田原 喜宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/19 14:56
 
アバター
研究者氏名
田原 喜宏
 
タワラ ヨシヒロ
eメール
tawaranagaoka-ct.ac.jp
URL
http://www.nagaoka-ct.ac.jp/~tawara/
所属
長岡工業高等専門学校
部署
一般教育科
職名
准教授
学位
博士(理学)(東北大学)
科研費研究者番号
00567901

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
長岡工業高等専門学校 准教授
 
2009年9月
 - 
2013年3月
長岡工業高等専門学校 助教
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2009年8月
東北大学 大学院理学研究科 大学院研究生
 
2005年4月
 - 
2009年3月
東北大学 大学院理学研究科博士後期課程 数学専攻
 
2003年4月
 - 
2005年3月
大阪市立大学 大学院理学研究科博士前期課程 数物系専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
大阪市立大学 理学部 数学科
 

受賞

 
2017年10月
The IGCN organizing comittee Best Poster Award Education and Research Activation for Students And Faculty Members Through ``Prelab'' System
 

論文

 
M. Takeda, Y. Tawara and K.Tsuchida
Osaka Journal of Mathematics   54(3) 517-532   2017年7月   [査読有り]
D. Kim, K. Kuwae and Y. Tawara
Tohoku Mathematical Journal   68(3) 161-197   2016年   [査読有り]
Y. Tawara and K. Tsuchida
Infinite Dimensional Analysis, Quantum Probability and Related Topics   17(3)    2014年   [査読有り]
M. Takeda and Y. Tawara
Osaka Journal of Mathematics   50(2) 287-307   2013年   [査読有り]
Y. Tawara
Journal of the Mathematical Society of Japan   62(3) 767-788   2010年   [査読有り]
M. Takeda and Y. Tawara
Forum Mathematicum   21(6) 1067-1080   2009年   [査読有り]
M. Miura, Y. Tawara and K. Tsuchida
Stochastic Analysis and Applications   26(5) 1000-1012   2008年   [査読有り]

Misc

 
Nearly Stable Process に対するディリクレ形式と加法汎函数の確率解析
田原喜宏
ポテンシャル論研究2011   111-120   2012年
Feynman-Kac半群の増大度のTex独立性及びそれに関する諸問題
田原喜宏
数理解析講究録   1672 17-30   2010年

講演・口頭発表等

 
Compactness of Markov and Schrödinger semi-groups [招待有り]
田原 喜宏
Second Interdisciplinary and Research Alumni Symposium iJaDe2018   2018年9月5日   
マルコフおよびシュレディンガー半群のコンパクト性について
田原 喜宏
東京確率論セミナー   2017年5月22日   
Compactness of Schrödinger and Markov semi-groups: A probabilistic approach
田原 喜宏
Dirichlet Forms and their geometry   2017年3月22日   
Compactness of Schrödinger and Markov semi-groups
田原 喜宏
新潟確率論ワークショップ   2017年3月16日   
Compactness of Markov and Schroedinger semi-groups
田原 喜宏
マルコフ過程とその周辺   2017年1月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 田原 喜宏