Syuji Yonekura

J-GLOBAL         Last updated: Jul 18, 2019 at 23:24
 
Avatar
Name
Syuji Yonekura
Research funding number
20400939

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Gotoh M, Yonekura S, Imai T, Kaneko S, Horikawa E, Konno A, Okamoto Y, Okubo K
The journal of allergy and clinical immunology. In practice   7(4) 1287-1297.e8   Apr 2019   [Refereed]
Suzuki S, Sakurai D, Sakurai T, Yonekura S, Iinuma T, Okuma Y, Ihara F, Arai T, Hanazawa T, Fukuda-Kawaguchi E, Ishii Y, Okamoto Y
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology      Feb 2019   [Refereed]
Yonekura S, Okamoto Y, Sakurai D, Okubo K, Gotoh M, Kaneko S, Konno A
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   67(2) 201-208   Apr 2018   [Refereed]
Arai T, Sakurai D, Iinuma T, Nakagawa T, Yonekura S, Okamoto Y
Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology   120(2) 155-163   Feb 2018   [Refereed]
Sakurai T, Yonekura S, Iinuma T, Sakurai D, Morimoto Y, Kaneko S, Okamoto Y
International archives of allergy and immunology   177(3) 245-254   2018   [Refereed]
Gotoh M, Okubo K, Okamoto Y, Yonekura S, Kaneko S, Konno A
Arerugi = [Allergy]   67(7) 938-947   2018   [Refereed]
Yonekura S, Okamoto Y, Sakurai D, Sakurai T, Iinuma T, Yamamoto H, Hanazawa T, Horiguchi S, Kurono Y, Honda K, Majima Y, Masuyama K, Takeda N, Fujieda S, Okano M, Ogino S, Okubo K
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   66(3) 425-431   Jul 2017   [Refereed]
Okuma Y, Okamoto Y, Yonekura S, Iinuma T, Sakurai T, Hamasaki S, Ohki Y, Yamamoto H, Sakurai D
Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology   117(2) 150-157   Aug 2016   [Refereed]
Suzuki T, Okamoto Y, Yonekura S, Okuma Y, Sakurai T, Sakurai D
Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology   116(6) 491-496   Jun 2016   [Refereed]
Iinuma T, Okamoto Y, Yamamoto H, Inamine-Sasaki A, Ohki Y, Sakurai T, Funakoshi U, Yonekura S, Sakurai D, Hirahara K, Nakayama T
Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology   114(4) 289-298   Apr 2015   [Refereed]
Okamoto Y, Okubo K, Yonekura S, Hashiguchi K, Goto M, Otsuka T, Murata T, Nakao Y, Kanazawa C, Nagakura H, Okawa T, Nakano K, Hisamitsu M, Kaneko S, Konno A
International archives of allergy and immunology   166(3) 177-188   2015   [Refereed]
[Allergic rhinitis in pregnancy].
Yonekura S
Arerugi = [Allergy]   63(5) 661-668   May 2014   [Refereed]
Hamasaki S, Okamoto Y, Yonekura S, Okuma Y, Sakurai T, Iinuma T, Yamamoto H, Sakurai D, Horiguchi S, Yokota M
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   63(1) 41-50   Mar 2014   [Refereed]
Yonekura S, Okamoto Y, Yamamoto H, Sakurai T, Iinuma T, Sakurai D, Hanazawa T
International archives of allergy and immunology   162(1) 71-78   2013   [Refereed]
Yonekura S, Okamoto Y, Shimojo N, Yamamoto H, Sakurai D, Horiguchi S, Hanazawa T, Inoue Y, Arima T, Tomiita M, Kohno Y
Acta oto-laryngologica   132(9) 981-987   Sep 2012   [Refereed]
Yamamoto H, Yonekura S, Sakurai D, Katada K, Inamine A, Hanazawa T, Horiguchi S, Okamoto Y
Allergy and asthma proceedings   33(5) 397-403   Sep 2012   [Refereed]
Inamine A, Sakurai D, Horiguchi S, Yonekura S, Hanazawa T, Hosokawa H, Matuura-Suzuki A, Nakayama T, Okamoto Y
Clinical immunology (Orlando, Fla.)   143(2) 170-179   May 2012   [Refereed]
Uekusa Y, Inamine A, Yonekura S, Horiguchi S, Fujimura T, Sakurai D, Yamamoto H, Suzuki H, Hanazawa T, Okamoto Y
American journal of rhinology & allergy   26(2) 92-96   Mar 2012   [Refereed]
Yonekura S, Okamoto Y, Horiguchi S, Sakurai D, Chazono H, Hanazawa T, Okawa T, Aoki S, Konno A
International archives of allergy and immunology   157(1) 73-80   2012   [Refereed]
Yonekura S, Okamoto Y, Yamasaki K, Horiguchi S, Hanazawa T, Matsune S, Kurono Y, Yamada T, Fujieda S, Okano M, Okubo K
Auris, nasus, larynx   38(5) 600-607   Oct 2011   [Refereed]
Hisamitsu M, Okamoto Y, Chazono H, Yonekura S, Sakurai D, Horiguchi S, Hanazawa T, Terada N, Konno A, Matsuno Y, Todaka E, Mori C
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   60(3) 373-379   Sep 2011   [Refereed]
Fujimura T, Yonekura S, Horiguchi S, Taniguchi Y, Saito A, Yasueda H, Inamine A, Nakayama T, Takemori T, Taniguchi M, Sakaguchi M, Okamoto Y
Clinical immunology (Orlando, Fla.)   139(1) 65-74   Apr 2011   [Refereed]
Yonekura S, Okamoto Y, Sakurai D, Horiguchi S, Hanazawa T, Nakano A, Kudou F, Nakamaru Y, Honda K, Hoshioka A, Shimojo N, Kohno Y
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   59(4) 381-388   Dec 2010   [Refereed]
Muradil M, Okamoto Y, Yonekura S, Chazono H, Hisamitsu M, Horiguchi S, Hanazawa T, Takahashi Y, Yokota K, Okumura S
Allergy and asthma proceedings   31(5) 422-427   Sep 2010   [Refereed]
Fujimura T, Yonekura S, Taniguchi Y, Horiguchi S, Saito A, Yasueda H, Nakayama T, Takemori T, Taniguchi M, Sakaguchi M, Okamoto Y
International archives of allergy and immunology   153(4) 378-387   2010   [Refereed]
Yonekura S, Okamoto Y, Okawa T, Hisamitsu M, Chazono H, Kobayashi K, Sakurai D, Horiguchi S, Hanazawa T
Allergy and asthma proceedings   30(4) 397-405   Jul 2009   [Refereed]
Okamoto Y, Horiguchi S, Yamamoto H, Yonekura S, Hanazawa T
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   58(2) 155-162   Jun 2009   [Refereed]
Sasaki K, Okamoto Y, Yonekura S, Okawa T, Horiguchi S, Chazono H, Hisamitsu M, Sakurai D, Hanazawa T, Okubo K
International archives of allergy and immunology   149(4) 350-358   2009   [Refereed]
Horiguchi S, Okamoto Y, Yonekura S, Okawa T, Yamamoto H, Kunii N, Sakurai D, Fujimura T, Nakazawa K, Yasueda H
International archives of allergy and immunology   146(1) 76-84   2008   [Refereed]

Misc

 
【アレルギー疾患update-最新の治療動向と展望-】 アレルギー疾患別に見た治療の現状と展望 アレルギー性鼻炎 スギ花粉症に対する舌下免疫療法update
米倉 修二, 櫻井 大樹, 岡本 美孝
日本臨床   77(1) 25-32   Jan 2019
【役に立つ! アレルギー診療の最新情報】 妊婦に対するアレルギー性鼻炎治療
米倉 修二
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   91(1) 34-39   Jan 2019
<文献概要>POINT ▼妊婦に対する治療内容が制限される状況下において,抗原回避を含めた環境整備は必須である。▼薬物使用に関しては,妊娠4ヵ月までは催奇形性の可能性があるため,原則的に使用は避けることが望ましい。▼妊娠5ヵ月以降は胎児毒性による機能的発育が問題となるが,症状が強い場合には局所治療を中心に検討する。▼妊婦に対してアレルゲン療法を新規に開始することは避けるべきである。
【アレルギー疾患とバイオマーカー】耳鼻科 アレルゲン免疫療法のバイオマーカー
米倉 修二, 伊原 史英, 櫻井 大樹
アレルギー・免疫   26(1) 106-115   Dec 2018
<文献概要>舌下免疫療法が保険診療として開始され,10万人以上のアレルギー性鼻炎患者が受療している。実臨床の現場において,日記やQOL(quality of life)を参考に効果判定を行うことはもちろん重要である。しかし,プラセボ効果が高い治療であることを考慮すると,客観的に治療効果を判定できるバイオマーカーの確立が望まれる。また,治療前あるいは治療を開始してから早い段階で効果の予測を行うことができるバイオマーカーが確立されれば患者負担を減らすことができる。
当科における喉頭・気管・食道の合併切除を要した甲状腺癌症例の検討
山崎 一樹, 花澤 豊行, 大木 雄示, 櫻井 利興, 國井 直樹, 米倉 修二, 茶薗 英明, 櫻井 大樹, 岡本 美孝
頭頸部外科   28(2) 121-126   Oct 2018
2008年から2016年の間に当科で治療した甲状腺癌症例は219症例であった。喉頭、気管および食道のいずれかに浸潤し、合併切除を要した24症例のうち、再発症例、未分化癌症例、CASTLE症例を除いた13症例の検討を行った。浸潤部位の内訳は気管のみの浸潤が4例、気管と輪状軟骨浸潤が5例、気管と食道浸潤が1例、気管、輪状軟骨と甲状軟骨浸潤が3例であった。3年粗生存率は72.5%であった。再発症例は5例存在し、再発形式はそれぞれ、遠隔転移が3例、健側リンパ節再発が1例、局所再発が1例であった。局...
【アレルギー疾患における最新の治療】 アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法
米倉 修二, 岡本 美孝
アレルギーの臨床   38(9) 847-850   Sep 2018
免疫療法はアレルギー性鼻炎の自然経過を変えることのできる治療であり、本邦では2014年よりスギ花粉症、2015年よりダニを原因とした通年性アレルギー性鼻炎に対して保険適用となった。また、2018年2月からはダニ舌下錠において12歳未満の小児適用が取得され、6月からはスギ舌下錠が発売され、やはり小児適用が認められている。現在では10万人以上が受療しているが、本邦のアレルギー性鼻炎患者の罹患率が30%以上であることを考えると、十分に普及しているとは言い難い。今後の普及のためには検証すべき課題も...
スギ花粉飛散量からみた花粉症症状と舌下免疫療法の効果に関する検討
櫻井 利興, 米倉 修二, 飯沼 智久, 山崎 一樹, 國井 直樹, 櫻井 大樹, 花澤 豊行, 岡本 美孝
日本鼻科学会会誌   57(3) 403-403   Sep 2018
診断に苦慮した上気道限局型多発血管炎性肉芽腫症における抗moesin抗体価の変動
國井 直樹, 飯沼 智久, 櫻井 利興, 大木 雄示, 山崎 一樹, 米倉 修二, 茶薗 英明, 櫻井 大樹, 花澤 豊行, 岡本 美孝
日本鼻科学会会誌   57(3) 444-444   Sep 2018
プロポリス摂取によるスギ花粉症症状の予防効果に関する検討
米倉 修二, 櫻井 利興, 飯沼 智久, 山崎 一樹, 櫻井 大樹, 花澤 豊行, 岡本 美孝
日本鼻科学会会誌   57(3) 450-450   Sep 2018
スギ花粉症に対するアレルゲン免疫療法の治療目標の検討 TO-194SL(シダトレンスギ花粉舌下液)第III相臨床試験結果から
後藤 穣, 大久保 公裕, 岡本 美孝, 米倉 修二, 金子 真也, 今野 昭義
アレルギー   67(7) 938-947   Aug 2018
【背景・目的】これまでスギ花粉症に対するアレルゲン免疫療法の治療目標に関する報告は少なく、臨床現場では自覚症状によって判断せざるを得なかった。今回、TO-194SL第III相臨床試験成績を用いて、実臨床におけるスギ花粉症の治療目標を検討することを目的とした。【方法】臨床試験の副次評価項目であったSevere symptom day、QOLスコア、被験者による総合評価について、主要評価項目であった総合鼻症状薬物スコア(TNSMS)との相関を検討した。さらに各副次評価項目の結果について複数のグ...
診断確定に時間を要した頭頸部粘表皮癌の1例
櫻井 利興, 米倉 修二, 伊原 史英, 花澤 豊行, 岡本 美孝
耳鼻咽喉科臨床 補冊   (補冊153) 82-82   Jun 2018
フィブリン糊を用いない鼓膜穿孔閉鎖手術の取り組み
大塚 雄一郎, 舩越 うらら, 米倉 修二, 岡本 美孝
小児耳鼻咽喉科   39(2) 103-103   Jun 2018
小児・若年者の顎下腺深部・移行部唾石に対する低侵襲手術の取り組み
舩越 うらら, 大塚 雄一郎, 米倉 修二, 岡本 美孝
小児耳鼻咽喉科   39(2) 151-151   Jun 2018
小児の外リンパ瘻症例の検討(疑い例を含む)
大塚 雄一郎, 舩越 うらら, 米倉 修二, 岡本 美孝
小児耳鼻咽喉科   39(2) 198-198   Jun 2018
【アレルギーマーチ予防の考え方】 アレルギーマーチの観点からアレルギー性鼻炎発症とその予防
米倉 修二, 岡本 美孝
アレルギーの臨床   38(6) 541-544   Jun 2018
アレルギーマーチはアトピー素因をもった児が、臓器や病態を変えながらアレルギー疾患を発症することを表した概念である。もともとアレルギー性鼻炎はマーチの後半で発症すると考えられていたが、その後の疫学調査ではもっと早い段階で発症し、気管支喘息発症の危険因子になることも報告されている。アレルギーマーチの観点から見れば、アレルギー性鼻炎の発症予防は、気管支喘息の発症予防につながる。免疫療法は疾患の自然経過を変えることのできる治療であり、今後疾患の予防に向けたエビデンスレベルの高い検討が期待される。(...
制御性T細胞が頭頸部癌患者に及ぼす免疫抑制作用からの克服を目指した治療法の検討
伊原 史英, 櫻井 大樹, 米倉 修二, 飯沼 智久, 岡本 美孝
耳鼻咽喉科免疫アレルギー   36(2) 80-80   Jun 2018
ダニ舌下免疫療法におけるTh2細胞サブセットの検討
櫻井 大樹, 伊原 史英, 米倉 修二, 飯沼 智久, 米田 理葉, 櫻井 利興, 岡本 美孝
耳鼻咽喉科免疫アレルギー   36(2) 83-84   Jun 2018
アレルギー性鼻炎に関わるST2(IL-33受容体)発現細胞の検討
飯沼 智久, 伊原 史英, 米倉 修二, 櫻井 大樹, 岡本 美孝
耳鼻咽喉科免疫アレルギー   36(2) 100-100   Jun 2018
ヒノキ花粉特異的IgE改良品のvalidation study
米倉 修二, 伊原 史英, 飯沼 智久, 櫻井 大樹, 岡本 美孝
耳鼻咽喉科免疫アレルギー   36(2) 162-162   Jun 2018
当科で経験したBiphenotypic sinonasal sarcomaの2症例
川瀬 勝隆, 花澤 豊行, 櫻井 大樹, 茶薗 英明, 米倉 修二, 岡本 美孝
頭頸部癌   44(2) 186-186   May 2018
AMED研究「免疫療法による花粉症治療の新しい展開を目指した研究」から
米倉 修二, 飯沼 智久, 櫻井 利興, 櫻井 大樹, 花澤 豊行, 岡本 美孝
アレルギー   67(4-5) 365-365   May 2018
臨床と基礎のteam-up 千葉大学の取り組み
櫻井 大樹, 米田 理葉, 新井 智之, 伊原 史英, 櫻井 利興, 飯沼 智久, 米倉 修二, 花澤 豊行, 小原 收, 中山 俊憲, 岡本 美孝
アレルギー   67(4-5) 398-398   May 2018
今後のアレルギー性鼻炎治療を考える:日本,欧州,韓国から スギ花粉症の特徴をふまえた今後の治療戦略
櫻井 大樹, 米田 理葉, 新井 智之, 伊原 史英, 櫻井 利興, 飯沼 智彦, 米倉 修二, 花澤 豊行, 岡本 美孝
アレルギー   67(4-5) 408-408   May 2018
アレルゲン免疫療法の現状と今後の展望 舌下免疫療法普及のための今後の課題
米倉 修二, 飯沼 智久, 櫻井 利興, 櫻井 大樹, 花澤 豊行, 岡本 美孝
アレルギー   67(4-5) 422-422   May 2018
アレルギー性鼻炎治療における抗ヒスタミン薬の位置付けと選択
米倉 修二
アレルギー   67(4-5) 442-442   May 2018
アレルゲン特異的免疫療法の最新情報 舌下免疫療法で認められた免疫学的パラメーター(Allergen Specific Immunotherapy Up to Date Immunological parameters observed in sublingual immunotherapy)
櫻井 大樹, 伊原 史英, 米倉 修二, 飯沼 智久, 中山 俊憲, 岡本 美孝
アレルギー   67(4-5) 474-474   May 2018
花粉症における感作未発症者と免疫療法におけるPathogenic Th2細胞の役割
飯沼 智久, 米倉 修二, 國井 直樹, 櫻井 大樹, 岡本 美孝
アレルギー   67(4-5) 587-587   May 2018
スギ花粉症に対する舌下免疫療法の効果予測因子についての検討
米田 理葉, 櫻井 大樹, 飯沼 智久, 米倉 修二, 櫻井 利興, 岡本 美孝
アレルギー   67(4-5) 587-587   May 2018
シダキュアスギ花粉舌下錠の投与継続2年目の有効性及び安全性
米倉 修二, 岡本 美孝, 大久保 公裕, 後藤 穣, 金子 真也, 今野 昭義
アレルギー   67(4-5) 601-601   May 2018
好酸球性副鼻腔炎の炎症局所における組織線維化機構の解析
森本 侑樹, 平原 潔, 米田 理葉, 飯沼 智久, 米倉 修二, 櫻井 大樹, 中山 俊憲, 岡本 美孝
アレルギー   67(4-5) 608-608   May 2018
当科で経験したBiphenotypic sinonasal sarcomaの2症例
川瀬 勝隆, 花澤 豊行, 米倉 修二, 茶薗 英明, 櫻井 大樹, 岡本 美孝
頭頸部癌   44(1) 6-11   Apr 2018
Biphenotypic sinonasal sarcoma(BSNS)とは神経系と筋系双方への分化を示す二重表現型の肉腫であり、2017年の頭頸部腫瘍WHO分類第4版に新規登録された腫瘍である。最近の病理学的な遺伝子解析の結果によりBSNSと確定した2症例を経験したので考察を加え報告する。症例1は67歳女性で、右篩骨洞を中心に腫瘍が発生していた。生検にて低悪性度の腫瘍との診断で根治手術を施行したが、当時の術後病理では確定診断に至らなかった。術後10年以上経過したが再発所見はない。症例2は...
【病気とくすり2018 基礎と実践Expert's Guide】耳鼻咽喉の病気とくすり アレルギー性鼻炎、花粉症
米倉 修二, 岡本 美孝, 内田 雅士, 有吉 範高
薬局   69(4) 1650-1667   Mar 2018
ヒノキ花粉特異的IgE改良品(Thermo Scientific ImmunoCAPイムノキャップ特異的IgEヒノキ花粉)の性能評価
米倉 修二, 岡本 美孝, 中山 哲
アレルギー   67(1) 67-71   Feb 2018
【背景】ヒノキ花粉は、本邦における花粉症の主要な原因アレルゲンの1つである。この診断補助として、イムノキャップ特異的IgEヒノキ花粉が汎用されているが、感度の向上が望まれている。今回、本試薬の改良品が作製されたので、その評価を行った。【方法】ヒノキ花粉曝露試験の被験者61例から採取した血清を、イムノキャップ特異的IgEヒノキ花粉の従来品と改良品で測定した。さらにヒノキ花粉の主要アレルゲンコンポーネントであるCha o 1およびCha o 2の特異的IgEを測定し、その反応性を従来品および改...
【舌下免疫療法の現状】 わが国での舌下免疫療法の歩み
米倉 修二
日本医事新報   (4890) 24-30   Jan 2018
<Point>▼舌下免疫療法(SLIT)は、1980年代から海外で開始された比較的新しい治療法である▼わが国におけるスギ花粉症に対する舌下免疫療法は、2000年代から医師主導で開発が始まった▼スギ花粉症に対する舌下免疫療法は、製薬企業の第2/3相試験を経て、2014年から一般治療として開始された▼わが国におけるダニを原因とする通年性アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法は、海外企業が作成した錠剤を使用することで、2015年から一般治療として開始された(著者抄録)
【花粉症の基礎と臨床 アップデート】 免疫療法におけるバイオマーカー 治療前予測および治療評価
米倉 修二, 櫻井 大樹
アレルギー・免疫   25(2) 221-231   Jan 2018
アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法はプラセボ効果が高く,治療の効果を正確に判定することは容易ではない。スギ花粉症では年毎に花粉飛散量が異なるために症状スコアの単純な比較をすることができない。舌下免疫療法の今後の臨床的課題を解決するためにも,治療効果を客観的に評価するためのバイオマーカーを確立する必要がある。また,治療前,あるいは治療を開始してから早い段階で効果を予測することができる因子を確立することは患者負担の軽減につながる。(著者抄録)
【アレルゲン免疫療法の将来展望】 スギ舌下免疫療法の新展開
米倉 修二, 岡本 美孝
アレルギーの臨床   38(1) 21-24   Jan 2018
アレルゲン免疫療法がアレルギー性鼻炎に有効であることは議論を待たないが、新規のアレルゲン感作あるいは喘息発症の予防についても幾つか報告されている。ただし、このような予防効果の評価を目的とした臨床試験はほとんどなく、多くは付加的な効果として論じられている。アレルギー性鼻炎の予防は感作の予防(1次予防)、発症の予防(2次予防)、発症後の増悪の予防(3次予防)に分けられる。当科では舌下免疫療法を用いたスギ花粉症発症の2次予防に関する臨床試験を進めており、発症予防を目的としたワクチンとしての新規治...
【最新アレルギー予防・治療戦略-これからのアレルギーを考える-】 アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・花粉症 アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎の病因・病態
米倉 修二, 岡本 美孝
小児科臨床   70(12) 1981-1986   Dec 2017
病気について知りたい! 臨床講座 アレルゲン免疫療法
米倉 修二
PharmaTribune   9(9) 5-9   Sep 2017
抗ヒスタミン薬はアレルギー性鼻炎のすべての症状に効果があるか。服用するときの注意点はどのようなものか
米倉 修二
鼻アレルギーフロンティア   17(2) 78-78   Aug 2017
抗ロイコトリエン薬、抗プロスタグランジンD2(PGD2)・トロンボキサンA2(TXA2)薬はアレルギー性鼻炎の鼻閉に有効か
米倉 修二
鼻アレルギーフロンティア   17(2) 79-79   Aug 2017
小児アレルギー性鼻炎の診断についての検討
米倉 修二, 櫻井 利興, 舩越 うらら, 伊原 史英, 櫻井 大樹, 花澤 豊行, 岡本 美孝
耳鼻咽喉科免疫アレルギー   35(2) 115-116   Aug 2017
被裂喉頭蓋ヒダ切除により経口的に切除し得た咽喉頭表在がんT2症例3例
國井 直樹, 茶薗 英明, 鈴木 猛司, 新井 智之, 吉川 直子, 米倉 修二, 櫻井 大樹, 花澤 豊行, 岡本 美孝
耳鼻咽喉科臨床 補冊   (補冊150) 84-84   Jul 2017
当科における頭頸部癌に対するセツキシマブ併用放射線治療の臨床的検討
吉川 直子, 國井 直樹, 山崎 一樹, 鈴木 猛司, 米倉 修二, 茶薗 英明, 櫻井 大樹, 花澤 豊行, 岡本 美孝
耳鼻咽喉科臨床 補冊   (補冊150) 130-130   Jul 2017
小児におけるアレルギー性鼻炎診断についての検討(出生コホート研究より)
米倉 修二, 舩越 うらら, 岡本 美孝
小児耳鼻咽喉科   38(2) 143-143   May 2017
アレルゲン免疫療法Up to date 免疫療法の新展開、有効性は? 舌下免疫療法のup-to-date
米倉 修二, 櫻井 利興, 櫻井 大樹, 花澤 豊行, 岡本 美孝
アレルギー   66(4-5) 417-417   May 2017
スギ花粉症に対する舌下免疫療法 有効性の観点から
米倉 修二
アレルギー   66(4-5) 451-451   May 2017
アレルギー性鼻炎治療における抗ヒスタミン薬の位置付け
米倉 修二
アレルギー   66(4-5) 464-464   May 2017
花粉症(治療・管理) スギ花粉症に対する新規舌下免疫療法薬TO-206錠の有効性の検討 国内第II/III相臨床試験より
大久保 公裕, 後藤 穣, 岡本 美孝, 米倉 修二, 金子 真也, 今野 昭義
アレルギー   66(4-5) 617-617   May 2017
花粉症(治療・管理) スギ花粉症に対する新規舌下免疫療法薬TO-206錠の安全性の検討 国内第II/III相臨床試験より
後藤 穣, 大久保 公裕, 岡本 美孝, 米倉 修二, 金子 真也, 今野 昭義
アレルギー   66(4-5) 617-617   May 2017
新規スギ花粉舌下免疫療法薬(TO-206錠)投与における血中抗体価の変動
米倉 修二, 土井 雅津代, 金子 真也, 大久保 公裕, 岡本 美孝, 今野 昭義
アレルギー   66(4-5) 727-727   May 2017
スギ花粉症が下気道に与える影響についての検討 花粉飛散室を用いた検討
米倉 修二, 岡本 美孝
日本気管食道科学会会報   68(2) s47-s47   Apr 2017