン脂質から遊離されたアラキドン酸を材料にして、5-リポキシゲナーゼ依存的に産生される炎症性脂質メディエーターである。LTA4、LTB4、LTC4、LTD4、LTE4の5種類が知られているが、LTA4は不安定な中間体であり、それ自体には生理活性はないと考えられている。LTB4は白血球、とくに好中球を遊走させる走化性因子として古くから知られ、体内に侵入した細菌を排除するのに寄与すると考えられてきた。一方、分子内にアミノ酸であるシステインを含有するため、システイニルロイコト...
皮膚創傷治癒における新規脂質メディエーター・12-HHTの役割
奥野 利明, 劉 びん, 佐伯 和子, 松延 武彦, 横溝 岳彦
順天堂醫事雑誌   59(6) 528-529   2013年12月
横溝岳彦
最新医学   65(11) 2416-2423   2010年11月
免疫・炎症反応の制御における脂質メディエーターの関与は極めて大きい.ロイコトリエンは好中球,マクロファージ,樹状細胞,T細胞を活性化し炎症を促進する.12-HHT,リポキシン,レゾルビンといった新規の脂質メディエーターはむしろ抗炎症作用を発揮する.強力な免疫抑制薬として臨床応用が進むFTY720は,スフィンゴシン1リン酸の受容体の脱感作を介してリンパ球の遊走を抑制し,その抗免疫作用を発揮する.(著者抄録)
横溝岳彦
月刊内分泌・糖尿病・代謝内科   36(6) 540-547   2013年6月
横溝岳彦
遺伝子医学MOOK   (24) 193-198   2013年5月
LIU Min, 佐伯和子, 松延武彦, 奥野利明, 中溝聡, 椛島健治, 横溝岳彦
脂質生化学研究   55 121-122   2013年5月
古賀友紹, 佐々木文之, 佐伯和子, 奥野利明, 横溝岳彦
脂質生化学研究   55 123-124   2013年5月
横溝岳彦
実験医学   27(13) 2053-2058   2009年8月
ロイコトリエン(LT)は、プロスタグランジン(PG)と同様にアラキドン酸から生合成される生理活性脂質である。これまでに4つの受容体が分子同定され、遺伝子欠損マウスの解析が行われている。LTB4受容体BLT1は好中球・好酸球に細胞走化性を引き起こし、炎症反応を増強するとともに、Th1型、Th2型の免疫反応を促進する作用があることがわかってきた。低親和性LTB4受容体BLT2は、12-HHTというプロスタグランジン系の不飽和脂肪酸によって強く活性化されることがわかり、薬理学的にはLT受容体とは...
Close Up実験法(Series 232) 新規抗FLAG抗体2H8の活用法 既存抗体との親和性、特異性、認識能の比較
佐々木 文之, 横溝 岳彦
実験医学   30(18) 2987-2992   2012年11月
中尾新太郎, ZANDI Souska, 石川桂二郎, 吉田茂生, 佐々木文之, 横溝岳彦, HAFEZI‐MOGHADAM Ali, 石橋達朗
日本血管生物医学会学術集会プログラム・抄録集   21st 122   2013年
佐々木文之, 横溝岳彦
実験医学   30(18) 2987-2992   2012年11月
【腸管からのシグナル】 腸管からのシグナル 新しい側面 腸管粘膜を保護する生理活性脂質12-HHT
横溝 岳彦
The Lipid   23(3) 295-301   2012年7月
アスピリンに代表される非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)はシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することでプロスタグランジン(PG)産生を抑制し、強力な解熱鎮痛作用と、抗炎症作用を発揮する。一方でNSAIDsの連用は重篤な上部消化管障害(胃炎、胃潰瘍)を引き起こすが、必ずしもその分子機序は明らかではない。PGと同様にCOX依存性に産生される新規生理活性脂質12-ヒドロキシトリエン酸(12-HHT)がBLT2とよばれる受容体を介して消化管粘膜のバリア機能を亢進させることから、新しい腸管粘膜保...
奥野利明, 横溝岳彦
炎症と免疫   17(4) 373-378   2009年6月
ロイコトリエン(Leukotriene)は、炎症時の病態や免疫応答において重要な役割を有するアラキドン酸由来の生理活性脂質である。ロイコトリエンは、好中球の活性化と走化性にかかわる分子として発見されたロイコトリエンB4(LTB4)と、slow reactive substance for anaphylaxis(SRS-A)として発見されたシステニルロイコトリエン(LTC4、LTD4、LTE4)に分類される。LTB4の受容体としてBLT1とBLT2が、LTC4とLTD4の受容体としてCys...
松延武彦, 奥野利明, 横溝岳彦
脂質生化学研究   54 219-220   2012年5月
横溝 岳彦
臨床検査   56(2) 117-124   2012年2月
生体内で微量にしか存在せず,半減期も短い生理活性脂質の生理作用は,遺伝子工学の手法を駆使した受容体や産生酵素の研究によってよく理解されるようになってきた.生理活性脂質は細胞膜受容体・核内受容体のいずれかに結合してその生理作用を発揮するが,これまで核内受容体を介してのみ作用すると考えられてきたステロイド由来のいくつかの脂質に対しても細胞膜受容体が同定された.生理活性脂質に対する細胞膜受容体の多くはGタンパク質共役型受容体であり,活性化に伴う構造変化がX線結晶構造解析によって明らかにされた.新...
横溝岳彦
JSI Newsl   20(2) 22   2012年4月
横溝岳彦
臨床検査   56(2) 117-124   2012年2月
【分子から個体へと深化する脂質生物学 リピドミクスや脂質イメージングによる局在・機能解析から生体調節系の生理、そして、がん・炎症など疾患の分子機構の理解へ】 脂質メディエーターと受容体 脂質メディエーターは第三世代へ オーファンGPCRの脂質リガンド同定戦略と課題
奥野 利明, 横溝 岳彦
実験医学   28(20) 3373-3377   2010年12月
オーファンGタンパク質共役型受容体(GPCR)のリガンド探索は、新たな研究領域を開拓する可能性を秘めており、非常に魅力的な研究テーマである。しかし最近ではリガンド同定に成功したとする報告が減少し、さまざまな困難を克服するための独創的な同定戦略が必要である。われわれは、「オーファンGPCRのリガンドの多くは未同定の分子である」という仮説のもと、受容体発現細胞の活性化を指標にして、生体試料から抽出した脂質を生化学的に分離・精製し、質量分析計を用いてリガンドの構造決定する戦略を試みている。その結...
横溝岳彦
細胞工学   26(11) 1236-1240   2007年10月
【最新G蛋白質共役受容体研究 疾患解明とシグナル制御の新時代】 受容体機能のあらたな展開 脂質メディエータ・炎症・免疫 ロイコトリエン受容体 炎症から免疫へ
横溝 岳彦
医学のあゆみ   233(9) 813-818   2010年5月
強力な生理活性脂質であるロイコトリエン(LT)は生体防御に重要な役割を果たす一方で、過剰な炎症や気管支喘息の発症・増悪因子としても知られ、受容体をターゲットとして新規薬剤の開発が行われてきた。LTはロイコトリエンB4とペプチドLTに大別され、現在までに4種のLT受容体(BLT1、2、CysLT1、2)が同定されている。低親和性ロイコトリエンB4受容体BLT2は、12-HHTとよばれる不飽和脂肪酸をもっともよいリガンドとすることが明らかとなり、ロイコトリエン受容体とは別のファミリーに分類され...
奥野利明, 横溝岳彦
呼吸と循環   55(4) 423-428   2007年4月
横溝岳彦
がん研究に係わる特定領域研究研究報告集録 平成21年度   168   2010年
横溝 岳彦, Yokomizo Takehiko, ヨコミゾ タケヒコ
福岡医学雑誌   97(7) 183-191   2006年7月
最も効率の良い生体のエネルギー源である脂質は, 近年の食事の欧米化に伴い, 肥満や生活習慣病の原因としてとらえられることが多くなってきた. 脂質は生体のエネルギー源として利用される一方で, 細胞膜の主要な構成成分として, またステロイドホルモンや生理活性脂質の材料としても重要である. 本稿では, 生理活性脂質について概説し, その中でも近年急激に研究が発展してきたロイコトリエンB4とその受容体について解説したい. エイコサノイド全体の解説に関しては拙著を参照頂きたい.
横溝 岳彦
第一三共生命科学研究振興財団研究報告集   26 151-157   2010年
【情報伝達をつかさどる生理活性物質 脂質メディエーターの機能】 概論 脂質メディエーターの機能 新規創薬への応用をめざす基礎研究
横溝 岳彦, 村上 誠
実験医学   27(13) 2040-2046   2009年8月
タンパク質、糖質、核酸とならび、脂質は生体を構成する有機物の1つであり、生命の維持に必須の物質である。一般の脂質に対する理解は、「三大栄養素の1つ」、「細胞膜を構成する壁としての役割」、「脂溶性ホルモン」、などが主であろうか。しかし、プロスタグランジンやロイコトリエンの名は、生命科学を勉強した者であれば誰でも聞いたことがあるはずである。われわれの体は、こういった『脂質メディエーター』がなければ正常に機能しないのである。それではそもそも、脂質メディエーターとは何か?局所で一過的に産生され、そ...
横溝 岳彦
日本薬理学雑誌   133(4) 230-232   2009年4月
キーワード解説 ロイコトリエン受容体
横溝 岳彦
日本薬理学雑誌   133(4) 230-232   2009年4月
横溝岳彦
がん研究に係わる特定領域研究研究報告集録 平成20年度   172   2009年
横溝 岳彦
生化學   80(10)    2008年10月
横溝岳彦
生化学   80(7) 682   2008年7月
奥野 利明, 横溝 岳彦, 田口 良, 清水 孝雄
脂質生化学研究   50 235-236   2008年6月
1枚の写真館 CHO細胞が走った!
横溝 岳彦
細胞工学   27(2) 109-109   2008年1月
横溝 岳彦
細胞工学   26(11) 1236-1240   2007年11月
横溝岳彦
日本薬理学雑誌   130(1) 29-33   2007年7月
横溝 岳彦
日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA   130(1) 29-33   2007年7月
強力な好中球活性化脂質として知られるロイコトリエンB4(LTB4)の2つの受容体を遺伝子同定した.薬理学的な解析から高親和性受容体とされるBLT1は,遺伝子欠損マウスの表現型解析によって,炎症反応のみならず免疫反応の形成においても重要な役割を果たすことがわかった.現在BLT1受容体拮抗薬は,気管支喘息,慢性関節性リウマチ,動脈硬化を標的として,臨床応用を目指した薬剤の再評価が進んでいる.一方,低親和性LTB4受容体BLT2はBLT1遺伝子のプロモーター近傍に受容体遺伝子が同定されたものの,...
横溝 岳彦
日本薬理学雑誌   130(1) 29-33   2007年7月
強力な好中球活性化脂質として知られるロイコトリエンB4(LTB4)の2つの受容体を遺伝子同定した。薬理学的な解析から高親和性受容体とされるBLT1は、遺伝子欠損マウスの表現型解析によって、炎症反応のみならず免疫反応の形成においても重要な役割を果たすことがわかった。現在BLT1受容体拮抗薬は、気管支喘息、慢性関節リウマチ、動脈硬化を標的として、臨床応用を目指した薬剤の再評価が進んでいる。一方、低親和性LTB4受容体BLT2はBLT1遺伝子のプロモーター近傍に受容体遺伝子が同定されたものの、生...
伊藤 壮平, 伊藤 義也, 外須 美夫, 横溝 岳彦, 馬嶋 正隆
Shock : 日本Shock学会雑誌   22(1)    2007年4月
横溝岳彦
感染・炎症・免疫   36(3) 196-205   2006年9月
免疫反応の制御において、サイトカイン、ケモカインと並んで、生理活性脂質の関与が注目されてきている。脂質そのものは遺伝子にコードされておらず、実験手技が限られていたが、産生酵素や受容体遺伝子の同定と、これらの分子の遺伝子欠損マウスの作成・解析を通じて、生理活性脂質がさまざまな免疫担当細胞の移動やTh1/2反応のバランスの制御に深く関わっている事が明らかとなってきた。特筆すべきは、近年その免疫抑制作用が注目されているFTY720の標的分子が、スフィンゴシン1リン酸(S1P)の受容体であることが...
【シグナル受容機構の解明が導く 創薬・治療への躍進】 シグナル受容器の構造と機能 進展する脂質膜受容体研究 最近のトピックス
横溝 岳彦
実験医学   24(5) 624-629   2006年3月
ヒトゲノムに約700種類がコードされていると推定されているGタンパク質共役型受容体(GPCR)は,重要な創薬のターゲットとして注目され,内因性リガンドの探索が進められている.これまでにリガンドが同定された受容体の約1/7が脂質メディエーターをリガンドとする.受容体の一次構造からリガンドの種類を推定することは困難であり,今後は生化学的にリガンドを精製・構造決定していくことが必要であろう.最近,こうした生化学的手法を用いて,新規抗炎症脂質レゾルビンとその受容体が同定された.脂質をリガンドとする...
國枝 香南子, 奥野 利明, 横溝 岳彦, 清水 孝雄
脂質生化学研究   47 209-211   2005年6月
飯塚 佳子, 横溝 岳彦, 小宮根 真弓, 玉置 邦彦, 清水 孝雄
脂質生化学研究   47 212-214   2005年6月
国枝香南子, 奥野利明, 横溝岳彦, 清水孝雄
脂質生化学研究   47 209-211   2005年5月
【臨床免疫学 基礎研究の進歩と最新の臨床】 臨床編 アレルギーの臨床免疫学 アレルギー研究の進歩 免疫疾患・アレルギー病態におけるロイコトリエン
横溝 岳彦
日本臨床   63(増刊5 臨床免疫学(下)) 47-52   2005年5月
【ダイナミックに新展開する脂質研究 注目のメタボローム解析などから解明が進むシグナル伝達や疾患・生命現象の本質につながる多彩な機能】 脂質研究の新しいアプローチ オーファン受容体の脂質リガンド探索の戦略
横溝 岳彦
実験医学   23(6) 968-976   2005年3月
戸田晶子, 横溝岳彦
Annual Review 内分泌,代謝   2005 257-261   2005年1月
横溝岳彦
分子呼吸器病   8(6) 511-513   2004年11月
伊藤伸子, 横溝岳彦
ペインクリニック   25(8) 1050-1058   2004年8月
適度なアラキドン酸代謝産物の産生は,生体の恒常性の維持に重要な役割を果たす一方で,過剰な産生がある種の疾患や病態に直接結びつくことは広く知られている.疼痛促進物質として知られるプロスタグランジンもアラキドン酸代謝産物である.プロスタグランジンに代表される脂質メディエータの受容体欠損マウスによる研究の成果はめざましい.また,近年,リゾリン脂質,スフィンゴシン1リン酸や新規のエイコサノイドが生理活性脂質として注目され始めている(著者抄録)
【G蛋白質共役受容体研究の新展開 疾患メカニズムの解析と制御へのあゆみ】 受容体機能の新しい展開 ロイコトリエン受容体 遺伝子欠損マウスの解析と臨床応用へ
横溝 岳彦
医学のあゆみ   212(1) 89-94   2005年1月
内分泌 プロスタノイド
戸田 晶子, 横溝 岳彦
Annual Review内分泌,代謝   2005 257-261   2005年1月
寺脇幹, 横溝岳彦
月刊アレルギーの臨床   (324) 947-953   2004年11月
横溝 岳彦
生化學   74(9) 1139-1147   2002年9月
感染の初期では,組織マクロファージが侵入した異物を認識・貪食し,種々のサイトカインと走化性因子を放出し,近傍の血管内を流れる好中球を中心とした炎症細胞を感染部位に導く.走化性因子には,細菌の菌体産物の消化物であるformyl-peptide(fMLP),インターロイキン8,ロイコトリエンB4(LTB4)などが知られている.LTB4は好中球走化性因子の中で唯一の脂質であり,組織内を拡散によって通過しやすいという特性を生かして生体防御に重要な役割を果たしていると考えられてきた.著者は過去10年...
【ロイコトリエンとアレルギー】 ロイコトリエンと免疫・炎症の基盤
寺脇 幹, 横溝 岳彦
アレルギーの臨床   24(12) 947-953   2004年11月
北芳博, 魚住尚紀, 横溝岳彦
Horm Front Gynecol   10(3) 281-286   2003年9月
新しいロイコトリエンB4レセプター
寺脇 幹, 横溝 岳彦
免疫Immunology Frontier   11(3) 156-159   2001年6月
大日 方英, 横溝 岳彦, 清水 孝雄, 和泉 孝志
脂質生化学研究   43 107-109   2001年5月
レチノイン酸により好中球様へと分化誘導を受けた白血病由来細胞株HL-60において,グルココルチコイドによるロイコトリエンB4(LTB4)受容体の発現制御を調べたところ,LTB4受容体のmRNA発現量および細胞膜画分のLTB4結合能が増大することが明らかとなった.これに伴いLTB4に対する細胞内カルシウム応答,細胞の遊走などLTB4受容体を介したシグナル伝達も増強された.これらの結果からグルココルチコイドが炎症時の好中球の働きを増強させる可能性が示唆された
【プロスタグランジン】 生殖生理とプロスタグランジン 着床・妊娠維持
北 芳博, 魚住 尚紀, 横溝 岳彦
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   10(3) 281-286   2003年9月
近年,プロスタグランジン関連酵素や受容体の遺伝子が分子クローニングされ,遺伝子改変動物が作製されるようになったが,それらのうちのあるものでは生殖機能に障害がみられ,実際にプロスタグランジンがこの過程に必要な因子であることが示されるようになった.また同時に,これら遺伝子改変動物の表現型から,その分子メカニズムについてもいくらかの知見が得られている.そこで,遺伝子改変マウスの表現型解析の結果を中心に,着床及び胎盤形成,妊娠維持におけるプロスタグランジンの役割について述べた

書籍等出版物

 
Springer   2015年11月   ISBN:4431562478
Mathews Christopher K., Van Holde K. E. (Kensal Edward), Appling Dean R., Anthony‐Cahill Spencer J., 相内 敏弘, 石浦 章一, 板部 洋之, 高木 正道, 中谷 一泰, 水島 昇, 横溝 岳彦 (担当:共訳)
西村書店   2015年   ISBN:9784890134502

競争的資金等の研究課題

 
ロイコトリエンB4産生酵素と受容体の疾患モデルにおける役割
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 横溝岳彦
リポクオリティを認識する受容体分子機構
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型), 新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年10月 - 2020年3月    代表者: 横溝岳彦
炎症・免疫・上皮バリアにおける生理活性脂質受容体の役割
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 横溝岳彦
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型), 新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 横溝 岳彦
計画班員・公募班員の研究を援助するため、以下の活動を行った。1)本領域のホームページ(http://www.lpid.med.kyushu-u.ac.jp/)に、研究リソース、遺伝子、抗体のリスト、実験プロトコールの追加を行った。また領域メイリングリストを整備し、班員間の連絡や共同研究にむけてのインフラを整備した。2)研究支援センターの整備と利用:・3つのリピドミクスセンターにおいて、班員の20以上の研究プロジェクトをサポートした。(マウスコンカナバリンA誘導モデル、EAE脱随モデル、カゼ...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型), 新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 横溝 岳彦
1)抗BLT1抗体を用いた新規樹状細胞サブセットの同定:昨年度に樹立した抗マウスBLT1単クローン抗体を用いて、マウス樹状細胞を染色したところ、BLT1陽性と陰性の樹状細胞サブセットが存在することがわかった。これらの樹状細胞をセルソータで分離し、様々な刺激を行ったところ、二つのサブセットではサイトカイン産生能が大きく異なっており、BLT1陽性樹状細胞はTh1,2型T細胞への分化能が高く、BLT1陰性樹状細胞はTh17型T細胞への分化能が高いことを見いだした。2)BLT2による上皮細胞バリア...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 横溝 岳彦
(1)癌細胞の血行性転移におけるロイコトリエンB4受容体の機能:血行性転移の実験に汎用されるLLC (Lewis Lung Carcinoma)細胞に細胞マーカーとしてEGFP (Enhanced Green Fluoroscent Protein)を安定発現するLLC-GFP細胞を樹立した。この細胞をBLT1、BLT2欠損マウスの尾静脈より投与し、フローサイトメーター法、ウェスタンブロッティング法を用いて、肺への転移を検討したところ、BLT1欠損マウスにおいて有意に肺転移巣の増大を認めた...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 横溝 岳彦
(1)受容体活性化後の受容体の細胞内移行経路の同定:複数のGPCRを用いてリガンド刺激に伴う受容体の細胞内移行を検討したところ、血小板活性化因子受容体PAFRは速やかに細胞内移行するのに対し、ロイコトリエンB4受容体BLT1は全く細胞内に移行しなかった。様々なキメラ受容体の解析の結果、PAFRの細胞内C末端が細胞内移行に必須のドメインであること、逆にBLT1のC末端はリガンド刺激後の受容体の細胞内移行を抑制することを見いだした。さらに、BLT1のヘリックス8に存在する疎水性アミノ酸LLは、...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 横溝 岳彦
高親和性抗FLAG単クローン抗体2H8とナノ磁性微粒子を用いた高効率免疫沈降法をほぼ確立した。確立に当たって検討した事項・改善点は以下の通りである。1)FLAG付加受容体発現細胞をあらかじめ2H8抗体と反応させた後、細胞を洗浄することで余剰の抗体を除くことでバックグラウンドを減少させた。抗体濃度についても検討を行い、100 ng/mlの抗体が至適であることを確認した。2)洗浄に用いるバッファーの塩濃度を検討し、150 mMのNaClが至適であることを確認した。3)洗浄に用いる界面活性化剤の...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 横溝 岳彦
ロイコトリエンB4第二受容体の生体内リガンドの同定:ラットの様々な臓器より脂質抽出を行い、BLT2過剰発現細胞に添加してBLT2の活性化能を検討した。小腸から抽出したアセトン可容性の脂質画分をHPLCにて展開したりころ、LTB4とは異なるフラクションにBLT2活性化能を検出し、これを精製・質量分析系にて構造を決定したところ、12-HHT(12(S)-Hydroxyheptadeca-5Z,8E,10E-trieoic acid)であることがわかった。合成12-HHTを用いて詳細な解析を行っ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 横溝 岳彦
BLT1欠損マウスでは、骨粗霧症、多発性硬化症、脊髄損傷のマウスモデルで病態が軽減したことから、これらの疾患におけるBLT1拮抗薬の臨床応用が期待される。BLT2欠損マウスを樹立し解析を行ったところ、薬剤誘導性の大腸炎の重篤化が観察された。BLT2は腸管上皮細胞に発現し、バリア機能を充進させることで腸管を保護していることが示唆された。 BLT2リガンドである12-HHTを定量する実験系を確立した。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(B), 特定領域研究)
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 横溝 岳彦
アラキドン酸カスケードの初発酵素である細胞質型PLA2(cPLA2)、ロイコトリエンB4(LTB4)とその受容体(BLT1,BLT2)の免疫担当細胞における役割を解明する目的で以下の実験を行った。1)免疫担当細胞における受容体の発現ヒト末梢血を抗BLT1で染色し、フローサイトメータで定量した。BLT1は、好中球、単球、好酸球に高い発現を認めたが、リンパ球では発現が観察されなかった。マウスではBLT1抗体が存在しないため、RT-PCR法にて発現を確認したところ、上記の細胞に加え、樹状細胞に発...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 横溝 岳彦
LTB4受容体BLT1, BLT2を対象に、受容体の分子解剖、生体内リガンドの同定、遺伝子欠損マウスの表現型解析を行った。BLT1のGタンパク質認識部位の同定、BLT2の形質膜発現におけるヘリックス8の役割の解明、BLT2の生体内リガンドの同定に成功した。遺伝子欠損マウスの解析から、樹状細胞に発現するBLT1がTh1型免疫反応を促進すること、BLT2が腸管炎症に保護的に作用することを見いだした。
脂肪酸及びその誘導体に関するデータベース構築と機能解明
科学技術振興機構: CREST
研究期間: 2005年 - 2011年    代表者: 横溝岳彦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 横溝 岳彦
オボアルブミン(OVA)感作によるマウス気管支喘息モデルを作成し、ロイコトリエンB4(LTB4)第一受容体(BLT1)欠損マウスを用いて表現型の解析を行った。BLT1欠損マウスでは気道収縮薬剤メサコリンに対する気道過敏性の上昇が観察されず、肺胞内への好酸球浸潤、気道周囲の炎症、PAS陽性坏細胞の形成のいずれもが著明に低下していた。血中のIgEの上昇が見られず、肺胞洗浄液中でのTh2サイトカインの蓄積も生じていなかったため、Th2反応が減弱していることが推定された。本モデルのマウスより傍気道...
文部科学省: 科学研究費補助金(特別推進研究)
研究期間: 2003年 - 2007年    代表者: 清水孝雄
期間中に以下の成果を挙げた。なお、平成19年度(最終年)は重複申請が認められ、何れの研究も新規課題の中で引き続き研究を遂行している。
1.膜脂質の多様性、非対称性を説明するリゾリン脂質アシル転位酵素に注目し、20種類近い遺伝子ファミリーを同定した。この中から2種類のリゾホスファチジルコリンアシル転位酵素を単離し、血小板活性化因子(PAF)産生と肺サーファクタント産生に関わることを発見した。これら酵素の欠損マウスの作製に着手すると共に、その他の酵素に関する研究も進めている。
2.細胞質型ホス...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 横溝 岳彦
アラキドン酸カスケードに属するロイコトリエンB4(LTB4)とその受容体(BLT1,BLT2)の免疫担当細胞における役割を解明する目的で以下の実験を行った。1)樹状細胞におけるBLT1の機能解析:マウス樹状細胞にBLT1が発現していること、骨髄由来の樹状細胞(BMDC)がLTB4に対してBLT1を介して走化性を示すこと、BLT1欠損BMMCのIL-12産生が低下していることを見いだした。2)BLT1欠損マウスの解析:オブアルブミン感作による気道過敏性モデル(気管支喘息モデル)では、優位な気...
科学技術振興機構: さきがけ研究21
研究期間: 2001年 - 2004年    代表者: 横溝岳彦
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2000年 - 2000年    代表者: 谷口雅彦
複雑な脳神経系において機能的な神経回路を形成する過程において軸索ガイダンス分子が重要な働きをしている。セマフォリン分子の中で、セマフォリン3Aは軸索の反発性ガイド分子であることが示唆されている。セマフォリン3Aノックアウトマウスを解析することにより、セマフォリン3Aの神経回路形成過程及び高次脳機能における機能を解明することを目的としている。現在までに、セマフォリン3Aは初期発生中の末梢神経系の神経回路形成過程に必須であること、セマフォリン3Aの機能的なレセプターがニューロピリン-1であるこ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 清水孝雄
細胞が刺激を受けるとホスホリパーゼA2が活性化され、各種の脂質メディエーターを産生する。脂質メディエーターは神経伝達物質やホルモンと協調作用を営みながら、生体の恒常性の維持や、防御に働いている。本研究課題では、これら脂質メディエーターの産生とその作用機序について細胞レベル、分子レベルから個体レベルに至る総合的な研究を推進した。これらの結果は、Nature Immunology, Nature Medicine, Journal of Experimental Medicineをはじめとする...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 長瀬隆英
ARDS(Adult Respiratory Distress Syndrome、成人呼吸促迫症候群)は、発症後短時間で肺水腫、低酸素血症を呈する急性呼吸不全が特徴であり、死亡率が40-70%にも達する予後不良の疾患である。ARDSの主要な発症誘因として、1)敗血症、2)胃液(塩酸)誤嚥などによる急性肺損傷が指摘され、発症機序には種々の炎症関連物質が複雑に関与している可能性が想定されているが、その分子機構は未だ明かではない。また治療の標的が不明確であるため、有効な治療薬も存在せず画期的な新...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 横溝 岳彦
強力な生理活性脂質であるロイコトリエンB4の生体内における役割を解明する目的でロイコトリエンB4受容体(BLT1)を欠損するマウスを作成した。現在純系化を進めつつあり、今後表現形の解析を行う予定である。さらに、BLT1の好中球、マクロファージ特異的な発現の分子機構を解明し、転写因子Sp1とゲノムDNAのメチル化がBLT1の白血球特異的な発現に重要であることを明らかにした。ヒトLTB4受容体のC末端のリン酸化部位や、細胞内のGタンパク質共役部位と推定されるアミノ酸を欠損した二種類の変異BLT...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 長瀬隆英
<研究結果>
(A)気管支喘息・気道過敏性:(1)PAF受容体遺伝子:コントロール群に比べ、PAFR-Tgマウスにおいて気道過敏性を認めた。この気道過敏性が、アトロピン感受性のメカニズムに依存することを明らかにし、論文発表した(Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2002)。(2)cPLA_2遺伝子:ovalbumin感作マウスに抗原投与した場合、cPLA_2-KOマウスでは野性型群に比べ、気道収縮が著明に軽減していた。また野性型群で認められた気道過敏性が、cPL...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 和泉孝志
1.炎症モデル動物の作成と解析
PAF受容体トランスジェニックマウス、PAF受容体欠損マウス、cPLA2欠損マウスおよび正常マウスにおいて、酸気道投与およびLPS投与による成人呼吸逼迫症候群(ARDS)モデル解析し、これら病態における生理活性脂質の役割を解明した。
肝切除後のクッパー細胞におけるPAF受容体の増加を報告した。
2.LTB4受容体研究
プロモータ解析により、白血球特異的発現のメカニズムを明らかにした。本受容体を発現しているCHO細胞を用いて、急性腎炎症におけるLTB4の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 本田善一郎
FcεRI受容体の情報を伝える責任Src型チロシンキナーゼ分子群を同定する目的で再構成実験を行った。マスト細胞のSrc型チロシンキナーゼ活性を抑制分子、膜結合型C末端Srcキナーゼで抑制し各Srcファミリー分子(活性型)の再構成で機能回復を検討した。さらに部位特異的変異、欠失分子を用いて活性に必要な分子内構造を解析した。これらの解析から、N-末端パルミチン酸付加(脂質修飾)により分子が細胞膜のraft(コレステロール、糖脂質、スフィインゴ脂質に富んだ難溶性の細胞膜ドメイン)に集積することが...

学歴

 
1991年4月
 - 
1995年3月
東京大学 大学院医学系研究科 
 
1982年4月
 - 
1988年3月
東京大学 医学部 医学科