五十嵐 陽介

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/29 03:12
 
アバター
研究者氏名
五十嵐 陽介
 
イガラシ ヨウスケ
eメール
y.igarashir.hit-u.ac.jp
URL
http://researchmap.jp/yos_igarashi/?lang=japanese
所属
一橋大学
部署
社会学研究科
職名
准教授
学位
博士(東京外国語大学)
科研費研究者番号
00549008

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
一橋大学 社会学研究科 准教授
 

受賞

 
2001年9月
日本ロシア文学会 日本ロシア文学会学会報告奨励賞
 
2005年9月
日本ロシア文学会 日本ロシア文学会賞
 
2013年9月
日本音声学会 日本音声学会優秀論文賞 琉球宮古語池間方言のアクセント体系は三型であって二型ではない
 
2017年9月
日本音声学会 日本音声学会優秀発表賞 「肩・種・汗・雨」と「息・舟・桶・鍋」がアクセント型で区別される日本語本土方言 ―佐賀県杵島方言と琉球語の比較―
 
本発表は、従来琉球諸方言にしか存在が確認されていなかった、2拍名詞B系列とC系列の区別が、本土方言である佐賀県杵島方言に存在するという新事実を提示し、日琉語族の系統に関する従来の説の見直しを提言したものである。調査語彙の選定、結果の整理など基礎的な手順を慎重に踏み、新事実を説得的に示した。また、当該分野以外の聴衆にも理解しやすいように、前提事項や調査分析のプロセスを整理して丁寧に説明するとともに、論のポイントを明確に主張した。内容の新規性・展開性、発表方法ともに優れたものとして評価した。
2017年9月
日本音声学会 日本音声学会優秀論文賞 名詞の意味が関わるアクセントの合流―南琉球宮古語池間方言の事例―
 
本論文では、まず、これまで知られていなかったタイプのアクセント変化があることを明らかにした。語の意味特徴が関与するというものであるが、池間方言においては、これまでに知られていた、特定の意味を共有する語の集合が同一の型に変化するというタイプのものとはまったく異なり、特定の意味を共有しないという条件によって語のアクセント変化がもたらされた、ということを示した点で大きな新規性がある。これによって南琉球語のアクセントに関わる問題の説明がつく。また、分析においては韻律語という概念の重要性が示されるな...

論文

 
ロシア語におけるイントネーション型の再解釈
五十嵐陽介
ロシア語研究   14 1-15   2001年1月   [査読有り]
X-JToBI: an extended j-toBI for spontaneous speech. (共著)
Kikuo Maekawa,Hideaki Kikuchi,Yosuke Igarashi,Jennifer J. Venditti
7th International Conference on Spoken Language Processing, ICSLP2002 - INTERSPEECH 2002, Denver, Colorado, USA, September 16-20, 2002      2002年1月   [査読有り]
Так называемая "нейтрализация интонации" -фонологическое описание русской интонации-
五十嵐陽介
ロシア語ロシア文学研究   34 15-21   2002年1月   [査読有り]
基本周波数曲線の同期パタンの規則性:ロシア語からの証拠
五十嵐陽介
ロシア語研究   16 1-25   2003年1月   [査読有り]
日本語話し言葉コーパスの音声ラベリング (共著)
菊池 英明, 前川 喜久雄, 五十嵐 陽介, 米山 聖子, 藤本 雅子
音声研究   7(3) 16-26   2003年12月   [査読有り]
ロシア語にイントネーションパタンはいくつあるのか?―下降パタンの場合―
五十嵐陽介
ロシア語研究   17 9-33   2004年1月   [査読有り]
Фонетика и фонология интонации в вопросительных предложениях в русском языке
五十嵐陽介
ロシア語ロシア文学研究   36 85-92   2004年1月   [査読有り]
"Segmental anchoring" of F0 under changes in speech rate: Evidence from Russian
五十嵐陽介
Proceedings of The International Conference: Speech Prosody 2004   25-28   2004年3月   [査読有り]
ロシア語疑問文イントネーションの実験音韻論的研究 (通言語音声研究 : 音声概説・韻律分析)
五十嵐 陽介
言語情報学研究報告   4(0) 255-276   2004年11月
How many falling intonation patterns in Russian?: categories of F0 alignment
五十嵐陽介
Programme & Book of Abstracts: Between and Stress and Tone   32-33   2005年6月   [査読有り]
韻律情報
五十嵐陽介
国立国語研究所報告集124 日本語話し言葉コーパスの構築法      2006年3月
五十嵐陽介
Yuji Kawaguchi, Ivan Fon?gy and Tsunekazu Moriguchi (eds.) Prosody and Syntax, Usage-Based Linguistic Informatics 3 (Amsterdam: John Benjamins)   175-196   2006年5月
2モーラ有核助詞の韻律上の独立性 : 『日本語話し言葉コーパス』の分析 (共著)
前川 喜久雄, 五十嵐 陽介
音声研究   10(2) 33-42   2006年8月   [査読有り]
The speech laugh spectrum  (共著)
メネゼス=キャロライン、五十嵐陽介
Proceedings of the 6th International Seminar on Speech Production   157-524   2006年12月   [査読有り]
Pitch pattern alternation in Goshogawara Japanese: evidence for a prosodic phrase above the domain for downstep.
Yosuke Igarashi
INTERSPEECH 2007, 8th Annual Conference of the International Speech Communication Association, Antwerp, Belgium, August 27-31, 2007   434-437   2007年1月   [査読有り]
ロシア語イントネーションの離散性
五十嵐 陽介
音韻研究   0(10) 69-76   2007年1月   [査読有り]
Prosodic phrasing of bimoraic accented particles in spontaneous Japanese  (共著)
前川喜久雄、五十嵐陽介
Proceedings of the 17th International Congress of Phonetic Science   1217-1220   2007年8月   [査読有り]
Lexical pitch accent in Goshogawara Japanese: Rising or falling?
五十嵐陽介
Proceedings of the 17th International Congress of Phonetic Science   1157-1160   2007年8月   [査読有り]
Exaggerated prosody in infant-directed speech? Intonational phonological analysis of Japanese infant-directed speech (共著)
五十嵐陽介、馬塚れい子
BUCLD 32: Proceedings of the 32nd annual Boston University Conference on Language Development   177-188   2008年1月   [査読有り]
『日本語話し言葉コーパス』の韻律情報
五十嵐 陽介
日本語学   27(5) 103-113   2008年4月
Russian interrogatives and intonational categories
五十嵐陽介
Anita Steube (ed.) The Discourse Potential of Underspecified Structures, in the series of Language, Context, and Cognition, vol. 8 (Berlin, New York: Walter DeGruyter)   227-269   2008年8月   [査読有り]
How many tonal contrasts in Ikema Ryukyuan? (共著)
五十嵐陽介、田窪行則、林由香、久保智之
Proceedings of the 17th International Congress of Phonetic Sciences   930-933   2011年8月   [査読有り]
Pitch range control of Japanese boundary pitch movements. (共著)
Yosuke Igarashi,Hanae Koiso
INTERSPEECH 2012, 13th Annual Conference of the International Speech Communication Association, Portland, Oregon, USA, September 9-13, 2012      2012年1月   [査読有り]
琉球宮古語池間方言のアクセント体系は三型であって二型ではない (共著)
五十嵐 陽介, 田窪 行則, 林 由華, ペラール トマ, 久保 智之
音声研究   16(1) 134-148   2012年4月   [査読有り][招待有り]
南琉球宮古語与那覇方言の名詞アクセント体系:初期報告
五十嵐陽介
「消滅危機方言の調査・保存のための総合的研究」宮古方言調査報告書   53-68   2012年8月
五十嵐陽介
Lingua   122(13) 1441-1453   2012年10月   [査読有り]
五十嵐陽介、西川賢哉、田中邦佳、馬塚れい子
The Journal of the Acoustical Society of America   134 1283-1294   2013年8月   [査読有り]
Typology of intonational phrasing in Japanese dialects
五十嵐陽介
Prosodic Typology II   464-492   2014年2月   [査読有り]
対乳幼児発話のなかのイントネーション (共著)
五十嵐陽介、馬塚れい子
日本語学(明治書院)   33(7) 40-52   2014年6月
大分県杵築市方言の名詞アクセント資料とその歴史的考察 (共著)
平子達也、五十嵐陽介
京都大学言語学研究      2015年1月   [査読有り]
天草諸方言のアクセント資料の提示と新しいアプローチに基づいた西南部九州諸方言の系統分析の試み (共著)
五十嵐陽介・松浦年男
九州大学言語学論集   35    2015年1月   [査読有り]
韻律情報
五十嵐陽介
小磯花絵(編)『講座日本語コーパス3:話し言葉コーパス』朝倉書店   81-100   2015年2月
南琉球宮古語多良間方言のアクセント型の記述
五十嵐陽介
比較日本文化学研究   (8) 1-42   2015年3月
Chapter 13: Intonation
五十嵐陽介
H. Kubozono (ed.) Handbook of Japanese Phonetics and Phonology   525-568   2015年3月   [査読有り]
Infant-directed speech as a window into the dynamic nature of phonology (共著)
Reiko Mazuka, Andrew Martin, Yosuke Igarashi, Akira Utsugi
LabPhon   6(3-4) 281-303   2015年10月   [査読有り]
中国人日本語学習者は語彙認知において逐次的に韻律情報を用いるか?-視線計測による検証- (共著)
尹帥、里麻奈美、羅穎芸、五十嵐陽介、酒井弘
音声研究   19(3) 1-12   2015年12月   [査読有り]
佐賀県中南部諸方言の二型アクセントについて
平子達也、五十嵐陽介
実践国文学   89(107) 69   2016年3月
熊本県玉名市方言のアクセントについての初期報告 (共著)
平子達也、五十嵐陽介
実践女子大学文学部紀要   58(1) 22   2016年3月
Utterances in infant-directed speech are shorter, not slower (共著)
Martin, Andrew, Yosuke Igarashi, Nobuyuki Jincho, Mazuka Reiko
Cognition   156 52-59   2016年8月   [査読有り]
南琉球宮古語池間方言・多良間方言の韻律構造
五十嵐 陽介
言語研究   150 1-25   2016年9月   [査読有り][招待有り]
名詞の意味が関わるアクセントの合流:南琉球宮古語池間方言の事例
五十嵐 陽介
音声研究   20(3) 46-65   2016年12月   [査読有り][招待有り]
Acoustic manifestation of Russian word-final devoicing in utterance-dedial position (共著)
Mayuki Matsui, Yosuke Igarashi, Shigeto Kawahara
Journal of the Phonetic Society of Japan   21(2) 1-17   2017年8月   [査読有り]
Tonal neutralization in the Ikema dialect of Miyako Ryukyuan (共著)
Yosuke Igarashi, Yukinori Takubo, Yuka Hayashi, Tomoyuki Kubo
Tonal Change and Neutralization   83-128   2018年3月   [査読有り]
Chapter 9: Intonation
Igarashi Yosuke
The Cambridge Handbook of Japanese Linguistics      2018年4月

講演・口頭発表等

 
Word tones at the sentence level in the Ikema dialect of Miyako Ryukyuan
五十嵐 陽介
ICPP 2015   2015年9月26日   
南琉球宮古語の三型アクセント体系―池間方言と多良間方言を中心に―
五十嵐 陽介
第29回日本音声学会全国大会   2015年10月4日   日本音声学会
韓国語慶尚道方言における属格主語構造
金英周、五十嵐陽介、宇都木昭、酒井弘
日本言語学会第151回大会   2015年11月28日   日本言語学会
アクセント型の対応に基づいて日琉祖語を再建するための語彙リスト「日琉語類別語彙」
五十嵐 陽介
日本語学会2016年度春季大会   2016年5月15日   日本語学会
A unified list of cognate words in Japanese and Ryukyuan for the purpose of historical comparative linguistics
五十嵐 陽介
Japanese and Korean accent: diachrony, reconstruction, and typology   2016年7月3日   ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies
An urgent task for research on the tone systems of Japanese and Ryukyuan: What should fieldworkers do in the next decade? [招待有り]
Igarashi, Yosuke
Phonology Forum 2016   2016年8月24日   日本音韻論学会
琉球語を排除した「日本語派」なる系統群は果たして成立するのか?―「九州・琉球語派」と「中央日本語派」の提唱― [招待有り]
五十嵐 陽介
国際日本文化研究センター共同研究会「日本語の起源はどのように論じられてきたか-日本言語学史の光と影」第3回共同研究会   2016年8月31日   国際日本文化研究センター
「肩・種・汗・雨」と「息・舟・桶・鍋」がアクセント型で区別される日本語本土方言―佐賀県杵島方言と琉球語の比較
五十嵐陽介・平子達也
日本音声学会第30回全国大会   2016年9月17日   日本音声学会
鹿児島県種子島中種子方言のアクセント型の実現
五十嵐陽介、田村智揮、中野晃介、高橋佑希
Prosody and Grammar Festa 2017「対照言語学」プロジェクト第1回合同研究発表会   2017年2月18日   
統語的曖昧性を解消する韻律的手段:東京方言と近畿方言
五十嵐陽介・広瀬友紀
第31回日本音声学会全国大会シンポジウム「プロソディ研究のための方法論:コーパス・生理・文タイプ」   2017年10月1日   日本音声学会
共通の改新に基づく分岐学的手法を用いた日本語諸方言の系統分類:南日本語派(琉球を含む)と東日本語派(八丈を含む)の提唱
五十嵐 陽介
科研プロジェクト「比較言語学的方法による日本語・琉球諸語諸方言の祖語の再建および系統樹の構築」第1回打ち合わせ・検討会   2017年12月14日   五十嵐陽介
これからの方言アクセント研究がなすべきこと
五十嵐 陽介
日本語学会2018年度春季大会シンポジウム「日本語記述研究の未来-今なすべきこと-」   2018年5月20日   日本語学会
Towards an adequate description of the tonal systems of Southern Ryukyuan
Yosuke Igarshi
Approaches to Endangered Languages in Japan and Northeast Asia: Description, Documentation and Revitalization   2018年8月6日   NINJAL
3拍名詞第4類における本土日本語と琉球語間の1対2のアクセント型の対応について
五十嵐 陽介
「対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法」研究発表会,琉球語のアクセント   2018年9月17日   国立国語研究所

競争的資金等の研究課題

 
比較言語学的方法による日本語・琉球諸語諸方言の祖語の再建および系統樹の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 五十嵐陽介
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月