松谷 容作

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/01 02:48
 
アバター
研究者氏名
松谷 容作
 
マツタニ ヨウサク
ハンドル
matsutani
eメール
matsuta_ykokugakuin.ac.jp
所属
國學院大學
学位
博士(神戸大学)

論文

 
嗅覚を軸としたインターフェイスとコミュニケーションについての調査研究
松谷 容作
総合文化研究所紀要   35 3-12   2018年7月   [査読有り]
環境内存在としてのコンピュータ ——コンピュータを介した経験の更新についての一考察
松谷容作
総合文化研究所紀要   (34) 1-18   2017年7月   [査読有り]
バイオアートからみるアートとデザイン——三原総一郎《空白のプロジェクト#3——大宇宙の片隅》(2013-2016)を例として
松谷容作
京都精華大学芸術研究科•デザイン研究科修了作品集2016   84-91   2017年3月
アートとコンピュテーション:「ポストインターネットアート」と「新たな美学」の観点から
松谷容作
総合文化研究所紀要   (33) 1-14   2016年7月   [査読有り]
微小重力空間におけるヴィークルとしての身体
松谷容作
『美学芸術学論集』(神戸大学文学部芸術学研究室)   (11) 56-69   2015年3月

Misc

 
対談「アーカイヴとその主体/認識とデジタル化」
松谷容作(対談者:石田佐恵子、原田健一、水島久光)
LRG別冊   (4)    2018年10月   [依頼有り]
松谷 容作
美学芸術学論集   5 62-63   2009年3月
渡邉 大輔 /増田 展大, 松谷 容作, ザルテン アレクサンダー, 前川 修
美学芸術学論集   (11) 70-75   2015年3月

書籍等出版物

 
ポストヒューマン 新しい人文学に向けて
ロージ・ブライドッティ(門林岳史 (翻訳), 大貫菜穂 (翻訳), 篠木涼 (翻訳), 唄邦弘 (翻訳), 福田安佐子 (翻訳), 増田展大 (翻訳), 松谷容作 (翻訳)) (担当:共訳)
フィルムアート社   2019年2月   
スクリーン・スタディーズ:デジタル時代の映像/メディア経験
松谷 容作 (担当:分担執筆, 範囲:第7章パテ・ベビーというシステム――映像文化史の視座から)
東京大学出版会   2019年1月   
手と足と眼と耳 地域と映像アーカイブをめぐる実践と研究
松谷容作 (担当:分担執筆, 範囲:第11章記憶のトリガー―映像アーキビスト養成のための一提言pp. 184-201)
学文社   2018年3月   
イヴォンヌ・シュピールマン「移行していく分断−−メディア・コンバージェンスと文化多様性をめぐるアートの立場」
松谷容作 (担当:単訳)
アーツカウンシル東京・国際交流基金アジアセンター『メディアアート国際シンポジウム“アート&テクノロジー”—時代の変遷、同時代の動向、これからのプラットフォーム—報告書』   2017年3月   
映像文化の社会学
松谷容作 (担当:分担執筆, 範囲:第10章警察と軍事における映像文化)
有斐閣   2016年10月   

講演・口頭発表等

 
宇宙を対象としたアート実践
松谷 容作
「アウタースペース/インナースペース/インタースペース・アートの美学」研究会   2019年3月13日   
A Perspective about Human Existence in the Coming Space Life : Based on an Analyze of Survey on the Body and Mind of the Astronauts
松谷 容作
2018 ELLAK International Conference   2018年12月15日   
Becoming Static: Image Practice of Pathé Baby in Japan
松谷 容作
Lecture and Workshop with Prof. THOMAS ELSAESSER   2018年11月7日   
宇宙閉鎖環境下での宇宙観測技術としての人間身体を介した諸実践
松谷 容作
「アウタースペース/インナースペース/インタースペース・アートの美学」研究会   2018年8月20日   

社会貢献活動

 
連続フォーラム「アートがつなぐサイエンス・テクノロジー・倫理・美学」Vol. 2
【司会】  國學院大學・国際交流基金アジアセンター  2018年11月15日 - 2018年11月15日
連続フォーラム「アートがつなぐサイエンス・テクノロジー・倫理・美学」Vol. 1
【司会】  國學院大學・国際交流基金アジアセンター  2018年10月25日 - 2018年10月25日