上西 良廣

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/24 18:21
 
アバター
研究者氏名
上西 良廣
 
ウエニシ ヨシヒロ
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
食農ビジネス推進センター
職名
研究員
科研費研究者番号
60783248

プロフィール

2016年4月から現職。大学在籍時は経営学や農業経済学の考えを基本とし、生産現場に軸足を置きながら技術普及をテーマとして研究してきました。特に環境保全や生物多様性に配慮した栽培技術に焦点をあて、これまでは兵庫県豊岡市を中心に普及が図られている「コウノトリ育む農法」を対象としてきました。今後は他地域における事例を分析し、このような栽培技術の効果的かつ効率的な普及方法を提示することを目標としています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
(国研)農研機構 食農ビジネス推進センター 研究員
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
京都大学大学院 農学研究科 生物資源経済学専攻
 
2009年4月
 - 
2013年3月
京都大学 農学部 食料・環境経済学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本農業経営学会  常任理事(事務局・会計担当)
 

論文

 
上西 良廣, 梅本 雅
農研機構研究報告 食農ビジネス推進センター = Bulletin of the NARO,Agri-Food Bussiness Innovation Center   (1) 1-26   2018年3月   [査読有り]
上西 良廣
農業経済研究 = Journal of rural economics   89(4) 312-317   2018年3月   [査読有り]
Uenishi, Y. and Sakamoto, K.
The Natural Resource Economics Review   Special(Special Issue) 15-24   2017年3月   [査読有り]
小田滋晃,長谷祐,上西良廣,高橋準永,川﨑訓昭,坂本清彦
生物資源経済学研究   21(21) 29-49   2016年3月
上西良廣
農林業問題研究   51(3) 185‐190   2015年12月   [査読有り]
長谷祐, 小林康志, 上西良廣, 川崎訓昭, 長命洋佑, 伊庭治彦, 小田滋晃
日本ブドウ・ワイン学会誌   24(2) 125-126   2013年11月   [査読有り]

Misc

 
環境保全型農業や有機農業に取り組む農業経営に関する研究動向
上西 良廣
農業と経済   85(1) 122-125   2019年1月
長谷川 美典, 藤河 正英, 上西 良廣, ルハタイオパット プウォンケオ, 後藤 一寿
農流技研会報   (316) 16-19   2018年10月
上西 良廣
農業と経済   83(3) 120-123   2017年3月
無施肥無農薬栽培の生産実態と生産拡大に関する分析
上西良廣・小林正幸
無施肥無農薬栽培調査研究会 研究報告書   35-39   2016年3月

書籍等出版物

 
「農企業」のムーブメント
川﨑訓昭・上西良廣 (担当:分担執筆, 範囲:第8章 情報化社会の進展と新たなマーケティング戦略)
昭和堂   2019年1月   
「農企業」のリーダーシップ
上西良廣・坂本清彦・塩見真仁 (担当:分担執筆, 範囲:第6章 新技術の先行導入者が技術普及に果たす役割)
昭和堂   2017年12月   
「農企業」のアントレプレナーシップ
上西良廣・小林正幸 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 無施肥無農薬栽培の生産実態と課題)
昭和堂   2016年12月   
進化する「農企業」
上西良廣 (担当:分担執筆, 範囲:第10章 新たな農法による産地形成の実態)
昭和堂   2015年12月   
躍動する「農企業」
上西良廣他 (担当:分担執筆, 範囲:第6章 多様な主体がとりくむ環境保全型農業と地域ブランド米の展開)
昭和堂   2014年12月   

講演・口頭発表等

 
水稲新技術の技術確立と普及方法-コウノトリ米とトキ米を事例として- [招待有り]
上西 良廣
堀越塾シンポジウム@京大   2018年10月   
「生物多様性保全型技術」の普及過程に影響を及ぼす要因に関する考察
上西 良廣
地域農林経済学会(個別報告)   2018年10月   
新技術の導入における情報の利活用-コウノトリ育む農法を事例として-
上西 良廣
農業情報学会(オーガナイズドセッション)   2018年5月   
無施肥無農薬栽培の生産実態と今後のさらなる普及に向けて [招待有り]
上西 良廣
NPO無施肥無農薬栽培調査研究会 講演会   2017年11月   
地域ブランド化を利用した新技術の普及-コウノトリ育む農法を事例として- [招待有り]
上西 良廣
九州沖縄農業試験研究推進会議フードシステム推進部会 経営研究会   2017年11月   
技術普及に関する研究の動向と展望
上西 良廣
関東東海北陸農業経営研究会(個別報告)   2017年6月   
生物多様性保全型技術の導入動機に関する分析-「コウノトリ育む農法」を導入している家族経営を対象として-
上西 良廣
日本農業経済学会(個別報告)   2017年3月   
Promoting Technical Transition to Help Oriental Storks Come Back: A case study of Kohnotori-hagukumu Nouhou Toyooka, Japan
Uenishi, Y. and Sakamoto, K.
79th Rural Sociological Society(RSS) Annual Meeting (@Toronto)   2016年8月   
Creation of Farming Practices: The Case of Kohnotori-hagukumu Nouhou
Uenishi Yoshihiro
Future Leaders Global Workshop on Social Science of Agriculture, Food and Environment(@Kyoto University)   2016年3月   
Adoption Process of Farming Method by Community Farm Enterprises: A Case of Kohnotori-hagukumu Nouhou
Uenishi Yoshihiro
Future Leaders Global Workshop on Social Science of Agriculture, Food and Environment(@Kyoto University)   2015年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
薬食同源を実現する特産園芸作物の歴史的探索評価および多角的総合利用技術の開発
文部科学省: 科研費(基盤B特設)
研究期間: 2017年7月 - 2021年3月    代表者: 後藤 一寿
生物多様性保全型技術の導入動機形成と意思決定過程に関する実証分析
文部科学省: 科研費(若手B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 上西 良廣
新技術確立までの過程と導入者の特徴に関する研究-コウノトリ育む農法を事例として-
豊岡市: コウノトリ野生復帰学術研究奨励制度
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 上西 良廣
集落営農における農法導入プロセスに関する一考察-コウノトリ育む農法を事例として-
豊岡市: コウノトリ野生復帰学術研究奨励制度
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 上西 良廣
環境保全型農業の普及に関する一考察-コウノトリ育む農法を事例として-
豊岡市: コウノトリ野生復帰学術研究奨励制度
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 上西 良廣