基本情報

所属
東北大学 大学院工学研究科・工学部 応用物理学専攻 准教授
学位
博士(工学)(長岡技術科学大学)

J-GLOBAL ID
200901038664492216
researchmap会員ID
6000008938

外部リンク

研究キーワード

  4

主要な論文

  169

主要なMISC

  67

書籍等出版物

  2
  • 高橋儀宏, 寺門信明, 藤原 巧 (担当:分担執筆, 範囲:「第6章:蓄熱、潜熱技術と材料の開発,第4節:ガラス材料による全固体型潜熱蓄熱材料の創製」)
    技術情報協会 2020年12月 (ISBN: 9784861048197)
  • 藤原 巧, 本間 剛, 高橋儀宏, 正井博和, 紅野安彦, 小松高行, 佐藤隆士 (担当:分担執筆, 範囲:第3編 「6. レーザー結晶パターニング法によるガラスの高機能性」)
    エヌ・ティー・エス 2006年7月 (ISBN: 4860431057)

主要な講演・口頭発表等

  89

主要なWorks(作品等)

  12

主要な産業財産権

  6

主要な社会貢献活動

  11

主要なメディア報道

  32

主要なその他

  16
  • 2022年6月
    生体深部温度を低侵襲かつ迅速に計測できる技術を開発 - 生体深部温度を低侵襲かつ迅速に計測できる技術を開発 - 【対象研究】M. Ohashi et al., Sci. Rep. 12, 8587 (2022); A. Sato et al., Ceram. Int. (in press)
  • 2020年9月
    結晶化ガラス材料における最大の光変調性能を実現 - 光通信網へ導入可能な柔軟かつ高度な光波制御デバイスの実現が可能に -」 【対象研究】H. Okamoto et al., J. Eur. Ceram. Soc. 40, 5576 (2020).
  • 2018年9月
    【発表内容】Y. Hayashibara et al., "Second-Harmonic Generation from Radially-Crystallized Glass-Ceramic Fiber," Bragg Gratings, Photosensitivity and Poling in Waveguides and Materials (BGPP), OSA Advanced Photonics Congress, (ETH Zurich, Zürich, Switzerland, 2-5 July, 2018).
  • 2018年2月
    「ガラス材料による全固体型潜熱蓄熱材料の創製に成功 ~生産性・耐久性に優れた熱マネージメントの要素技術開発に向けて~」 【対象研究】K. Muramoto et al., Sci. Rep. 8, 2275 (2018).
  • 2014年10月
    「ボソンピークの謎に迫る ~ガラスにおける過剰な振動状態密度の新たな知見~」 【対象研究】K. Nakamura et al., "Low-temperature excess heat capacity in fresnoite glass and crystal," Sci. Rep. 4, 6523 (2014).
  • 2012年10月
    https://www.natureasia.com/ja-jp/srep/abstracts/40683 【対象研究】Y. Takahashi et al., Sci. Rep. 2, 714 (2012).(日本語タイトル:ガラスにおける構造緩和と準弾性光散乱:強誘電およびイオン伝導相によるアプローチ )