米澤朋子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/24 19:54
 
アバター
研究者氏名
米澤朋子
 
ヨネザワ トモコ
URL
http://www.res.kutc.kansai-u.ac.jp/~yone/
所属
関西大学
部署
総合情報学部
職名
教授
学位
博士(情報科学)(名古屋大学)

プロフィール

Ccompleted Bachelor of Environmental Information Department in Keio University at 1999, and Master of Media and Governance in Graduate School of Keio University at 2001. Employed in NTT Japan, and worked in Cyber Space Laboratories from 2001 to 2003. Externally assigned to ATR Japan in 2003, and have worked in Intelligent Robotics and Communication Laboratories from 2003 to 2011. Got a "super-creator" at IPA Mitoh project 2008. Earned Doctor of Information Science in Nagoya University at Mar. 2007. Became an associate professor in Kansai University in 2011 and a full professor in 2017.

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
関西大学 総合情報学部 教授
 
2011年4月
 - 
2017年3月
関西大学 総合情報学部 准教授
 
2003年7月
 - 
2011年3月
株式会社国際電気通信基礎技術研究所 知能ロボティクス研究所 研究員
 
2001年4月
 - 
2003年6月
NTTサイバースペース研究所 音声処理P 研究員
 
1999年9月
 - 
2001年3月
株式会社国際電気通信基礎技術研究所 知能映像通信研究所 学生インターン
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学大学院 情報科学研究科 
 
1999年4月
 - 
2001年3月
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 
 
1995年4月
 - 
1999年3月
慶應義塾大学 環境情報学部 
 

委員歴

 
2013年5月
 - 
2015年5月
電子情報通信学会 MVE研究会  専門委員
 
2011年9月
 - 
現在
ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェース学会 SIG-ACI 運営委員
 
2011年
 - 
現在
ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェース学会 評議員
 
2006年
 - 
現在
NIME (new interface for musical expressions)  NIME program committee
 
2009年1月
 - 
現在
ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェース学会 SIG-DE 運営委員
 
2009年9月
 - 
2011年8月
ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェース学会 SIG-NOI 運営委員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェース学会論文誌 編集委員
 
2010年
 - 
2011年
ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェース学会論文誌「HAI/HRI」特集号 副委員長
 
2010年
 - 
2011年
CASEMANS Workshop  Program Committee
 
2009年
 - 
2010年
インタラクション  プログラム委員
 
2007年
 - 
2010年
エンタテイメントコンピューティング  エンタテイメントコンピューティング プログラム委員
 
2011年
 - 
2009年
UIC  UIC program committee
 

受賞

 
2017年12月
電子情報通信学会ET研究会 研究奨励賞(指導学生M1北岸)
受賞者: 北岸佑樹(M1),米澤朋子
 
2017年9月
ヒューマンインタフェースシンポジウム2017 優秀プレゼンテーション賞
受賞者: 米澤朋子,山添大丈
 
2017年9月
情報処理学会関西支部大会 2017 学生優秀発表賞(指導学生D3吉田)
受賞者: 指導学生D3吉田
 
2017年9月
情報処理学会関西支部大会 2017 学生奨励賞(指導学生M1上野)
受賞者: 指導学生M1上野
 
2017年8月
情報処理学会UBI研究会 学生奨励賞(共同研究連名指導学生,名古屋大学)
受賞者: 渡辺博文,榎堀優,米澤朋子, 間瀬健二
 
2017年4月
日本学術振興会 日本学術振興会DC2-PD(指導学生D2吉田)
受賞者: 指導学生D2吉田
 
2017年3月
情報処理学会 2016年山下記念研究賞(指導学生M2藤原)
受賞者: 指導学生・M2・藤原邦彦
 
2016年10月
HAI2016 Best Student Paper Award
受賞者: 吉田直人,米澤朋子
 
2016年9月
情報処理学会関西支部大会 2016 学生優秀発表賞(指導学生D2吉田)
受賞者: 指導学生D2吉田
 
2015年12月
HAIシンポジウム2014 Impressive Poster Award
 

論文

 
Analyses of Textile Pressure-map Sensor Data of a Stuffed Toy for Understanding Human Emotional Physical Contact
Tomoko Yonezawa,Hirotake Yamazoe
Human Agent Interaction 2018   to appear    2018年12月   [査読有り]
Attracting Attention and Changing Behavior toward Wall Advertisements with a Walking Virtual Agent
Naoto Yoshida,Sho Hanasaki,Tomoko Yonezawa
Human Agent Interaction 2018   to appear    2018年12月   [査読有り]
Arousal and Valence in Robot's Emotional Expression of Breathing and Heartbeat
Naoto Yoshida,Tomoko Yonezawa
Human Agent Interaction 2018 (HAI2018)   to appear    2018年12月   [査読有り]
Internal Flow Model and Behavioral Design for an Artificial Agent's Ownership-desire Model
Kaede Ueno,Naoto Yoshida
Human Agent Interaction 2018 (HAI2018)   to appear    2018年12月   [査読有り]
Preliminary Examination of Walking Stability Improvement by Wearable Tactile Expression Mechanism
Hirotake Yamazoe,Tomoko Yonezawa
Human Agent Interaction 2018 (HAI2018)   to appear    2018年12月   [査読有り]
Verification of Discussion-Stimulating System for Online Creative Meetings using Key Phrases and Mind Maps
Yipeng He,Tomoko Yonezawa
SCIS-ISIS 2018   to appear    2018年12月   [査読有り]
Switching Target of Speech between Whole and Particular Audiences using Face Direction and Two Microphones
Yuki Kitagishi,Tomoko Yonezawa
UAC2018 (International Symposium on Universal Acoustical Communication 2018)   poster 2-26 (2 pages) poster 2-26-poster 2-26   2018年10月   [査読有り]
非線形ナップサック問題に対するグローバルグリーディ法
伊藤直也,米澤朋子,岡田佑一,仲川勇二
情報処理学会関西支部大会2018   G-05 (4 pages) G-05-G-05   2018年9月
一人対多人数講義における講義や学生の状態に応じた講義内サウンドスケープの予備的検討
北岸佑樹,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会2018   D-103 (7 pages) D-103-D-103   2018年9月
Acoustic AR-TA Agent using Footsteps in Corresponding to\Audience Members' Participating Attitudes
Yuki Kitagishi,Tomoko Yonezawa
VARE2018   pp. 113-122 113-113   2018年9月   [査読有り]
エージェントの所有欲求の表出に向けた内部モデルと行動モデルの設計
上野楓,吉田直人,米澤朋子
電子情報通信学会HCS研究会   HCS2018-32, pp.1--6,(HCS2018-32) 1-1   2018年8月
ロボットの擬似生理現象表現における覚醒度と感情価
吉田直人,米澤朋子
電子情報通信学会HCS研究会   HCS2018-33, pp.7--12,(HCS2018-33) 7-7   2018年8月
Part1, V. Human-agent Interaction
Tomoko Yonezawa,
国立国会図書館   Perspectives on Artificial Intelligence/Robotics and Work/Employment    2018年7月   [招待有り]
北岸佑樹,米澤朋子
電子情報通信学会論文誌D   Vol.J101-D,No.6,pp.944-957(J101-D) 6-944   2018年6月   [査読有り]
上野楓,吉田直人,米澤朋子
電子情報通信学会論文誌D   Vol.J101-D,No.6,pp.932-943(J101-D) 6-932   2018年6月   [査読有り]
部位による足裏感度の差異に応じた振動アクチュエータアレイよる仮想線分提示手法の提案
吉田直人,平野隼壮,榎堀優,米澤朋子
第153回HI学会研究会(ACI)   SIG-ACI-21, pp.43--50,(SIG-ACI-21) 43-43   2018年3月
認知症高齢者支援へ向けたユマニチュード方式による会話前視野内移動エージェントの提案
万 キン,孟暁順,上野楓,米澤朋子
第153回HI学会研究会(ACI)   SIG-ACI-21, pp.17--22,(SIG-ACI-22) 17-17   2018年3月
一人対多人数講義における講義者の分身エージェントシステムの提案
田中友樹,北岸佑樹,米澤朋子
第153回HI学会研究会(ACI)   SIG-ACI-21, pp.37--42,(SIG-ACI-23) 37-37   2018年3月
半透明パーティションと音源定位によるデスク環境の複数切替手法の提示
辻ノ翔子,何一澎,上野楓,吉田直人,米澤朋子
第153回HI学会研究会(ACI)   SIG-ACI-21, pp.23--28,(SIG-ACI-24) 23-23   2018年3月
装着型ぬいぐるみロボットのための空気圧アクチュエータアレイによる触覚表現機構
山添大丈,米澤朋子
サービス学会第6回国内大会   OS4-07 OS4-OS4   2018年3月
空気圧アクチュエータアレイからなる装着型触覚提示機構による歩行安定化の検討
山添大丈,米澤朋子
インタラクション2018   2P10-2P10   2018年3月
第1部 研究・技術動向 V.ヒューマンエージェントインタラクション
米澤朋子,
国立国会図書館   ??知能・ロボットと労働・雇?をめぐる視点 (科学技術に関する調査プロジェクト報告書)    2018年3月   [招待有り]
吉田直人,米澤朋子
電子情報学会論文誌D ヒューマンコミュニケーション   Vol.J101-D,No.02,pp.-(J101-D) 2-263   2018年2月   [査読有り]
移動音源によるTA/講師の存在感を導入した多人数聴衆インタラクションの検討
北岸佑樹,山名友也,米澤朋子
音響学会 第20回関西支部若手研究者交流研究発表会   no.20-no.20   2017年12月
Enhancing pointing gestures using an automatic projection system
Kaede Ueno,Naoto Yoshida,Yuki Kitagishi,Tomoko Yonezawa
ACIS2017   pp. 161-164 161-161   2017年12月   [査読有り]
Lecture support system for understanding an audience's attitudes using optical flow and overlapped color mapping
Yuki Kitagishi,Tomoko Yonezawa
ACIS2017   pp. 145-148 145-145   2017年12月   [査読有り]
コンテンツ鑑賞時ユーザに対するロボットの生理的働きかけによる感情増幅と親近感への影響
吉田直人,米澤朋子
HAI シンポジウム 2017   D-3 (11 pages), 討論セッション招待, D-3-D-3   2017年12月
オブジェクトに対する所有欲求内部設計とそれに基づく仮想エージェントの所有行動モデル
上野楓,吉田直人,米澤朋子
HAI シンポジウム 2017   P14 (9 pages), P14-P14   2017年12月
仮想点字ブロックへ向けた足裏振動モータアレイによる線分提示手法の一検討
平野隼壮,吉田直人,榎堀優,米澤朋子
情報処理学会 第5回アクセシビリティ研究発表会   Vol.2017-AAC-5, No.15, pp1--8,(2017-AAC-5) 15-1   2017年12月
知的創発に向けたマインドマップ生成に基づく議論刺激システムの検証
何一澎,米澤朋子
電子情報通信学会ET研究会   Vol.117, No.335, ET2017-72, pp 21--26,(117) 335-21   2017年12月
多人数聴衆向けAR型足音TAエージェントの各自参加状態に応じた効果
北岸佑樹,米澤朋子
電子情報通信学会ET研究会   Vol.117, No.335, ET2017-73, pp 27--32,(117) 335-27   2017年12月
Indirect control of user's e-learning motivation by controlling activity ratio of multiple agents
Tomoko Yonezawa,Naoto Yoshida,Kaoru Maeda
HAI2017   pp 27--34, 27-27   2017年10月   [査読有り]
Physiological Expression of Robots Enhancing Users' Emotion in Direct and Indirect Communication
Naoto Yoshida,Tomoko Yonezawa
HAI2017 poster   pp 505--509, 505-505   2017年10月   [査読有り]
人間ーロボットの生理現象を介した共体験における積極性と親密性
吉田直人,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会2017   B--102, (6 pages), B-102-B-102   2017年9月
画像エフェクトとAR図示によるランダム指さしの指示方向理解の検証
上野楓,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会2017   D--102, (7 pages), D-102-D-102   2017年9月
講演中の聴衆の聴講態度に応じて移動する音響AR型足音TAエージェントの検証
北岸佑樹,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会2017   D-10 (8 pages) D-10-D-10   2017年9月
ロボットハンド型寄り添いエージェントのための「握る」接触表現と感情伝達に関する検討
孟曉順,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会2017   B--103, (6 pages), B-103-B-103   2017年9月
触れ合いとふれあい?相互接触へ向けた接触方法による感情生成
米澤朋子,山添大丈
ヒューマンインタフェース学会シンポジウム2017   5T-d3-11 5T-d3-11-5T-d3-11   2017年9月
ぬいぐるみへの接触パターン分類に向けた布センサデータの分析
米澤朋子,山添大丈
IEICE VNV-HCS   vol.2017-HCS-117, vol. 117, no. 177, HCS2017-53, pp. 35--40,(117) 177-35   2017年8月
白杖先端への衝撃刺激提示による歩行支援システムの実現に向けた仮想的な壁と歩行誘導ブロックの再現および歩行誘導に関する一検討
渡辺博文,榎堀優,米澤朋子,間瀬健二
情報処理学会UBI研究会   第55回情報処理学会UBI研究会/ASD研究会 2017-ASD-9, pp. 1--6, 1-1   2017年8月
Haptic interaction design for physical contact between a wearable robot and the user
Tomoko Yonezawa,Hirotake Yamazoe
International Conference of DHM 2017 in HCII2017, Springer International Publishing Switzerland   pp.476--490 476-476   2017年7月   [査読有り]
A tactile expression mechanism using pneumatic actuator array for noti cation from wearable robots
Hirotake Yamazoe,Tomoko Yonezawa
International Conference of DHM 2017 in HCII2017, Springer International Publishing Switzerland   pp.466--475 466-466   2017年7月   [査読有り]
Estimating Emotion of User via Communicative Stuffed-toy Device with Pressure Sensors Using Fuzzy Reasoning
Tomoko Yonezawa,Haruka Mase,Hirotake Yamazoe,Kazuki Joe
URAI2017   P2-79 P2-79-P2-79   2017年6月   [査読有り]
オンライン創発会議に向けたマインドマップ生成に基づく議論刺激システム
何一澎,吉田直人,上野楓,米澤朋子
情報処理学会CLE研究会   vol.2017-CLE-21, no.13, pp.1--6,(2017-CLE-21) 13-1   2017年3月
超指向性スピーカ放射角制御と2種のマイクを用いた講演と特定聴衆へのパーソナル発話切替
山名友也,北岸佑樹,米澤朋子
情報処理学会CLE研究会   vol.2017-CLE-21, no.14, pp.1--7,(2017-CLE-21) 14-1   2017年3月
装着型ぬいぐるみロボットのための空気圧アクチュエータアレイによる触覚表現手法
山添大丈,米澤朋子
インタラクション2017   プレミアム発表, 1-6F-01, pp.106--109 106-106   2017年3月   [査読有り]
指さし理解支援のためのプロジェクション式AR図示システムの提案
上野楓,吉田直人,米澤朋子
電子情報通信学会ET研究会   ET2016-90, pp 63--68(ET2016) 90-63   2017年1月
多人数授業における聴講姿勢に対応するAR型足音TAの提案
北岸佑樹,米澤朋子
電子情報通信学会ET研究会   ET2016-79, pp 7--11(ET2016) 79-7   2017年1月
コミュニケーションぬいぐるみデバイスにおける圧力センサを用いた感情推定の一手法
馬瀬春香,米澤朋子,城和貴
情報処理学会MPS研究会   2016-MPS-111, no. 6, pp.1--6(2016-MPS-111) 6-1   2016年12月
Groveling on the Wall: Interactive VR Attraction using Gravity Illusion SIGGRAPH ASIA 2016 poster (2 pages) 2016
Kaede Ueno,Naoto Yoshida,Tomoko Yonezawa
SIGGRAPH ASIA 2016   poster (2pages) poster-poster   2016年12月   [査読有り]
Virtual Ski Jump: illusion of slide down the slope and gliding
Naoto Yoshida,Kaede Ueno,Yusuke Naka,Tomoko Yonezawa
SIGGRAPH ASIA 2016   poster (2pages) poster-poster   2016年12月   [査読有り]
皮膚上マルチモーダル生理現象を伴う手繋ぎ型ロボットハンドエージェント
孟曉順,吉田直人,米澤朋子
HAIシンポジウム2016   P-20 P-20-P-20   2016年12月
Integrating auditory space for multiple people in real world using their personal devices
Tomoko Yonezawa,Yosuke Ino,Naoto Yoshida,Yuki Kitagishi
UV 2016   II-2-5, 4 pages II-2-5-II-2-5   2016年10月   [査読有り]
Stepwise Experience Design of Tactile Interaction in Children's Enrobotment
Tomoko Yonezawa,
HAI 2016 WS   Enrobotment WS, 2 pages Enrobotment-Enrobotment   2016年10月   [査読有り]
Evaluation of Schedule Managing Agent among Multiple Members with Representation of Background Negotiations
Tomoko Yonezawa,Naoto Yoshida,Kunihiko Fujiwara
HAI 2016   pp.305--312 305-305   2016年10月   [査読有り]
Investigating Breathing Expression of a Stuffed-Toy Robot Based on Body-Emotion Model
Naoto Yoshida,Tomoko Yonezawa
HAI 2016   pp.139--144 139-139   2016年10月   [査読有り]
Accelerating Physical Experience of Immersive and Penetrating Music by Vibration-motor Array in a Wearable Belt Set
Tomoko Yonezawa,Shota Yanagi,Naoto Yoshida,Yuki Ishikawa
IFIP ICEC 2016   Springer LNCS 9926, pp.173--186(Springer LNCS 9926) 173-173   2016年9月   [査読有り]
初心者の作曲動機を向上する RPG要素 によるステップ入力型作曲システム
山根諒,田中春菜,米澤朋子
2016年度情報処理学会関西支部大会   G-112 (8 pages), G-112-G-112   2016年9月
運転状況に応じた注意リソースに基づくコミュニケーションモダリティ切替手法の提案
芹川葵,吉田直人,米澤朋子
2016年度情報処理学会関西支部大会   D-103 (4 pages) D-103-D-103   2016年9月
運転時母子間コミュニケーション代理補完ロボットの提案
前田昇吾,吉田直人,米澤朋子
2016年度情報処理学会関西支部大会   D-104 (5 pages), D-104-D-104   2016年9月
集団内仲介マネージャエージェントによるメンバのリソース状況に応じた協力促進の検討
藤原邦彦,米澤朋子
2016年度情報処理学会関西支部大会   B-01 (8 pages), B-01-B-01   2016年9月
エージェントを介したSNS発言システムによる情報発信時の気後れ軽減の検討
植田浩章,米澤朋子
2016年度情報処理学会関西支部大会   B-02 (8 pages), B-02-B-02   2016年9月
マインドマップ上発散的思考支援におけるノードの列挙を促進する対話エージェント
西海湧登,吉田直人,米澤朋子
2016年度情報処理学会関西支部大会   B-101 (5 pages), B-101-B-101   2016年9月
運転時のストレス状態への気づきを促す生理現象自己状態フィードバック手法
吉田直人,米澤朋子
2016年度情報処理学会関西支部大会   D-105 (5 pages), D-105-D-105   2016年9月
パートナーロボットの生物感提示
米澤朋子,
2016年 感性工学会   感性ロボティクスの未来セッション,F21 (2pages) 感性ロボティクスの未来セッション,F21-感性ロボティクスの未来セッション,F21   2016年9月
Seamless Change of Modality Volume in Observation of Elderly Daily Lives
Tomoko Yonezawa,Yusuke Naka
ICServn2016   pp.73--79 73-73   2016年9月   [査読有り]
吉田直人,米澤朋子
電子情報通信学会論文誌D   Vol.J99-D, No.9, pp.915--925(J99-D) 9-915   2016年9月   [査読有り]
遠隔アンビエントコミュニケーションに向けたモダリティボリューム調整手法の検討
中祐介,米澤朋子
ヒューマンインタフェース学会研究会   SIG-ACI-17, Vol.18, No.1, pp. 61--68,(18) 1-61   2016年3月
義手の摩擦・振動・反発力・段差感フィードバック手法の検証
松岡亮祐,吉田直人,米澤朋子
ヒューマンインタフェース学会研究会   SIG-ACI-17, Vol.18, No.1, pp. 1--10,(18) 1-1   2016年3月
投影型他者行動表現エージェントによる壁面広告への注意誘導効果の検証
鼻崎将,吉田直人,米澤朋子
情報処理学会ICS研究会   vol.2016-ICS-183, no. 12, pp. 1--8(2016-ICS-183) 12-1   2016年3月
エージェントの伝聞口調によるSNS発言伝達手法における相手抽象化と代理効果の検証
植田浩章,孟暁順,吉田直人,米澤朋子
情報処理学会ICS研究会   vol.2016-ICS-183, no. 3, pp. 1--9,(2016-ICS-184) 3-1   2016年3月
日程交渉エージェントの交渉背景提示によるエージェントへの印象変化の検証
藤原邦彦,米澤朋子
情報処理学会ICS研究会   vol.2016-ICS-183, no. 4, pp. 1--8,(2016-ICS-185) 4-1   2016年3月
アンビエント型親近エージェントの継続的先行行動によるユーザの自発行動変容効果
長尾圭一郎,藤原邦彦,吉田直人,米澤朋子
情報処理学会ICS研究会   vol.2016-ICS-183, no. 10, pp. 1--8,(2016-ICS-186) 10-1   2016年3月
学習者集団エージェントの行動比率がe-ラーニング中ユーザの集中・休憩意思に与える影響
前田薫,藤原邦彦,吉田直人,米澤朋子
情報処理学会ICS研究会   vol.2016-ICS-183, no. 9, pp. 1--8,(2016-ICS-187) 9-1   2016年3月
聴講者の参加状態推定に基づくカラーマッピング重畳画像を用いた講演者の状況把握支援システムの提案
石川佑樹,中祐介,米澤朋子
電子情報通信学会 教育工学研究会   信学技報 ET2015--117, pp.129--136(ET2015-117) 129-129   2016年3月
複数の携帯端末の同期・位置推定手法による閉鎖空間の音響環境構築
伊納洋佑,石川佑樹,中祐介,米澤朋子
電子情報通信学会 応用音響研究会   vol.115, no.424, EA2015-58, pp. 19--26,(115) 424-19   2016年1月
Wearable robot that measures user vital signs for elderly care and support
Hirotake Yamazoe,Tomoko Yonezawa
9th EAI International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies   Pages 53-56 53-53   2015年12月   [査読有り]
Design of Pet Robots with Limitations of Lives and Inherited Characteristics
Tomoko Yonezawa,Naoto Yoshida,Kento Kuboshima
9th EAI International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies   Pages 69-72 69-69   2015年12月   [査読有り]
Breathing Expression for Intimate Communication Corresponding to the Physical Distance and Contact between Human and Robot
Naoto Yoshida,Yukari Nakatani,Tomoko Yonezawa
9th EAI International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies   Pages 65-68 65-65   2015年12月   [査読有り]
皮膚上不随意表現とハンドジェスチャによるロボット腕部マルチモーダル表現
孟曉順,吉田直人,米澤朋子
HAIシンポジウム2015   P18, pp.165--170(P18) P18-165   2015年12月
SNS記事を集約する介在エージェントによるダイジェストコミュニケーションの提案
植田浩章,孟曉順,米澤朋子
HAIシンポジウム2015   P22, pp.192--197(P22) P22-192   2015年12月
呼吸・心拍・体温の非侵襲な計測に基づく生理現象表現ロボット介在型コミュニケーション
吉田直人,米澤朋子
HAIシンポジウム2015   P27, pp.216--221(P27) P27-216   2015年12月
Evaluations of Involuntary Crossmodel Expressions on the Skin of a Communication Robot
Meng Xiaoshun,Naoto Yoshida,Tomoko Yonezawa
Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence 2015   TC4-4, pp. 347--352(TC4-4) 347-347   2015年10月   [査読有り]
Direction indication mechanism by pulling user's cloth for wearable message robot
Hirotake Yamazoe,Tomoko Yonezawa
ICAT-EGVE 2015   P2 (4 pages) P2-P2   2015年10月   [査読有り]
Spatial Communication and Recognition in Human-agent Interaction using the Motion Parallax-based 3DCG Virtual Agent
Naoto Yoshida,Tomoko Yonezawa
Human Agent Interaction 2015   pp.97--103 97-97   2015年10月   [査読有り]
複数の可動レイヤーを用いた小型没入感提示システムの奥行き提示効果
不破崚太,中祐介,吉田直人,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会   G-12 (6 pages) G-12-G-12   2015年9月
半球内部投影エージェントによる逆遠近錯視を用いた誘目手法の検討
古森光,吉田直人,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会   C-09 (6 pages) C-09-C-09   2015年9月
画像閲覧時のマウスカーソル位置に応じた温感提示効果の検証
岡本直也,吉田直人,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会   G-14 (8 pages) G-14-G-14   2015年9月
生活に寄り添い自発行動を促す親近アンビエントエージェントの設計
長尾圭一郎,吉田直人,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会   C-08 (7 pages) C-08-C-08   2015年9月
ユーザの平常・緊急状況におけるモダリティボリューム調整手法の検討
中祐介,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会   C-10 (6 pages) C-10-C-10   2015年9月
前後左右振動と音の物理的通過感による音楽の臨場感向上の有効性の検証
柳翔太,吉田直人,米澤朋子
情報処理学会関西支部大会   G-13 (8 pages) G-13-G-13   2015年9月
Wearable robot with vital sensors for elderly care and support
Hirotake Yamazoe,Tomoko Yonezawa
ROMAN 2015 Interactive Session   IS-12 IS-12-IS-12   2015年9月   [査読有り]
Crossmodal Combination among Verbal, Facial, and Flexion Expression for Anthropomorphic Acceptability
Tomoko Yonezawa,Naoto Yoshida,Jumpei Nishinaka
ROMAN 2015   pp.549-554 549-549   2015年9月   [査読有り]
対話プロセスによりマインドマップ構成を支援するエージェントの設計
西海湧登,吉田直人,米澤朋子
電子情報通信学会HCS研究会   pp.1--5 1-1   2015年8月
複数の人間の所有状態を推測するエージェントの設計
上野楓,吉田直人,米澤朋子
電子情報通信学会HCS研究会   pp.7-12 7-7   2015年8月
他メンバとのノンバーバル交渉が見える幹事エージェントによる協力促進手法
藤原邦彦,吉田直人,米澤朋子
電子情報通信学会HCS研究会   pp.13-18 13-13   2015年8月
Indirect Monitoring of Cared Person by Onomatopoeic Text of Environmental Sound and User's Physical State
Yusuke Naka,Naoto Yoshida,Tomoko Yonezawa
HCII2015, Springer International Publishing Switzerland   DAPI 2015, LNCS 9189, pp.506-517(DAPI 2015) LNCS 9189-506   2015年8月   [査読有り]
Auditory browsing interface of ambient and parallel sound expression for supporting one-to-many communication
Tomoko Yonezawa,
HCII2015, Springer International Publishing Switzerland   DAPI 2015, LNCS 9189, pp.224-236(DAPI 2015) LNCS 9189-224   2015年8月   [査読有り]
Evaluating Elements of Communicative Stuffed-toy Device Describes Scripts on SNS
Haruka Mase,Tomoko Yonezawa,Kazuki Joe
PDPTA 2015   pp.310-316 310-310   2015年7月   [査読有り]
ぬいぐるみデバイスとの感情吐露促進インタラクションがもたらす心的効果の検証
馬瀬春香,米澤朋子,城和貴
情報処理学会MPS研究会   2015-MPS-104, vol.13, pp1-4(13) 1-1   2015年7月

Misc

 
スキージャンプシステム紹介(指導学生のミニ講演)
吉田直人,
TGL T-lab Professional (米澤のバーチャルリアリティー概論内ミニコーナー)      2017年1月   [依頼有り]
私をスキージャンプに連れてって
二の腕飛行隊 (研究室指導学生チーム),
2015年IVRC      2015年9月
壁を這うやつ
チームあおいちゃん (研究室指導学生チーム),
2015年IVRC      2015年9月
茶禅空
green lab. (研究室指導学生チーム),
2013年IVRC      2013年9月
実用と「芸術と科学」 〜音声・音楽・映像処理のモチベーション〜
米澤朋子,
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス 「芸術と科学」特別講義      2009年12月   [依頼有り]
ひらめきと必要と実用 〜科学と技術のモチベーション〜
米澤朋子,
千葉商科大学      2009年12月   [依頼有り]
インタフェースの発想と展開〜 メディア・デバイス・視線コミュニケーションの応用研究の紹介
米澤朋子,
慶應義塾大学理工学部矢上キャンパス 情報工学特別講義      2009年   [依頼有り]
音声の表情付与とインタフェース: 歌声の声色モーフィングにおける表情強度の連続性の知覚分析と関連研究紹介
米澤朋子,
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス      2008年   [依頼有り]
ダンス楽器=インタラクティブ万華鏡の「鏡の世界〜たわむれ」(改訂初演)
間瀬健二,高野尚美,Sidney Fels,米澤朋子
2001けいはんなメディアコンサート      2001年10月

講演・口頭発表等

 
私たちはホントに他人と繋がってる?〜ロボット・バーチャルリアリティ・音響技術・SNSから考えるコミュニケーション〜 [招待有り]
米澤朋子,
大阪大学サイエンスカフェ 第18回ひとこといちば   2017年9月26日   
(音声付箋装置)
Tomoko Yonezawa,Hirotake Yamazoe
第1回おもてなしとその応用国際会議   2017年8月8日   
壁を這うやつのシステム紹介(指導学生のミニ講演) [招待有り]
上野楓,
TGL T-lab Professional (米澤のバーチャルリアリティー概論内ミニコーナー)   2017年1月31日   
バーチャルリアリティー概論 [招待有り]
米澤朋子,
TGL T-lab Professional   2017年1月31日   
ロボットとの実世界コミュニケーションとリアリティ
米澤朋子,
広島工大シンポジウム「高齢化社会と情報技術」   2016年12月10日   
擬人化を用いた社会インタラクションと自然な情報伝達 [招待有り]
米澤朋子,
社会知能研究会 特別講演   2012年3月   
擬人化インタラクションとセラピー効果におけるモノづくりアプローチ [招待有り]
米澤朋子,
東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会   2012年2月   
高齢者の見守りと快適な情報提供のためのロボット学 [招待有り]
米澤朋子,
奈良女子大学 第九回研究フォーラム   2011年11月   
ぬいぐるみロボットとユーザの視線インタラクションの設計 [招待有り]
米澤朋子,
ヒューマンインタフェース学会コミュニケーション支援専門研究委員会 第6回研究談話会   2011年10月   
Ubiquitous generation: change of education for informatics [招待有り]
Tomoko Yonezawa,
IEEE ICSPCC 2011   2011年9月   
Voisticky [招待有り]
米澤朋子,山添大丈
IVS 2010 Fall   2010年12月   
Voisticky [招待有り]
米澤朋子,山添大丈
ケータイ国際フォーラム 2010   2010年3月   
Voisticky [招待有り]
米澤朋子,山添大丈
BRIDGE 2009   2009年11月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 山添大丈
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的研究 萌芽
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 榎堀優
仮想的ポータブル歩行誘導ブロックによる視覚障碍者支援
立石財団: 立石財団研究助成(A)
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 榎堀優
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究A
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 桑原教彰
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 米澤 朋子
人の所有感の学習によるモノの帰属を仲介するロボットの研究開発
関西大学: 若手研究者育成経費
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 荻野正樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 桑原 教彰
本研究は,寄り添い感生成に必要な触覚刺激を患者に提示するポータブルかつウェアラブルなエージェントを研究する「触覚刺激提示エージェント研究班」と,視聴覚,及び触覚刺激を組み合わせ,患者が介護士に感じる寄り添い感の生成手法を研究する「クロスモーダル刺激提示研究班」,そしてこの寄り添い感生成技術を活用した病院,施設での治療,リハビリプログラムを確立する「治療,リハビリプログラム研究班」から構成される。今年度は,寄り添い感の生成に必要な触覚刺激提示エージェントや映像音声刺激提示についての基礎的な検...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 桑原 教彰
記憶障害や認知症の在宅患者や家族介護者への支援で,患者の意欲創出や注意誘導を可能とする行動支援メディアを検討した.具体的には擬人化エージェントと人との間の視線コミュニケーションを用い,患者が指示されたタスクに意欲を持って取り組める,また指示されたタスクをスムーズに実施できるよう視線や注意を誘導することが出来ることを実験により明らかにした.またfMRIによる脳活動イメージングにより,文字や記号に比べて擬人化エージェントを用いたタスクへの指示は,患者の注意を引き付けるのに効果的であることを示した.
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 米澤 朋子
本研究課題では,ロボットやエージェントなどの擬人的媒体において,個性を付与した様々な表現を実現することで,与えられた擬人的媒体のキャラクタに左右されない,本質的な「誰かからの」メッセージの「媒体」になりうるように変貌させることを目的とした.マルチモーダルフォントとして,日常挨拶表現を対象とし,様々な年齢層・性差を考慮した30名以上のデータを取得し,声の特徴だけでなく,動きの特徴,声色の表現幅といった個人表現を同時取得し分析できた.結果としてある程度の表現傾向を分類できることと,擬人的媒体な...
頭部/視線方向を用いた音声メモの配置/ブラウジングによるウェアラブル思考空間支援
情報処理推進機構: IPA未踏 IT人材発掘・育成事業 未踏本体プロジェクト 2008年度下期
研究期間: 2008年12月 - 2009年8月    代表者: 米澤朋子
擬人化表現のための感情表現および個人性を含むマルチモーダルデータベースの構築
名古屋大学: 21世紀COE名古屋大学社会情報基盤のための音声・映像の知的統合における若手横断プロジェクト
研究期間: 2005年5月 - 2006年3月    代表者: 米澤朋子
楽器の拡張による作曲支援
慶應大学SFC研究所: 森泰吉郎記念研究振興基金による研究助成 <研究者育成費(修士課程)>
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 米澤朋子

特許

 
米澤 朋子, 山添 大丈, 安部 伸治
米澤 朋子, 神山 祐一, 山添 大丈, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 内海 章, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 内海 章, 安部 伸治
米澤 朋子, 光永 法明, 宮下 敬宏, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 内海 章, 安部 伸治
米澤 朋子, 光永 法明, 宮下 敬宏, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 内海 章, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 内海 章, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 内海 章, 安部 伸治
米澤 朋子, 鈴木 紀子, 間瀬 健二, 小暮 潔
米澤 朋子, 鈴木 紀子, 間瀬 健二, 小暮 潔
山添 大丈, 米澤 朋子, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 辻 愛里, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈
米澤 朋子, 神山 祐一, 山添 大丈, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 内海 章, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 内海 章, 安部 伸治
米澤 朋子, 山添 大丈, 内海 章, 安部 伸治
米澤 朋子, 鈴木 紀子, 安部 伸治, 間瀬 健二, 小暮 潔
米澤 朋子, 間瀬 健二